Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

タグ:EF66

今回の重盛まみ嬢・モデル撮影記も中盤戦。このPart 4 では、もはや国宝たるEF66をフィーチャー、先ずはタペストリーと本人のみの構図の物から。

shigemam@edg027  shigemam@edg028

ここからダイキャスト=HOゲージが登場!
shigemam@edg029  shigemam@edg030
HOゲージの模型も登場、これで20000円オーヴァーといっても20000円台前半なら安い。
価格の事は兎も角、小道具の大きさとしては微妙というよりかなり小さく、あまり目立たない。これより大きいサイズのダイキャストを探すと、大き過ぎて価格も偉く高額になってしまう。


shigemam@edg031  shigemam@edg032
レールで支えているとは雖も、模型は高額でそこそこ重さもある精密機器みたいな物で扱うのはお互い注意が要る。小さいとは言え、模型でもフレームに入っているとやはり違いが出る。

shigemam@edg033  shigemam@edg034
乙女には鉄グッズより綺麗でキュートな風船なのねぇ
shigemam@edg035  shigemam@edg036
タペストリーと模型、そして直流機色をフィーチャーしたブルーの風船。彼女には何といっても風船が嬉しく楽しいらしい。ここでの主役はあくまでもゼロロク、ではなくて彼女。表情が一段と弾んで見える、それでイイ!分かり易い事であるが、撮っている小生としてもこの時点で完全に萌え~の境地。
このネタは白とピンクの衣装を着ていた後半に撮った良かった。赤い衣装の前半だったら…、衣装が目立ち過ぎる上に赤は交流・交直流機のカラーでもあるからマッチングは微妙だったであろう。


まだまだネタは尽きない、撮影記も終わらない。Part 5 へと続く!

May 2nd, 2019 @ Pulchra撮影会、文京区水道Force Studio
PENTAX K-3Ⅱ∔smc da 35mm f2.4、FA limited 43mm f1.9、DA star 16-50mm f2.8
300Wバッテリー式オフカメラストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月、これも2年ぶりになった鶴見川でのゼロロク撮影の画像だが、もう約1年が経ってしまった。2020年1月の時点では相鉄JRの直通も開始されていたから、貨物列車以外にも紺一色の相鉄車(117系銀河の関東版?)というターゲットも追加されていたのであるが、その画像は機を改めて載せたい。

6627@tsmg04
唯一残っているゼロロク様といえば国宝とすら呼ばれるニーナこと27号機
EF66でも平成生まれJR貨物製造の100番台には残念ながらここまでのオーラと存在感はない。良く晴れた冬空の下を走る絵は空コキだらけの残念な状態でも絵になる。こんな所がJR世代の奴等とは全く違う所である。2020年1月後半撮影の作例。


6627@tsmg05
2月上旬撮影の作例。コキはかなり埋まっていたが、如何せん曇ってしまった。予報は晴れ時々曇りだったのに蓋を開けたらほぼ完全に曇り
そんなら中止して変えればイイじゃないかと思われるだろうが、こういう場合は相手が相手である。早起きして車飛ばしてやって来ていたという訳で、サンクコストの呪縛はタップリ受けていたのである。ドン曇りという程酷くなかったので、まぁ何とか可能な範囲内で撮る事になる。

185om09@tsmg01
引退が近いと言われる185系大宮車の試運転
伊豆箱根鉄道駿豆線にもE257系5連2500番台(NC31~34)が入る事となって、3月から運転の特急湘南はE257系であろうから、定期運用は無くなる。波動用の運用が残る可能性はあるが、N'EXの大幅減便で暇を持て余しているE259系の動向次第という部分が大きい。要は〇〇〇ウィルス次第という事であろう。


215yktnl2@tsmg01
中々見られないニートレイン?215系の試運転。これだって1992年デビューのJR世代車だが、実際は「国鉄末期型」211系ベースで作られている。平日朝夕のライナーの運用がライナーから特急湘南=ぼったくりマシンになる為、この春から無くなるので益々暇になる。

bt901@tsmg01
冬の鶴見川の主役の一つ、ブルサンタキ。EH200と短いタキがアンバランスだが、高崎のスジになっているので仕方が無い。 コレ、実はクマイチ=901号機。
普段は土日祝日ウヤになるブルサンタキも冬場は毎日運転のケースが多いが、2019年の冬は暖冬であったためか、ウヤや単機の事が多かった気がする。
901号機といっても下に上げる13号機=量産機と比べても然したる差があるわけではない。


bt13@tsmg01
ブルサンタキといえば、これ位の編成長は欲しい所であるが、2019は暖冬だった為か「脱・化石燃料」が強引に進められて石油の需要が減っていた?せいなのか全般的に編成が短めだった気がする。
脱石油は絶対善ではない。世間で絶対であるかの様に宣伝されている事は疑ってかからないとならないと小生は考える。


このネタ、Part 3 へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

撮影会も後半戦(2時間目)に入って場所替え。ここはオーダーメイドのタペストリを使ったゼロロク様シリーズ。
1muryk@nshi37  1muryk@nshi38
タペストリーと直流機カラー=ブルーの風船。彼女を立たせた状態で。
1muryk@nshi39  1muryk@nshi40
床に座ってもらっての作例。
EF66EH500 が武蔵野線の新座~新鶴見間で朝方にコラボする運用があるのは有名=5097レだが、このスジに於いて金太郎は新鶴見までの前補機という役割で入っているのだろうか?
この5097レで11日にはそのコラボが相模貨物まで延長された。EH500-41次形!)+EF66-27 という順序だった。


1muryk@nshi41  1muryk@nshi42
左画像はバルーン、右画像はHO ゲージ。いずれにせよタペストリだけだとなんかさみしいから添え物がると良い。
1muryk@nshi43  1muryk@nshi44
模型を持ってこんな表情を浮かべている彼女が可愛いが、25000円と聞いて結構重い事もあり内心は一寸((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
1muryk@nshi45  1muryk@nshi46
風船を手に持って、傍らには模型を置いてみた。模型を床に置いているので全部綺麗にフレームインさせるのは結構難しかった。
小生、ゼロロクタペストリの第2弾制作計画を進める事とした。27号機が現存する内には実行する予定ではある。



次回も国鉄の残り香を味わっていただきたい、てなわけでPart 5 へと続く!

Jan. 13th 2019 Pluchra 撮影会@品川区西品川に存在したスタジオ
PENTAXK-3Ⅱ+smc DA-star 16-50 f2.8、smc DA35mm f2.4
LED ライト・Tokistar 300W バッテリー式ストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年も早1ヵ月が経過しようとしているが、今日から今年初のモデル撮影記シリーズをアップする。
ところで愛知県というと、綺麗な女性のイメージが湧かないという世論はある。でも、愛知県のそんなイメージを覆してお釣りがくるレベルのこのビューティフルなスレンダーガールをここでは御紹介!
彼女の名はライル、出身は愛知県。
2018年12月下旬に世田谷区内で行われた撮影会の画像を漸く載せる事が出来た。年末という事で道路は渋滞が多くて、住宅地の中のスタジオだったので道に迷う等して大変だった。追加で開催数日前にエントリーしてきたモデルちゃんで、他の娘と1枠ずつしか取らなかったのは悔やまれる。こういう娘はじっくり2枠取ってやりたかった。
こういう事もあって2019年からは1日で相手にするのは1人でその代わり2枠(2時間)というポリシーになった小生である。


スタジオに入ってみると結構な広さがあって、1F はガレージ、2F には大きな洋室や和室があって色々な撮影も可能だった。
このPart 1 では早速EF66 をフィーチャーしてみた。

lyle@comz05  lyle@comz06

lyle@comz07  lyle@comz08
応接間の様な洋室を使っての撮影例 feat. EF66-0番台HOゲージ。
HOゲージと言っても所詮はあの程度の大きさ。テーブルを活用し上半身だけにして結果的に模型がそれなりにその存在をアピール出来る絵にはなっただろうか?
HO ゲージは女性が持つには少しずっしりしている様である。機関車の模型なので電車や気動車のそれに比べてよりずっしり来る様だ。重さと値段だけでガクブルになってしまう娘もいるのだから。


和室に移動。和室でのモデル撮影は初めてだったかも知れない。
lyle@comz09  lyle@comz10
先ずは世界に一点だけの小生オリジナルタペストリのみを使ってシンプルに…
彼女の生まれ育った愛知県なんて10年位前だったらゼロロクが一日数回は通っていた。それが今や、0番台は#27のみとなり、平成生まれのサメちゃんにも度々休車・廃車の話が浮上している。


lyle@comz11  lyle@comz12

lyle@comz13  lyle@comz14
ここで更に変化を付けようと直流機らしくブルーの風船を持たせてみた。風船くらいあった方がポーズも取り易いのだろうか。
若い娘は正座も慣れていないだろうから、和室のポージングはそれだけでもやり難いのかも知れない。用意した風船を目にした時から嬉しそうだった。


これはまだまだ「入り」の段階(名古屋に杁中=いりなかという場所はあるが)、Part 2 へと続く!

9th of Dec. 2018 Pulchra 撮影会@世田谷区内のあるスタジオ
PENTAX K-3Ⅱ+smc DA star 16-50mm f2.8・smc DA 35mm f2.4
Tokistar 300W バッテリー式ストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

1年半前のネタを延々とやるのは気が引けるが、Part 1 で私鉄系だったという事で今度はJR に移行して、EF66-0 番台とコラボレーションしてもらった。

maerana@edg13  maerana@edg14

maerana@edg15  maerana@edg16
小生オリジナルタペストリーとHO ゲージ模型の2点セット。
実際撮ってみると、観葉植物とかチェアが意外と邪魔だったりする


maerana@edg17  maerana@edg18

maerana@edg19  maerana@edg20
上記の2点に直流機ブルーをという事で、青いバルーンを投入。片手で模型、もう片方でバルーンというのも結構疲れるという娘もいる。因みに模型は強力なテープで線路に固定してある。
2段目の画像ではバルーンが何故か浮いている様にも見える。


先日27日に「国宝」こと#27がシキ800B2 の返却回送を担ったが=梅小路~川崎貨物(終着地は宇都宮)、その後関東からの運用には就かずに次位ムドで吹田にちゃっちゃと返されてしまった。

てなわけで、この企画はPart 3 へと続く!


May 2nd, 2018 Pulchra 撮影会@江戸川橋の近くのスタジオ(名前は忘れた)
PENTAX K-3 Ⅱ+smc DA Star 16-55mm f2.8・smc DA 35mm f2.4
GODOX オフカメラストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ