Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

タグ:JR貨物

今回の重盛まみ嬢・モデル撮影記も中盤戦。このPart 4 では、もはや国宝たるEF66をフィーチャー、先ずはタペストリーと本人のみの構図の物から。

shigemam@edg027  shigemam@edg028

ここからダイキャスト=HOゲージが登場!
shigemam@edg029  shigemam@edg030
HOゲージの模型も登場、これで20000円オーヴァーといっても20000円台前半なら安い。
価格の事は兎も角、小道具の大きさとしては微妙というよりかなり小さく、あまり目立たない。これより大きいサイズのダイキャストを探すと、大き過ぎて価格も偉く高額になってしまう。


shigemam@edg031  shigemam@edg032
レールで支えているとは雖も、模型は高額でそこそこ重さもある精密機器みたいな物で扱うのはお互い注意が要る。小さいとは言え、模型でもフレームに入っているとやはり違いが出る。

shigemam@edg033  shigemam@edg034
乙女には鉄グッズより綺麗でキュートな風船なのねぇ
shigemam@edg035  shigemam@edg036
タペストリーと模型、そして直流機色をフィーチャーしたブルーの風船。彼女には何といっても風船が嬉しく楽しいらしい。ここでの主役はあくまでもゼロロク、ではなくて彼女。表情が一段と弾んで見える、それでイイ!分かり易い事であるが、撮っている小生としてもこの時点で完全に萌え~の境地。
このネタは白とピンクの衣装を着ていた後半に撮った良かった。赤い衣装の前半だったら…、衣装が目立ち過ぎる上に赤は交流・交直流機のカラーでもあるからマッチングは微妙だったであろう。


まだまだネタは尽きない、撮影記も終わらない。Part 5 へと続く!

May 2nd, 2019 @ Pulchra撮影会、文京区水道Force Studio
PENTAX K-3Ⅱ∔smc da 35mm f2.4、FA limited 43mm f1.9、DA star 16-50mm f2.8
300Wバッテリー式オフカメラストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ターミナルから新鶴見・梶ヶ谷を回り武蔵野線をひた走り常磐線に入って隅田川貨物駅に向かう列車、聞けばこんなに面倒臭いルートの列車も無い。
東京ターミナルと隅田川貨物駅の間にはショートカット出来る線路は無い。だから東京の外環を廻るしか行き来出来るルートが存在せずシャトルと云い乍ら外環一周の列車が存在しているのである。
この75レ、2020年3月までの数年間はPFのスジだったのである。ここ数年間のPF における国鉄色への回帰がこの75レの人気を押し上げた気がする。


pf2068@edgw01
江戸川の川べりで撮る標準的なアングルはコレ。ただ、背後に緩行線がある為にパン抜きが非常に困難だったりする。スッキリはしていて見本通りの模範解答っぽい形だが、非常に大人しい見え方の構図である。大多数の撮影者はこの絵を撮ろうと線路からかなり距離を取ってそこに固まってしまう。

pf2086@edgw01
2086号機の作例。
このアングルの方が迫力は出るかも知れない。色々障害物が出ているだろうといえば確かに綺麗なショットではない
最初のヤツと比べて線路に近付いて、1スパン分手前でシャッターを切る様な構図にしている。パン抜きが非常に難しいのには変わりがない。


pf2096@edgw01
こちらは2096号機の作例。背景に雲が大きく湧いてしまったのが惜しい
 
pf2057@edgw01
貨物色のヴァージョンも一作載せてみる


そんな75レがEF66のスジに変ったというのは2020年ダイヤ改正の中の大きなトピックになったかも知れない。その改正から程無く#27、ニーナ様がお入りになったのである。激バでこそは無かったが、密を作ったと叩かれてもおかしくはない様な状況だった。
まぁ、屋外なので本来なら密もクソも無いのだが。第一そんな事を一々恐れていたら鉄道なんか撮れやしない。
病院なんて院内感染に対し神経過敏状態。予約取って来ている患者に対し、理由を付けては何もしないで追い返す様な事だってやるのである。
「お前バカか?」という位、怖がっているのが見え見えな所も多い。

6627@edgw02

常磐線の江戸川でついに捉えたゼロロク。もうそれだけで素晴らしいというものである!常磐線、しかも江戸川でEF66を捉えられる時が来るなんて。安中貨物が武蔵野線経由となって江戸川を通らなくなって数年、66が拝めるなんてである。
3月半ばだと空が変に霞み易くなる。晴れてて青空でも良い筈なのに濁っていて残念な感じである。



6627@edgw01

春先になると雲が沸きやすい。この時も背景(松戸や流山辺り?)に雲が帯状に沸いてしまった。被写体側は完璧に晴れていたのに非常に残念。春先の空は信用がならない。
DSウイルスがどうであろうと27号機は人が集まる。ウイルスが怖くて撮り鉄なんか出来るか!国鉄機>自粛、自粛なんてクソ食らえ!なのである。



こんな所で、素晴らし過ぎる栄光の国鉄機にはBill Withers(ビル・ウィザーズ) 1980年の名曲、" Just The Two Of Us " を捧げたい。Bill Withers といえば、我々位かもっと年の行った世代なら「牛馬犬猫の類いでも知っている」位の存在だが、この画像を撮っていた位の頃に亡くなったのである。言わずと知れたソウル界の一大レジェンドであるが、1980年代後半には50手前でセミリタイア状態になった。スターダムにいたのは実質20年にも満たない。その原因として、音楽業界にある人種差別の酷さに嫌気が差したとも言われている。

彼は享年81だったが、実をいうとほぼ同じ時期にカントリー・ポップスのレジェンドであるKenny Rogers (ケニー・ロジャース)も亡くなったのである。この2人、共に1938年生まれで今年3月に享年81で死去している。誕生日は45日程違うが命日は僅か10日違いという事である。
〇〇〇ウィルスでバカ騒ぎしていなければ、この2人の訃報は結構大きな話題になったと思われるのが悔しい?


今更くどくどと述べる必要も無い程有名な曲で、カヴァーヴァージョンも厭という程作られている曲ではあるが、ここで改めてどの様な曲だったか見たければこちらのYouTubeでも御覧頂きたい。

I see the crystal raindrops fall and beauty of it all
Is when the sun comes shining through
To make those rainbows in ny mind
When I think of you sometime
And I wanna spend some time with you

Just the two of us, we can make it if we try
Just the two of us, (Just the two of us)
Just the two of us, bulding the castle in the sky
Just the two of us, you and I

We look for love, no time for tears
Wasted water’s all that is and I don’t make no flowers grow
Good thing might come to those who wait
Not for those who wait too late
We gotta go for all we know

Just the two of us, we can make it if we try
Just the two of us, (Just the two of us)
Just the two of us, bulding the castle in the sky
Just the two of us, you and I

I hear the crystal raindrops fall on the window down the hall
And becomnes the morning dew
And darling, when the morning comes
And I see the morning sun, I wanna be the one with you


Just the two of us, we can make it if we try
Just the two of us, (Just the two of us)
Just the two of us, bulding the castle in the sky
Just the two of us, you and I


Just the two of us (We can make it, just the two of us)
Let’s get it together baby, yeah (Just the two of us)
Just the two of us
(We can make it, just the two of us)(Just the two of us)
(We can make it, just the two of us)(Just the two of us)
(We can make it, just the two of us)(Just the two of us)
(We can make it, just the two of us)(Just the two of us)
(We can make it, just the two of us)(Just the two of us)




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月、これも2年ぶりになった鶴見川でのゼロロク撮影の画像だが、もう約1年が経ってしまった。2020年1月の時点では相鉄JRの直通も開始されていたから、貨物列車以外にも紺一色の相鉄車(117系銀河の関東版?)というターゲットも追加されていたのであるが、その画像は機を改めて載せたい。

6627@tsmg04
唯一残っているゼロロク様といえば国宝とすら呼ばれるニーナこと27号機
EF66でも平成生まれJR貨物製造の100番台には残念ながらここまでのオーラと存在感はない。良く晴れた冬空の下を走る絵は空コキだらけの残念な状態でも絵になる。こんな所がJR世代の奴等とは全く違う所である。2020年1月後半撮影の作例。


6627@tsmg05
2月上旬撮影の作例。コキはかなり埋まっていたが、如何せん曇ってしまった。予報は晴れ時々曇りだったのに蓋を開けたらほぼ完全に曇り
そんなら中止して変えればイイじゃないかと思われるだろうが、こういう場合は相手が相手である。早起きして車飛ばしてやって来ていたという訳で、サンクコストの呪縛はタップリ受けていたのである。ドン曇りという程酷くなかったので、まぁ何とか可能な範囲内で撮る事になる。

185om09@tsmg01
引退が近いと言われる185系大宮車の試運転
伊豆箱根鉄道駿豆線にもE257系5連2500番台(NC31~34)が入る事となって、3月から運転の特急湘南はE257系であろうから、定期運用は無くなる。波動用の運用が残る可能性はあるが、N'EXの大幅減便で暇を持て余しているE259系の動向次第という部分が大きい。要は〇〇〇ウィルス次第という事であろう。


215yktnl2@tsmg01
中々見られないニートレイン?215系の試運転。これだって1992年デビューのJR世代車だが、実際は「国鉄末期型」211系ベースで作られている。平日朝夕のライナーの運用がライナーから特急湘南=ぼったくりマシンになる為、この春から無くなるので益々暇になる。

bt901@tsmg01
冬の鶴見川の主役の一つ、ブルサンタキ。EH200と短いタキがアンバランスだが、高崎のスジになっているので仕方が無い。 コレ、実はクマイチ=901号機。
普段は土日祝日ウヤになるブルサンタキも冬場は毎日運転のケースが多いが、2019年の冬は暖冬であったためか、ウヤや単機の事が多かった気がする。
901号機といっても下に上げる13号機=量産機と比べても然したる差があるわけではない。


bt13@tsmg01
ブルサンタキといえば、これ位の編成長は欲しい所であるが、2019は暖冬だった為か「脱・化石燃料」が強引に進められて石油の需要が減っていた?せいなのか全般的に編成が短めだった気がする。
脱石油は絶対善ではない。世間で絶対であるかの様に宣伝されている事は疑ってかからないとならないと小生は考える。


このネタ、Part 3 へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ騒ぎで大手メディアが恐怖を煽りまくり、彼方此方の知事はパフォーマンスに躍起になっていた去年の春。何でも自粛だ自粛だStay Home だと旗振り役紛いな奴が出て来ていきっていたあの時。
テメェらそんなにNew York Style が好きなのか?ロックダウンしないとニューヨークみたいになるぞと息巻いて恐怖を煽ったヤツがいたあの時。強引にでもニューヨークみたいにやるのが一流だと思っているのだろう。

実際にロックダウンはしていたわけでもなく、屋外クラスターなんて実際には殆ど考えられない事も分っていたのでそれなりには撮影に行っていた小生だった。

この度の緊急事態宣言もこれで菅政権は支持率がドンドン下がる、小池の支持率は上る(?)。小池のパフォーマンスに付き合わされた3県と政府は一種の被害者である。国の予算をブン取りたいという東京都の意向もあったらしい。国のカネを取りたいがために3県を巻き込んで緊急事態宣言を出せと国にせがんだという事らしい。
飲食店が感染を広げているというのは十分な証拠の無い話である。エヴィデンスがない。厚生労働省は感染者を分析した細かい情報を本当は持っているが、それを絶対に出さない。国籍すら隠すのだから。陽性者の内、実は感染経路が特定出来るのは全体の2割程度である。(まぁ、そんなもんだろう)緊急事態で判るのは、事実上タダで国民の行動を大幅に禁止・制限する。しかも、いとも簡単に監視するなんて、日本が北朝鮮紛いの国家に成り下がっているのは犬でも猫でも判る話。
しかも、感染率だって欧米の10%以下である。アメリカと比較したら50分の1でしかない。COVID-19が抑々、アングロサクソンを狙い打ちするウィルスなのは間違いなかろう。



pf2068@tsmg01
まだコロナで大騒ぎになる前の1月末だったが、その時期は鶴見川も午前アングルが良い。
10時前に通過する5097レ(EF66スジ)なんて狙い目になるのだが、この様にPF が単機でやってきたりもする。冬季ならブルサンのタキがほぼ毎日ある。相鉄‘・JR直通列車がここを通る様になり、運が良ければ185系や215系の試運転に出会えたりもしたものである。
画像は2068号機単機


季節は4月に変って、まさに自粛の嵐が吹き荒れていた時。屋外だし、こんな時にそんなに撮影者は集まらんだろうと思っていたら、意外と人が集まっていた。
同じ事を考える人間はそれなりにいるものだと思った

ph2089@tsmg01
まだ時間が早く、サイドには十分に日が当たらないので正面気味に撮るしかなかった。#2089だった
pf2057@tsmg01
こちらのスジも国鉄色PF が大いに期待されたが、やって来たのは貨物色の2057号機で一同がっくり。
この日はこのPF 以外には相鉄JR直通4本・ももちん2本という釣果だった。
PFに続けてシャッターを切ると、「あぁ~、PF ~,ピーエフ~,永遠の学園~」と歌ってしまいそうになるのだった。小生の世代、自分の学校の校歌は歌えずともP×学園の校歌は歌えるという人間は多かった。これがジェネレーションというものである。
余談だが、P×教団の第3代教主だった御木貴日止氏が去年12月5日に63歳で亡くなっていた。近年は病気がちで信徒達の前に出る事も少なくなっていたとも聞いている。貴日止氏は御木家の養子らしい。



641031@tsmg01
こちらはE235系の甲種回送。本音を言えば、E235系なんてどうでもよかった。9
月末のある日、天気が良くて約半年ぶりに鶴見川の鉄橋に行ってみたら、貨物のダイヤが大幅に変わっていた様だった。
それでも沢山の撮影者がいた。14時頃現場入りしたが、まともなポジションは満員で、線路に張り付く様なアングルでしか撮れなかった。E235系なんて抑々がくだらない車両だから、こんなんでも構わないと言えばそれまでの事である。


Part 2 へと続く!

当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

撮影会も後半戦(2時間目)に入って場所替え。ここはオーダーメイドのタペストリを使ったゼロロク様シリーズ。
1muryk@nshi37  1muryk@nshi38
タペストリーと直流機カラー=ブルーの風船。彼女を立たせた状態で。
1muryk@nshi39  1muryk@nshi40
床に座ってもらっての作例。
EF66EH500 が武蔵野線の新座~新鶴見間で朝方にコラボする運用があるのは有名=5097レだが、このスジに於いて金太郎は新鶴見までの前補機という役割で入っているのだろうか?
この5097レで11日にはそのコラボが相模貨物まで延長された。EH500-41次形!)+EF66-27 という順序だった。


1muryk@nshi41  1muryk@nshi42
左画像はバルーン、右画像はHO ゲージ。いずれにせよタペストリだけだとなんかさみしいから添え物がると良い。
1muryk@nshi43  1muryk@nshi44
模型を持ってこんな表情を浮かべている彼女が可愛いが、25000円と聞いて結構重い事もあり内心は一寸((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
1muryk@nshi45  1muryk@nshi46
風船を手に持って、傍らには模型を置いてみた。模型を床に置いているので全部綺麗にフレームインさせるのは結構難しかった。
小生、ゼロロクタペストリの第2弾制作計画を進める事とした。27号機が現存する内には実行する予定ではある。



次回も国鉄の残り香を味わっていただきたい、てなわけでPart 5 へと続く!

Jan. 13th 2019 Pluchra 撮影会@品川区西品川に存在したスタジオ
PENTAXK-3Ⅱ+smc DA-star 16-50 f2.8、smc DA35mm f2.4
LED ライト・Tokistar 300W バッテリー式ストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ