Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

タグ:STYX

こんな年末のクソ忙しい時期だというのに、週明け早々に小生のパソコンが急死してしまい、急遽の買い替えを強いられてしまうという不幸に見舞われた
しかも OS の方が使い慣れた Windows 7 から Windows 10 へと変更になってそのため、四苦八苦しまくりで血圧も上がってしまう始末である。ほぼ5日に渡って更新も出来ない状態になったのも痛かったが、そこは何とか歯を食いしばって「回復運転」をしなければならない。


21000系アーバンライナーが運行を開始したのは1988年3月の事だった。その時点では3編成のみで6往復の運行だったが、その翌年・翌々年の増備で名阪甲特急の全てを置き換えて60分ヘッドの運行を実現した。

因みにこのアーバンライナーとタメになるのはこんな面々、これが中々豪華
田中将大、坂本勇人前田健太柳田悠岐、石川 歩、秋山翔吾、小塚崇彦、Craig Kimbrel (クレイグ・キンブレル)、Russel Wilson (ラッセル・ウィルソン)Ricky Fowler (リッキー・ファウラー)、Sergio Agüero(セルヒオ・アグエロ)、
Mesut Özil (メスト・エジル)、乾 貴士、Marin Cilic (マリン・チリッチ)、三浦翔平、松坂桃李、辻井伸行
新垣結衣、戸田恵梨香、吉高由里子、菜々緒、、May J.小嶋陽菜、大島優子、樫野有香、大本彩乃、福田彩乃、
佐々木希、ホラン千秋、近江友里恵、福原 愛、浅田 舞
という所が次々ドンドン出てくる。


ここから2013年撮影の画像と共に振り返って行く。
この時期は3月にデビューしたばかりの50000系しまかぜがネットでも Buzz りまくっていた(?)のを受けて小生も4月に三重まで行って撮りに行った。
その時点で21000系の名伊特急運用も最低1往復は設定されていた。


ktulp@aken01

昼前のしまかぜ賢島行きを狙って明野駅付近に陣取って待つ。4月も中旬に入ると昼前の陽はかなり高い。そんな中、午前の運用で賢島に行ったやつが明星にでも回送されて来たのか思わぬ所で21000系を後追いながらキャッチ出来た。
因みに、午後は宮川の鉄橋でしまかぜの返しを狙ったが、曇られまくって悲惨な状況になってしまった。


翌日はレンタカーを借りて、近鉄富田~霞ヶ浦間で撮影したが、公開出来るレベルではないので割愛。
そして午後川越富洲原~冨田間で撮影したのだが・・・、4月の空は変り易い。予報に反して曇って来てしまった。


ktulp@tomhs01

曇ってしまって露光も結構きつめだったので、SS が稼げない。でも徒に感度を上げれば絵が荒れるから撮りに行った意味も無くなってしまう。出来るだけ障害物もかわしたいと、苦肉の策で作ったこのアングルだったが、パンタが抜ききれずこの有様。

初日も2日目も午後から曇ってしまうというパターンに辟易とさせられあまり収穫のない酷い遠征に終わってしまった。4月なんて空模様が本当に読めないから、遠征の時期として選んではいけない。



時は流れて同年11月、大阪線は松塚~真菅間のカーブ(少しマニアック?)で撮ってみた。かなり重くて嵩張る 120 - 400mm を使用しての撮影だった。住宅地の中、線路沿いの路地から撮るのだが、中途半端にフェンスがある関係で収容人数が少なく、APSC でも凡そ250mm前後 は必要であるという事も撮影地としてあまり人気がない要因の一つかも知れない。

ktulp@masug01

この撮影日は休日で連休という事もあってアーバンライナーは勿論、一般の特急も6連が多く8連も幾らかあった。ただ、見ての通り、6連・8連ではケツを完全に抜くのがほぼほぼ不可能になってしまう。

ktulp@masug02

ここの最大の欠点は、大阪線の下り列車を撮影するアングルなので、一般車の前パンは撮れるのだが、特急の前パンショットは撮れない。撮影しておきながらこんな事を言うのはおかしいが、撮影しながら歯ぎしりするという訳の解らぬ状態で 2時間以上粘ったのだった。



真菅駅に戻ってそこから区間準急に一区間だけ乗って、松塚に向かう。同駅近くのコンビニで飲み物・昼食等々を買い込み、葛城川を越える所で昼からの撮影を行った。
大阪線上り列車用のアングルになるので、特急の先頭パンタショットが狙えるから歯ぎしりしながらの撮影にはならない…、と思いきや、ここにはとんでもない難敵がいたのだった


kt-ul@matdk01

生い茂る葛の塊から少しでも綺麗に抜こうと試みるのだが、これが精いっぱいか。前回訪れた2011年10月と比べても雑草軍団が更にパワーアップしたのは明らかだった

kt-ulp@matdk04

2011年10月、2013年11月と2回も足を運んでおきながら、上り狙いのアングルでは最適解が見付ったとは言えない。
その原因は土手に山を作っている雑草、特に葛が酷い。奈良県といえば吉野葛が名産品として有名だが、だからと言って列車が隠れてしまう程こんな場所で生い茂られては 洒落がブラックでえげつなさ過ぎる というものである。
この撮影時期は11月下旬なのだが、そんな時期でも葛は枯れないのだろうか?


kt-ul@matdk03

名古屋行きを後追いで撮ってみたが、来たのは8連。6連だったら編成を抜いて撮れた可能性が高いが、8連だった事で皮肉にも架線柱に被ってしまった。
土手の葛が生い茂ってなければ、築堤を登って来る所を齧り付いて撮るというやり方もあるのだが、放置された雑草のせいで兎に角キツイ。


完璧という程の晴れではなかったものの、文句の付け様の無い状況で午前午後合計で約 5時間に渡って大阪線の撮影に勤しんだ小生だった。


ここで最強の私鉄特急を称えるためにセレクトした一曲は…
STYX (スティクス)が1977年に放ったヒット曲である、" Come Sail Away " 

この曲は Bible verse of Ezekiel (聖書の中のエゼキエル書)の事をネタ元として書かれている。作曲者は勿論 Dennis DeYoung (デニス・デヤング)で、彼が敬虔なカトリックである事をも象徴している話である。
エゼキエルが見たとされるのは神の使者とされるが、実はそれが未来からやってきた宇宙船だったという説も根強い。STYX は三途の川という意味だが、そんな彼等がこんな内容の歌を歌うというのもえげつない洒落と言えなくもない。

アーバンライナーはまさに近鉄に降臨した messenger from God とも呼べなくはないし、初めてその姿を見た時のファンや利用者には恰も宇宙船の様にも見えたという御仁達もいただろうか。(やや牽強付会

40年以上前にこの曲をリアルタイムで聴いておられた御仁はもう 50代後半以上と思われるが、どの様な曲であるかについてはこちらの YouTube でもご覧頂きたい。

I’m sailing away, Set an open course for the virgin sea
‘Cause I’ve got to be free, free to face the life, the life that’s ahead of me
On board, I’m the captain, so climb aboard
We’ll search for tomorrow on every shore, and I’ll try, oh Lord…, I’ll try to carry on


I look to the sea Reflections in the waves spark my memories
Some happy, some sad, I think of childhood friends and the dreams we had
We lived happily forever, so the story goes
But somehow we missed out on the pot of gold, but we’ll try best that we can to carry on


A gethering of angels appeard above my head
They sang to me this song of hope and this is what they said, they said
Come sail away, come sail away, come sail away with me lads
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me, baby
Come sail away, come sail away, come sail away with me


I thought that they were angels, but to my surprise
We climbed aboard their starship, we headed for the skies singing
Come sail away, come sail away, come sail away with me lads
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me


Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me
Come sail away, come sail away, come sail away with me…



我々を退屈な日常世界からも漕ぎ出させる、私鉄特急の神、はたまた鉄路の宇宙船かアーバンライナーは…
てなわけで、Part 3 へと続く!




)" Come Sail Away " はその収録アルバムである " The Grand Illusion " からの1st シングルとして1977年秋に全米で Top 10 ヒットを記録。アルバムの方も、アメリカだけでも300万枚を超えるセールスを記録する等して彼等の大成功作の一つとなった。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

1010F、大雪に消されたラストダンス

2月の土休日には1000系1010F の固定時刻運行が行われるというので、当然、予定を立てて狙いに行った。
本来行くはずだった2月9日は、一発目の大雪orz、その翌々日=11日朝から車を飛ばしてあの定番ポイントに…。

幹線道路上は除雪も進み問題なく走れたのだが、脇道はまだ雪が結構残っていたorz。

そうはいっても、残雪と絡めて撮るという機会が出来たのは非常にラッキーな事であった。

ct1010feb14a


実は羽生に向うところから撮るつもりでいたのだが、国道125号が予想より混んでいて間に合わなかった。国道125号では予想できない様な混雑や渋滞が起きる事があるので始末が悪い。

絶好且つ有名な撮影地という事で、既に混み合い始めていたが、返しの三峰口行きだけは必ず押さえようとポジションを取った。 残雪がレフ版の役割をして、光を持ち上げてくれるかと期待したが、微妙に曇ってしまった為かどことなく冴えない。

1003F も他のスジで動いていないかと期待してはいたのだが、居合わせた方から、故障で動かない状態であるという情報を受け取ってしまった。


ctc7502@arak01

参考までに、7500系7502F 長瀞に春を告げる不動寺の火祭りH.M. 付き 関東平野部での降雪は冬の終りに多いのだが、まさか雪+火祭りというコラボで春を告げようなんて…ww。

午後の三峰口からの返しは熊谷行きだという事だったので、ひろせ野鳥の森駅付近に移動。 ここでも線路上には結構な残雪があり、ステンレスカーでもボーナスショットになるという事で、何本か撮って時間を過ごした。
そして件の熊谷行きも、そこで確実に撮ろうと駅の横の道の上でスタンバイ。

しかし、そこで予想外の事態が…、 1000系と直ぐに判るあのブタ鼻のヘッドライトは見えず、来たのは別の車両!ガ――ン!+orz 

大雪の影響で車両運用が変更になったのか?
何せ、三峰口の辺りでは熊谷の様な平野部とは状況が大きく異なっていたのかも知れない。 羽生経由で熊谷まで行って、ここであっさり引き下がるのは納得が行かず、ひろせ野鳥の森駅の真横まで移動して、もう一つ後のスジまで待つ事に賭けてみた。 そしてその結果は…


ct1010feb14b


諦めずに粘った甲斐もあって、今度こそ、キタ――ッ!
何とか目標は達成し、無事帰京した小生だが、帰京の途中で既に、2月23日のラストランも撮りに行けないかと考え始めた。

2月23日というと、その日は秩父ウィスキー祭りが秩父神社内の秩父会館で予定されていた。 小生は強欲にも、如何したら掛持ち出来るか色々とプランを練っていた。熊谷辺りで前泊する事まで考えていたのであった。
ところが、2月14日にあの大雪が関東を襲い、全てを打ち砕いた
秩父鉄道は数日間全線運休という事態に陥り、その後も一部区間運休や間引きダイヤを余儀なくされた。 その中で、23日に予定されていた1010F ラストランは早々と中止になってしまい、最後の雄姿を拝む事は叶わず、この11日午後のショットがラストショットになってしまった。
20日頃に西武秩父線が復旧し、失意の中、秩父ウィスキー祭りに向かったのであった。 そこで、入場者が当初の想定を大幅に超えた事もあって、楽しむ事も儘ならない程の混雑に見舞われた。

その上、 DQN に随分酷い仕打ちを受ける等、あまり思い出したくない一日になった。
てなわけで、小生は結局、ダブルパンチを喰らった格好になってしまった sh*t !

neigedechichibu2014a
因みに、これが秩父ウィスキー祭りに行くために寄った際の西武秩父駅周辺の様子、2月23日昼頃の事。 秩父市内ですら「雪の壁」が散見されたのである。
三峰山付近では3mを超える積雪となった様で、実際に23日の時点でも西武秩父線・芦ヶ久保辺りでは電車が半分雪に埋まる様な感じだった。

それでも、羽生~寄居間位に規模を縮小してでもラストランを行う事は出来なかったか?
この時、オリンピックをやっていたソチでは雪不足で、遠く離れた秩父でこのザマwww


さて、このシリーズ恒例ww今回の一曲は…、
STYX は1983年のヒットナンバー、" Don't Let It End " (
11枚目のアルバム" Kilroy Was Here " から、あの有名曲" Mr. Roboto " 後続のシングルとして彼らの代表的なヒットの一つとなった。


如何いう曲かについては、この動かない動画、若しくはこの古いライブ映像でも御覧頂きたい。 

What can I do ?  Pictures of you still make me cry
Trying to live without your love, it’s so hard to do
Some nights I’ll wake up
I’ll look at your pillow hoping that I’ll see you there

But I get up each day, not much to say  I’ve no where to go
Loneliness fills me up inside ‘cause I’m missing you
So if you’ll give us a chance to remember the love we had once together
Wait and see, time is all that we really need
I’m praying you won’t say no, I mean to tell you

Don’t let it end  Baby, we could have so much more
Don’t let it end  Honey, please don’t walk out that door

I’m telling you baby, I made my mistakes
But I’ll make you this promise to do what it takes
I’ll be there to protect you and hold you tight
You’ve got my loving baby, every single night

Don’t let it end, I’m begging you  Don’t let it end this way
Don’t let it end, I’m begging you  Don’t let it end this way

Don’t let it end  Baby, we could have so much more
Don’t let it end  Honey, please don’t walk out that door
Don’t let it end, I’m begging you
Don’t let it end this way
Don’t let it end, I’m begging you  Don’t let it end this way No, no, no  

No, no, no...
What will I do ?  If you say we’re throughI need you to stay, honey
Don’t let it end this way...


DeYoung のソロのライブ映像もある!


11日の撮影の際、駅の西側から広瀬河原の車庫を覗くと1003F が留置されているのが見えて、先述の情報が正しかったと確認してしまった。
月末の時点でも、最後の砦となった1003F は故障中で、再び走れるか分らない状況だったので、1000系自体がこのまま終わってしまうかとすら思われたが、Don't let it end this way、復帰をひたすら祈りながら3月を待ったのであった。


そして、いよいよ運命の春が来る!この続きは、Part 8 で!


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



)Chuck とJohn のPanozzo 兄弟とその友人Dennis DeYoung を中心にシカゴ近郊で結成され、1972年にデビュー。75年にTommy Shaw が加入、5枚目のアルバム" Equinox " がヒット、その後80年代初頭までの大活躍は有名。80年代中期からバンドは休止したが、1990年に復活。以降も休止と再開を繰り返す様になるが、1999年にDennis DeYoung が脱退。現在残るオリジナルメンバーはJames Young のみ。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

They are leaving, they must be on their ways. Time has drawn.
We'll be missing them, and hope they'll be missing us.


3月上旬、私は再び茨城に向かい、高浜~石岡の有名なカーブを撮影地にした。アウトカーブ0度から中を向いたショットがなかったので、最後にそれを一度撮りたかったのである。
御存知の方も多かろうが、有名な踏切は消滅し、国道6号BPの工事も進んで、線路を跨ぐ橋脚もかなり出来上がっている。「石岡6号クロス」などという撮影地が出来るのだろうか?


651k109@isok01n

陽炎が出まくって、全体に波打ったような画像になってしまった。これが 651系S.ひたち のラストショットになってしまった。 これが通過した少し後までは晴れていたのだが、そこから急に曇りだして、挙句の果てに午後はドン曇り。

657k3@isok01n

651系の26号通過の1時間後、 E657系 の30号の時は曇天に。ただ、そこそこの露光条件は確保し、アウトカーブ0度の有難さを痛感!陽炎が消えて波打たない絵になったのは怪我の功名?
常磐線特急における E657系 への車輛統一は結局、車輛運用の都合が一番の原因と思われる。悪天候や事故などで抑止が掛った場合等で、車輛の都合がつかずにウヤを出さざるを得ないケースが多々あったのも事実である。残念なのは E657系 のグリーンは半室で、4列シートでグリーンとしての体をなしていない事である。普通車はそれなりに頑張って作った様なので、なお一層残念。


501407@isok01n

序に、 E531系 ではこうなる。 因みに、トリフジ=取手~藤代間にも跨線道路が作られている。常磐線自体もだが、その撮影地もターニングポイントを迎えているという事である。

4月初めにあるTV 番組を見ていたら、何故か 651系 とある女性との間に相通じるものを感じ取ってしまった。 この春、N.Y. に旅立ち女子アナとしてのピリオドを打ったテレ東の大エース、大江麻理子 嬢である。
651系 は時代に恵まれ、大江は担当番組に恵まれた。 「天女」とすら評される彼女を見ていて、他局を含めた沢山の女子アナ達と比べて遜色があっただろうか?ないと断言すら出来る。
(大江麻理子嬢の姿は
これとかこの辺からでも…)

若くて綺麗な女子アナはいっぱいいるが、30代半ばにして、その娘達を遥かに上回っている事も多かった。
〇藤綾子や水〇麻美、〇島えり〇、〇賀〇つみ、〇山愛の様な若さは無くとも、全く見劣りしなかったのは明らかである。
651系 についても同じ事が言えよう。後から出て来たJR各社更には私鉄各社の特急車と比べても、まだまだタメ張れるそころか蹴散らせる場合だってある。 両者とも稀有なものを持った素晴らしい存在であったのは間違いないであろう。


数少なくなった特急街道の一つである常磐線の主役を専ら担うのが E657系 であるが、 651系 の登場で 485系 の独壇場だったのが一転、二枚看板になり、 485系 E653系に置き換わっても続いた20有余年の二枚看板時代が終わりを迎えたのである。
スーパーひたちとしての最終運用になった3月15日の66号では、 651系 E653系定期運用終了のアナウンスが行われた様である。(最終運用はフレッシュひたち75号)


その日は東急渋谷地上駅のフィナーレが話題をさらったが、夜の上野駅も 651系 ひたちのファイナルという事で相当な人出であった。 651系 の去就については、原発事故等の原因により、常磐線特急再編計画が狂ってしまった事もあって現時点でもはっきりしない。
一部のメディアでは転用されずに全廃との報道もあるが、一部が波動用になり 183/189系 185系を置き換えるとの見方が有力である。


私見ではあるが、数年内に予想される中央本線新型特急車導入による特急再編が起きた場合の車輛の動向も絡んで来るとも考えられ、予断は許されない。


最後に…、651系からのメッセージを… (えっ?ホンマかいな?)
特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」から3月15日を以て卒業致します、20有余年に渡る御愛顧は忘れません。 波動用としての新たな役割を得るべく旅立つ事になろうかと思われます。暫しのお別れとはなりますが、また何時か団臨等でお目に掛れる事を願っております 。
E657系 は嫌いでも、常磐線は嫌いにならないで下さい!


そして最後に、御愛顧頂いた鉄道ファン及び利用者の皆様にこの曲を捧げます。

2013年3月15日 東日本旅客鉄道特急型車体  651系 K101~109、K201~209 99輌一同

その曲とは…、STYX の超名曲、"BABE" (1979年・全米#1) (

御存知の方も多いとは思うが、こちらこの辺でも御覧頂きたい

Babe,I’m leaving. I must be on my way, the time is drawing near
My train is going, I see it in your eyes, the love, the need, your tears

But I’ll be lonely without you and I’ll need your love to see me through
So please believe me, my heart is in your hands, I’ll be missing you

You know it’s you, babe
Whenever I get weary and I’d had enough, feel like giving up
You know it’s you, babe
Giving me courage and the strength I need
Please believe that it’s true... 
Babe, I love you

You know it’s you, babe
Whenever I get weary and I’d had enough, feel like giving up
You know it’s you, babe
Giving me courage and the strength I need
Please believe that it’s true... 
Babe, I love you

Babe,I’m leaving, I’ll say it once again and somehow try to smile
I know the feeling we’re trying to forget
If only for a while
Cause I’ll be lonely without you and I’ll need your love to see me through
So please believe me. My heart is in your hands, 'cause I’ll be missing you
Babe, I love you... Babe, I love you... Ooh-ooh-ooh, babe



JR東日本 651系
1988~1992年にかけて9編成99両が全て川重で製造。基本編成7両及び付属編成4両から構成される。1989年3月から営業運転開始。JR東日本がデビューさせた最初の特急車。 スピードアップに主眼が置かれ、在来線特急として初の130㎞/hでの営業運転を実現。界磁添加励磁制御を採用。耐寒構造でありながら、耐雪構造ではない。雪を考慮しなくてもよいという常磐線の事情に合わせた構造になっている。 1990年ブルーリボン賞獲得



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



)STYX 唯一の全米#1シングルで全英でも最高6位。全米だけでも300万枚売り上げたアルバム "Cornerstone" (1979)からの一曲。
元々は、Dennis DeYoung がコンサートツアーに出る時に、暫く会えなくなる嫁へのバースデープレゼントとして書いた曲。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ