Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:Glenfarclas

今日からモデル撮影記・Lana 嬢のシリーズに戻り、今回=Part 4 では鉄グッズを一旦離れて、あまり使う機会のない自動車のラジコン。本当に初期の頃は使っていたクッションも引っ張り出して久し振りに使ってみた。
決してラジコンとして走る事のない、小道具専用として買ったラジコンである。


lan@ginn053  lan@ginn055

サーキット専用に30台製造され29台販売されたFXX のラジコン。秋〇原の某・ヨ〇〇シカ〇ラで買った様な記憶がある。(それすら曖昧
実車はサーキット専用という事で=自走してコースには行けないから、トランスポーターみたいなトラックにでも載せないと移動出来ないから非常に面倒な話である。


lan@ginn057  lan@ginn058


lan@ginn059  lan@ginn060

続いては 458 Italia +クッション。小生としても本当に久し振りのコーデとなり、何しか懐かしい。スタジオでのモデル撮影を本格的に始めて約8年程だが、色々小道具が増えまくって出番無く眠っている奴も結構多くなってしまった。こういうテーブルがあるだけで小道具が使い易くて小生的には助かるが、テーブルの無いスタジオも多い。



ここからは酒シリーズ、とはいってもネタは非常に限定されていつものヤツしかない。

lan@ginn063  lan@ginn064

lan@ginn065  lan@ginn066

何度も登場している Glenfarclas (グレンファークラス)だが、このタオルも使い始めてからもう7年になる。この蒸留所のボトルも最近購入していない上に、自宅以外の場所で保管している他の貴重なボトルをわざわざ引っ張り出すほど時間もない。そういう訳で秩父ウイスキー祭2017のボトルが小道具として専ら使用される状態が続いている。

lan@ginn067  lan@ginn068

lan@ginn069  lan@ginn070

2度目の登場となる Jack Daniel's (ジャック・ダニエル)
コーディネートするなら今時のチャラいボトルでは気が済まないてなわけで、わざわざ80年代(と思われる)45%時代のボトルを使用しているのであるが、これももう30年前のボトルという事になる。
この創業者=Jasper Newton (Jack) Daniel =ジャスパー・ニュートン(ジャック)・ダニエルは一説によると、13歳でウィスキー製造を始めたとされる。貧困な家の出で、幼くしてMoonshine という蒸留所も経営していたDan Call (ダン・コール)という牧師の下で働き始め、その蒸留所を引き継いで Jack Daniel's を世に送り出した。因みにアメリカ政府公認蒸留所第 1 号はここである。20世紀に入り、甥に当るLemuel Motlow (レミュエル・モトゥロウ)に引き継がれるものの、1947年にMotlow が亡くなると、後継ぎがいなかった事もあって、最終的には1956年にBrown-Forman (ブラウン・フォーマン)に買収されて今に至っている。


ここはまだまだ中盤戦という事なので、次回 Part 5 へと続く!


Apr. 2018 東京近郊での或る撮影会(現在は廃止)
PENTAX K - 3 Ⅱ+smc DA star 16 - 50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
モノブロックストロボ1基及び LED ライト使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズ、今回は水野鈴菜(みずの・れいな)嬢が " モデルとして " 登場。
モデル撮影記なのだから当り前田のクラッカーと云われるかも知れないが、彼女の本業はシンガーソングライター。だが、彼女はモデルもやっている。
前にもこの記事でモデルとしての彼女を撮りたいと書いたが、実はその願いは去年 1月下旬に実現していたのである。
2018年の1月というとえらく寒かった上に、20日頃に都内でも大雪が降った。その積雪が残っている週末に杉並のスタジオで2枠=120分みっちり撮影した。


言うまでもない事ではあるが、彼女とは既にそれなりに面識があったので、初対面の相手とやる様なぎこちなさや妙な緊張感はなかった。シンガーソングライターとしての彼女の姿は複数回取り上げているのだが、モデルとしての姿をご覧頂きたい。

layrayner001  layrayner002

layrayner003  layrayner004

一発目のネタは Jack Daniel's(ジャック・ダニエル)、テネシー・ウィスキーの最大勢力にしてブラウン・フォーマン(Brown Forman)の一番の主力ブランド。
小道具は実際のボトルとロゴ入りT シャツ(恐らくは販促用)。両方とも横浜にある酒のリサイクルショップで購入したが、このジャックは45度なのでバブルの頃若しくはそれ以前のボトルという事になる。彼女はその時生まれていない。


layrayner005  layrayner006

ジャックのボトルも昔は角が丸くて全体的なシェイプも少しシンプルだった。彼女は今時のボトルしか見た事が無かったらしく、少々驚いていた。
バブルの頃、当時日本の若年層(小生もその一人)はウイスキーといえばバーボンやテネシーだった。それもアメリカの御都合だったのである。というのも、当時アメリカ経済は長い低迷期で自国で生産したウィスキーも思うように売れなかった。そこで業界は日本市場にあの手この手で売り付けたのであった。




layrayner007  layrayner008

前半はアメリカ代表のジャックなら、後半はスコットランド代表を出さにゃいけん。てなわけで、Glenfarclas (グレンファークラス)を投入。2017年の秩父ウイスキー祭記念ボトルでFamily Cask シリーズの物、蒸留年が2004と2005という 2種類が出ていた。小生が入手したのは2005年の方。
このファークラスと同時にイチローズモルトの秩父蒸留所からも記念限定ボトルがリリースされていた。


layrayner009  layrayner010

ファークラスのボトルは色々持っているのだが、抑々割れ物で結構重く値も張る。更にはスーツケースに入れるのも大変なので使いイイ小道具ではない。首の所にパラフィルムが巻きっぱなしになっているのも御愛嬌という事で

layrayner011  layrayner012

本当は他の蒸留所もフィーチャーしてみたいのだが、使えるグッズが見つからない。このタオルは昔限定ボトリングの物を買った際におまけでついて来た一品。
普通、ウィスキーの販促グッズなんて一般には手に入らない、それこそ飲食店・バー・酒屋等から流れてきた物をリサイクルショップ辺りで探せれば可能性はあるだろうが。世界的なウィスキー人気で販促グッズなんて使わなくても売れる時代である。


ところで、小生の中での彼女のイメージをスコッチモルトの蒸留所に喩えた場合、実を言うとファークラスにはならない。だが、どの蒸留所がフィットするのかというと今の時点では答えには窮する。

てなわけで、Part 2 へと続く!

Jan. 27th, 2018 Pulchra 撮影会 杉並区内のスタジオにて
PENTAX K-3Ⅱ+smc DFA 35mm f2.4, DA-Star 16-50mm f2.8
オフカメラストロボ・LED ライト使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズはこれが恐らく今年最後になる予定。(他のネタの予定が詰まっている為
飛鳥なつき 嬢の2014年のネタは公開したが、その際2017年にリベンジマッチを敢行したとも述べた。そこで、もう1年半以上も経ってしまったが、リベンジマッチの時の絵を紹介して行く事にする。



akieri101  akieri102

2014年の時は春日部市にある GINNENN 撮影会だったが、この時は2017年3月の Pulchra 撮影会だった。木乃つかさ嬢の続行のスジにして、その日のメインのターゲットが彼女だった。


akieri103  akieri105

お互いに2年3ヶ月の間に一寸だけ歳(彼女も26→29)をとったのは事実で、彼女の見た目もその分少しだけ変わっていた。それでもカワイイ。その間に彼女の撮影会出演は非常に少なくなってしまったので、これがラストチャンスになるかも知れないと思い、迷わず予約を取った。
2014の時点ではやらなかった酒シリーズとして、Glenfarclas (グレンファークラス)をフィーチャー。以前に入手した特製タオル+ボトルという構図にしたが、テーブルが無かったのでタオルを脚の上に乗せるという妥協の産物が完成してしまった。



akieri106  akieri107

上段+中段左で登場するのは秩父ウイスキー祭り2016記念ボトルの Family Casks として出されたボトル。さすがにこれならファークラスと直ぐに判る。Family Casks と名が付いただけで価格も上昇する定期。プレステージなシリーズの名を冠するだけのクオリティはあるのだろうが、熟成11年で16000円程度。このシリーズの名さえ付かなければ恐らく25%程度は安くなる。
(同程度スペックの単なるカスクストレンクス・ドイツ向け黒ラベルは12000円程度)

中段右と下段では一寸捻って SMWS のボトル=1.190を出してみた。よく見ないとファークラスと直ぐには判りにくいが、SMWS の第1号ボトル(1.1= Glenfarclas 1975 - 83 54%)はこの蒸留所の原酒だった事は非常に有名で、蒸留所コードも勿論1番なのである。
1.190とはコード1番から190回目のボトリングという意味で、この蒸留所からは 1年で平均で凡そ 5~6回ボトリングされている計算である。


Part 2 へと続く!

Mar. 25th, 2017、Pulchra 撮影会@新宿5丁目デプススタジオ(Depth Studio)
PENTAX K-3+smc DA star 16-50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
バッテリーストロボ=Cononmark i6T EX、LED ライト使用





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

乗り物シリーズだけではつまらないので、洋酒ネタもやってみた。
ただ、洋酒ネタと言っても、そもそもグッズ自体が本当に少ないので、掘り下げて広げる事もままならないのが現実だったりする。


dix027  dix028

洋酒ネタといっても、Glenfarclas のこのタオルとボトルしかやり様がない。ここで使用したボトルはオフィシャルボトル・ドイツ向けで2015年発売のN.A.S. ()・46度加水の商品。そしてこれが The Legend of Speyside trilogy というシリーズになっていて、trilogy のタイトル通り、SPRINGSTEAMPASSION という3種類で同時発売された。全てこの蒸留所得意のオロロソシェリー樽熟成だが、正直どれがどう違うのか小生もわからない。
因みに此処に出て来たのはTEAM、このシリーズは実勢価格で6000円台だった様に記憶している。


dix029  dix030

ボトルの方を見るとラベルの絵柄が少々煩いか?
本当ならFamily Casks あたりを使いたいのだが、そういう比較的高額なボトルは万が一の事を考えると使い辛い面がある。


このボトルとタオルが出て来た時、それまでのテイストとのギャップの大きさに一瞬戸惑った様子を見せたのも印象的だった。
洋酒ネタの大きな欠点としては、実物を使うと重くて結構嵩張る点であろう。グッズや機材は衣装ケース等に入れて車で運ぶのだが、駐車場からスタジオに運び込む事を考えるとそこはやや辛い。


Part 6 へと続く!

Pulchra 撮影会@カプリpop 東新宿3C スタジオ Feb. 28th, 2016
PENTAX K-3+smc DA Star 16-50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
ストロボ2種及びLED ライト使用




)non age statement(ノン・エイジ・ステイトメント)=熟成年数表記無しの略




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

溜めてしまったモデルちゃん関係ネタ、そのストックの消費期限が過ぎない内に消化してしまいたいので、又かと思われるかも知れないが、そこは何卒彼女の美しさに免じて御許し賜りたい

今回取り上げる彼女の名は、福永桃子(ふくなが・ももこ)
ファッションブランドで Black Peach (ブラック・ピーチ) というのがあるのだが、実はその社長が誰あろう彼女

先日アップした汲沢芽衣子 嬢の10分後の続行のスジとして(曝)彼女を迎え入れた。
彼女の出身は宝塚市なので、この日は2名続けて関西出身者と対峙した事になる。
この日は2人分の撮影だったので、お互いのネタが一部を除いて被らない様に気を遣った小生であった。


fukumomo001  fukumomo002

ここで早速フィーチャーしたのは
Glenfarclas Family casks 1991 20yo 56.9% for Shinanoya and Highlander Inn Tokyo
実はコレ、旧ブログ時代に紹介したボトルでもある(記事はこちら
購入時におまけで付いて来たバータオルも添えて、Glenfarclas をアピール
小生は2本購入したのでタオルも2枚ある。


fukumomo003  fukumomo004

1991年と聞いて、彼女は「私と同い年や」という言葉を放った。全然意図した事ではなかったが、所謂バース・ヴィンテージでこの絵を飾る事が出来た。

このボトルを購入した5年前の相場は安く、この20年クラスのFamily Cask が12000円程度で購入出来た(当時の相場からしても安いが、これには一寸した訳もある…)
それから5年を経た2017年、今月リリースされた2005・11yo 秩父ウィスキー祭記念は15000円に達する
去年後半から若干落ち着きを見せてきたとはいえ、恐ろしい高騰は続いている。


fukumomo005

横位置の絵も撮ってみた、しかもやや見下ろし気味のアングル。オリジナルタオルはチェアの座面に置いてみた。
タオル2枚を4箇所で縫い付けて1枚の様に繋げてあるのだが、このタオルとロゴを上手く入れようとするとなかなか上手く行かない。

fukumomo006

彼女当時24歳だったが、かなりの酒好きで、頻繁に飲み歩いている様である。そんな彼女でもこんなボトルがあった事は知らなかった様だ。(知ってたらそれはそれで怖っ
社長にはこんなモルトも似合うという事で…


次はどんなネタが飛び出すか? そこはPart 2 でのお楽しみという事で

Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ