Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

タグ:PENTAX

其の弐で東京ミッドタウン日比谷を取り上げたので、今回其の参では本家の六本木にあるミッドタウンをフィーチャーしてみた。ミッドタウンも竣工から来年で15年になる
久し振りにsmc da 14mm f2.8 を使ってみた。14mm(=フルサイズでは21mm相当)という超広角が高層建築の撮影に役に立つと思ったが結構嵌った。作品にする際は各種補正やトリミングもあるので撮影したそのままの画角では無い事は了承頂きたい。


tokmdt01  tokmdt06
左画像=東京ミッドタウンレジデンシィズ
右画像=東京ミッドタウンガレリア(右側)及びガーデンテラス(左側)入口近辺とその奥にミッドタウンタワー。サントリー美術館はガレリア3階に、リッツカールトン東京やミッドタウン・カンファレンスはタワーに鎮座している。



tokmdt04
円形に突き出したガーデンテラスの曲線フォルムはミッドタウンでも特徴付ける存在になっている。

tokmdt05
以前なら3月末辺りになると桜花の回廊として賑わっていたこの通路もロックダウンに近い状態では侘しい。
チョン池百合子は都議会議員選挙まで緊急事態を引っ張って事実上のロックダウンを続けたいのは明らか。自分以外は選挙運動が実質上非常に制限されるからである。
緑のBBAとしては、国内資本を潰滅させて、そこに中国から巨大資本を入れさせてその下で経済の完全垂直統合化を図るのがもう一つの狙いなのは明らか。「その為に良く働いた」となれば論功行賞的においしい所が山ほど回って来て中国でバカ儲けというコイ桂銀淑の算段なのは見え見え。コイ桂銀淑小泉チョン次郎も兎に角無能過ぎて反吐が出るというもので、そんなもんに大きな権力を与えると本当に国が簡単に滅びると分かる。
中獄は儲かるなんて言うのは今や幻想になってきているというのに…、政治家でこれから媚中して濡れ手に粟と行こうにもババを掴まされるのが落ちであろう。それこそBBAがババ食らうのはピッタリフィットである。)



tokmdt03
ガレリア・ガーデンテラス・ミッドタウンタワーの3点セットを横位置で撮った作例。
レンズがsmc da 14mm f2.8だと歪曲が意外と少ない。高い物を直下から見上げて取る形だとパースが大きいのはある程度仕方が無いが、歪曲が少なくて補正し易いのは助かる。


tokmdt02

Oakwood Premier Tokyo Midtown(オークウッド・プレミア・トウキョウミッドタウン)とミッドタウンタワーの組み合わせ。
オークウッド~は〇彅剛とか香〇〇吾等の有名人も住んでいた(いる)とされるホテル兼サービス付きアパートメントとして有名。ミッドタウン隣接の檜町公園で〇〇剛氏は泥酔状態の所を警察に保護されるという事になったのだが、その事件も最早隔世の感がある。因みに、ミッドタウンの付かないOakwood Premier Tokyo は丸の内1丁目に所在する。


三井不動産が開発を手掛けるミッドタウンシリーズには新ヴァージョンが登場する。六本木・日比谷に続いて八重洲に登場する。そこにはブルガリ(BVLGARI )のホテルと小学校が入居する予定らしい。
(取り合わせが斬新で凄すぎる


画像の製作方法は以下の通り。このサイトの画像は今全てこの方式を採用。
DNG(RAW)→現像しTiffを書き出し→Tiffを現像、ウォーターマーク挿入しTiffに再度書き出し→再現像してJpg.書き出し。2種類の現像ソフトを使い分けて行う。


其の四へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-3 MarkⅢ試し斬り作例集の2回目からは屋外・街中の風景編となる。先ずは4月末のある日の良く晴れた青空の下、湯島の方に用事があって行っていたので御茶ノ水の駅のすぐ近くの聖橋の上からという事で屋外では初の試し斬りを敢行。

ochmzbs02
聖橋から秋葉原方向を向いてのショット。左手前に入るのは湯島聖堂敷地だが木が大き過ぎて建物は映らない。その木々の中には楷書の名の由来になった楷の木もある。
画面中央部に映る黒いビルは今年竣工したばかりの住友不動産お茶の水ビル。手前に見えている坂は昌平坂(相生坂)。1927年に関東大震災復興事業の一環で作られた橋は、湯島聖堂とニコライ堂を結んでいるので聖橋という名になった。
湯島聖堂は徳川綱吉の治世に建立された孔子廟である。(孔子学院ではないので注意!)今、CCPの工作機関である孔子学院が世界中にはびこっていて大問題になっているが、孔子廟は昔からアジア各地に建てられて孔子を祀っている。直ぐ近くに湯島天神がある為混同され易いが湯島天神は神社で、聖堂は孔子廟であって神社ではない。
現在の東京医科歯科大学病院敷地は元々湯島聖堂に付帯する御殿や学寮だったのである。

ochmzbs01
聖橋は東京メトロ丸ノ内線でも四ツ谷駅付近や後楽園駅と並ぶ数少ない撮影地でもある。6両全ては入れられないが、工夫次第で4両位なら入れられる。

ここからは日比谷・内幸町界隈で撮った画像を載せて行く。5連休のある日の午後遅め15時半~16時近辺の撮影であった。
hibiya11
日比谷交差点・江戸城日比谷見附跡から銀座方向を向いての絵。
右側に見えるのはペニンシュラ東京それから道を挟んで左側にあるのは日比谷サンケイビル・ニッポン放送・蚕糸会館・DNタワー21というあたり。
農林中金有楽町ビルと第一生命館を部分保存の上で再編し建て替えたのがこのDNタワー21である。第一生命館は第2次世界大戦直後にGHQに接収されていたあの建物である。DNとは第一生命・農林中金の略称。
因みに国道1号・20号は画面左下から手前側に折れる形になる。


hibiya13
手前は日生劇場その右奥は東京宝塚ビル、東京で宝塚ファンの出待ちが起きたりもするのが東京宝塚劇場。
この劇場、Google Mapでは「気品高く洗練された劇場」となっている阪急阪神東宝グループの東宝東京宝塚の意味。画面真ん中に聳える大きなビルは東京ミッドタウン日比谷。東京ミッドタウンは六本木だけではなかった。


hibiya12  hibiya14
上のミッドタウンを含む絵を縦位置で撮ってみたのが左画像。ミッドタウン日比谷∔日生劇場∔帝国ホテルを縦位置で撮ったのが右画像。
APSC なのでかなり広角で撮らないとならないが、広角で見上げる態勢で撮る事となるので、パースやディストーション等の補正に苦労する。高い建造物を直下から取った場合は自然な形に補正するのが一苦労である。


hibiya16

搔い摘んで行くと左奥から東京商工会議所・DNタワー21、日比谷交差点を跨いでミッドタウン日比谷・日生劇場・帝国ホテル・日比谷U-1 ビル・NTT日比谷ビルという取り合わせのラインナップだが、ミッドタウン日比谷のデカさが目立つ。

一番右手前に一部だけフレームインしているNTT日比谷ビルだが、1961年竣工の老舗ビルで60年と高齢なため再開発の話が進んでいる。三井不動産・TEPCOグループ・NTT都市開発が組んで帝国ホテル・NTT日比谷ビル・東京電力本社ビルを含む街区を「内幸町再開発」と銘打って約15年掛けて再開発するとの事である。

其の参へと続く!


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日あのK-3 MarkⅢを入手した。知っての通りそいつは25万を超える高額機種である。
資金のあては勿論あった。ところがその資金を作ろうとすると、証券会社の人間が「今は売るな」「勿体ないからまだまだ待て」となかなか売らせないから困っている。長い事不必要に塩漬けにさせて貧乏くじを引かせようと思っている可能性はある。バイデンが左翼らしく富裕層キャピタルゲインへの増税をブチ上げて来た所に、日本では5月1日から5日間は5連休(週末を含むため実質は3連休か?)で売り買いが出来ないから気が気じゃない。結構適当な事を言うヤツは売り時を逃しても責任は問われないので証券会社には多いのである。換金されてそのまま外に出されたら預かり額が減って成績や評価にも響くので売らせたくないケースが多いらしい。

この国ではどっかの知事や大臣、医療業界が率先して日本及び大和民族を完全に潰滅させるための手を次々打って来る。近い内に♯日本を棄てる喜びなんていうパワーワードが爆誕する勢いである


k-3mark3-01
今回小生が買ったのはシルバーのPremium set、予約だけで完売になったヴァージョンである。カメラでシルバーボディを買うなんて初めてである。レンズがシルバーその他の色というのはあるが、取敢えずFA Limited 43mm f1.9 を付けた姿を撮ってみた、K-3 Ⅱを使って。

ケーブルスイッチが旧型のままなのはガッカリ。3.5mmミニフラグの古臭くてチャチなケーブルスイッチのままだった。この際グレードアップして欲しかった。スイッチ類が増えていて操作系は複雑でなかなか慣れない、中々馴染めない。10日かそこらでマスターするのは無理だと思う。
小生の場合、沢山の機能を操って使うというスタイルではない。去年秋に大病をしてしまった小生なので、煩雑な操作系はハッキリ言って辛い。
フォーカシングの部分については、期待値に達する事は無さそうである。25万クラスの機械ならもう少しは早さと精度、反応がもっと良くなっててもイイと感じた。
今回其の壱では室内でのブツ撮りの作例を載せて行く。


ohmitendon01
近江牛のスジ肉、新宿のデパ地下で購入。スジ肉でも近年は高騰、しかも和牛ともなれば結構高い。

charcute-saga01
唐津市の薫や=(有)たなべ屋(こちらの記事にも登場)の燻製と豚肉のハーブ入りパテ、渋谷のデパ地下イベントで購入。鴨燻製は毎回購入だが、ハーブ入りパテは初めて

spamacsmok01
同じく(有)たなべ屋の鰆の燻製、サバの燻製もあるがこちらの方が安くて味も上品(私的印象)

tiramisu20210424
福岡に所在するROYAL株式会社の冷凍ティラミス

chesnuttart01
有名高級?スーパーのモンブランタルト

jmstephan2k11vso01  chbturnio01
左画像=日本では極めて知名度が低いJean-Michel Stephan(ジャン・ミシェル・ステファン)の超珍品。VSOなんて名は付いているが、VSO=Vin Sans Origin=原産地が無いという意味になる。
本来はCôte Rôtie Côteaux de Tupin(コート・ロティ・コトー・ドゥ・テューパン)として世に出る筈の所をINAOの官能検査を通せなかった為に原産地名称を名乗れず、Vin Sans Originと言っているワインである。INAO の行う官能検査は特徴のないワインを作る凡庸な生産者を守っているスキームだと批判を浴びる事が多い。
右画像=アークヒルズにある某スーパーで売っていた千葉県産のカブ



使ってみていきなりビックリしたのが色の偏りが酷い!裏切られた、驚いた、あくまでもマイナスの方向にである。今でもネット等で色々言われデメリットも沢山指摘される裏面照射型センサーだが、甘く見てはいけなかったのである。
正直言って詐欺にあったと一緒である。センサーが酷い!なっていない!RAW 現像ソフトで数字を見るとK-7 とまるっきり一緒である。蛍光灯の下で撮っているのと数字がほぼ一緒かもっと酷い。裏面照射型・ローパスレス設計になったとはいえ、どうにもならない位素性が悪いと言わざるを得ない。
以前の記事で25.7MPの裏面照射型センサーにいいね!を付けたがそれは実際に触る前の段階の話で、色のクセが強過ぎるとToo Bad である。
Adobe rgb での撮影なので緑が非常に広いのもあるかも知れないが、SONY のセンサーである筈だが、使って見るとあの韓国製の酷い奴のトラウマを思い起こさせる様にしか思えない。


今、映像機器用CMOS センサーというと実質上はSONY 一択の筈なのだが、ここに来て血迷ってまさかの完酷製なのか?と錯覚してしまう。
旧来(K-3 Ⅱまで)は表面照射型だったのが裏面照射型に変ったという事で今迄の感覚はリセットしろという事なのか?
RICOH は酷いのを分っていて、K-7 で懲りているはずなのに、再び素性の悪いSAMSUNG に手を出したのだろうか?と思う程に裏面照射型センサーのデメリットが出まくってしまっているという事なのだろうか?
裏面照射型のデメリットは色々指摘されているが、未だに解決はされていないもののSONY が押し売りするので選択肢が無く、仕方なしに裏面照射型を採用していると捉えるべきなのだろうか?


兎に角クソ過ぎる、納得がいかない。K-7 と比べるとカラーノイズは非常に少ないのがせめてもの救いか。
其の弐へと続く!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このモデル撮影記も遂に最終回。最後の締めは、「乙女が風船膨らます~」
こんなカワイイ女の子にお口付けてふ~ふ~までしてもらえる風船が羨ましくなってしまう時間である。「自分で用意しておいて羨ましいなんて何だよ?」というツッコミは無しで…。


shigemam@edg095  shigemam@edg096
女子にはカワイイと大人気のワイルドベリーに近い色だがややピンクっぽい。いつもの事だが、風船ふ~ふ~する乙女ってなんでこんなにカワイイのだろう?
フェミニンでキュートな部分が爆誕するのである

shigemam@edg097  shigemam@edg098
カワイイと言って風船と戯れる彼女が可愛くって、それも見ていて半勃ちから思わず全勃ちになりそうな小生だった。

shigemam@edg099  shigemam@edg100
初登場のスプリンググリーン埼京線でも常磐快速線でも山手線でも無い感じのグリーンと云うのが良いだろうか。
カラーヴァリエーションの豊かさはSempertex程ではないが、それとも十分に豊かである。色の豊かさには彼女も感動ものだった、これが彼女をアゲアゲにしていた。

shigemam@edg101  shigemam@edg102
風船といえば日本製も非常に良い質の物はあるが、カラーヴァリエーションが貧弱で使えない。沢山の色を製造して商売に乗せようとするとある程度大規模なメーカーでないと無理なのかも知れない。

shigemam@edg103  shigemam@edg104
女子一番人気のローズピンクを膨らませてもらった。やっぱりどこかで使いたい女らしさを際立たせるカラーの一つである
shigemam@edg105  shigemam@edg106

こうしてアゲアゲな120分はあっという間に過ぎていった。
終了の際に先ずはいつも通りの記念品進呈。ゴールデンロットオレンジをプレゼント。
とても嬉しそうに貰っていっただけでもカワイイのだが、ローズピンクは余程気に入ったのか、おねだりされたのでそれもプレゼント。(本当はそれも戦利品として持って帰りたかったが…)
彼女は早速ローズピンクを膨らませながら控室に戻って行ったが、それをふ~ふ~している彼女の背中越しの姿は余りにも萌えカワイかったので、「背後から思いっきり抱きしめたろか!」という衝動に駆られそうになる小生だった。
こっちにはまだワイルドベリースプリンググリーンがある。(*´艸`*)、家に帰ってから最後の時の後姿を思い出してシコっちゃった~
この時使っていた300Wオフカメラストロボも異常を起こしながら何とか保った、が、その後あまり日数を置かずに死んだ。ストロボは大変な高圧電流を瞬時に流したりするので負担が大きいから、下手な物を買うと安物買いの銭失いという事になってしまう。


May 2nd, 2019 @ Pulchra撮影会、文京区水道Force Studio
PENTAX K-3Ⅱ∔smc da 35mm f2.4、FA limited 43mm f1.9、DA star 16-50mm f2.8
300Wバッテリー式オフカメラストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

機械と撮影者の技術には関係がそれなりにあると思われる。
流行りのミラーレス機で撮影すると、EVF の中で完結した様になってしまう事で撮影者のスキルアップには繋がらないという。絵作りの技術が向上せず、特に光線状態の見極めが出来ないという困った傾向が顕れるらしい。
そうは言っても、ミラーレスならミラーボックスやペンタプリズムは要らない分、コンパクトにして軽量化は圧倒的に有利である。そのくせして「フルサイズ=画質が優れている」というのが思考停止とか洗脳に過ぎないかも知れないと疑う事は無く、取捨選択もせずに猫も杓子もフルサイズと騒ぎまくる。
2021年の今の時代、レフ式でAPSC フラッグシップなんてどう考えても流行らない物を作るなんて恐ろしく愚かな事にしか思えないと思うかも知れない。
若い世代の人にとっては、光学ファインダーをしっかり覗いて撮影に臨むなんて馬鹿らしいのかも知れない。小生位の年代だとそれが当たり前だったりするのだ。
これは小生の偏見かも知れないが、ミラーレス機の画像にはまだどこか不自然でインチキ臭い部分が残ってしまう気がしているのは小生だけだろうか?



nk6001@abkm01n
南海6000系6001F、我孫子前付近にて2015年5月K-3(Ⅰ)で撮影
因みに大和川の南側=浅香山~堺東間は高架化される予定

maximum で秒当り12コマという高速ドライブ=いいね!
K-3(Ⅰ)の秒当り8コマだって実際手にしてみるとそれなりに早いと思ったが、その後連射速度は2桁が当たり前という時代がやって来た。2014年登場のCanon 7D 2が10コマ/秒、その後ミラーレス機では秒/15~20コマなんていうのが当たり前になって行った。現在のレフ式で速いのはCanon EOS 1DX mark3 (2020)で秒/16コマ、Nikon D6(2020)で秒/14コマ、D500(2016)で秒/10コマという具合でK-3 MarkⅢの秒/12コマはD5007D 2を超えてD6に迫る勢いである。ミラーレスも凄まじく進化しているのだろうが、レフ式だってまだまだ捨てたものじゃない。

6627@tsmg02
ほぼフルコン状態を牽く「国宝」ことEF66-27・2017年にK-3 Ⅱで撮影

高精度・高速のミラー/シャッター駆動システム
ミラーのバウンドを早く収束させるようにメカ制御の部分を刷新した模様。1コマ当りの動作時間をK-3Ⅱと比して2/3に短縮して、これにより秒/12コマが可能になったという事。2012年の事だったが、当時のK-5 でミラーが止まらなくなってバタバタ勝手に動き続けてしまいに逝ってしまうというトラブルに見舞われた事があった。ミラーがリセット不能になった事が原因だったらしいが、高速化出来てもそういうトラブルが起きたら困る。



tb103@skytr01
東武100系103F・源森橋にて2017年12月、K-3 Ⅱでの作例

2570万画素(有効画素数)裏面照射型CMOS センサー=いいね!
センサーの話をすると、K-3 MarkⅢでは裏面照射型CMOS センサー採用で有効画素数で2570万画素、高速連射撮影を一つのウリにしていて秒あたり12コマという機能なのに、D500や7DⅡが20MP に抑えているのに対してこちらは25.7MPで約3割増である。小生的には20MP でも十分な気もするが、この画素数で秒当り12コマというのがここ数年での半導体の技術的なレベルアップなのだろうか。
映像エンジンは漸くPRIME Ⅴまで来た。映像エンジンがPRIME シリーズになって15年である、これに新型アクセルレーターユニットⅡが組み合わされてデータの処理能力の大幅アップに繋がっているらしい。


5.5段の手振れ補正=いいね!
今や当たり前になった5軸手振れ補正。2006年のK100でボディ内手ブレ補正がShake Reduction(シェイク・リダクション)として初採用されてから15年、PENTAXもボディ内手ぶれ補正が5軸に。それで補正も5.5段分、5.5段というと2の5.5乗相当のシャッタースピードで補正されるという事になる。これを計算すると約45倍という事になる。5段分位の手ぶれ補正は今や当たり前でがあるのだが…。
Canon でさえミラーレスでは手ブレ補正はボディ側で行う様になった。ブレ補正をレンズ側で行うなら補正具合がファインダー内で分かるのだが、ボディ側で補正されるとそこは分からない。
レンズを選ばず手ブレ補正が可能だというのは使い易いという事になる。



rkspn006
2017年1月撮影の横浜臨港線プロムナード、K-3 Ⅱで撮影

101点AFシステムSAFOX13=やや期待薄・高精度動態追従=ホンマかいな
それなりに期待しては見たものの、例えばCanon 7D 2の積んでいる65点オールクロスとかいう感じのレベルの話を期待したのだが、見事に裏切られた
101点AF システムとか言ってはいても、補助用のスポットを含めた数と考えられる。触る前の印象でしかないが正直ガッカリで然程期待出来るとは思えない。AF が使い物になる実質的エリアは狭いと考えられる。クロスセンサーの点数が中央近辺の25点だけとは少な過ぎで30万取るには貧弱とも見える。選択可能測距点は全体で43点と実用に問題は無いかも知れない。
所詮がSAFOXなので、期待しろという方が酷なのかも知れない。低輝度限界も-4EV まで向上したという。


nmmist@cpri56  nmmist@cpri49

nmmist@cpri60  nmmist@cpri41
乙女ポトレの作例・2019年2月にK-3 Ⅱ使用で撮影、風船と戯れるモデルの名は中村美里

更に30.7万画素RGBIrセンサーとPRIME V の新式画像認識アルゴリズムがAF・AE・AWB の性能をアップさせたという。AF を含めてフォーカシングというものはボディだけでどうにかするには限界があって、レンズとの共同作業になってしまう。小生保有のレンズは旧めの機種が多くてどちらかというとMF 向きで三脚固定+置きピンなんて結構得意である。

実際に触った人の話だと、AF の駆動音が結構五月蠅くて気になる事があるらしい。PENTAX としてもAF がダメなのは承知しているのか静かさを捨てて早く正確にやろうとした結果かも知れない。高精度動態追従なんてPENTAX の柄にも無い事?を謳っているわけだから。

シンクロ同調速度は1/200秒=ガッカリ
APSC フラッグシップを謳うなら、シンクロ同調速度は1/250秒を達成して欲しかった。因みにK-3 Ⅱまでは1/180秒だった。

marimbault057
風船3つも持っててカワイイ!2016年のうてなまりえ・この時はまだ20代だった。K-3(Ⅰ)での作例。

ペンタプリズムは新開発、ファインダーも凄いらしい=いいね!
ペンタプリズムやファインダー周りは設計や素材から見直しを迫られた。ファインダースクリーン、ハーフミラーの位置、ミラーの大きさも悉く見直す必要が生じた。K-3 Mark IIIが特徴のひとつとしているAFシステムの進化を支える新しいAFセンサーも、そのデバイス自体が大型化したため、そこへ光を導くサブミラーの配置も最適化も迫られた模様。K-3 Mark IIIの新開発ペンタプリズムは、従来より高い屈折率を持つ硝材(ガラス材料)を使用したことがトピックで、今まで主流だったBK7ではない。
K-3 Mark IIIのファインダーには透過液晶が組み込まれているがこれがファインダー像を暗くするとなっている、それでも透過液晶のないK-3 IIより明るいとの事で、ピントのヤマも掴みやすく、遠くの被写体のピントも従来より見やすくなっているらしい。
こういう所にもボディだけで25万円を超える理由があるのであろう。


yukhr088  coid024
ゆきこhr=左画像、小出美里=右画像 いずれも2019年にK-3 Ⅱで撮影

レンズというと今迄はDA star 16-50mm f2.8、同50-135mm f2.8。SMC DA 14mm f2.8、同35mm f2.4、同50mm f1.8、FA Limited 43mm f1.9、DA Limited 70mm f2.4、SIGMA APO 70-200mm f2.8、同120-400mm f4.5-5.6という所を使ってきた。特にDA Star 2本とSIGMA の70-200 は重宝している。K-3 MarkⅢと組み合わせて具合良く撮れるのか心配もあるが、24MP で解像力も十分なら25.7MP でも心配はないだろう。

APSC で25.7MP、もし同じ画素ピッチでフルサイズだったら約58.4MPになってしまうので、やっぱり画素ピッチが少しきつ過ぎるのではないかとも思われる。実際手に入れて触らないと分らない部分が大きい。生活必需品ではないカメラとして一段上の豊かな存在に引き上げ、一眼レフカメラによる撮影体験そのものの質を高める事がリコーイメージングは「一眼レフの未来を創る。」という事だと言いたいのであろう。

ktislm@iss01
近鉄伊勢志摩ライナー23000系(赤)・2015年11月、伊勢市駅付近にてK-3(Ⅰ)で撮影

機械は使ってナンボなので、カタログスペックには書かれていない所の部分が大きい。カメラという物に於いては実感・体感という所も大きいのである。


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ