大阪城のすぐ近くにあるOBP=大阪ビジネスパーク最後の大物とも言われるDC(データセンター)ビルが去る4月15日に竣工した。
大阪ビジネスパークとは大阪城に北東に隣接するエリアで、正しくは大阪市中央区城見(しろみ)にある名前の通りビジネス専用、オフィスビルばっかりの再開発エリアを指す。城が見えると言うよりもろに城と隣り合っているのがOBP であるが、2019年3月の時点で城見では登録人口も世帯数もゼロである。OBPの辺り、昔は弁天島と呼ばれていた、淀殿を弔い祀るための弁天祠があったからこう呼ばれていたという。
25haのエリアにオフィスを構えるのは読売テレビ・住友生命・KDDI・東京海上日動火災保険・富士通・日本電気等の錚々たる顔ぶれ。TWIN21、IMP なんていうオフィスビルは有名で、大阪城ホール・いずみホールといったメジャーな文化施設も存在している。
大阪地下鉄長堀鶴見緑地線の大阪ビジネスパーク駅が最寄だが、京橋・大阪城北詰・大阪城公園といった駅からも近い。OBPに於いては高層ビルの高さは150mをリミットに統一されている。


80年代特にバブルの頃は、開発初期という事もあって15棟の高層ビルが一気に建つ等した。ただその後バブルが弾けた90年代以降は停滞期が続いた事もあった。2005年にマルイトOBPビルが誕生したが、大型開発が次々とブチ上げられている梅田や天王寺等に押されて存在感も薄くなっていったのは事実
近年の動向としては、2011年ににOBPリノベーション事業推進協議会設立。2012年には 都市再生緊急整備地域指定(大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋地区周辺)、2015年には 都市再生緊急整備協議会設立という具合である。完全なビジネスセンターとして居住区域を全く設けずに30数年やって来たが、リノベーションとリブランディングが進められればこれも変って行くであろう。ただ、OBP自体が然程大きなエリアでもないので周囲も巻き込んで規模も稼がないとダメかも知れない。

nov2016obp01
画像の撮影は2016年11月・新鴫野橋から

1969年に大阪ビジネスパーク計画が立ち上がり、1970年にOBP協議会の前身である「OBP開発協議会」が発足。松下電工・住友生命・竹中工務店等を中心に民間企業を主体とした街造りが始った。1980年代にはさらなる土地区画整理を行い、現在のOBPのシンボルでもあるTWIN21=MIDタワー+パナソニックタワーの着工を皮切りに、多数の高層ビル・文化施設が建設された。30年を超えたこのツインタワーにも建替え再開発の話も持ち上がっているらしい。


「最後の大物」とも言われるデータセンタービル、その名も京阪神OBPビル(大阪市中央区城見2丁目2番7)が竣工し営業を開始した。この土地の元の所有者は富士通だった様で、それを京阪神ビルディングが取得。このビルの建設・設備総額は約320億円になって、設計は日建設計、施工は鹿島建設。延床面積が凡そ42000㎡・地上16階+地下1階・高さは118mというスペックである。16階という割に118mとかなり高い(16階だと80mがせいぜい)のはどうやら1・2回と最上階の高さがあるらしい。データセンターになるのでそのフロアは高さが要るのであろうか?
このビルの特徴的な部分として、窓が小さい事がある。窓ガラスの非常に大きな建物が近年は主流であるが、DCという性格上広い硝子は抑々必要なく外から見え易いなるとマズいという事であろう



nov2016obp06
第2寝屋川の上に掛かってOBPのエリアと大阪城公園を繋いでいるのが新鴫野橋

大阪城公園を始めとし大川等の川や梅田を始めとした大阪キタの各夜景スポットにも囲まれて、水の都大阪を象徴する様な夜景が見られて、嘗ては夜景スポットとして非常に人気があった。
以前はTWIN21に展望室があって特に人気があった。桜の季節限定ながらOAP(大阪アメニティパーク)タワー38階展望室というスポットも存在した。小生も一度訪れてみたかった夜景スポットだったが叶わなかった。今は松下IMPビルのレストランフロアの待合室から夜景が見下ろせる模様
大阪城天守閣直下の石垣に行くと手前に大阪城ホール、バックにOBP高層ビル群を網羅した夜景が撮れるらしい。



nov2016obp07

2019年9月からはゴミ売テレビが社屋をOBPに移し、その新社屋がOBPを新たに代表する夜景スポットになっているのだとか。
梅田・中之島・心斎橋・難波。天王寺等大阪市内の名立たる夜景スポット比しても地味なのは確かである。名前の通り、殆どがオフィスで商業施設も少ないので夜景としても小さいのは仕方が無いが、そういう中でTWIN21やOAPの展望室が公開されなくなったのは非常に痛い。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ