Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:Campagna

このサイトでは5年ぶりの登場となる Taurasi (タウラージ)、南イタリアは夜景で名を馳せ、しかもあの Diego Maradona(ディエゴ・マラドーナ)もいた街としても有名な Napoli(ナポリ)を擁する Campagna (カンパーニャ)を代表する銘醸品である。
イタリアワインでは北の Barolo 、Barbaresco という大スターがいるなら、南の一大看板は紛れもなく Taurasi である。


この生産者 l’Azienda Vitivinicola di Prisco (ラジエンダ・ヴィティヴィニコラ・ディ・プリスコ)= Pasqualino di Prisco の歴史は新しく、デビューは1995年。ラインナップは Taurasi を筆頭に、Fiano di Avellino、Greco di Tufo、Greco di Tufo Pietra Rosa と少なめだが、そこは如何にも Campagna という並び。
このタウラージだが、2000・2001ヴィンテージが日本にも導入され(スポット輸入だった?)高評価だったものの、その後見掛ける事は殆どなくなった。Taurasi を始めとした Campagna のワインはこの国で人気は出ないし、このワインを作り出す Aglianico (アリアニコ)種も認知度が高まらない。


日本での認知度が低いタウラージだが、その中でも Mastroberardino(マストロベラルディノ)、Feudi di San Gregorio (フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)、Antonio Caggiano(アントニオ・カッジャーノ)、Perillo(ペリッロ)、Terradora(テラドラ)、という辺りが第 1 グループみたいになってしまい、新興勢力の範疇に入るこの蔵は少々マイナーである。


taur2kprsc01小生がこのボトルに出逢ったのは嘗て江戸川区内にあったイタリアワイン専門のショップだったと記憶している。ヴィンテージすら背面のラベルにスタンプで押してあるだけというケチぶりには今更ながら恐れ入ったのであった。

さて、肝心のインプレッションに入り、先ず色についてだが・・・、深度のあるやや暗めのガーネット
最初は全体的に篭り気味。鞣革牛レバーという所が出てきてスタート。
そこから徐々に打ち解けて来て、ビターチョコ、カカオニブブラックベリー、カシス、ブルーベリー、ブランデー漬けのレーズンミント
BénédictineFernet Blanca、という辺りが第1グループ

続いてはカラメルタブ昔のヴェルモットCognacクランベリー、
Groseiile
、陽に照らされたコンクリート

呑みこんだ時の跳ね返りの中からは黒胡椒、キュンメルクミン黒文字ラヴェンダー
ローズティー、更には梅酒紹興酒


タンニンもまだまだ強い、それだけでなく酸もしっかりしている。タンニン、酸、果実の完熟感、熟成から顕れる旨味感が先頭交代しながらバランスを保つ。

一旦突き刺さる様なモーションを見せてから、残響の様に広がりそこから五感に染み入る様な形の全体像。
熟成が足らないという事もないのだろうが、それでも真価を発揮するのはあと2~3年先だというであろうか? 各要素が強くグリップしながら複雑でアフターも長いのは言うまでもなく、水平にも垂直方向にもバランス良く広がる。
デビュー6シーズン目にしてこのレベルに平気で達したディ・プリスコのポテンシャルが非常に高い事は明々白々で、日本での入手チャンスが生まれる事を強く希望する。入手時の価格は6000円弱だった様に記憶しているが、最近になっても殆ど高騰してはいない模様である。
フランスに於ける生産量の低下やカリフォルニアの大規模山火事等を受けてイタリアワインに必然的に注目が集らざるを得ない状況下で手を付けるインポータがあって然るべきだと思うのは小生だけか? 今がチャンスでっせ!

最後にお約束のスコアリングだが・・・ 18.5 / 20 は与えて良いか





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mastroberardino(マストロベラルディノ)といえば、南イタリアはCampania(Napoli のある州)を代表するワイン生産者で、この地方のワインの名を一躍高めた大功労者。

avellino2002n011980年代に南イタリアを襲った大地震でダメージを受けながらも、それを機にワイナリーを進化させ、1990年代の御家騒動も乗り越えてイタリアを代表するワイナリーに成長したのは有名。
代表銘柄Taurasi(タウラジ)は今やイタリア最高の赤ワインの一つだが、今回はこのワイナリーが力を入れる白ワインを取り上げる。


その名はFiano di Avellino(フィアノ・ディ・アヴェリノ


色は意外と若々しい。やや明るく僅かに緑がかった黄色
最初の段階ではレモン、グレープフルーツ、微かに干し草。 蜂蜜、洋梨ミラベル、パイナップル、イエローキウィ、パッション、パパイヤという辺りのニュアンスが出現する。
換言すれば、黄色い味のワインという事にもなろうか。

酸はまだそこそこ強いが、時間はかかっても、丸く膨らみが出て来る。
ミネラルも感じられ、結局バランスはかなり良いと思われる。そしてまだ熟成してゆく余地もあると思われる

これはまだ2000円台で売られている、Best Value!
Fiano という品種が持つ糖度が上り過ぎ易く、醸造管理が非常に難しいという欠点を克服し、その潜在能力を引き出す辛口白ワインを作りを確立したMastroberardino という作り手の実力が素直に分るなかなかの美酒

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付ければ…、17.5 / 20

関連記事=Taurasi Radici 1998 Mastroberardino


Fiano di Avellino
Avellino 周辺の標高500mほ程の丘陵地で作られる白ワイン。使用品種はその名の通り、Fiano 種。2002年まではD.O.C.、2003年からD.O.C.G.に昇格。他の主要生産者はTerredora、Struzziero、 Feudi di San Gregorio 等。


Azienda Vinicola Mastroberardino
Campania で第2次大戦前から続く唯一のワイン蔵で、17世紀からワイン造りを始め、1878年に7代目当主Angelo により現在の形態となる。一貫して土着品種に拘るワイン造りを貫いて、今の名声を築く。
現社長は10代目=Piero Mastroberardino(ピエロ・マストロベラルディノ)
ライバルとされるTerredora(テラドラ)は1994年にここから分離したもの。Terradora の社長で2013年1月45歳で死去したLucio Mastroberardino はPiero の従弟という事になる。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Sep. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mastroberardino(マストロベラルディノ)はCampagna を代表するワイナリーの一つで、創業は1878年。勿論、銘醸Taurasi(タウラジ)の代表的生産者の一角も占める。

radici98n01今回は通常の Taurasi Radici(タウラジ・ラディチ) を紹介するが、
この上には白いラベルのTaurasi Riserva Radici が存在している。更に、Centotrenta というTaurasi Riserva も生産している。
この蔵は何と言っても、Taurasi を南イタリア初のD.O.C.G. に昇格させた功労者でもある。


色はオレンジがかったガーネット。 最初は酸がやや勝って、少しだけ硬い印象。時間経過と共に開いてきて、果実味も熟成味も十分に出て来た。そのバランスはなかなかのもの。 Bourgogne を想起させる様なタッチはあるものの、徐々に南イタリアらしい形に落ち着く。
ブラックチェリー、濃縮プルーン、黒レーズン、ブラックベリー、果実味は時折ジャミーな感じを見せる。
土、枯葉、昔の薬草系リキュール、時折チーズ丁子、甘草チェリーブランデーといったニュアンスが登場する。


時間が更に経つと、赤系果実のフレーバーも感じられる様になる。 棘のない旨味すら感じる様な酸がしっかり全体を纏めて支えているような印象で、バランスが崩れたりぶれる様な感じはない。
1本を飲みきったが飽きは来なかった。余韻も少し出汁の効いた感じもあり、勿論申し分ない長さ。
栽培が難しく、適応地も限られるというAglianico 種の実力は素晴らしいと解る逸品といえよう。
 
Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとすれば…、18 / 20

※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jan. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ