Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:Bordeaux

Château Sociando Mallet (シャトー・ソシアンド・マレ)は Saint-Estèphe (サンテステフ)の更に北にある Saint-Seurin de Cadoune(サン・スラン・ドゥ・カドゥヌ)という所に所在する。AOC はHaut-Médoc(オー・メドック)である。公式格付け=Grand cru classé (グラン・クリュ・クラッセ)でこそないものの、Cru Bourgeois (クリュ・ブルジョワ)最強最高の座に君臨し、沢山の格付シャトー達を軽く凌駕する。

このシャトーの歴史だが、1633年にバスクの貴族 Sièvre Sociando (シエーヴル・ソシアンド)がワイナリーを開いたのが始まり。フランス革命と共にワイナリーは没収され、そこから売却されて Sociando-Lamothe と名を変えた事もあった。更にその後 Cabarrus (カバリュ)一族の所有となった(Ch. Lagrangeも当時所有していた)
そして1850年頃にMadame Mallet (マダム・マレー)が所有者となったのを機に、その名を Sociando-Mallet と名を改めた。本来なら1855年に制定された公式格付けにオンリストされてもおかしくはなかったがそこには入らなかった。その後のCru Bourgeois (クリュ・ブルジョワ)の指定すら一度は拒んだのである。


19世紀後半からのこのシャトーの歩みは順調とは言えず、歳月と共に廃れてその名も忘れ去られようとしていた。しかし、50年前の1969年(近鉄12200系が登場した)に転機が訪れる!
Jean Gautreau (ジャン・ゴトロー)が当時のオーナーだった Tereygeol (テレジョル)家からこのシャトーを25万フラン(この年のレイティングの平均値から計算すると1700万円程度、どう考えても安っ! )で買収したのである。その当時は畑は荒れて各種設備も老朽化していた模様で、機能していた葡萄畑はたった7haだった。そこから徹底して手を加えて設備は一新され、葡萄畑は85haにまで広がった。今や第 3級若しくは第 2級格付相当のポテンシャルがあるとまで評されるようになった。


現在のセパージュはCabernet Sauvignon =48%、Merlot =47%、Cabernet Franc =5%
ワインの醸しはステンレス製タンクとコンクリート製のタンクを併用して行われ、その後の乳酸発酵を経て、ワインの殆どがフレンチオーク新樽で熟成される。



socmal95aオーナーが己の名を冠した cuvée Jean Gautreau というスペシャルエディションを作り始めたのがこの1995年だった。販売目的ではなくオーナー特権濫用的道楽の一環として少量生産した物らしい。その後、このスペシャルキュヴェも市場販売する様に方向転換した模様。

ここに出て来るのは、あくまでも通常のソシアンド・マレなので悪しからず。

てなわけで、ワインのインプレッションに入る事とする。
色はルビーパープルを少し残したガーネットで、深度は深いが透明感のある嫌みの無い綺麗なカラー。
タンニンはまだかなり強いが、全体が非常に綺麗に纏まっている。
90年代以降のボルドーにありがちな作為的だったり過剰抽出を感じさせる部分は非常に少ない。23年も経っている事を感じない程の若さすら感じさせる。
拾い出したエレメンツを挙げて行くと
ブラックベリー、カシス、黒胡椒、西洋杉、ティートゥリー、湿式葉巻、鞣革
プルーン、ブラックチェリービタースウィートチョコBénédictine、キナリキュール、クローブ、カルダモン、Armagnacシャンボールリキュール乾燥ナツメ



クラシックなボルドーを思い起こさせるボディ、ワインらしいワインである。酒質は固く、まだ内向的であるから持てるエレメンツは全然出し切っていない。

このワインの密度と持続力は相当高くミッドのグラ(中盤の厚味というべきか)とボディの強さもかなりのものであるのは明らか。ただそういう中でも押しつけがましさは殆ど無い所が良心的で非常に好感が持てる。マッチョ過ぎず骨太感がしっかり見えている。
アフターとフィニッシュも綺麗でかなり長い。潜在能力はまだまだあると考えるのが妥当で、5年後位には非常に甘美な液体に昇華する可能性は十分にある。


~後日、1994 もテイスティングした~
結論から言うと、1995 には遠く及ばない。残念な印象がやけに強く残った。
ピークアウトした様な感はないのだが、時折それなりの熟成感も見い出せる。ただ、伸び代も見つからず、ミッドのグラが不足しているのか、間延びした部分が目立つ。同時にタニックな部分が強調されてしまう。
ボルドーの1994は評価に苦しむ部分があるが、四半世紀近くが経った今、評論家達を欺いた?メッキは剥がれその素性が露わになると、あまり褒められた出来ではなかったと思わざるを得ない。


最後はスコアリングの結果発表…、1995年18.5 / 20 当然これ位は付けて良い。その反面、1994は 17 / 20 位が落し処か?



)フランスフランのレイティングは1969年の1月には73円程度だったが、夏に暴落しそれ以降年末まで64円程度で推移している。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

Léoville Barton (レオヴィル・バルトン)、所謂 Léoville 3兄弟の次男とも呼ばれる。その源流となるDomaine Léoville が1776年に4名に分割売却されて、分割前の25%に相当する部分が Hugh Barton (ヒュー・バルトン=イギリス人)によって1826年に纏められたのがこのシャトーの始まりである。それ以来200年近い歳月に渡りBarton 一家による経営が続いている。現在の当主(オーナー)は約35年前にオーナーの座を引き継いだ Anthony Barton (アンソニー・バルトン)である。

ボルドーのシャトー、特にこれ位メジャーな所となればヴィジターセンターや醸造熟成設備も備えたさぞかし威圧的な位の立派な建物が在るだろうと想像するのが普通だが、このシャトーにはそういう建物がない。ラベルに描かれる建物は隣接する同一経営の Château Langoa Barton (Ch. ランゴア・バルトン)のものである。ワインの醸造等もランゴアの方で行っているのである。
(同一アペラシオンなので規定上問題はないし、この方が効率的と言えばそうなのだが…)


leobar98aここのセパージュは、
Cabernet Sauvignon =72%、Merlot =20%、Cabernet Franc =8%
という具合に如何にも Médoc らしいものである。


さて、ワインのインプレッションに入って行くが
色はルビーパープルが結構残っているが、ガーネットもエッジには見える。何しかギトギトした濃さで、90年代以降のボルドーという感じ


ここからはいつも通りひろいだしたエレメンツを挙げて行くとこういう感じだろうか…
カシス、ブラックベリー、西洋杉、ビターチョコ、枯葉
それらに続いては白檀、ミント、カンファー、ローズマリー牛レバー、なめし皮、シナモン、Drambiue


香味・ボディ共に総体的に閉じ気味な印象だったのだが、少々ゴツ目のタンニンが目立つ上に、どこか間延び感も見える。タンニンの影に隠れて決して高くはないものの酸もそこそこ乗っている。それでも終りの方ではそこそこの膨らみがある。
トータルでいうとタンニンが突出している印象が何処か拭えず、バランスが優れているとは言えない。溶け込み感というものも今一つ。
アフターの長さも程々に出せてはいるし、如何にもボルドーと云う様なそれでもある。期待値には今一つ達していないと言わざるを得ない。


1998年のボルドーは「メルロの年」「右側の年」とも評されて Médoc については然程良くないという評価だった。そういう中でもこのワインはかなりの健闘を見せて評価もかなり高かったので、10年以上前だったが購入してストックしていた。それを正月早々開けてみたのだが…、これだと「とんだ一杯食わせ者」だったと評価せざるを得ない。
瓶ムラなのだろうか?、ロットが外れだったのか?、メッキが剥げたという事なのだろうか?、そこは何とも言えないが。


最後にスコアリングの結果だが…、16.5 ~ 17 / 20




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトでボルドーの所謂プチシャトーなんて取り上げるのはこれが初めてではないだろうか?
この Château Haut Brega (シャトー・オー・ブレガ)のアペラシオンは Haut-Médoc で cru artisan (クリュ・アルティザン)とある。
Médoc におけるシャトーの格付けの一つであるが、非常に小規模な所がその殆どを占めている。1855年にgrand cru classé (グラン・クリュ・クラッセ=1~5級)が規定され、その下に cru bourgeois (クリュ・ブルジョワ)、さらに cru artisan というカテゴリーがあったのだが、 bourgeois 以下は公式なカテゴリーでは無いとされたのか法的な整備が近年まで為されなかった。cru artisan も1994年になって漸くEU の規定の対象に入り、今世紀に入って公式に44銘柄が認定される事になった。
このワインについてだが、セパージュはCabernet Sauvignon =60%、Merlot =40%という事らしく、収穫は手積みで発酵にはステンレスタンクを使用。作り自体はかなりクラシカルというのが専らの評判である。


そもそも、このワインを購入した経緯としては、もう10年近く前になろうか? 品川区荏原の住宅街にある結構有名なワイン専門店を訪れた時に、色々話をしながら熟成形のクラシックなボルドーとして勧められた中の一本だった。

hautbrega2k2aここからはワインのインプレッションに入る。まずはカラーについてだが、
ルピーパープルを少し残したガーネットで透明感がありながらもしっとりとした深度もある
飲み進めて行くと、
土、枯葉ブルーベリー、ハスカップ、カシス、ブラックベリーという所をメインに
丁子、西洋杉、ローズマリー、カンファーが続き更には
ブラックチェリー野苺リコリス、ファンタグレープ刻み煙草という辺りが感じられて
時間経過を経て時折ミーティーなニュアンス、オイリーなそれも見付けられる。

ボディはやや薄めという事もあり、タンニンが目立ってしまう様にも見えるが、タンニンも過剰ではなく、酸もボルドーとしては綺麗でしっかりしている。(此処が実はポイントだったりする)
更に肌理も結構細かい。
「昔のボルドーって(凡そ30年以上前)こうだったよね」という記憶が蘇る。


小生の様に30年以上前のワインを知っている世代には懐かしく感じられる所はあるだろうが、今風のワインしか知らない若い世代には理解されない危険性が高い。ましてやアメリカ人なんかには到底受け入れられないのは明白である。

スケールは大きくないが複雑さはそこそこあって、非常に心地良いバランスを持った躯体。プチシャトーといって馬鹿には出来ない。長い余韻はさすがに期待出来なかったが、その部分についても及第点以上と言えただろうか?
ボルドーみたいな場所でクラシックな作りを誠実にやろうとすると、こういう超マイナーな所で無いと無理であるのはよく判る。
メジャーな産地だと、出せば高値で売れる→巨額の投資をして色々なテクニックを駆使して彼方此方少しずつでも誤魔化す、こういう商人のワインとも言うべきやり方が罷り通り易い。


いつもの様にスコアリングすると・・・、17 or 17.5 / 20は遣れるだろうか




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Château Léoville Poyferré (レオヴィル・ポワフェレ)といえば、所謂 「Léoville 3兄弟」の一つである。元々は1638年に出来た Mont - Moytie (モン・モワティ)というボルドーでも最古のドメーヌだった。その約100年後、Moytie 家の姻戚に当る Alexsandre de Gascq (アレクサンドル・ドゥ・ガスク)がオーナーになり、ドメーヌは Léoville (Lionville が語源)に改名。これに留まらず近現代のボルドーワイン作りの基礎になる色々な手法を開発し採用して行った。
この時代には葡萄畑の拡大も進み200haに達したが、1776年に4名に対して分割して売却された。その内2名の分については1826年に Hugh Barton の下で Léoville Barton (レオヴィル・バルトン)として纏められた。(分割前のドメーヌの25%に相当)
その後 1840年に残りの 75%を占めていた  Léoville Las Cases (レオヴィル・ラスカス)から Léoville Poyferré  が分立した。Las Cases の当時のオーナーだった Adolphe de 
Lacaze から娘の Jeannne 並びその夫 Baron Jean-Marie
Poyferré de Cerès に割譲された部分が Léoville Poyferré  になる。
この 3シャトーは駐車場を共有する等、元々1つのシャトーであった事の名残りを今も残している。


現在もこのシャトーを保有する Cuvelier (キュヴリエ)一家がオーナーになったのは1920年。そしてその約60年後、1979年に当時26歳だった Didier (ディディエ)Cuvelierが取り仕切るようになると、状況が大きく変る。
Didier はその師匠に当る Emile Peynaud (エミール・ペイノー)と共に葡萄の大幅な植替え等各種の改革に乗り出す。それが功を奏したのか、冴えない時期もあったこのシャトーの評価は上がって行き、今やボルドーのトップスター達と同等以上と評される所まで来た。
去年、65歳になった Didier は姪に当たるSara Lecomte Cuvelier(サラ・ルコント・キュヴリエ)にポジションを譲り引退した。


levpoyf96a地理的な事を言えばこのシャトーはSaint-Julien でも一番北にあり、Pauillac (ポイヤック)の Pichon Longueville Comtesse de Lalande (つまり、ピション・ラランド)と境を接している。
ブレンド比率はデフォルトで C. Sauvignon 65%、Merlot 25%、Petit Verdot 8%、C. Franc 2%という構成である。


てなわけで・・・前戯はここまでにして、肝心要のインプレッションに移る

先ずはカラーについて
微かにルビー掛った濃いガーネットだが、ギトギト感は無くクリアで深度もある。

出て来たエレメンツを拾い出して行くと・・・
第1ディレクトリではカシス、ハスカップ、ブラックチェリー、カンファー、ナツメグシャンボールリキュール

次のディレクトリとしては西洋杉、山葡萄、黒胡椒、野苺セミスウィートチョコ
さらに続いて野薔薇、アッサムティー、シナモン、カプチーノラズベリー葉巻という辺りになるだろうか?

口蓋内では意外な程流麗でバランスが良いのには驚く。キッチリ熟成したニュアンスと溶け込み感がgood

タンニンのみならず酸もしっかりしていて、諄さを感じさせなかったばかりか時間経過と共に旨味感も明瞭化してくる。さすがに1990年代産のボルドーというフィーリングは避けられないものの、ボルドー本来の真髄も少しは垣間見せてくれたのはポイントが高い。
レオヴィル3兄弟の中で一番地味というのが功を奏したか。メドックの当たり年である1996という年の性格も影響しての部分もあるだろうか?


いつもの様にスコアリングしてみると・・・ 18 / 20




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスワインの産地を広範囲に渡って雹・遅霜(冷害)が襲い、甚大な被害が発生するという事態がここ数年続いている。特にボルドーやブルゴーニュで被害が広がる傾向にある。そして何と2017・2018の場合は遅霜も広範囲に起きたので何とウルトラ級ダブルパンチ
ブルゴーニュ、殊にそのフラッグシップ的存在のコート・ドール(Côte d'Or)地域は2011年から8年連続で大々的に雹害を受けた。


2014年6月にはボーヌ(Beaune)にゴルフボール大の雹が降り注いで90%の畑が5分で壊滅!
たった5分で各生産者の受けた被害額は最低の所でも8万ユーロ(1000万円超)



ghis99a  mntrs94n01


雹害なんて毎年何処かではあるで。

去年も結局記録的不作という事になったらしいが、ここ数年は毎年あの手この手で不作になる。


雹害に遭ったら、収穫ゼロなんていうのもザラ、葡萄の木自体が目茶目茶にやられるケースも多いで。
木自体がやられたら、改植せんとアカン。そうすると被害はその 1 年の事だけでは済まん。改植したらその部分は10年以上戦力にならん。


今年もボルドーとコニャックは予定通り雹の餌食に。雹といってもそいつの大きさが卵くらいというのは草

今年のヨーロッパは春先から酷い。4月の冷害でヨーロッパのワイン産地が悉く被害を受けているし、そこにフランス西部を襲ったのが5月26日の大規模な雹嵐。


ラングドックも2016年8月に2000haが雹害に遭っている。

モンラッシェ(Montrachet)なんか生産者6名集って 2樽=約600本しか仕込まれへんかった事あるで。
2016年やから一昨年の事やけど、DRC、ルイ・ラトゥール(Louis Latour)、ルフレーヴ(Leflaive)、コント・ラフォン
(Comte Lafon)、ギ・アミオ(Guy Amiot)、ラミ・ピヨ(Lamy Pillot)、フルーロ・ラローズ(Fleurot Larose)がそれぞれ単独でのモンラッシェ生産を諦めて、この 6 組が僅かな収穫を持ち寄って共同で仕込んだものの、600本分しか作れず。
如何せん収穫が例年の10%しかないので、6名とも単独では1樽も仕込めなかったという訳。

ルフレーヴがDRC 以下5社の葡萄を買い取り、醸造熟成管理もルフレーヴが行う。出来たワインは参加した全員で山分け。葡萄を複数の生産者から調達しているので、各々の名義で売る事は現行の法律上出来ない。
そこでそれは全て自家消費用の非売品にして、イベント等で空けたり、関係先にプレゼントするつもりらしい。


それは雹害のせいではなく、遅霜の為だった筈


規模もある程度以上でバックヴィンテージのストックも相当ある所は何とかそれを少しずつ売りながら数年程度なら資金繰りも何とか凌げる。
規模が小さく歴史も浅く畑を買う時の借入が沢山残っている様なドメーヌは幾ら価格を上げても追い付かない。これがこれ以上続いたら潰れるドメーヌ続出、そこを大資本が買い漁って寡占化がドンドン進む。


こうなると資本力とブランド力で強気一辺倒ボッタクリ放題の儲け放題。反対に消費者はもうお手上げ

雹害遅霜にやられ続けた為か、ブルゴーニュの超名門がカリフォルニアの奴等に買収されるという事まで起きた。

Bonneau du Martray (ボノー・デュ・マルトレ)が Sceaming Eagle (スクリーミング・イーグル)に買収されたって話か。
因みに、スクリーミング・イーグルは1本で50万円相当!=秋田犬1匹分やで


秋田犬と一緒にすんなや!

Martray なんてコルトン・シャルルマーニュ(Corton Charlemagne)の代名詞みたいな蔵だったのに、カリフォルニアなんかに買われてしまってかな C


2016年、フランスワインの生産量は収穫量ベースで過去30年で最低水準だった。特にシャンパーニュ、ブルゴーニュ、ロワールは雹害遅霜で大きく落ち込んだ模様。

量なんて如何でもエエで! 質さえ良ければエエねん! (気休め)

そんなのが何年も続けば気休めにもならなくなる。

生産量が大きく落ち込んでその分、葡萄の質が大きく上がって世紀のグレートヴィンテージになる」というのは、1961年のボルドーは確かにそうだったが、大体は値段を吊り上げる為のセールストーク的常套句で終る。その時と今ではワインの作りも違うし、フランス人は毎年こんな事ばかり言っているが真に受けん方がいい

雹害対策兵器としてニュートン・システムズ・インターナショナル(Newton Systems Intl. )という会社から Hail Cannon (ヘイル・キャノン)という機械が出て来た。ボルドーでは既に導入されたが効果の程は不明。
爆音が出るので近所迷惑になるというので、挨拶がてら近隣に自分の所のワインを配って歩いた所もあるらしい。LOL


それやったのって確かディッサン(Château d'Issan)違うか?

積乱雲が近付くと衝撃波を発射してその雲を壊して雹害を防ごうという仕掛け

この機械は世界中で導入が進んでいるらしい


アホくさ! 自然を舐め過ぎてるやんか!

アメフトのヘイルメリーと一緒やね これがホンマのヘイルメリー、お後が宜しい様で

ブルゴーニュも負けてへんで! クラウド・シーディング・システム(cloud seeding system)が導入されてるで!
積乱雲が近付くと125機のマシンからヨウ化銀の粒子を発射して雹の形成を防ぐというモンやで。


昔奥多摩の小河内ダムの所にあった人工降雨機みたいやね LOL

人間の力で自然に勝てるとか、テクノロジーの進歩でワインの全要素をコントロール出来るというバベルの塔が伸びきっていたのは事実。1990、2000年代は全体的には順調で恵まれた作柄の年が多かったという事に過ぎない。


フランスワインが不作、カリフォルニアは山火事で葡萄畑が潰滅。どないしたらエエねん?

それはインポーターの台詞や!

利幅の大きい超高額品ばっかり売って殿様商売出来れば良いが、そうは行かないのがこの世の中。高額品は元々生産量や割り当ての問題があって買い付けられる数が少ないから、数もそれなりに捌ける様なアイテムをコンスタントに売っていかないと商売は続かない。

インポーターも前なら決算期や商品入替の時に余分になった在庫を値下げして捌けさせるというのが毎年恒例だった。そうして新しい物のための保管スペースを空けると同時に在庫の換金もやっていた。

それって売り方荒くてアカンやろ。某・ラッ〇なんてそんな事はしない。

あそこは元々倉庫屋で、保管スペースには事欠かないし、ネームヴァリューもあって商売が元々強気一辺倒、それが大手酒造会社の傘下に入ってから拍車が掛った。
その L という会社みたいに出来るのはほんの一部。


そこでこんな生産量減少が広範囲に続くと売る物が無くなって商売上がったり

もうフランスワイン扱うの辞めたインポーターも出てるらしい。


イタリア・スペインにいきなりシフトさせようたってそう簡単には行かんやろ!
プロから見たら、売り易いものにしか手を出したくない。マニアックな物に手を出す人間は僅かなパーセンテージやから。
イタリアも干ばつできつかったらしく、2017年はワイン3大生産国=フランス、イタリア、スペインが不作揃い踏みというミゾーユーな事態


仏、西、伊以外の地域から新しいネタを引っ張ろうとしても、そこが非常に難しい。たとえ良いネタが見付かってもまともな状態で日本まで引っ張ってくるのには色々な困難がある。現地での流通・管理の体制が不備だったりしてリーファーコンテナに積み込む所までも進まないケースも多い。


イタリア物でもカンパーニャのアリアニコ系は絶対にワンチャンある!

残念! そっちも不作続きになるで それ以前に、タウラージとかは日本では受けないからアウト


買える内に買えるだけ買ってストックするしか手は無いな、結局

そだねぇ~!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ