「タクシーってバカなの?」と訊かれれば、「バカに決まってる」と答えざるを得ない。そんなレベルの脳ミソしかないからこんな職業にしか就けないと言わざるを得ない奴が多い。それこそ鼻を突くレベルの底辺臭がしてくる事も多い。ドライバーが爺で本当に酷いというケースが近年は多い。爺でなくたって酷いドライバーが多い。平気で道を間違えて結果的に遠回りなんていうのはザラ。兎に角道を知らなさ過ぎるし、地理を知らなさ過ぎる。

daiba2k12a
フジテレビと言えば、普通はこの辺と思うし確認すれば簡単に済むはずの事

実際にあったケースとして、あるタレントが番組出演の為に「フジテレビに行ってくれ」と言ったら、普通にお台場に行っていればリハーサルにも余裕で間に合った筈の所、横浜の町外れや静岡に行かれた挙句、何時間も迷走されて出演する筈だった生放送には出演出来ず、運転手はナビで検索しその通りに走ったといって間違いを認めようとはしなかったという。掛ったタクシー代数万円は局側が持ったらしいが、これはガチで起こった事でドッキリではなかったらしい。

25年位前だったが、小生もある日の朝方新幹線に乗る為に東京駅に行ったくれと指示したら、東京駅とは反対の方向に行こうとされた。小生は直ぐに様子が変なのに気が付いて「方向が違うでしょ、東京駅に行ってくれと言ったんですよ」と抗議した。運転手は笑ってごまかそうとした上に、しまいには逆ギレ、結局指定した列車には乗り遅れてしまった。出張だったのでマジでシャレにならない事だった。


kyotow2k10a
京都のランドマークの一つ=京都タワー

タクシーの運転手の態度とかは地域によって差が大きいと以前は言われていた。京都のタクシーは特に酷いのが多いというのが私の印象である。京都や神戸の様にブランド化した観光地エリアの運転手は横柄でサービスが悪いという事になっていた。
京都では京都駅烏丸口(正面)で降車時に100円玉30枚以上+かなりの数の10円玉で釣りを遣されて、これにはさすがにブチ切れて辞退した事もあった。「昨日パチンコですっちゃったんで1000円札が無いんだよ」と笑いながら酷い言い訳されて、「ふざけんな!、もういい!こんなんじゃ財布に到底入らないから」と怒鳴ってコインを突き返したのは覚えている。10年以上前の事だが、鮮明に覚えている。泥棒に追い銭する様で無論不愉快で屈辱的この上ない事だったのも覚えている。


遠くの全然関係ない所を連れまわされたというケースは無いが、指定したのと全然違う場所に行かれたというのは勿論ある。数年前の事で、京都市左京区某所から宝ヶ池に行ってくれと指定したら、「宝ヶ池の駅の所に」と言ったのだが、「駅の所ですか」と訊き返されたので、当然叡山電鉄の宝ヶ池駅の事と思って「そうです」と言った。
そうしたら、叡山電鉄の駅なんか存在しないかの様に全然別の所に連れていかれた。地下鉄の国際会館駅に直行されたのであった。開いた口が塞がらなかったと同時に、叡山電鉄の宝ヶ池駅と念を押す必要があったのかと思わされた。そいつは京都の地理を知らないのか、勝手な思い込みだけで生きているのかどっちかでしかない奴なのだ(断言してやる!)。
いずれにせよIQ がゼロ若しくはマイナスとしか思えないが、そんな運転手に当ってしまうと恐ろしく不幸である。
結局寒い中国際会館から宝ヶ池まで15分程度歩かされる破目になった。こんな事書いているだけで怒りが満ちて来る。

ezd813@tgti02
宝ヶ池駅にアプローチする叡山電鉄800系

小生の知人でもっと酷いケースがあって京都市左京区某所に行ってくれと言ったら、宇治市に存在する似た様な地名の全く別の場所に連れて行かれそうになったという。方角で言っても乗車地点から北と南で全く逆である。


kobedaim2k08a
神戸の観光地の一つ、旧居留地近くにある大丸

神戸でも酷い乗車拒否を食らった経験がある。ハーバーランドから山手幹線沿いの所まで少々急いでいたので1000円程度の距離だがタクシーを使おうとした。「神戸は地元じゃないから分からない」とあからさまな嘘を言われて乗車拒否された。「そんなんなら、何でタクシードライバーなんてやれるんだ?」と突っ込まれたら返せなかったであろう。
売り上げにならないから適当に理由にならない理由を付けて乗車拒否したのが見え見え。

神戸・名古屋・京都・大阪といった大都市ではない地方都市のタクシー運転手は兎に角セコイというイメージしかない。相手が余所者と分かると、知らない場所の名前を挟んできて、意図的に狙って大回りしたのが見え見えなのに、「お前の指示が悪いからだ」と責任転嫁する。迎車にするとほんの僅かな金額なのにやたらはしゃいで態度ももろに変えるとか、「何、コイツ?」という様な奴は余りにも多いと思う。


時は流れて最近でも「そこを曲がれ」と指示したのにその地点を無視して直進、慌てて止まってバックしたので事故りかけるという事に遭遇してしまった。「馬鹿に付ける薬はない」と改めて思った小生だった。
直接関係ない話になるが、高齢者が重大事故を起こす確率は他の世代と比べて高いわけでは無いというエビデンスが出ているので「高齢者には運転させるな」「爺婆から免許を取り上げろ」と言うのはマスゴミと警察の勝手な都合の喧伝とでっち上げである可能性が高いのである。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ