K-3 MarkⅢ試し斬り特集も9記事目となる今回は、東急東横線の都心から一番近い撮影地でもある学芸大学・自由が丘間の場所に行ってみた。
ここも具合のイイ撮影地ではなかった。良いポジションの定員は1名と思って良い。そのポジションもその撮影地を根城にして領有権を主張している様な奴がいるので使えない。
行っておいて何だと言うかも知れないが、撮影地としては実質殆ど役に立たないと思って良い。

tmt17103@tordg01
東京メトロ最新鋭今年3月デビューの17000系だが、他とどこが大きく違うのだろう?という感じである。10両編成6本と8両編成15本を投入する予定で、10連の投入は完了という事で、これからの増備は8連だけらしい。

ここではFA Limited 43mm f1.9 も使ってみた。DA Star 50-135mm f2.8(ワイド端)の作例と混じっている。FA Limited 43mmは確かに優秀なレンズなのだろうが、鉄道には今一つ向かない。FA、つまりフィルムカメラ時代のレンズで、ピントと絡んでの写りもピーキーな所がある。解放がF1.9なのでかなり明るい単玉だが無理した明るさとは言えない。このレンズ、カリカリシャープはあまり得意ではない様で、その代わりある程度絞ってポートレート辺りで使うには非常に有能である。


tmt7132@tordg01
メトナナも8連車ばかりになってしまった。10連車は7101F1本だけである。
それにしてもメトロの車でこの長細い窓の付いたドアには未だに馴染めないというか違和感を覚えてしまう。営団地下鉄の車両のドアというとガラスは小さく正方形に近いものだという固定観念が小生の世代にはあると思われる。ドア窓のガラスが広い方が大きく採光出来るので明るくて圧迫感も軽減されてイイのは分かっているのだが…。8000系7000系6000系、3000系、5000系しかりである。


この撮影地でベストなポジションを取れない場合、8連だとケツが架線柱に被ってしまう。10連だとケツは架線柱の後ろに抜ける形となるが、こんなんだと鉄道写真としては不細工で気持ちも乗って来ない。

tb9102@tordg01
東武9000系で最初の量産車となる9102Fがやって来た。50050系がいながら9000系も東横線に入る。
試作車に当る9101F(1981~)は先日東武東上本線内を準急森林公園行きとして走行中に、床下機器から出火したらしく、途中北坂戸で運転打ち切りで森林公園検車区に留置されて運用離脱している模様。9151F、9104Fも現在離脱中らしい。試作車から量産開始まで6年も掛かっているのである。


tq5823@tordg01
青ガエルこと5000系(初代)のオマージュとして2代目5000系(5050系)にグリーンのラッピングを施した5122F。このラッピングは2017年に始まって2018年に1回目の延長、2019年に再延長で今に至っている。どこかの〇〇事態宣言みたいであるが、こういう延長はイイ。
渋谷駅前で観光案内所として使われていた5001号車は渋谷区の持ち物になっていたが、去年8月に秋田県の大館市に寄贈された。両自治体は忠犬ハチ公繋がりの交流がある。


sb6051@tordg01
東横線で見かける機会が意外と少ない西武6000系・アルミ車。これはDA Star 50-135mm f2.8を使った作例。小生はステンレス車よりアルミ車の方が撮っていて嬉しいのだが。アルミ車体でも6000系はライトグレーの塗装、20000系・30000系・40000系は無塗装、001系は一見無塗装に見えるが大日本塗料のスーパーブライト2000で塗装している。本来自動車に使われる事が多いアルミ顔料をベースにした金属調塗料だが、それが鉄道に使われたのである。(実際は多目的の塗料である)

tmt10123@tordg01
東京メトロ10000系(キャラメルサタンとも呼ばれるか?)は東京メトロ発足後初の新造系列だったという事もあって、Alexander Neumeister(アレクサンダー・ノイマイスター)がデザインを監修。この名前、どこかで聞いた名前と思った人は勘がイイ!、JR西日本500系新幹線電車のデザイン監修を行った人である。それだけ気合が入っていたという事でもあろう。
前照灯のデザインは300形(丸ノ内線)へのオマージュらしい、東京メトロのアイコン的な存在にしたいという願いが込められていたとか。


tq5865@tordg01
東横線5000系は8連車が5050系、10連車が4000番台を名乗るが8連車が圧倒的多数派である。10連でなければならない運用は4000番台が受け持つが、優等列車だけである。各駅停車は8連でないと具合が悪い。優等列車が止まらない駅は8連にしか対応出来ないからである。10連の電車が東横線を走る様になったのは2013年以降である。東横線=8連、田園都市線=10連という時代が非常に長く続いてイメージとして固定化されているのである。

tq5866@tordg01

わざわざ東急東横線なんか撮りに行かないが、東急5000系の一団は西武や東武の沿線でも撮る機会がある。では何でこんな所にというと、このK-3 MarkⅢ試し斬りという事もあるし、来年以降予定されているある事に備えた予行演習・下調べという意味合いがあるのだった。

遂にこの特集も2桁に乗る、其の拾へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ