Dufftown 街角ミュージック

マイナーパワーがこの世を救う。Make 大和民族 Great Again! 今こそ日本を大和民族の手に取り戻せ!連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう。言論表現の自由は神与の物として護るべき!

カテゴリ: 鉄道

西宮でも阪急沿線から離れて海側の話になるが、西宮の超メジャーパワースポットの一つである西宮神社は言わずと知れた全国3000社ある戎神社の総本部だが、それに認定されたのは17世紀・徳川第4代将軍家綱の治世だという。ここは福男選び=正月ダッシュは江戸時代からあるとなっているが。実はその原型ともいうべき、走って行って参殿する「走り参り」は鎌倉時代からあった。
西宮は西国街道の宿場町だったが、それは西宮神社の門前から広がった。町は(凡そ)神社から北側が町方、南=海側は海方と分かれて発達していった。西宮の街は1925年に市制に移行したが、その前の本町通には1909年に辰馬汽船が社を構え、街が栄えていた。与古道町通りには歓楽街が出来て谷崎潤一郎もよく通っていたという。1919年には西宮神社のすぐ近くに公設市場が誕生し、その周辺には商店街が広がった。


hk7020@yodg01
7000系7020Fは1983年製造の鋼製車、7005Fから中間車を貰い受け6連が8連に


西宮神社境内を始めとした広範囲を会場にした西宮まつりは1953年から毎年9月の同神社例大祭に合わせて行われている。(因みに落合博満氏や醜菌Payと同い年になる)
1957年のこのまつりの中では阪急ブレーブス阪神タイガースの2軍戦が甲子園球場で行われ、国道2号を境に北側の人は阪急サイド、南側の人は阪神サイドの応援に入った。


「エビス様」「えべっさん」については、これを蛭子(ひるこ)大神とする説と事代主大神であるという説が有力とされ、古代では漁業の神、後の世では商売繁盛や五穀豊穣の神とされた。各地の「えびす神社」でも祭神が蛭子大神となっている所と事代主大神になっている所に大別される。 西宮神社(西宮市、長野と松本にも同名の社がある)・堀川戎神社(大阪市)等は「蛭子派」だがこちらが少数派の様で、「事代主派」が多数派と思われ、恵比寿神社(東京都渋谷区)・今宮戎神社(大阪市)・三嶋大社(三島市)・京都ゑびす神社(京都市)等がこれに当る。更には両方をえびす様として祀っている所もある。

西宮神社廣田神社では吉井家が神主を務めていた。この吉井家は藤原鎌足を先祖に持ち、吉井信良を始祖に持ち今は55代目らしい。西宮神社廣田神社の摂社という存在であったが、明治時代に分離して戦後は別々の宗教法人格を持っている。廣田神社官幣大社の格を持っているが、西宮神社は県社という存在である。

西宮まつり以外にも1973年から「にしのみや市民祭り」も行われている(1981・1995・2012・2020除く)。今のメイン会場は西宮市役所近辺のエリアだが、嘗ては阪急西宮スタジアムをメイン会場にしていた時期もあった。79年までは西宮神社をメインにしていたが、その後1980~2002まで阪急西宮球場(スタジアム)をメインにした。2002年秋にスタジアムが閉鎖されたので、2003年は中央運動公園を、2004以降は市役所本庁舎周辺をメインに行われる様になった。2011年までは8月又は9月に行われていたが、2012年(実際は悪天候で中止)以降は「熱中症等の問題から来場者等の健康面に配慮して」10月若しくは11月の開催となった。

西宮市は170近い数のNPOが活動しているとの事で、毎年春には市役所の近くの六湛寺公園でNPOフェスティバルというイベントが行われている。西宮まつりの後、10月上旬には西宮神社境内をメイン会場に西宮酒ぐらルネサンス・食フェアが行われる(2020は中止)1997年、95年の阪神大震災からの復興を祈念して西宮酒ぐらルネサンスとして開始された
(第1回は宮水発祥の地特設会場、第2回以降は西宮神社が会場)。2007年の第11回からは食の部分を拡充し、西宮酒ぐらルネサンス・食フェアになった。9月下旬=西宮まつり、10月上旬=西宮酒ぐらルネサンス・食フェア、10月中旬~11月下旬の何れかの週末=にしのみや市民祭りという具合で、西宮神社周辺の秋は非常に忙しい。

konigkr001
御影に本拠があるケーニヒスクローネ(Königs Krone)の生菓子、コイツも全国区。


再びスピリチュアル?な話をすると…
西宮神社も有名だが、西宮で忘れてならないのは廣田神社(ひろたじんじゃ)である。天照大御神の持たれる巨大な力の一部(荒魂)を撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)と申し奉り祭神に奉る御社、これが廣田神社である。無論その社格は官幣大社である。前述の様に、嘗て西宮神社はこの廣田神社の摂社だったのであるが、明治年間に分離したという事である。
天照大御神の御心はとても大きいので「廣田の御心」とお呼びする事もある様で更に天照大神のこの御分霊を廣田大神とも申し奉る場合もある様だ。これ以外の祭神として高御産霊大神、諏訪建御名方神、八幡大神、住吉大神が祀られている。
「神功皇后摂政元年=201年、神功皇后により三韓征伐からの御凱旋の帰途、武庫の地・廣田の国(芦屋・西宮・尼崎)に大御神の荒魂を国土の鎮め・外難の護りとして鎮め祭った」と日本書紀に記されている。
伊勢神宮内宮・本宮には天照大御神の和魂(にぎたま)が祭祀されている(らしい)、その和魂に対応し実現申し上げる荒魂を摂津国・官幣大社廣田神社に御祀りしているとの事。「皇室の守護神・護国神としての神徳に昇揚された古来の名社」はまさに神道界の「超選抜メンバー」・「神22」ともいうべき二十二社の一社(下八社)であり、近畿以外の人はあまり知らない様だが、本来はすんごいウルトラ級の神社である。


苦楽園エリアには越木岩神社(こしきいわじんじゃ)があって巨岩信仰の神社としても有名である。1000年以上前には大国主西神社(おおくにぬしにしじんじゃ)という名称だったが、御神体の岩(=周囲40m・高さ10m)が酒造りで使われる甑(こしき)に似ていて甑岩と呼ばれた事から越木岩神社という名前になったのだとか。16世紀、豊臣秀吉の配下の者達がこの甑岩を大阪城の石垣に使うべく切り出そうとした。しかし、いざ切り出そうとしたら大きな煙が出て結局諦めざるを得なかったという。実際のその岩は花崗岩で岩社の背後に鎮座ましましている。神社の杜は県の天然記念物に指定されている。1656年、西宮神社から蛭子大神(ひるこおおがみ・えべっさん)を祭神として勧請し蛭子太神宮と称した。
一方、甑岩に宿るとされているのは市杵島姫大神(いちきしまひめおおがみ)という事になっている。
9月下旬になると年1回の例大祭が行われる。例大祭を含む秋祭りにはだんじり巡行・泣き相撲・奉納相撲大会・福餅撒きといった行事がある。年によっては能が実施される。だんじりは午後から夜にかけて各地区を巡行して阪急甲陽線・苦楽園口駅の前で練り回しをして終点の越木岩会館に入る様だ。急坂を登り下りして瀟洒な高級住宅地の中だって巡っていくだんじりは珍しいかも知れないが、急坂がある分だけ曳いて行く人は大変だとも思うのだが。


田園地帯だったこの地域もその後20世紀になって、戦後の1963年になると越木岩区域を含めた苦楽園口エリアの区画整理が始まり、幾つもあった小さな池も埋め立てられた。そこから60年代後半にかけては6つの公園が整備される等して今の様な瀟洒な高級住宅地になって行った。

阪神間の巨岩信仰繋がりでいうと、六甲山頂尾根付近には六甲比命神社(ろっこうひめじんじゃ)がある。神社ではあるが、法道仙人が645年に開基したとされる吉祥院多聞寺の奥の院となっている。祀られる祭神は瀬織津姫(せおりつひめ)だとされているが、弁財天を祀るなら市杵島大神(いちきしまおおがみ)となるのではないか?。
その御神体はウサギ岩とも呼ばれ、本殿である祠はその岩の中の亀裂内に鎮座している。拝殿もその巨岩のある急斜面にひっそり張り付く様に所在している。拝殿横の張り紙には「拝殿横の大岩が少しずつずり落ちて拝殿屋根と接触しています。個人責任にてお気を付けてお詣り下さい」とある。如何に過酷な場所かが分るというものである。そしてそれ以外に比命神社の下には心経岩、上には雲ヶ岩、仰臥岩という様に合計4つの巨岩が存在している。


阪神地域の雨乞いの場として又水商売繁盛の神としても知られる六甲山神社も存在する。同社は西宮市山口町で六甲山最高峰から東へ1km程・標高840mの場所にある。廣田神社の境外末社である。白山市のの白山比咩神社同様に菊理媛(くくりひめ)神を祭神とするが、これは六甲山が中世には白山修験道の霊山であった事が関係しているらしい。
尚、同境内の石製の神殿の奥に六甲山大権現が祀られている。石の宝殿=六甲山石宝殿は1613年越木岩神社の氏子らが建立したことが判明している。芦屋川の源流である白水不動もこの境内にある。
1789年に西宮神社に摂社として勧請されて、勧請された方は六甲山神社と書いて「むこやまじんじゃ」と呼ばれている。


斯くして、Part 8へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

西北のある西宮という所は酒造の街でもある。尤も、西宮の酒造関係は西北でなく阪神沿線であるが…。
西宮を含む兵庫県というと灘を擁する様に日本酒の伝統があってそのレベルも高く、新潟、京都、長野辺りと共に日本酒界を牽引している。2020年の日本遺産には「灘の生一本・伊丹諸白・伊丹と灘五郷・下り酒が生んだ銘醸地」が認定された。(申請は伊丹・西宮・神戸・芦屋・尼崎5市共同)西宮で酒造りが始ったのは1640年頃で、1886年に神戸・西宮地域で灘五郷の枠組みが出来た。
大手からマニアックな地酒まで非常に層が厚いのは言うまでもない。県内には南は西宮・神戸・姫路等から北は香住や豊岡に至るまで68の酒造蔵がある=全国都道府県別で3位。大関・剣菱・菊正宗・白雪・櫻正宗・沢の鶴・日本盛・白鷹・白鶴等が大手メジャーブランドとして君臨しているが、その一方で仙介・播州一献・龍力・奥播磨・冨久錦・奥丹波・香住鶴・老松・小鼓・福寿・竹泉・雪彦山・都美人なんて所の地酒は銘醸として人気もある。


hk7001-09@micg01
7001Fの特急梅田行き、御影のS字にて=2009年

西宮北口はおろか阪神間も飛び出して、播磨・丹波・但馬まで広がって兵庫県全体の話になってるやん!」というツッコミが出そうだが、それは野暮なので無し!

兵庫は実を言うと酒造好適米の生産も多く、全国の30%程度を占めていて無論1位である。今や酒造好適米の代名詞となった山田錦についてはその発祥の地である事もあって、生産高は全国の60%に達し、その種子は県のJAによって厳格に管理されている。山田錦という品種は1923年に兵庫県立農業試験場で山田穂と短稈渡船の間で人工交配を行って開発・選抜された品種で、1936年に「山田錦」と命名され正式な品種となった。
粒が大きく千粒重は28gに達する(食用米は22g程度なので、単純計算で食用米の127%程)、この事もあって精米で大幅に削っても割れにくいという性質があり、心白という雑味の無い芯の部分が線状で大きいのも特徴である。
これで特別純米・特別本醸造・吟醸・大吟醸といった高級酒が作り易いというアドバンテージが生じる。


山田錦を語る上では外せない偉人の名前がある、本田武義(ほんだ・たけよし)という名である
本田武義とは網干にある「龍力」で有名な本田商店の前会長(3代目=現蔵元・龍祐氏の大叔父で2018死去、享年86)の名で、この人は「山田錦の神様」とも呼ばれている。
嘗て、山田錦は生産が非常に限られていて大手の蔵でしか使えなかった、そこで本田武義氏は山田錦の生産を増やして小さな蔵でも使える様にするために、食用米生産農家に山田錦を栽培してもらえる様に交渉した上に、自身も70歳で京大農学部の研究生になった。そして、良質な山田錦が育つ条件を調査検証した。その結果として山田錦生産地域を広げる事に成功し、山田錦は一気に広がって酒造好適米の代名詞にまで昇りつめた。


tatrk99hon21y01
龍力純米酒・1999年醸造今年4月出荷で21年熟成というウルトラ熟成酒。このゴールドというかアンバーが如何にもである。

因みに本田商店はJR網干駅から網干総合車両所の方向に少し歩くと行ける、日本酒界の「近ホシ」である。ここの酒はガチで旨いが手に入り難くはある。
会社の名前が〇〇酒造ではなく本田商店であるのも理由があって、元々は造り酒屋でスタートした訳では無く親類の造った酒を販売する酒店だったというのがそれで、駅至近に居を構えているのもこれが理由である。


223v12@mes01
223系近ホシ車の新快速

酒造好適米全体の生産量の中では山田錦=35%、五百万石=20%、美山錦=7%、その他品種合計=38%となっている。山田錦の発祥が兵庫という事もあるが、神戸層群と大阪層群からなる地質が適しているのだという。グレードの高い山田錦を産する特A地区に指定されているが三木市と加東市の一部区域である。
近年注目を集めて、特Aなら「酒米のダイヤモンド」とも呼ばれる愛山(あいやま)も兵庫出身である。非常に粒も大型で心白も大きいが、背が高くて倒れやすく栽培も難しい。醸造に於ける非常に扱いも難しいが、独特の旨味と甘みは他の追随を許さないとすら言われる。


兵庫の西隣の岡山では(備前)雄町がある。2018年の生産量ランキングは4位だが大部分の酒造好適米品種は雄町を祖先に持っている。山田錦五百万石そして愛山雄町の血を引いている。因みに雄町の心白は球状である。「オマチスト」と名乗る熱狂的ファンがいる位独特な魅力があるのがこの雄町様だ。

〇〇〇ウイルスのプランデミックで日本酒業界も酷い打撃を受けていて、山田錦も大幅減産を強いられている現状があるらしい、兵庫の山田錦に限った事ではないであろう。酒造好適米自体の大幅減産は間違いなく、これで絶えてしまう品種も多発するのは間違いなく、更に品種と一緒に産地の歴史や文化の蓄積や記憶も絶たれ消される危機が顕在化すると考えるべきである。
廃業する蔵も凄い勢いで続出するのも確実と考えられる。冬の時代どころか超氷河期になって日本酒文化自体も滅亡の危機である。
ただ、これで過激左翼=所謂radical leftは既存の伝統・文化を一つ潰せたとほくそ笑んで大喜びであろう。
〇〇〇ウイルス・プランデミックは過激左翼にとっては非常な追い風であるのは間違いない。D.S.、コミンテルン、radical leftという間には強い親和性があるのを忘れてはならない。
この連中、民主主義・自由主義・人類文化の潰滅、そして全体主義による世界完全統一及び人類家畜化・奴隷支配を目指している事では目的が一緒なのである。


阪神間どころか兵庫県からも日本酒からも思いっ切り飛び出して何処まで行ってんねん?という言い分はあるだろうが、今の世界の大事な話も入っているので御了承賜りたい。

あと2ヶ月位で秋の訪れを告げる「秋上がり」・「ひやおろし」が出て来る。今から楽しみにしてPart 7へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急神戸線を中心にした阪神間の色々な話や名所、店をあちゃこちゃ乱雑に紹介する様な記事になって来ているが、西宮~神戸に掛けての一帯が魅力に溢れた場所である事は伝えられるであろうか?

hk6050-09@micg01
6000系の様で7000系的で2200系の様なキメラ、今は亡き6050F(現・7090F

これは非常に有名な話だが、日本に於けるバレンタインデーの発祥は神戸である。
阪神御影駅前には2013年からバレンタイン広場がある、駅南口のバス停もチョコレートをモチーフにしている。広場にある石燈籠のハート形の穴から手を入れて中で繋ぎ愛を誓うと2人は結ばれる、らしい。(ホンマかいな?、ただの都市伝説やろ!LOL)
日本に於けるバレンタインデーは1936年にモロゾフが始めたキャンペーンが発祥で、ヨーロッパでの発祥の地を自称するテルニ(Terni)市=イタリア中部・ウンブリア(Umbria)州と神戸は交流をしているらしい。阪神御影というと高架下にある澤乃井の名水が酒造蔵を育てたのも有名で、隠れた名所になっている。


一般にイメージされる阪急沿線=上級市民、JR沿線=平民、阪神沿線=奴隷という様な格差は御影や芦屋でもしっかり存在するのだろうか?
芦屋近辺のエリアでは阪神と雖もそれなりにエエ所もあったりはする。「奴隷」というのは言い過ぎかも知れない。


kt1235@nkda01
阪神御影近鉄電車も通る、でも全て通過だが

阪神御影から北上し御影公会堂前を通って阪急御影までは1㎞程度歩いて12~15分程度。公会堂の竣工は1933年、白鶴酒造の寄付で建てられた。この公会堂は野坂昭如の「火垂るの墓」にも出て来る。
内部の音楽ホールは白鶴ホールといい、ステージの幕には鶴が描かれている。1~3階には合計6ヶ所の集会室があり、2階には2部屋の和室が存在する。
地下には郷土資料展示と共に御影出身の嘉納治五郎の記念コーナーがある。嘉納治五郎といえば柔道の嘉納杯でもお馴染み、柔道の祖というべき人物である。そして、やはり地下にある公会堂食堂のオムライスやハヤシライス、黒毛和牛ビフカツは美味らしい。2016年に内部が大々的にリノベーションされたが、デザインは竣工当時のままである。
花崗岩の一種を御影石と呼ぶが、それは御影が由来である。御影から北に上って六甲に行くとそこは花崗岩(granite)の産地だった。そこから下って来る川沿いには石屋(石材業者)が林立していたので川の名が石屋川になったという。苦楽園の奥地、甲山森林公園も昔は採石場(東六甲石丁場)があった。
六甲の花崗岩は昔からブランド力があり、江戸時代に再建された(1620~29)大阪城石垣の凡そ1/3は六甲石が使われているらしい。


阪急の駅のすぐ北には深田池があり、結弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)もあるが、ここは御影石のサッカーボールオブジェで有名、更には香雪美術館なんていうのもある。

hk7010@kzkgw01
7010Fによる特急梅田行きが神崎川を渡る

阪急御影駅の近辺には、バターブレンドコーヒーで有名なダンケ=DANKE神近珈琲、Mon Petit Poulet(モン・プティ・プーレ=ロティサリ)、Zucca fine vegitable deli(ズッカ・ファイン・ヴェジタブル・デリ)、ARTISAN(アルティザン)御影山手本店(ブーランジェリー)、ケーニヒスクローネ(Königs Krone)本店なんていう有名店や注目の店があったりする。

駅から更に5分程坂を北に登って住吉山手エリアに入ると、ガーデンプレイス蘇州園というパーティーやウェディングも出来るレストランがある=関西では有名。1934年に建てられた旧財閥の邸宅が(日本生命の創始者、弘世家)、戦後直ぐに取り壊される事になったところを中国人貿易商の黄萬居氏に買い取られ、1963年に中華レストランになり、更に1995年からはイタリアン(創作料理)のレストランに姿を変えて今に至る。この店、ジャ〇ー〇ファンの間では某・マ〇〇ス葉との関係で知られているらしい。


因みにこの住吉山手エリアから山を隔てて東(直線で6㎞程度)にあるのが山芦屋セレブの一大要塞=六麓荘(ろくろくそう)。赤松が名物として有名な六麓荘町だが、そこは400㎡以上でないと家は建てられないとの事である。1928年からの開発はそれまでの国有林払い下げが始まり、当時日本に紹介されたばかりだったヒューム管をライフライン埋設にいち早く採用したのがこの六麓荘といわれる。
開発当時から娯楽施設は一切排除、事務所事業所の類は建設禁止、地上は2Fまでしか建てられない。嘗ては東の鎌倉・西の六麓荘が富と権力を象徴する御屋敷街だった。鎌倉マダムと芦屋マダムが東西で対をなしていた時代があったのだ。
その六麓荘は苦楽園とも接している。いずれも山陽新幹線の線路が近い(実際は殆どがトンネル)。山芦屋であれ住吉山手でも、苦楽園や甲陽園でも、標高が高くなると通常の住宅地というより別荘地の性格を帯びて来る。
因みに西北から住吉山手の入口=御影まで阪急(普通)で約10分である。


御影の近隣の岡本だと、パティスリー激戦区だという事で岡本摂津本山の間の猫の額より狭い様なエリアにある店を紹介したが、その時取り上げた以外にもNanor House Motoyama(マナーハウスモトヤマ)とか、Belle Vie pancake cafe(ベルヴィ・パンケーキカフェ)、l'Accent(ラクサン)というジャムやスウィーツ等を売る店やベジカフェGreenfield=「コーヒーが飲める八百屋さん」、tea room mahisa(ティールーム・マヒサ)、Cafe de Fellow(カフェ・ドゥ・フェロー=フルーツワッフルが有名)、ジェラートCaju×果樹、Caffetteria Gatto Nero(カフェテリア・ガット・ネロ)、更には手包み餃子Chanja本店、自家製麺のうどん屋・い蔵なんていう所が飲食では注目株らしく、他にも小洒落た雑貨店等も結構ある。NAIF(ナイーフ)はその雑貨屋群の中でも結構有名らしい。

日本に於けるピッツァの発祥は神戸。イタリア人が神戸港から日本に持ち込んだのが日本に於ける発祥。蒲鉾の始まりも兵庫県という説がある。神功皇后が槍の先に魚のすり身を付けて焼いたのが蒲鉾の始まりという説がある。
Wilkinson's炭酸は西宮の隣宝塚生まれ。英国人のJ. C. Wilkinson氏が狩りの途中で炭酸を含んだ鉱泉を見つけて(1889年)販売し始めたのがWilkinson's TANSANの始まりだという。武庫川右岸にある宝塚温泉場の源泉の傍らでわき出ていた炭酸泉がこのTANSANの始まりだという。
世界初の缶コーヒーはUCC=上島珈琲というのは有名な話。コーヒーの豆卸売りやメーカーも神戸には多い。
こうして近現代の日本の文化文明を牽引してきた兵庫県だが、今日本最大の癌を産み出している=あのチョン池百合子は兵庫県出身なのである…FUCK!SHIT!である。

もう、観光案内なのか店の案内なのか全く訳が判らんが、Part 6へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

西宮北口どころか西宮からもはみ出して、阪神間の色々な所の話を出してしまっているが、阪神間の特に阪急沿線はそれだけ素敵な場所が多いという事で御容赦頂きたい。上げてはいけない状態で上げてしまったので、正規版という形にしてアップしなおしたので御了承頂きたい

阪神間というと川に掛かっている駅が多いというイメージを持たれる御仁も多かろうが、川の上に掛かる駅というと、関東では新馬場、京急蒲田、東大島等が有名だが、阪神間でも結構ある。阪神本線の武庫川は直ぐに思い浮かぶが、阪神芦屋阪急の芦屋川は芦屋川の上で阪急阪神は川の上を跨いでいるがJRは潜る形となっている。これは芦屋川が天井川になっているためで、この川の上流部の地質が脆いため土砂が川に流入し易く、阪神本線は高度を稼いで跨いでいる。基本的情報として、天井川は氾濫のリスクが高い、氾濫した時の災害規模も大きくなりがちという非常に厄介な存在である。1938年に阪神大水害というのが起きている、その様子は谷崎潤一郎の「細雪」や手塚治虫の「アドルフに告ぐ」で書かれている。

阪急では芦屋川・夙川阪神では香櫨園・深江・大石・石屋川も川を駅で跨ぐ形になっている。阪神で川の上の駅が多いのは、駅間が狭くて込み合った場所を走っているので駅を作るスペースの選択肢が無かったからかも知れない。阪神間を行き来すると中小の河川を何本も越える、武庫川、猪名川はメジャーだが、この他にも藻川、夙川、芦屋川、石屋川、宮川、東川、津門川、天上川、住吉川、青谷川、都賀川、生田川なんていうのがある。
阪神の魚崎は住吉川をギリギリで避けている、阪急の王子公園も青谷川をギリギリ避けている。


monloivec01
Mon Loire(モン・ロワール=本店は岡本)のLa Vie En Chocolat(ラ・ヴィ・アン・ショコラ)

西北こと西宮北口駅は甲風園・昭和園のエリアに入っている。甲風園の宅地の坪単価は170万円を超えていて夙川なら最低でも200万である、住宅地の価値は立地の良し悪しの条件も入って来る、セレブが住む戦前からの高級住宅地のすぐ近くに西北の駅があるのだ。関西の社会における年季の入った階級格差の象徴でもあり、階級社会という部分では関西が関東に対して先輩かも知れない。
西宮という所は公民館も多い、何と20ヵ所もある。芦屋市は1ヶ所、神戸市でも7か所しかない。西宮市では中学校の校区一つに1ヶ所の公民館を建てようという事で、20も公民館がある。 西宮北口駅のすぐ近く北東側で阪急の西宮車庫の裏手に当る高木西町・東町は関西有数の御屋敷街の一つである。駅の北東サイドといえば西宮の代表的ランドマークの一つであるアクタ西宮があってその東隣が阪急西宮車庫という事になる。



西宮北口駅の周辺は阪急の交差する2路線で見事に4つのエリアに区切られている。 北西サイドでは西宮七園の一つとして昔存在した昭和園の名残として南北の昭和町が駅至近に存在する。無論かなりの高級住宅地であり続けている。これと阪急今津線の間の細長いエリアは甲風園の地名が残っている。神戸本線の線路に近付くと学習塾が林立するエリアになる。昭和園は七園の中では最後の方に開発されたが、高級住宅地が広がっているかと思えばエリート養成学習塾が線路近くで林立し鎬を削る。天国と地獄の内の天国で、その天国で生き残る為の争いが幼少期から繰り広げられているという、階級社会のアイコニックな展開を見られる。
駅の南東側には阪急西宮ガーデンズ様が御鎮座なされておられるが、「ガーデンズ」とは七園へのトリビュートで、「八園目」を目指すという意味もあるとかないとか。線路近くには学習塾もそれなりにある。阪急神戸線沿線住民はそんなに塾で勉強するのが好きなのか?


今津南線ガーデンズの間で甲南大学西宮キャンパスに隣接する小さいエリアが再開発されている。ここに高さ57m・14階建てのビルが2023年9月開業を目指して絶賛建築中なのである。このビルの3回がデッキで西宮ガーデンズ・ゲート館と繋がる予定である。これが建つと西宮北口駅周囲の開発は完成を見る事になるらしい。

南西エリアはジオタワー・コナミスポーツクラブ・プレラにしのみや・県立芸術文化センターがあり、その周辺には学習塾も何軒かある。昔は公団住宅が立ち並んでいたのが区画整理と再開発で上品で綺麗で洗練された感じの街に変わった。山手幹線のすぐ北を東西に走っている県道606号西宮豊中線は駅の近くでは球場前線という名で呼ばれる。そして、今津線の線路の西でこの道路が津門川を跨ぐ橋は球場橋である。この球場は勿論2002年に閉鎖された阪急西宮スタジアムの事である。 球場前線の南は山手幹線が東西に貫いていて、ライフ・エディオン・Book offという様なロードサイドにもある様な店も軒を連ねている。

hk8035@yodg01
8035F+7023F特急・梅田行き(2017年11月)

阪急神戸本線の特徴として武庫之荘以西、王子公園辺りまでよくありがちな駅前のパチンコ屋というものが殆ど無い。純粋な高級住宅地や学生街になっている場所が多いという事であろう。上流階級の為の街が街道の様に連なっている。20世紀に入ってからの海側の工業発展も関与している。阪神工業地帯が形成されて行き海側には工場等が林立する様になり煤煙等によって空気が汚れていったので上流階級はそれを避ける様に工業地帯の北側に開発されたエリアに集まる様になった。平地が狭いのでそこに集まらざるを得なかったという方が正確か?。阪急及び小林一三作戦勝ちであろうか。

西北というより阪急沿線を中心とした阪神間全般の話になっているが、性懲りもなくPart 5へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-3 MarkⅢ試し斬り特集第11弾になるが、其の拾に続いて東急の多摩川鉄橋で撮影した奴の作例を載せて行く。
其の拾が東横線なら今宵は目黒線の作例。この橋梁は複々線になっているが、路線別でアウトサイドが東横線でインサイドが目黒線である。目黒線と言っているが、小生の世代だと目蒲線というイメージが未だに強かったりする。再来年に目蒲線からの通算で100周年であるが、目黒線と多摩川線に分割されて今の様な形になったのが2000年8月だった。
昭和の時代は緑の初代3000系5000系が走っていて都会にあってこんなローカル線というギャップがズドーーン!という感じの「或る意味でえげつない」路線だった。その後平成になって初代30005000は消えた!。と思ったら今度は7000・72007600・7700の楽園になった、この点は池上線も同様だった。
目黒線は今世紀に入って一気にメタモルフォーゼ!7000ブラザーズは消えた、消えた…!それは残念だが、一気にアーバンな幹線として結構な御出世!ズドコーン!
斯くして「東横線・田園都市線の次のポジションをGetだぜ!」になったが、一方で池上線は多摩川線(目黒線から切られた)とくっつけられて(=運用は共通)、3連で走るローカル線として冷や飯を食らい続けている。池上(彰)という名前が悪いのだろうか?
尤も7600系や7700系が最後まで残っていたのでそれが好きだったが。


tmt9805@tamg01
東京メトロ9000系でもB修繕施工車はボディ上部にもブルーグリーンの帯を巻く。ホームドア越しにも見えて誤乗が防げるという理屈であろう。それだけ無塗装で個性に乏しいヤツが増えたという事であろう。
この9105編成は最初にB修でリニューアルされた編成である。B修された9101~08編成では側面下部のラインカラーが波打った形になっているのも特徴。


tmt9810@tamg01
目黒線は来年以降、更なる出世が見込まれる。一部は8両化され新横浜を通って湘南台や海老名まで乗り入れる。湘南台や海老名まで行くのは東急の車両は間違いないが、メトロの車両はどうなるのだろうか?8000系の中間車を改造して挿入なんて話も出ている。
「キングジム」の別称を頂いてしまった東京都交通局6500形は8連で投入されて当然の如く相鉄対応準備ではあるらしい。6300形も編成替えの上で大部分を使い倒すのかと思いきや、キングジムで順次置き換えるという事の様である。
埼玉高速鉄道の車両については8両化の計画はあるらしいが、具体的な話は聞こえて来ていない。


src2810@tamg01
埼玉高速鉄道2000系は機械的な部分は基本的に東京メトロ9000系と一緒と思って良い。ドアの材質は東京メトロ9000系と異なりステンレスを使用しているので、ドアが少し違って目立つ。基本的に川崎重工業製で6両10本が存在しているが、最後の3本はOEMで近畿車輛での製造だが銘板には川崎重工業とある。
埼玉高速鉄道もホームの8両対応化工事は進めている。でも車両は直ぐに8連にしないとしてもおかしくはない。8連運用は他社に任せて、自分達は相鉄に乗入れなければ取敢えず6連でも良い。2014年に事業再生ADRを余儀なくされていて、その頃から比べて経営環境はかなり上向いている様だが、今の経営能力からしたらホームの工事が精一杯で車両の8連化や相鉄対応工事は直ぐには出来ない相談という事もあり得る。
ただ、編成を見ると21XX-22XX-25XX-26XX-27XX-28XXとなっている。欠けている23XXと24XXをインサートする準備は最初からあるという事と考えられる。


bttm6309@tamg01
6300形でもこの度置き換えられる6309編成
相鉄への乗り入れについては東急車のみと考えるのが妥当。8連化という事については、東京都交通局に於いては混雑緩和が狙いであろう。相鉄まで行く気は無いと思われる。相鉄まで行ってしまうと走行距離調整や車両使用料の問題が出て来てそれが東急と絡むのでかなりややこしく、その割にメリットは少なくて、相鉄なんて所までまで行かされるのは東京都のメンツにも傷がつくという論理であろう。(相鉄をバカにしているのは明らか、それが東京都庁というもの)

bttm6317@tamg01
キングジムで置き換えられる事になってしまったのは6300形でも1993/94年製造の1・2次車13編成78両。209系で採用された川重の2シート貼り合わせ工法で作られた事が災いしたのか、30年足らずで置き換えられるらしい。
209という名が出た序に言うと、千葉でお払い箱になった209系が伊豆急に譲渡される事となり旅立った。
3次車の144両は1999・2000年製造という事もあり、編成替えで8連化の上で使い倒される予定だったのだろうが、6連24本から8連16本を捻出すると考えられる。


bttm6337@tamg01
この日の撮影時の目黒線は東急車は殆ど来ず、折角僅かに来た奴も東横線に被られアウト。撮れたのは都営地下鉄・東京メトロ・埼玉高速鉄道の車ばかりだった
この撮影は先ずはK-3 MarkⅢ試し斬りである、そして予行演習である!予行演習でしかないとも言える。


あと1年数ヶ月で来る!御降臨は近し!あの待ちに待った!萌える闘紺が!
燃える闘魂(78)は大分年老いてしまったが…萌える闘紺はいよいよこれから本番ダァ~ッ!
20000系10連だ!21000系8連ダァ~ッ!


既に21000系もトップナンバーが下松から横浜に運ばれたぞ!お楽しみはこれからだ!ズドコーン!
元気があれば海老名に行ける!元気があれば瀬谷にも行ける!元気があれば湘南台にも行ける



ところで…
東京都における感染症対策の最高責任者は都知事!仮に感染が爆発したら感染者が激増したらその責任について問われるのは都知事
さざ波を大津波と狼少年みたいに喧伝しては大騒ぎ、なのに批判されないチョン池+ワイドショー連合軍が都議選で事実上勝利してしまった。
中国非難決議すら、身内に妨害されて国会提出すら出来なかった自民党の無能と国際感覚の明らかな欠如もスゴッで、これで随分と票を失った可能性は高い。
それを考えても、東京でサル以下の脳ミソしかない低能が如何に多いか都知事が「ず・る・や・す・み」「く・も・が・く・れ」で仮病演出偽装入院ときても、「かわいそう」「我々都民の為を思って一生懸命頑張って下さっている知事様をお支え申し上げなければ」等といって無能の塊の都民F(あの無免許乱闘オバハンがいたのもここ)に票を入れてしまうなんてサル以下、というのもサルに失礼。「ミドリムシ以下」で丁度イイ!
選挙に欠かさず行くのも60代以上で、ワイドショーに簡単に洗脳される情弱が多い。都議選の投票率は42.39%という悲惨さで、そんな低脳情弱爺婆のウェイトが高くなる。
序に都民を名乗る奴等の知能程度が如何に低いかが良く分かって、非常に恥ずかしい。
知的レベルの低い奴等には東京の土を踏ませるな!兎に角追い出せ!ズドコーン!

てなわけで、其の拾弐へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ