Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

タグ:PENTAX

新型コロナウィルス蔓延のせいで屋内のものを中心にイベントの中止が相次いでいる。キャンセルされたCP⁺2020も例外ではなかったという事である。
CP⁺(シーピープラス)ってご存知の方も多かろうが、簡単に言えばカメラ業界のコンシューマー向け国際見本市である。このイベントは2009年まではPIE と名乗っていた。
抑々、日本に於ける写真関連の見本市というと、それぞれ主催の異なる日本カメラショー(1960~94)・写真映像用品ショー(1970~94)・ラボシステムショー(1966~2004)・国際プロ・フォト・フェア(1972~2004)が別々に存在していた。この内、最初の二者が1995年に統合しフォトフェスタが誕生し97年からフォトエキスポと改称。2005年に残り二者も統合してフォト・イメージング・エキスポ(PIE=Photo Imaging Expo)となった。


smc70200a

しかし、出展メーカー同士・関連団体同士の対立や確執が起きて(よくある話だが)、2009年のPIE 閉幕直後に分裂、2010年からはCIPA 主催のCP⁺=コンシューマー向けと株式会社プロメディア主催のPHOTO NEXT =プロ・ビジネス向けに別れてしまった。
2014年には大雪で1日だけ中止になった事はあるが、開催そのものがキャンセルされるのは初めてである。
小生も嘗てはPIE の時代も含めて毎年の様に足を運んでいた時代もあったが、ここ数年はつまらなくなって来たので足を運んでいなかった。


CP⁺・PMA (Photo Marketing Assosiation)と並ぶカメラ関係のメジャーな見本市で、フォトキナ(Photokina)があってこちらは隔年9月開催だった。これが2018年の時点で隔年から毎年開催に変えるとぶち上げて開催時期も毎年5月開催にする筈だった。しかし2019年は準備が間に合わずキャンセル。2020年から毎年開催という事になった。ただし、今年の開催はこのような状況なので現時点では甚だ怪しいと言わざるを得ない。
ただ、今の時代この手の見本市は世界で増えていて飽和状態になっていて出展企業の体力を削いでいるという事も事実であろう。大規模会場に数万若しくは数十万単位の客を集めて製品発表を行う様なコンヴェンションは時代にそぐわないという風潮もある。ネットで出せばコンシューマー向けではそれで充分という事だ。
カメラ業界もスマホに押されて市場の伸びが止まって苦戦が続いている。今年の中止を機にCP⁺というイベント自体が休止若しくは事実上消滅に向かう懸念もある



まだ存命している患者を中国当局が纏めて焼き殺しているとかいう話がリークされていたり、始まりは如何せん中国である。中国側から出されている情報なんてはなっから信用ならないもので、これに対してまたアンチ中共がプロパガンダ的な情報戦・宣伝戦を仕掛けている。

日本でも何やら検査に来た人を門前払いして感染者数の認定を避けているとかいう話が出ていて、数字の情報すら当てにならないから5月に収束するだろうなんて呑気な事をいう専門家は多いが、それだって眉唾モノである。だが、IOC がWHO に対してオリンピック前には終息宣言を出させるべく圧力を掛けて来るのは必至。終息宣言が出ないとオリンピック自体が中止、若しくは無観客での開催を強いられる事も十分に考えられるからである。

日本国内でも今週末にJ リークが開幕、NPB だってあと1ヶ月で開幕となる。終息するまで開幕させないとかそういう可能性もゼロではないだろうが、無観客でやり続けるなんて事になっても経済への悪影響は必至。
2020年の世界も日本もどうやらロクな事は無さそうだ!





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月末開催予定だったCP⁺2020は中止というアナウンスが主催側からなされた。理由は言うまでも無くあの新型コロナウィルスの流行拡大である。

主催者である一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)からの発表によると、「新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えました結果、2月27日から4日間、パシフィコ横浜で開催を予定していたCP+2020の中止を決定いたしました」との事。
rkspn002
開催地がパシフィコ横浜という事で如何せん場所が悪すぎ、そこに日本中更には海外からの客も来て以前程ではないものの、来場者は4日間で7万人程度と見込まれ、人口超密集状態は必至。数万人の来場者が実際の製品を手に取って見るというのがこのイベントの売りでもあるから、そこからの感染のリスクは否定できない。これでは開催出来る状態ではないという判断も止むを得ないとも考えられる。
重要な情報も二転三転で、先行きは何も読めない。生物兵器として研究中のものが何らかの原因でリークされたという説も依然有力視されている。


24日からスペインはバルセロナで開催予定だった携帯電話関連の世界的なカンファレンスイベント・MWC =Mobile World Congress (モバイル・ワールド・コングレス)も中止となった。
事態の収束の見込みが立たない状況下では、5月にケルン(ドイツ)で行われるフォトキナ(Photokina)もヨーロッパではあるがハッキリ言ってその開催は危うい。


安倍政権は香港で起きている事態、そして今回のコロナウィルスの事態があるにも拘らず、習近平の国賓としての来日をゴリ押ししている。これは天皇陛下の晩餐会に招いてスピーチをさせるという事を意味する。習近平がここで2015年にイギリスを国賓訪問した時と同じ趣旨のスピーチを延々とやる可能性は高い。
2015年のイギリス王室晩餐会で習近平は、先の大戦で日本の侵略が如何に残虐なものだったかを滔々と述べたのだが(チャールズ皇太子は人権弾圧に抗議してか?欠席)、今度は同じ内容を天皇陛下の眼前で述べる事で日本を屈服させたと世界に大々的にアピールするのは間違いないとすら言われている。
因みに2015年の王室晩餐会でサーヴィスされたワインのヴィンテージは1989年=天安門事件の年のものだった(
多少なりとも良識がある御仁なら、これが最大クラスの国辱売国行為にして天皇及び皇室へのこれ以上ないレベルの冒涜になるのが明らかなのは御理解頂けるであろう。中国がゴリ押しする中国人という名の生物兵器兼危険外来生物を使った侵略を許してはならない


途中から何しかルートチェンジしてしまった上に長くなるので、残りは其の弐に譲る。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


smc70200a
(smc DFA Star 70-200mm f2.8 AW 2016年10月)

リコーイメージング(PENTAX)は先日ファミリークラブのメンバー、つまり一部のユーザーにネットでのアンケートを行った。
小生の所にもその案内メールが来たので早速見てみたら・・・、それが中身無さ過ぎでクソワロタ。こんなに呑気で無意味なアンケートを実施しているところが、リコーという会社の凄まじい病理だとしか思えない。
「PENTAX の一眼を何台持ってますか?」「PENTAX の一眼は何年使ってますか?」「持ってる機種は?」「カメラの情報は何処で見てますか?」「他の人に勧められますか」そんな下らない質問が続くのである。
その中で自由に記述出来る設問が一つしかなく、300字以内ときている。そこで何とかダメ出しをしてやって、明らかに300字以内に収まった筈なのに・・・、「長すぎますと」エラーメッセージが出た。
Ameblo のコメントだって全角1000字以内なのに、300字なんて制限かけて、色々指摘するコメント書いたら拒否るって。ダメ出しされたらキリが無くなって長くなるから、字数を大幅に制限して結果的にでも耳ざわりの良い事だけしか書けない様にしたのかと勘繰らざるを得ない。こんな事で「マーケティングもしっかりやってます」というアリバイ工作になるとでも思っているのだろうか?


去年1月にKP なんて中途半端でクソ使えないを出してきた時に、「こらもう完全に終った」と思ったユーザーもそれなりにいたのではないか? そんなリソースがあるなら、K-3 Ⅱ後継機の開発に急いで取り掛かれただろとの突っ込みは当然あるであろう。

10年程前に旧 PENTAX が HOYA に吸収されるという事になった際、HOYA サイドはカメラ部門の売却又は解散を求めていたとされるが、カメラ部門の一部の人間が売却に反対し他の事業部門と一緒にHOYA に付いて行くという話になってしまった。
(メンツに拘ったのかも知れないが、判断としては最悪だったのは間違いない)
そして案の定、HOYA には邪魔者扱いされ飼い殺しに遭い、そこで進歩が止まってしまったのは否めない。その後リコーに拾われたが、泣かず飛ばずに近い状態が続いている。
リコーが2011年に旧ペンタックスイメージングの譲渡を受けるという判断をした事に対しても、それが賢明だという人間は元から少なかった筈である。



リコーの経営状態は悪化する一方で本体自体の存続も危ういとすら指摘され続けている。そういう事情もあって、会社としてはなるべく何もまともに開発しないで良いという方向に持っていこうとでもしているのか?
「お写ん歩」なんていってそれで満足する程度の人達だけ相手にしていれば、開発リソースも少なくて済むから楽なのだろうし、余計な事しなければ社内での立場も最低限は守れるならそれで充分なのだろう。

一眼レフはデジタルでもフィルムでも、システムカメラであるからボディとレンズだけで考えてはならない。今やその周辺機器も大事な存在であるのだが、周辺機器で PENTAX に適合出来る物が非常に少ないから色々なシステムの組みようがないのに等しい。換言すればシステムとして考えると貧弱にならざるを得ないという事である。
この点はリコーが悪いのではないと言うかも知れないが、周辺機器のメーカーから完全に無視される状況を変えられないリコーに大部分の責任がある。


PENTAX 初のフルサイズデジタル1眼となった K-1 だって開発に時間が掛りすぎて、2016年にリリースした時にはそのスペックが時代遅れになりつつあったのである。その後去年になってCanon EOS 5D-mark4Nikon D850 なんてものが出て来てしまい、K-1 なんて名は誰も語らなくなった。
今やフルサイズ「高級」ミラーレスまで当り前に出始めて、遂にはフジが中盤ミラーレスなんてリリースした。この期に及んで、リコーにはその気配すらない。
そんな浦島太郎化したリコーイメージングは末期的状態だと言われても仕方がなく、余程の結果を出さないと現在のユーザーからも見切りを付けられて消滅は避けられなくなるのは間違いない。


同社からは近日中に新製品の発表があるというが、それは間違いなく GR シリーズ(コンデジ)であろう。
今更 GR なんて出して如何するのか?
そんな物やっている余裕があるんなら、それを K-3 Ⅱ後継機開発に振り向けるか、若しくは新マウントのミラーレス開発にでも着手しろと言いたくもなる。


カメラメーカーというのは厄介なもので、軍事技術と密接な関わりがあるので外国資本に売却は出来ない。今更国内に買い手なんて現れないだろうから、数年内に会社清算(事業清算)という形で消滅させるしか無くなる可能性が高いと考えるのが妥当。

PENTAX 一眼レフを他人に勧められますか?・・・勧められる訳が無い!
レフ式だと PENTAX であっても一式持運ぶのが億劫になり始めた小生なので、MFT(micro four thirds)にでも鞍替えしようかとチャンスを窺っているのでもあるが、MFT にも問題はまだまだ山積しているのも事実である。

ユーザーから叱られたくなければ、 PENTAX が一日でも長く続く様にもっと奮起せぇや!(上から白目で)




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このネタもいよいよ最終回、象の鼻テラス屋上を早々に後にして、臨港線プロムナードに移動。テラス屋上と高さはほぼ一緒だが、夜景スポットとしての認知度はこちらの方が全然上!

このプロムナードは貨物線の廃線跡で、以前は山下公園を貫いて山下埠頭に達していた。山下埠頭への延伸時に山下公園内を通る事に反対が多かった。ただ、小生的には山下公園というと高架線があるというイメージが長い事残っていて、それがいつの間にか撤去されたのを見た際に違和感を覚えた事を思い出す。
公園内の区間は景観の為に2000年までに撤去されたというのだが、景観に取り込む様に再利用出来なかったのかと個人的には思う。廃線前の事ではあるが、1980年にはC58+旧客というイベント列車が山下公園の中も含めて臨港線を走った事もあったのだから()、何か手はあった筈である。

現在、プロムナードとして残されているのは公園より西の区間(新港橋梁まで)であるが、横浜の名所の一つとして、市民が日常から行き交う生活歩道としてもすっかり定着している。
遊歩道としての供用開始は2002年になので、今年が15年目の一寸した節目となる。


rkspn001

遊歩道の海側のサイドに構えてのショット、夜景としてほぼベストな色合いの空。こういう空色の出せる時間は長くないから時間を無駄に出来ない。
ランドマークタワーは税関や県警本部の陰に入ってしまうが、クイーンズスクエア、コスモワールドから赤レンガ、手前には象の鼻が入れられて、今や同所の御馴染みとなった光るパネルもしっかり見えるが、同時に如何にも工事中というスポットも入ってしまった(右側下部)


rkspn002

ズームを活かして余計な所を外して撮る。


rkspn003

税関のクラシックな佇まいを波長の長い街頭の光がオレンジに染める。もうお気付きとは思うが、手前の遊歩道は実際こんなグリーンに見えたりはしない。遊歩道の照明が水銀灯や蛍光灯の様な緑に写る光源だからと思われる。
オレンジグリーンネイビーの処理の仕方一つで絵が大きく変る。


rkspn004

山下公園寄りに下がった位置から撮ってみると、船着場もフレームに入る。比較的賑やかなエリアをバックに、手前の比較的人気の少ない静かなスポットとのコントラスト。船着場のすぐ奥(画面中央辺り)がPart 4 で取り上げた象の鼻テラスである。
このプロムナード、税関辺りでカーブしているのだが、そのカーブしているところをもっと活かす構図を考えても良いのだが、ここはあくまでも15-30mmのテストという事である。例えば、アウトカーブ0度でカーブを強調という様な撮り方も無い訳ではないと思うが、ワイドでは上手く行かないだろう。

rkspn006

緑の遊歩道(曝)を手前で強調する。色調もブルーグリーン系を中心に少し冷たくアレンジするのが都市夜景らしさを演出するポイントの一つか。
あくまでもレンズを通しての事だが、ここまでに映る光源も今時珍しいかも知れない。水銀灯や蛍光灯を使用した街灯も減っていて、LED が全盛になりつつある今の世である。


rkspn005

税関側サイドを外して、三日月形が印象的なG. インターコンチネンタルホテルをど真ん中に。赤レンガもしっかり入れる様なアングル。
手前には船着場=ピア象の鼻が大きく入るが、18時手前という事もあり、この日最後の港内クルーズ船が客入れ中だった。


rkspn007

港内クルーズ船の出発が18時を告げた。最後のショットとして船の光跡を入れた絵を撮ろうと狙ってみた。画面右サイド中程に小さく入ったが面白い感じにはならなかった。

zhtc005

この遊歩道から大桟橋、ベイブリッジ方向を撮るとこういう感じで撮れる。
大桟橋埠頭ビルはに見えるが、これはあくまでもレンズ越しでに映るだけであって、実際はグリーンに光るわけではない。ただプロムナードや大桟橋埠頭がに映ったり、実際の見た目ではあり得ない絵が出来るのも夜景撮影の醍醐味であるとも言える。






smc1530aこのネタはあくまでも、「使ってみた件」という事なので、このレンズの全般的印象を最後に総括したい

何でという位デカくて重いが、そこはフルサイズ対応で、超広角用となれば仕方ないとも言える。レンズ自体大きく湾曲しているタイプなのでフィルターも付けられないから扱いには余分に気を使う。

このレンズをテストしたのは全て屋外で、アルミの中大型三脚を使用しての撮影だった。本音を言えば、高層建物の展望室からの俯瞰夜景も撮りたかったのだが、そちらは断念。
その大きな理由として、展望室みたいにスペースが十分でなく、卓上三脚等を使わざるを得ない所では、このレンズ自体が大き過ぎて非常に使いにくい 。ミニ三脚等とボディ底部の間にプレートでも噛ませて重量バランスの取れる形でセット出来れば可能性はある。


小生の場合、DA 14mm f2.8 とDA star 16-50mm f2.8 を所持しているので、今の様にAPSC を使う限りに於いては大金出してコイツを買うことはないと断言出来る。
DA 14mm、DA star 16-50 共々APSC 専用だが、使用条件やコンディションにも依るがまだまだしっかり使えるし、この15-30 と比べて大きく劣る様な要素は感じられない。




)横浜開港120周年号として1980年6月13~15日の3日間、C58-1号機の牽引で東横浜~山下埠頭間で運転された。旧客は青い車だったらしい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

この15-30mm × みなとみらいのネタもPart 4 に突入
このレンズと共にみなとみらいに行くのは3回目になったのだが、以前象の鼻パークを旧ブログ時代に取り上げたが、実はそこに「象の鼻テラス」と称するレストハウス兼アートギャラリーがあって、その建物の屋上スペースも夜景スポットになっているのである。臨港線プロムナードから、又地上からでも建物に入る事なく直接屋上に行ける様になっている。
因みに、小生がこの事を知ったのはかなり最近になっての事であり、テラス自体の知名度が高い様には思えない。


zhtc001

リアル冬晴れの下、日没直後から撮影スタート。手前側で光っているのは通路だが、手前側は公園なので光源が乏しく非常に寂しい。手前1/3程がすっからかんな感じなので絵的にはあまり宜しくない。

zhtc002

ワイド端で撮ると赤レンガまで入るが、すっからかんな部分も増えてしまう。犬を連れて散歩している奴が座り込んでいたりするので、そいつが退いてくれるまで待たされたりする。

この象の鼻パークは横浜港発祥の地で、大政奉還直前に西波止場として築造されたのが始まりだが、カーブした形状だった事で象の鼻と称された。
関東大震災で被災した後は直線型に変えられて復旧したが、2009年に元々のカーブした形状に復元されて公園として供用される。
小生とすれば、「象の鼻街角ミュージック」でも開催すれば良いと思うのだが…


zhtc003

撮影するのにはあまり良い場所とは言えない。元々存在感の薄い場所とはいえるが、それでも時折夜景見物の野次馬?がやってくる。

zhtc004

テラスから東方向を向くと、大桟橋エリアは言うに及ばず、横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋まで捉えられる。
手前側に興醒めな部分がある。如何にも工事中という感じで妙なパイロンが目立つ。どうやらこの春のイベントにあわせての工事らしいが良く判らん。

このテラスでもう少し納得の行く絵が撮れるかと思ったものの、ややショボい感じで終った。そこで夜景の美味しい時間を無駄にせぬ様と早めに撤収して場所を変えて撮影を続けた。
この続きはPart 5 にて!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ