Dufftown 街角ミュージック

マイナーパワーがこの世を救う。Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に取り戻せ!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう。言論表現の自由は神与の物として護るべき!

カテゴリ: 風景

K-3 MarkⅢ試し斬りはここで風景編に戻って、この時期は光線状態が良くなるバスタ新宿/NeWoman・ミライナタワーの絵から。
bstashi01
手前の低く平らな部分はバスタ新宿/NeWoman、奥の異様に高い建物がミライナタワーという事である。

bstashi02


新宿の次は東京駅周辺でも丸の内サイドを
nlimargdt01  shinmaru01
左画像=和田倉門の所から北北東を向いて。正面には日本生命丸ノ内ガーデンタワー、その脇にはR1・20(共用区間)、金融機関の建物群=みずほ丸の内タワー・全銀協・三井住友銀行本店東館、その更に奥には大手町ファーストスクエア等が入る。
右画像=新丸ビル。駅前の通りを挟んで立っている丸ビル=丸の内ビルディング(2002~)とは兄弟みたいな物。新丸ビルは新丸の内ビルディングが本名、新丸ノ内ビルヂング(1952~2004)が建替えられて今の新丸の内ビルディングになったという事(2007~)。新丸ノ内ビルヂングの方は1952年竣工なのでコイ桂銀淑、水谷豊、草刈正雄、松坂慶子、簑田浩二等と同い年。


wadakuragate01
上の左画像の横位置ヴァージョンだが、正面に見える日本生命丸の内ガーデンタワーのその左隣はパレスホテル東京である。手前には和田倉噴水公園が入る
帝室林野局庁舎からホテルテートになり(1947年)1949年に運営が国から東京會舘に移って、1959年に国有資産ホテルテートは東京會舘に払い下げられた。1960年2月に起工式が行われたがそれに先立ちホテルを所有し運営する会社としてのパレスホテルが設立された。その後ホテル(初代)は1961年に竣工した。1970年代以降はパレスホテルチェーンが構築されて行く事となる。
増改築を繰り返しデカくなった丸の内のパレスホテルだが、出来てから4周りが経過した2009年に営業を終了、750億円を投じて2代目に建替えられ2012年から今の姿になっている。その際に従前の390室から290室に部屋数は減らされているが、その代わり料金は大幅に値上げされている。
小生にとって丸の内と言うとパレスホテルは直ぐ出て来る名前であるが、思い浮かぶのは初代の方である。ロビーの中に入った事があるのも初代の方。初代の建物はシンプルな箱形だった、今みたいに中がくぼんだ様な形には何となく違和感がある。くぼんでたり出っ張りがある今の形だと、千里セルシーを思い浮かべてしまったりもする。
大宮とか立川にもパレスホテルはあるが、丸の内の本店は格が違い過ぎる!
D.J. トランプ氏はアメリカ大統領時代に2回来日しているが、何れも迎賓館には宿泊しなかった。2017年は帝国ホテル、2019年にはパレスホテル東京に泊まった。

東京駅丸の内サイド、居てはならない筈の外国人バ観光客も多い。「特段の事情」を適当に作って「裏口入国」なんて簡単に出来るのがこの国の現実
周囲の高層ビルの影か掛かってしまう事が多いが、この季節の15時・16時台は影の掛からない部分も多くて綺麗に撮り易い。

tkosta01
中央口寄りの場所から北口を写した作例

tkosta02
丸の内南口、バックは八重洲サイドの高層ビルで駅の両サイドで凄い対比である。

tkosta07
この丸の内中央口の正面・皇族用出入口には丸ビルの影が掛かる時間が続いていたが16時近くになると影も画面右に「退いて」くれるのでこんなショットも撮れる。待つ甲斐もあるというものである。東京駅開業は1914年だが、神戸・大阪・名古屋・上野・新橋というあたりと比べると後発になる。1896年の帝国議会で中央停車場を作る事が可決されて、日露戦争を挟んでその終了後の1908年から建設が本格化。皇居の正面に位置したため東京駅と命名された。


其の七へと続く!


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-3 MarkⅢ試し斬りみたいな特集も其の四。ここでフィーチャーするのは虎ノ門ヒルズ。六本木ヒルズに比べるとチマチマしている様にも見える。虎ノ門ヒルズは2014年に森タワーがデビューしたがまだまだ開発途中で、森タワーに続いてビジネスタワーが開業した。其の参でフィーチャーしたミッドタウンの撮影日の方が後なのだが、掲載順序は逆になってしまった。
レンズはDA Star 16-50mm f2.8を使用しての撮影であるが、新機種試し斬りみたいな話で素材画像撮りも兼ねての事だったのでこんなビルを撮りに行ってみたわけである。裏を返せばこんな事でも無ければこんな所にカメラなんか持っては行かないという事でもある。


tigerhill01  tigerhill07
森タワー高さの公称は247mで東京都内で2番目に高い事になっているが(公称の1位はミッドタウンタワー)、アンテナ等を入れると255.5mになって都内1位に躍り出る。
元々を言うと、東京都は4棟のビルを建てる事を前提に事業計画を策定していたが、森ビル側が1棟への集約を主張してこういうタワーが建つ事となった


tigerhill03  tigerhill06
画像のビジネスタワーはコロナ禍の中でも去年6月に登場
下層階に幾つかショップが入っていて、恵比寿にあるワインショップのLa Vinée(ラ・ヴィネ)も支店をオープンさせているが、本店に比べると非常に小さい。スーパーの福島屋もあったりする。ただ、5月上旬はその中のショップは殆ど休業していて虎ノ門ヒルズ全体も何しかゴーストタウンみたいだった。人が少なかった事で非常に侘しい状況だったがその分撮影はし易かった。


tigerhill04  tigerhill02
間もなく供用開始のレジデンシャルタワー。左画像=森タワーの中庭から撮影、右画像=敷地外公道上から撮影。
12F~54Fがレジデンス部分となっているらしいが、上に積み重なって戸数を稼いでいるだけの団地なら、レジデンスと名を付ければ誤魔化せるというものではない。レジデンスが溢れ返り過ぎである、本来は邸宅という意味である。値段は邸宅みたいでも、中身は高い位置にあるだけの集合住宅若しくは団地でしかない。


其の伍に続く!

客観的事実を完全に無視して感想感情ばかり言う奴の話は聞きたくないが、それはBBAに多く、そういうBBA は記憶の中の時系列なんか無いに等しい。でもこれはBBAだけではなく底辺臭がする奴等にも実は多い気がする。
どうでも良い感想や感情を直ぐに並べたがる奴は本当に嫌である。まともに相手したくない。押さえるべき客観的要素は押さえて話を出来る様に努力したいものである。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

其の弐で東京ミッドタウン日比谷を取り上げたので、今回其の参では本家の六本木にあるミッドタウンをフィーチャーしてみた。ミッドタウンも竣工から来年で15年になる
久し振りにsmc da 14mm f2.8 を使ってみた。14mm(=フルサイズでは21mm相当)という超広角が高層建築の撮影に役に立つと思ったが結構嵌った。作品にする際は各種補正やトリミングもあるので撮影したそのままの画角では無い事は了承頂きたい。


tokmdt01  tokmdt06
左画像=東京ミッドタウンレジデンシィズ
右画像=東京ミッドタウンガレリア(右側)及びガーデンテラス(左側)入口近辺とその奥にミッドタウンタワー。サントリー美術館はガレリア3階に、リッツカールトン東京やミッドタウン・カンファレンスはタワーに鎮座している。



tokmdt04
円形に突き出したガーデンテラスの曲線フォルムはミッドタウンでも特徴付ける存在になっている。

tokmdt05
以前なら3月末辺りになると桜花の回廊として賑わっていたこの通路もロックダウンに近い状態では侘しい。
チョン池百合子は都議会議員選挙まで緊急事態を引っ張って事実上のロックダウンを続けたいのは明らか。自分以外は選挙運動が実質上非常に制限されるからである。
緑のBBAとしては、国内資本を潰滅させて、そこに中国から巨大資本を入れさせてその下で経済の完全垂直統合化を図るのがもう一つの狙いなのは明らか。「その為に良く働いた」となれば論功行賞的においしい所が山ほど回って来て中国でバカ儲けというコイ桂銀淑の算段なのは見え見え。コイ桂銀淑小泉チョン次郎も兎に角無能過ぎて反吐が出るというもので、そんなもんに大きな権力を与えると本当に国が簡単に滅びると分かる。
中獄は儲かるなんて言うのは今や幻想になってきているというのに…、政治家でこれから媚中して濡れ手に粟と行こうにもババを掴まされるのが落ちであろう。それこそBBAがババ食らうのはピッタリフィットである。)



tokmdt03
ガレリア・ガーデンテラス・ミッドタウンタワーの3点セットを横位置で撮った作例。
レンズがsmc da 14mm f2.8だと歪曲が意外と少ない。高い物を直下から見上げて取る形だとパースが大きいのはある程度仕方が無いが、歪曲が少なくて補正し易いのは助かる。


tokmdt02

Oakwood Premier Tokyo Midtown(オークウッド・プレミア・トウキョウミッドタウン)とミッドタウンタワーの組み合わせ。
オークウッド~は〇彅剛とか香〇〇吾等の有名人も住んでいた(いる)とされるホテル兼サービス付きアパートメントとして有名。ミッドタウン隣接の檜町公園で〇〇剛氏は泥酔状態の所を警察に保護されるという事になったのだが、その事件も最早隔世の感がある。因みに、ミッドタウンの付かないOakwood Premier Tokyo は丸の内1丁目に所在する。


三井不動産が開発を手掛けるミッドタウンシリーズには新ヴァージョンが登場する。六本木・日比谷に続いて八重洲に登場する。そこにはブルガリ(BVLGARI )のホテルと小学校が入居する予定らしい。
(取り合わせが斬新で凄すぎる


画像の製作方法は以下の通り。このサイトの画像は今全てこの方式を採用。
DNG(RAW)→現像しTiffを書き出し→Tiffを現像、ウォーターマーク挿入しTiffに再度書き出し→再現像してJpg.書き出し。2種類の現像ソフトを使い分けて行う。


其の四へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-3 MarkⅢ試し斬り作例集の2回目からは屋外・街中の風景編となる。先ずは4月末のある日の良く晴れた青空の下、湯島の方に用事があって行っていたので御茶ノ水の駅のすぐ近くの聖橋の上からという事で屋外では初の試し斬りを敢行。

ochmzbs02
聖橋から秋葉原方向を向いてのショット。左手前に入るのは湯島聖堂敷地だが木が大き過ぎて建物は映らない。その木々の中には楷書の名の由来になった楷の木もある。
画面中央部に映る黒いビルは今年竣工したばかりの住友不動産お茶の水ビル。手前に見えている坂は昌平坂(相生坂)。1927年に関東大震災復興事業の一環で作られた橋は、湯島聖堂とニコライ堂を結んでいるので聖橋という名になった。
湯島聖堂は徳川綱吉の治世に建立された孔子廟である。(孔子学院ではないので注意!)今、CCPの工作機関である孔子学院が世界中にはびこっていて大問題になっているが、孔子廟は昔からアジア各地に建てられて孔子を祀っている。直ぐ近くに湯島天神がある為混同され易いが湯島天神は神社で、聖堂は孔子廟であって神社ではない。
現在の東京医科歯科大学病院敷地は元々湯島聖堂に付帯する御殿や学寮だったのである。

ochmzbs01
聖橋は東京メトロ丸ノ内線でも四ツ谷駅付近や後楽園駅と並ぶ数少ない撮影地でもある。6両全ては入れられないが、工夫次第で4両位なら入れられる。

ここからは日比谷・内幸町界隈で撮った画像を載せて行く。5連休のある日の午後遅め15時半~16時近辺の撮影であった。
hibiya11
日比谷交差点・江戸城日比谷見附跡から銀座方向を向いての絵。
右側に見えるのはペニンシュラ東京それから道を挟んで左側にあるのは日比谷サンケイビル・ニッポン放送・蚕糸会館・DNタワー21というあたり。
農林中金有楽町ビルと第一生命館を部分保存の上で再編し建て替えたのがこのDNタワー21である。第一生命館は第2次世界大戦直後にGHQに接収されていたあの建物である。DNとは第一生命・農林中金の略称。
因みに国道1号・20号は画面左下から手前側に折れる形になる。


hibiya13
手前は日生劇場その右奥は東京宝塚ビル、東京で宝塚ファンの出待ちが起きたりもするのが東京宝塚劇場。
この劇場、Google Mapでは「気品高く洗練された劇場」となっている阪急阪神東宝グループの東宝東京宝塚の意味。画面真ん中に聳える大きなビルは東京ミッドタウン日比谷。東京ミッドタウンは六本木だけではなかった。


hibiya12  hibiya14
上のミッドタウンを含む絵を縦位置で撮ってみたのが左画像。ミッドタウン日比谷∔日生劇場∔帝国ホテルを縦位置で撮ったのが右画像。
APSC なのでかなり広角で撮らないとならないが、広角で見上げる態勢で撮る事となるので、パースやディストーション等の補正に苦労する。高い建造物を直下から取った場合は自然な形に補正するのが一苦労である。


hibiya16

搔い摘んで行くと左奥から東京商工会議所・DNタワー21、日比谷交差点を跨いでミッドタウン日比谷・日生劇場・帝国ホテル・日比谷U-1 ビル・NTT日比谷ビルという取り合わせのラインナップだが、ミッドタウン日比谷のデカさが目立つ。

一番右手前に一部だけフレームインしているNTT日比谷ビルだが、1961年竣工の老舗ビルで60年と高齢なため再開発の話が進んでいる。三井不動産・TEPCOグループ・NTT都市開発が組んで帝国ホテル・NTT日比谷ビル・東京電力本社ビルを含む街区を「内幸町再開発」と銘打って約15年掛けて再開発するとの事である。

其の参へと続く!


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

5年前の節分の時の事だった。
気が進まない中でも用があって静岡に行って、天気は非常に良かったのでただそのまま帰るのもつまらなさ過ぎると、確か7年振りとなる熱海での夜景撮影を敢行した。熱海なんてそう頻繁に行くところではない。年に数回は通過するが、立ち寄るのはせいぜい数年に一度である。


2k16atmsbc01
熱海というと昔は100万ドルの夜景売りにしていた時代もあった。熱海というとその名の意味は海底温泉という意味なのであるが、街の規模も大きくはなく商業都市とは呼べず、温泉街の観光地であるのに日本有数の夜景の街としても有名だったのは結構不思議である。ビーチに大きな照明があってライトアップされるというのも、しかも年がら年中らしいのでそんな場所もあまりないであろう。
海から山に張り付く様な狭い斜面にこじんまりとした街が広がっているが、その大半が旅館やホテルという日本ではやや珍しい構造の街になっているが、嘗ては日本のマカオなんて呼ばれた時代があったりしたのである。


2k16atmsbc02

熱海というあの程度の町で夜景スポットになるのは駅周辺から親水公園に至るこの温泉街だけである、何処からどのアングルで切り取るかの違いだけみたいな感じである。
親水公園(サンビーチ)・熱海城の入口付近・錦崎庭園隣接の展望台・熱海城から山を登れば桜木町の山道というのもあるが、狭いエリアなのでスポットも限られる。メインは渚親水公園辺りから北から北北西向きのアングルという事になる。
因みに熱海で他の観光名所というと、アタミロープウェイ、山頂展望台、伊豆山神社、熱海梅園、走り湯、トリックアート美術館、アカオハーブローズガーデン等がある


2k16atmsbc03

熱海というと、ハトヤに代表される温泉旅館郡、このビーチ、熱海城等が浮かぶであろう。あくまでも江戸時代以前からの温泉街でその後現代まで観光地であって、地元生活者の事はあまり考えられていない様に見える。
そんな熱海という町でも、伝説となった?スーパーマーケットが生れていた。伝説というスーパーマーケットの名はヤオハンである。今はイオン傘下のMaxvalue東海であるが、元々は小田原の八百屋だった。その後、八百半商店として熱海に進出。1950年に熱海大火が起き、街の25%程が焼失。1956年に八百半食品デパートとして再出発。今でいうEDLPの路線で旅館を相手にした商売から一般客相手に食品主体に売るという形に変えて1年で黒字化。日本一物価が高いとされた熱海の街で明朗会計で適正価格販売を売りにして成功した。


2k16atmsbc04

このヤオハンは生〇の家(有名宗教団体)と強く結びついていたのでも有名で、一時期は社員教育もこの宗教団体の施設を使っていたほどである。
海外進出が好きで、破綻の原因も海外展開失敗だった。日本国内より海外で積極的に展開していた。ブラジルで失敗した(オイルショックが絡んで)ものの、その後シンガポール・アメリカ・コスタリカ・マレーシア・台湾・カナダ・香港では一定の成功を収めた。潰れたボウリング場を使って少ない初期投資で店舗を増やして日本国内でも勢力を伸ばした。
ただ、中国に入れ込み過ぎて、特に上海の店舗が思いっきり足を引っ張って、そこに粉飾決算も加油してヤオハンは一気に破綻に向かったとされる。今も昔も中国に入れ込んだら結局はロクな結果にならないという事の好例かも知れない。
昔は「スーッと出て来てパーッと消えるからスーパーだ」なんていう言葉があったが、1997年9月に会社更生法適用申請し経営破綻、負債は約1600億円。ヤオハンジャパンイオンの傘下で再建された。パーッと消える事態は何とか逃れたとは言える。それに対し、2001年に破綻したマイカルは10年後に消滅し「おしマイカル!になったのである。(イオンリテールに吸収された)


江藤慎一が主宰していた江藤塾~天城ベースボールクラブ(1985~91)とヤオハンが提携して出来たのがヤオハンジャパン硬式野球部(1982~97・本拠は沼津)で都市対抗野球等にも出場した事があった。同チームからはプロ選手も数名出ている(大西崇之・岡本真也等)

2k16atmsbc05
ムーンテラスから熱海城方向(南向き)だと光量が足りない。山の稜線が綺麗に出ればそれが救いになる。これでISO100の場合、F9で45秒程度の露光時間が必要という計算である。


静岡から熱海と移動し、熱海サンビーチの夜景を撮った後は帰京という事になる。一晩位は熱海に泊まれれば良かったのだがそうもいかない。交通・旅行系YouTuberさんなら強引にでも宿を取って動画の1本も作るのであろうが…
普通ならこだまで帰京すれば(東京まで40分弱)良いと思うだろうが、財政的な事もあって小田原まで東海道線普通列車で、小田原からは小田急ロマンスカーで帰れれば良いと思い、先ずは東海道線普通列車で小田原に向かった。小田原まで普通列車で25分、結構掛かるものである。
その後小田原でロマンスカーに乗るべく、発車5分位前にロマンスカーのチケットを買う腹積もりだった。そういう事で駅構内で時間を潰していたのだが、いざとなって券売機に行ったら乗りたい特急の発車が近付きチケット発売は終わっていて、予定していた列車には乗り損ねるという大失態。


odk8552@iseh01
約80分も8000形の4ドアロングシートに揺られたのだった

こんな場合、約30分後の次のロマンスカーまで待つというのが常套手段かも知れないが、10分後の快速急行8000形10連で先ずは行けるだけ行こうという事にした。途中で次の特急に追い付かれるなら上手く場所を見計らって特急にスイッチすればエエだけの事と思って始発駅からで余裕で座れた事もあって、取敢えず快速急行で小田原を発った。本厚木でも町田でも特急がすぐ後ろに迫る気配すらない。抜かれるなら新宿には後からの特急が先に着く旨のアナウンスがされる筈だが、それも全くない。結局快速急行で新宿に先着してしまった。小田急では快速急行特急に抜かれる事はないという原則を知ったのである。


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ