Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

カテゴリ: 風景

5年前の節分の時の事だった。
気が進まない中でも用があって静岡に行って、天気は非常に良かったのでただそのまま帰るのもつまらなさ過ぎると、確か7年振りとなる熱海での夜景撮影を敢行した。熱海なんてそう頻繁に行くところではない。年に数回は通過するが、立ち寄るのはせいぜい数年に一度である。


2k16atmsbc01
熱海というと昔は100万ドルの夜景売りにしていた時代もあった。熱海というとその名の意味は海底温泉という意味なのであるが、街の規模も大きくはなく商業都市とは呼べず、温泉街の観光地であるのに日本有数の夜景の街としても有名だったのは結構不思議である。ビーチに大きな照明があってライトアップされるというのも、しかも年がら年中らしいのでそんな場所もあまりないであろう。
海から山に張り付く様な狭い斜面にこじんまりとした街が広がっているが、その大半が旅館やホテルという日本ではやや珍しい構造の街になっているが、嘗ては日本のマカオなんて呼ばれた時代があったりしたのである。


2k16atmsbc02

熱海というあの程度の町で夜景スポットになるのは駅周辺から親水公園に至るこの温泉街だけである、何処からどのアングルで切り取るかの違いだけみたいな感じである。
親水公園(サンビーチ)・熱海城の入口付近・錦崎庭園隣接の展望台・熱海城から山を登れば桜木町の山道というのもあるが、狭いエリアなのでスポットも限られる。メインは渚親水公園辺りから北から北北西向きのアングルという事になる。
因みに熱海で他の観光名所というと、アタミロープウェイ、山頂展望台、伊豆山神社、熱海梅園、走り湯、トリックアート美術館、アカオハーブローズガーデン等がある


2k16atmsbc03

熱海というと、ハトヤに代表される温泉旅館郡、このビーチ、熱海城等が浮かぶであろう。あくまでも江戸時代以前からの温泉街でその後現代まで観光地であって、地元生活者の事はあまり考えられていない様に見える。
そんな熱海という町でも、伝説となった?スーパーマーケットが生れていた。伝説というスーパーマーケットの名はヤオハンである。今はイオン傘下のMaxvalue東海であるが、元々は小田原の八百屋だった。その後、八百半商店として熱海に進出。1950年に熱海大火が起き、街の25%程が焼失。1956年に八百半食品デパートとして再出発。今でいうEDLPの路線で旅館を相手にした商売から一般客相手に食品主体に売るという形に変えて1年で黒字化。日本一物価が高いとされた熱海の街で明朗会計で適正価格販売を売りにして成功した。


2k16atmsbc04

このヤオハンは生〇の家(有名宗教団体)と強く結びついていたのでも有名で、一時期は社員教育もこの宗教団体の施設を使っていたほどである。
海外進出が好きで、破綻の原因も海外展開失敗だった。日本国内より海外で積極的に展開していた。ブラジルで失敗した(オイルショックが絡んで)ものの、その後シンガポール・アメリカ・コスタリカ・マレーシア・台湾・カナダ・香港では一定の成功を収めた。潰れたボウリング場を使って少ない初期投資で店舗を増やして日本国内でも勢力を伸ばした。
ただ、中国に入れ込み過ぎて、特に上海の店舗が思いっきり足を引っ張って、そこに粉飾決算も加油してヤオハンは一気に破綻に向かったとされる。今も昔も中国に入れ込んだら結局はロクな結果にならないという事の好例かも知れない。
昔は「スーッと出て来てパーッと消えるからスーパーだ」なんていう言葉があったが、1997年9月に会社更生法適用申請し経営破綻、負債は約1600億円。ヤオハンジャパンイオンの傘下で再建された。パーッと消える事態は何とか逃れたとは言える。それに対し、2001年に破綻したマイカルは10年後に消滅し「おしマイカル!になったのである。(イオンリテールに吸収された)


江藤慎一が主宰していた江藤塾~天城ベースボールクラブ(1985~91)とヤオハンが提携して出来たのがヤオハンジャパン硬式野球部(1982~97・本拠は沼津)で都市対抗野球等にも出場した事があった。同チームからはプロ選手も数名出ている(大西崇之・岡本真也等)

2k16atmsbc05
ムーンテラスから熱海城方向(南向き)だと光量が足りない。山の稜線が綺麗に出ればそれが救いになる。これでISO100の場合、F9で45秒程度の露光時間が必要という計算である。


静岡から熱海と移動し、熱海サンビーチの夜景を撮った後は帰京という事になる。一晩位は熱海に泊まれれば良かったのだがそうもいかない。交通・旅行系YouTuberさんなら強引にでも宿を取って動画の1本も作るのであろうが…
普通ならこだまで帰京すれば(東京まで40分弱)良いと思うだろうが、財政的な事もあって小田原まで東海道線普通列車で、小田原からは小田急ロマンスカーで帰れれば良いと思い、先ずは東海道線普通列車で小田原に向かった。小田原まで普通列車で25分、結構掛かるものである。
その後小田原でロマンスカーに乗るべく、発車5分位前にロマンスカーのチケットを買う腹積もりだった。そういう事で駅構内で時間を潰していたのだが、いざとなって券売機に行ったら乗りたい特急の発車が近付きチケット発売は終わっていて、予定していた列車には乗り損ねるという大失態。


odk8552@iseh01
約80分も8000形の4ドアロングシートに揺られたのだった

こんな場合、約30分後の次のロマンスカーまで待つというのが常套手段かも知れないが、10分後の快速急行8000形10連で先ずは行けるだけ行こうという事にした。途中で次の特急に追い付かれるなら上手く場所を見計らって特急にスイッチすればエエだけの事と思って始発駅からで余裕で座れた事もあって、取敢えず快速急行で小田原を発った。本厚木でも町田でも特急がすぐ後ろに迫る気配すらない。抜かれるなら新宿には後からの特急が先に着く旨のアナウンスがされる筈だが、それも全くない。結局快速急行で新宿に先着してしまった。小田急では快速急行特急に抜かれる事はないという原則を知ったのである。


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事の大江橋から西に進んで(距離的には僅か)中之島ガーデンブリッジまでやって来た。小生がこの橋を知ったのは実を言うとこの撮影の1ヶ月位前だったか。そして、この橋が何やら隠れた夜景スポットの様に紹介されていたので、この時の夜景撮り歩きを思いついたのであった。

naksgb01n

見ての通り歩行者専用の橋で、1990年の大阪花博に合わせて架けられたそれなりに由緒ある橋梁なのである(曝)。更には、突貫工事で開幕日の4月1日午前4時に完成させたという逸話がある。
大阪では既に万博が 2回開催されたことになるが、1970年は一般博(現在の登録博)、1990年は特別博(現在の認定博)という違いがあり、花博はどうしても格下になるのである。2025年(開催できればの話だが…)は1970と同じく登録博になる。



naksgb02n

画面の中央=橋の中央でもある、に鎮座し青白く光るのは故・松岡阜制作のモニュメント「そよかぜ」である。同氏は甲子園球場にある野球王ベーブルースの碑(レリーフ)の制作者としても知られる。

阪高の下を潜ってANA クラウンプラザホテルの前に辿り着けるのだが、そこにある階段の横には堂島米市場跡記念碑がある。この米市場は徳川吉宗の時代である1730年から1939年に米穀配給統制法(戦後の食糧管理法の基となる)施行で日本米穀(株)に吸収されるまで約200年間存在していた。


naksgb01w

ガーデンブリッジから西側を向いて撮ると、そこは 阪神高速 の中之島JCT である。手前でカーブするのが 1号環状線で奥側のストレートが 11号池田線(上り)、右奥にこっそり見えるのが堂島入口である。
川面には両岸に立つビル群の灯りと共に、土手下側のライトアップが花を添える。


naksgb02w

土手のライトアップ、実は色がコロコロ変わる。この時はに変わっていた。色の変化もこのスポットで撮影する上での結構な重要エレメントかも知れない。

naksgb07w


naksgb03w

アングルを少し北寄りに変えて撮ると、 阪神高速 の高架がより強調される絵になる。このアングルではグリーンパープルの 2種類ゲット

naksgb05w

ポジションを橋の中央付近に移動して川を正面に入れて撮る。この時は土手のライトアップの色がグリーンからレッドに変わる途中だった。

naksgb06w

土手の下が真っ赤に染まる。小生としてはこのレッドが一番好きである。

watnb01w

夜景の塩梅が良い時間も終わりに近かったので、ガーデンブリッジをちゃっちゃと後にして、渡邊橋の手前まで歩を進めた。渡邊橋に向かう途中で北北西方向を向いて撮った作例。右側にはアクア堂島、そこから四ツ橋筋を挟んでサントリービル、古河大阪ビル等が見える。四ツ橋筋を北上すると北新地の西の端となる。

wtbnb02w

渡邊橋の上から西向きのアングルで撮影してみた。中之島JCT でも西側の部分で環状線から池田線下りに入るカーブと池田線から環状線に入るストレートが見える。土手の下はピンクに染まっていた
中之島フェスティバルタワーは入らなかったが、住友中之島ビル・中之島三井ビル等は部分的に入れられた。この時点で18時前になり「夜景のおいしい時間」は終りになったので、ここで打ち止めにした。


堂島川と土佐堀川の夜景撮り歩きをコンプリートするのはなかなか難しい。堂島川すらまだ終わっていないが、機会を見つけて他のスポットでも撮りたいが、コンプリートにはまだ数年掛るかも知れない。タイミングと条件が合わないのにただ撮ってもロクなものにならないから意味がない。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪は水の都を昔から自称していた。年末には「OSAKA 光のルネッサンス」なるイベント(大阪・光の饗宴の一環)も行われるなど、水の都的な所を観光資源として売りにしようと官民挙げて躍起になっている様にも見える。
水の都・大阪の中でも大きなアイコンともいえるのが中之島界隈である。「中之島」という通りに 2本の川に挟まれて中州みたいになっている。寝屋川と大川がテレビ大阪のある寝屋川橋で合流するものの、そこから約1km西の天神橋付近で 2本に分かれて堂島川と土佐堀川を形成している。この 2本が大阪市中央卸売市場付近で再合流し安治川になるのである。


ここでは2017年11月下旬に撮影した作例を紹介する。光のルネッサンスは開催前でイルミネーションの賑やかさはないが、普段でも所々ライトアップがあり全国区の夜景スポットではある。

oebs01w

夜景はトワイライトからブルーモーメントになる時間を狙うのが定石である。ただその時間は限られたものなので、ポイントを絞る必要があった。八軒屋浜や玉江橋の辺りは過去に撮影しているの事もあって、この時は大江橋からスタートし西に向かって進み渡邊橋まで進む事にした。
16時過ぎに仕事が終わってその後この界隈に移動しての撮影だったが、こんなシャッターチャンスがあろうかと思って、smc DA 14mm f2.8 (ここ数年あまり出番がなかった)を用意していたのが嵌った。
17時前に現場に着いて軽くロケハンした後、大江橋での最初のショットは西側を向いて撮ってみた。西の空は綺麗な茜色が出始めていたがまだまだ明るい。
そこで橋の逆サイドに移ってブルーモーメントに入り始めた東側から撮り始める事とした。



oebs01e

北北東寄りにカメラを振って撮ると阪高の奥に西天満界隈が入る。西天満は大阪地裁が有名で法曹関係の場所が多く地味な場所なので、光量も少なめで今一つパッとしない。川に架かるアーチ橋は水晶橋と思われる。この橋の灯りがアクセントになっているのが救いだろうか?

oebs02e

こちらは水晶橋に正対するアングルで撮った作例。右サイドは大阪市役所になる。12月になるとこのサイドはイルミネーションでもう少しきらびやかになるのだろうか?
これならもっと東にある難波橋あたりからスタートしても良かっただろうか?



oebs02w

御堂筋を渡って西側に戻ると、漸く夜景らしくなってきた。西側の地平線近くには適度に茜色が残り、ブルーモーメントが始まる時の幻想的な空である。この日は見ての通り一日中快晴、晩秋から冬に移ろう一日で黄砂も無く湿度も低く絶好の夜景日和だった。
「夜景撮るのは何時ですか? こういう時でしょう!」という典型のシチュエーションだった。


oebs03w

少し角度を変えて撮ってみる。堂島川なんてどう考えてもドブ川に毛が生えた程度の物なのだが、堂島浜のビル群の水鏡が出来るとそんな感じはあまり受けない。

oebs04w

更にポジションとアングルを変えて撮るとこうなる。
ここで一つの大きなポイントとなるのが阪神高速 1号環状線なのだが、この日は通行量が思ったより少なめでアピールに欠けてしまった。渋滞しない程度にもっと通行量があると光量と華やかさが稼げたのにそこは残念だった。


oebs01n

大江橋から西に移動し中之島ガーデンブリッジとのほぼ中間点から北西方向を臨む。この時点でほぼ完全にブルーモーメントに入ったのだが、このアングルだと左奥に新梅田シティが大きく映り込んでくる。阪神高速の下に映る橋が中之島ガーデンブリッジである。

oebs02n

更に歩を進めてガーデンブリッジの手前で撮るとこんな作例も出来る。

其の壱と謳っているという事は、当然これにはまだ続きがあるって事で…、そこは其の弐にて!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

9年前の2009年11月末の事だった。ウィスキーフェスティバルが名古屋で初めて開催された際(この時点で通算3回目だった)、小生も名古屋に密航していた。
翌日まで名古屋に滞在したので帰京する前に撮った夜景を紹介する。前日(フェス当日)の悪天候とは打って変わって完璧に近い冬晴れだった


oas21mmix01

オアシス21の地上広場から水の宇宙船を真中に、右はイラネッチケー名古屋放送センター、そして左はテレビ塔
smc DA 14mm f2.8 (21mm相当)を使用して撮影したが、見上げる様に撮影せざるを得なかった。そこでワイドレンズ特有のパースが凄かったので、RAW 現像時に大幅補正を強いられた。


oas21mmix02

宇宙船とテレビ塔が重なる様な角度にチェンジして撮ったらこうなる

oas21mmix05

東側(愛知芸術文化センター寄り)のアングル、宇宙船とテレビ塔のみに近いシンプルな構図

oas21mmix03

真っ赤な光のリングがあったのでそれも入れようともっと下がって撮った絵がこちら

この時は宇宙船屋上の園路から撮る事はしなかった。この時は11月末という事で久屋大通公園のX'mas イルミネーションを狙った。

hisypkmmix01

バックにタワー+手前にイルミという絵を載せておく。イルミネーション自体ははっきり言って大した事はなく、一寸一杯食わせ物感が残った。
ただ、こんな絵であっても今年限りで撮れなくなる公算が高い。



~「ジレンマを感じる事すら許さない事態」とは何か?~
御存知の方も多かろうがテレビ塔は来年1月から約1年半の時を掛けて耐震工事を含めてリニューアルされる。その間は当然、夜のライトアップも無くなる。前記事で紹介した展望室も閉鎖されるが、リニューアル後に展望室が残るかどうかも判らない。名古屋の重要な夜景撮影スポットが再開する事なく消えてしまう可能性だってある。運営会社としては展望室を高級レストランに変えたい意向がらしい。
久屋大通の公園も北側からリニューアルが始まる。北は外堀通から栄のエリアを縦貫して南は若宮大通まで連なる長~~い公園だが、錦通以北のエリアから始めて他のエリアも順次リニューアルして行く模様である。


2011年のアナログ放送終了以降はテレビの送信タワーではなくなりマルチメディア送信のみとなった。そしてこの事で経営が悪化し存廃問題が浮上した、それが 5年前。
それでも名古屋の中心部のシンボルとして存続し続けてはいるが、その周囲に新しく建設されているのはビジネスホテルばかりの様らしく、これだけの街にしては夜景が冴えないという方のジレンマはまだまだ続く様である。





冒頭で述べたウィスキーフェスティバルで出会ったボトル達をほんの一部ではあるが載せて行く。この中にはレジェンダリーな神ボトルもある!

tlsk12y2k7cdfcm01  bro30y566a

左=Talisker 12yo 45.8% celebrating a deacde of Friends of the Classic Malts
Diageo のウィスキーファンクラブであるFriends of the Classic Malts 10周年を記念して2007年にボトリングされた物。このファンクラブはディアジオ誕生と同時に設立された事になる
右=BRORA 30yo natural cask strength 56.6% released in 2004 = 3rd release
2002年から始まったBrora のスペシャル限定リリース。毎年1回ずつ去年までは続いているので 16th まである。2010年の 9th までは30年だったが、その後は32年、35年という具合に年数が上がっている。まぁ当然だが・・・。
aged 30 years として出されていた頃のこのシリーズは超弩級神ボトル連発だった様に記憶している。



hlpk25y01  ggrant69jwadc484a

左=Highland Park 25yo 51.5% bottled in 2000
金色ラベルの25年は1995年と2000年にリリースされたが、こちらは2000年リリースの方。因みに1995年の方はラベル下部に dumpy と書いてある。
どちらにせよまさにハイランドパークの金字塔、同蒸留所史上最高とも称せられるウルトラ級の神ボトル! 「今日この地上世界が終るなら、最後にこれをもう一度飲みたい」とすら思える(大袈裟


右=Glen Grant 1969 39yo 48.4% Jack Wiebers Auld Distillers Collection
この時代この手のイベントでは60・70年代蒸留の超美酒達をテイスティングする機会も恵まれていた。


何せ2万円で70年代蒸留のボトルを買ってもお釣りが来たし、60年代蒸留の物にも手が届く可能性があった。極最近になってウィスキーに触れた若い世代のファンからすれば御伽噺にしか聞えないと思うが、10年位前はこんなものだったのだ。
今から思えば何とも幸せな時代だったと、今更ながらに記憶と記録を噛み締める小生である。


milbr75udrm619a  colbr6885cadh01

左=Millburn 1975 25yo 61.9% UD Rare Malts
Inverness (インヴァネス)にあった3つの蒸留所の一つがこのMillburn (ミルバーン)。3つともそもそも地味な存在だったのが災いして1983年に纏めて閉鎖された。UD Rare Malts のシリーズも見かけることは殆ど無くなったが、15年位前は平行品なら1万円そこそこで手に入れられたのである。


右= Coleburn 1968-85 17yo 46% W. Cadenhead black dumpy
今や伝説となったケイデンヘッドのブラックダンピーシリーズ
46度の加水タイプだったが、これが若しカスクストレンクスだったら無理してでも買っていたか?

Coleburn (コールバーン)はスペイサイドはエルギン地区(Elgin)にあった地味な蒸留所だが、この時代少しはボトラー物が出回っていた。1980年代の所謂ウィスキー不況の煽りで1985年に休止し、そのまま閉鎖された。この蒸留所の評価は決して低くなかったが、シングルモルトとして出される事は殆ど無かった。蒸留所名の由来は Chacoal =炭である、昔は木炭の主要生産地だった事に依る。


ウィスキーフェスティバルが名古屋で開催されたのは、この時の一度限りである。運営に関してのトラブルが噴出したのがその原因とされる。その後名古屋はウイスキーイベント空白地帯の様になったが、最近ではウイスキーラバーズというイベントが行われている。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋というとこの国の五指に入る様な大都市でありながら、夜景のイメージは薄い。夜景スポットも元々限られてはいるが、2005年に名駅のセントラルタワーの展望室が閉鎖されてからは更に少なくなった。

この記事で紹介する絵は、今から丁度10年前=2008年8月に撮影したものである。その時の事を思い出すと何といってもリーマンショックが直ぐに迫って来ていた。セントラルリーグのペナントレースではトップを行っていたのは阪神だったが、8月も後半になると巨人軍が一気にまくって迫っていた。(この後所謂「メークレジェンド」が起きる)
そんな中、小生はある用事があって急遽名古屋に2泊3日で行く事になり、その2日目の夜に撮影したのがこの絵である。この時期の名古屋は「にっぽんど真ん中まつり」の最中で栄・錦という中心部はかなり賑っていた。


ngytvtwmmviii01

何処で撮影したかは直ぐにお分かりだろうか?
言うまでもなく久屋大通にあるテレビ塔の展望室である。こうして見ると名古屋には高い建物が少ないのが判る。こちらは南方向=大須方面を向いたショット


ngytvtwmmviii04

こちらはオアシス21が眼下に大きく写っているが、南東方向=鶴舞・千種方面を向いてのショット。
ここである事にお気付きにならないか?
絵全体が霞んでいるというか濁っている事である。実を言うとこの日はほぼ1日中雨だったのであるが、雨天で夜景を撮影したらいつもと一味違った感じの絵が撮れるのではないかと思ってチャレンジしたのである。


ngytvtwmmviii02

東方向=名駅方面を向いたショット、中央奥に見えるのがセントラルタワーという事になるが、撮影したのは土曜で、丸の内や伏見といったオフィス街のエリアなので灯りが少ない。しかも折からの雨で窓ガラスの汚れも更に強調されてしまう

ngytvtwmmviii03

北方向=名城公園方面を向いてのショット、手前を横切る大通りは桜通
こちらもオフィスや役所が多いエリアなので土曜となると光量は少なくなってポイントが下がってしまう



何故、ジレンマなのか?
都市夜景において、ランドマークになる様な建物ライトアップされているか若しくは灯りが多いものがあるとポイントが上がる。名古屋の中心部には其の類のものは殆どない、このテレビ塔こそ思いっ切りポイントを稼げる貴重な存在なのである。なのに、そのテレビ塔の展望室に入っての撮影は、当然その貴重な存在抜きで絵作りしなければならない事を意味する
この展望室からなら名古屋の一番美味しい部分を隈なく見下ろしてパノラマ的夜景を楽しめるのだが、唯一で一番ポイントの高い物が入らないという事が大きなジレンマになってしまう。名古屋の街にもっと華やかさがあればこんな事は無視出来るが、見ての通りなので行き着く所は「これやから名古屋はオモロないねん」という話になりがちである


実を言うと、このジレンマを感じる事すら出来なくなるという事態がもう直ぐに迫って来ているのである。そこは次の記事で触れる事とする。



この夜景を撮影した日は天候が芳しくなかった事もあり午後は、先述の「にっぽんど真ん中まつり」を見物してみる事にした。名古屋を代表するイベントという事もあって久屋大通公園のステージでは色々なパフォーマンスが展開されていた。

ngyartistmmviii01  ngyartistmmviii02


小生がそのステージエリアに足を運んでいた時間帯に、丁度ある女性シンガーのステージが始まっていた。ステージに近い席に空きを見つけたのでそこに着座、70-200 をテレ端まで伸ばして何とか撮影したのがこの娘の画像だった。この娘の名前も覚えてはいないが、恐らく当時20代で中京地区をベースに活動していた人なのではないかと推測される。
この絵自体はセレンディピティ(serendipity)的に撮れたものではあったが、小生の今の機械とテクニックがあったならもっと良い絵がそれなりの数確保出来たかも知れないのだが・・・


蛇足だが、この翌日は常滑まつりを見物し、その序で常滑駅で名鉄を少しばかり撮影した後帰京する事にしたのだが・・・
静岡県内の複数個所で起きたゲリラ豪雨で新幹線のダイヤは運転見合わせが起きる等でもう滅茶苦茶、乗ろうと思っていた列車(N700系 N 編成=現・K 編成)には15分遅れで乗れたのだが、途中でノロノロになるわ止まるわの繰り返しで品川駅に着いた時は90分遅れ、そこで更に東京駅の線路がなかなか空かずに出発出来ないという事態が発生。
ここまで来たら120分遅れになってもらって特急料金半額払戻を狙おうと列車内で粘ったのが功を奏し東京駅に130分遅れで到着!
ところが、それで小生はクタクタになってしまい、外は大雨という事もあって自宅までタクシーを利用する羽目に・・・、払い戻される特急料金よりタクシー代の方が高く付くというオチになってしまった
因みにゲリラ豪雨という言葉が一般化したのはこの頃だった。





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ