Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:485系

去年5月の撮影会のネタだが、ほかのネタとの絡みもあってなかなか出せずにいた。結局そうこうしているうちに1年以上が経ってしまった。
今回登場するモデルちゃんの名はは Naru (なる)。この撮影時はまだ北海道から出てきて日も浅かった模様だが、今ではすっかりPulchra 撮影会の顔ともなっている。
スタジオは江戸川橋至近の雑居ビルにあったのだが、古くて狭いビルなのでエレベーターが無い。しかも階段が狭くて急で、小道具類や撮影機材を持って下から上がるのには労力も時間も掛かるてなわけで、撮影開始時点で小生は少しグロッキーになってしまった。
エレベーターの付いている様なビルは賃料も高くて、撮影会用のスタジオにはなり難いのかも知れない。


nar@edg001  nar@edg002

485/489系ボンネットシリーズから開始。先陣を切るのは特急界の伝説的スターだった 雷 鳥
立山にいるのはライチョウ、彼女の出身である北海道に生息するのはエゾライチョウ。
エゾライチョウは雷鳥と違い天然記念物ではない。それどころか嘗ては頻繁に遭遇できた一般的な野鳥だったらしい。生息数が激減した現在でもその美味故に狩猟鳥である。
雷鳥は欧州北部を中心にジビエとして珍重される。(実際になかなか美味である


nar@edg003  nar@edg004

雷鳥を英訳するとサンダーバードというのは北陸人の悪い癖?(特に富山)
いしかわ動物園には※ライチョウはサンダーバードではありませんという看板が掲げられているという。正解は ptarmigan(ターミガン)、若しくは grouse(グラウス)となる。(ウィスキーのFamous Grouse はまさに有名な雷鳥)
これはすべて明らかにJR 西日本が悪い!
季節で羽の色が変わるのが ptarmigan で変わらないのが grouse という説もあるがそこのところの正否は分からない。



nar@edg005  nar@edg006

nar@edg007  nar@edg008

こちらもお馴染みになった 白 鳥 =日本海縦貫時代
北海道の人には青函連絡時代の方が馴染みかも知れないが、彼女の出身は北海道でも苫小牧なので、馴染みは無かったかも知れない。
白鳥の日本における飛来数は減少しているとされるが、日本では冬鳥と思われているこの鳥が手賀沼・霞ヶ浦周辺では留鳥として水田等を荒らして問題になっている。実を云うと件の種類はコブハクチョウで日本に持ち込まれて定着した外来種=皇居のお堀でも見られる奴と同種である。


nar@edg009  nar@edg010

nar@edg011  nar@edg012

はくたかでもレアだったボンタカのヘッドマーク。JR 西日本485系(電気釜)でもこれとほぼ一緒のトレインマークを使用していたが、2002年2月で同車によるはくたか運行は消滅。それから9年後の2011年3月まで489系金沢車代走の際にのみこのマークが見られるチャンスがあった。(小生も一度でいいから撮りたかった


これは勿論入り口に過ぎず、Part 2 へと続く!

May 2nd, 2019 Pulchra 撮影会@江戸川橋の近くのスタジオ(名前は忘れた)
PENTAX K-3 Ⅱ+smc DA Star 16-55mm f2.8・smc DA 35mm f2.4
GODOX オフカメラストロボ使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよここから、鉄グッズシリーズに突入。相手が誰でもこれで攻める、それが小生流!
てなわけで、日本海縦貫ラインの 485 / 489系 ヘッドーマークシリーズから、さぁ~っ行ってみよう~っ!


lan@ginn015  lan@ginn016

ボンたか出現の時だけ見られたはくたかのヘッドマーク。681系(683系)が足りなくなった時の代走が所謂ボンたかだったのだが、489系引退直前の2011年2月末にもこの代走があったという事なのだが、それが最後の代走だった可能性がある。(綿密に調べられていないので断定はできないが)

lan@ginn017  lan@ginn018

現在は2019年5月半ば、あと半月で国鉄発足(1949年6月1日)から70周年を迎える。その時国直轄から独立採算の公社になった訳だが、公社化された時期が如何せん悪かったと考えられる。それはさておいても国鉄特急網の中でも又、北陸特急街道のキングとも呼べる存在だったのがこの 雷 鳥 様であった。そんな時代を築いた名列車がサンダーバードに跡目を譲ってのラストランを迎えてからもう8年が経った。

lan@ginn019  lan@ginn022

12時間もかけて大阪~青森間を走り抜けた 白 鳥 だったが、「そんな所を12時間で行けたんだ」と妙に感動する娘もいたのである(因みにそれは彼女ではない)
最長の昼行特急だった(筈の)この列車で全区間乗り通すヤツの比率は何パーセントだったのだろうか?




続いては京阪ネタ、旧3000系の「テレビカー」というニックネームに「えっ、何?」という反応を示す娘は多いが…
テレビカーというと旧3000系のイメージが強いが、1954年に1800系で産声を挙げ1900系は勿論の事、8000系にもテレビが付いていた。その後結局は2011年7月の地上波デジタル移行によって受信不能となり翌年8000系のテレビは撤去された。因みにそのテレビは言うまでもなく西三荘にある Panasonic 製、イラネッチケー(日本犯罪協会ともいう)しか映らなかったが京阪は受信料を払っていたのだろうか?


lan@ginn023  lan@ginn025

当サイトでは2度目の登場となる京阪特急PREMIUM CAR 。この有料指定席サービスは京阪からすると鉄道復権の切り札として「進取」の精神を受け継いだという事なのだそうだ。だが8000系は2ドアなので朝のラッシュ時には運用が殆ど無くゆったりとしたプレミアムな出勤は早朝に限られる。(フレックス出社ならこの限りではない)

lan@ginn027  lan@ginn028

彼女にとっては少々大変だったかも知れないが、京阪特急に合わせてルビーレッドの風船も持ってもらった。華やかさが加わったのは良かったと思うが、持ち易いかと思ってスティックに付けた状態で持たせたのは今一つだったか?

2時間近い撮影だったのでネタはまだまだある、Part 3 へと続く!

Apr. 2018 東京近郊での或る撮影会(現在は廃止)
PENTAX K - 3 Ⅱ+smc DA star 16 - 50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
モノブロックストロボ1基及び LED ライト使用









当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。
(スマホ版では記事内及びトップページの下部に設置)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もあと数時間で終わる、今年大きな節目となるアニヴァーサリーを迎えた車両達が存在した。
その筆頭格は伝説の「ヨンサントウ改正」から丁度半世紀!、てなわけで ゼロロク 世代カルテット= EF66 EF81 485系 583系 、この同級生は阪急5000系。他は国鉄の貨車が多かったが何といっても件のカルテットが偉大過ぎる。
神戸高速鉄道が開業、東京都営地下鉄浅草線が全線開通+京急との乗り入れ開始もこの年。


81725@meis01

EF81-725 号機@名神クロス
既にほぼ完全に死亡と確認された名神クロスの懐かしい絵


6633@krky01

今は亡き EF66-33号機 が東北本線の運用にも就いていた頃の画像、撮影地は黒小屋踏切。これから公開する予定だったものを一足早く公開。

485a1a2y157b

2年前の 485系仙台車A1+A2 関東ラストラン

583@hghs01n

2011年2月にヒガハスで捉えた 583系秋田車 、ゲレンデ蔵王号送り込み

hk5008@yodg01

そこそこ祝ってもらえたのが阪急でも地味な5000系だったのは草

この中でも 485系 583系 は現存しないのだから祝しようもなかったといえばそれまでだが、せめて今年まで引っ張って50周年を迎えさせて欲しかったと思うのは小生だけだろうか?



あのサザンオールスターズがデビューし、新東京国際空港=Narita Airport が開港、阪急対ヤクルトの日本シリーズで大杉勝男氏の疑惑ホームラン、最後に疑惑なしのホームランでダメを押したあの時から40年。
近鉄30000系が40周年、ヴィスタカー自体は60周年。初代ヴィスタカー10000系が1958年に登場したが僅か13年という短命に終わった。その後2代目=10100系が1959年に登場したが、連接では使いにくいという事で1978年に置き換えられた。
京成スカイライナーも1973年から従前の「開運号」の代替として暫定的に運行していたが、78年5月の空港開港によって正式に空港特急=スカイライナーとして運行開始に漕ぎ着けたので、スカイライナー自体は40周年である。
40周年を迎えたのは 国鉄781系 新京成電鉄8000形京浜急行800形名鉄100系等があるが、781系は10年以上前に引退し現存しないからアニヴァーサリーもへったくれもない。


ktv@masug01

2013年11月真菅のカーブで捉えた30000系単独の4連。こういう緩いカーブでの短編成は収まりが悪い

kq823lt@kanzb01

復刻塗装 Love Train だった 823 編成

sks8513@tkwd01n

今は亡き新京成8000形8514編成=去年8月末運用離脱(常盤台駅付近・2015年)



昭和も終わりになった1988年、その年の後半は昭和天皇が崩御されるかという事態になり、彼方此方のイベントの「自粛」が相次いだ。そんな中でもお構いなくバブル真っ只中で謳歌していた御仁達も多かった訳であるが、もうそれから30年が経つのである。更には阪急ブレーブス並びに南海ホークス最後の年になってしまった。
更に、 Bruiser Brody (ブルーザー・ブロディ)がプエルトリコで José Gonzalez (ホセ・ゴンサレス)に刺殺されたが、それはこの年7月17日の事だった。


この年デビューといえば…、何といってもコレ!

ktulp@isash05

先日も取り上げたが、アーバンライナーも30周年を迎えたのであった。

mt1012@tafm01

アーバンライナーの同期生の一つが、この名鉄パノラマスーパーであった。(画像は旧名義で流用、ゆるしてニャン



今度はバブルも弾けてかなりの年数が経った1998年、この年に生まれた連中も20歳になる。多摩都市モノレール、大阪高速鉄道国際文化公園都市モノレールが開業、東京と大阪それぞれの郊外同士を結ぶ連絡の足が誕生した。鉄道は関東を中心に今時的な「手抜きチャラい安物時代」に本格的に入り始めたのもこの辺り。
そして、国鉄清算事業団が消滅したこの年にデビューしたのはというと…


285i3@tky01

あの 583系 以来、丁度30年ぶりに寝台電車が登場! その名は285系SUNRISE EXPRESS、今やこの国に残る唯一の定期寝台特急となってしまった。翌年のブルーリボン賞も受賞。 

kq2109@tsmg01

京急の看板として君臨する 2100形 も今年で20歳になった。1998年は前年の反動だろうか?、デビューした車両が少なく、世代の谷間の様な所がある。



そして今やリーマンショックから10年が経ったが、それと同様の経済危機がこれから近い内に起きる可能性も高まっている。10年前の2008年といえば巨人軍の所謂「メークレジェンド」の年で、AKB48の勢いが本格化した時でもある。
日暮里舎人ライナー及び横浜市営地下鉄グリーンライン開業という出来事もあったが、三木鉄道が廃止になり島原鉄道線もその44%に当たる区間を廃止した。福島交通も会社更生法適用を申請している。その年の鉄道界では元祖・夢の超特急=0系引退が大きなニュースだっただろうか。

kh3001@nss01

スターになり切れない京阪3000系(Ⅱ)、中之島線に入る快速急行という前提でデビューしたがその中之島線は大スベリしてしまった8000系の存在が大きく、先代から引き継いだ3000系の名も重すぎたのか中途半端な存在になってしまっている。ただ、プレミアムカー導入も決定して将来的に巻き返しを図れるか?


kbd6002@nag01

神戸電鉄の風景には到底マッチしない場違いな物にしか見えないが、同社初のステンレスカーである6000系が登場。(2015年11月・永田駅付近にて)

st11903@kaswd01

相模鉄道で最も影が薄いと思われる11000系=つまりE233系のパクリもこの年に登場。この編成はそうにゃんラッピングの物。

sb30101@tok01

「爆弾ドア電車」との異名も付いたスマイルトレインこと西武30000系も10周年。このデザインを考えたのは女性社員だというのだが、如何せん悪趣味だとしか思えない。


あと3時間も経たない内に2019年、あの最強世代との呼び声も高い?1989年組が30年の節目を迎えてしまう。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

Part 4 は栄光の 国民的特急車 メモリアル・サボプレート編。
これを撮影した約2週間後に 最後の583系 =秋田車はラストランになってしまった
最後の雄姿を納めたかったが・・・仕事とぶつかりそれは叶わなかった


akieri133  akieri134

HO ゲージの模型を小学生の時に買ってもらって、まだ滅失はしていないと思うのだが・・・
探し出せたとしてもプラモデル用の塗料を付けてしまった記憶があり、塗装を剥がして再塗装しなければ仕えない筈である。でも若しそれを復活出来れば大きな戦力になりそうなのだが・・・


それは兎も角、このプレートの 583系 、何処か不自然。色が一寸変。元々実車と比して赤っぽい。

akieri135  akieri136

ファンには大人気だった寝台電車を「昼夜二刀流」と呼べばそれは聞こえが良いが、その実はねぐらに帰る事も許されず超長時間労働を強いられた車である(人間なら完全に不当労働行為)。女工哀史ならぬまさに車両哀史なのであった。



後半は 485系 仙台車ラストラン記念のサボプレート。
彼女だって国鉄をリアルタイムでは知らない世代、紙の上では兎も角実質的には平成生れに近いのである。


akieri137  akieri138

実車の色と比較すると少し違和感がある。でも JR 許諾済の商品なのだ。彼女の口ぶりからすると 485系 に乗車した経験はある様だ。

akieri139  akieri140

サボプレートの絵は、左=あいづ 2パターン、中央=ひばり、右=つばさ 2パターンという構成。
実は 489系  能登 の記念プレートもあるのだが、時間の関係上それは割愛して次のネタに進まざるを得なかった。


こんな所で終わりになるわけもなく、2017-5 へと続く!

Mar. 25th, 2017、Pulchra 撮影会@新宿5丁目デプススタジオ(Depth Studio)
PENTAX K-3+smc DA star 16-50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
バッテリーストロボ=Cononmark i6T EX、LED ライト使用





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事からの番外編ストーリーは2016年5月末へと飛ぶ。
毎年恒例横浜開港記念イベント、横浜セントラルタウンフェスティバル2016・Y157 イベントの一環としてその土日=5月28・29日に渡り 485系 首都圏ラストランが催行されたのは御記憶にも新しいのではないか。小生も当然の如く両日とも狙う事となった。


土曜日、昼過ぎに石川町を出た列車は根府川に向い、折り返して貨物線経由で新鶴見、再び折り返し高島線に入り石川町に戻るというルート。新鶴見からゴールの石川町に向かい鶴見川を渡るのは15時20~30頃という事で、鶴見川の鉄橋の西側アングルならドンピシャ。

当日の天気予報は午後から晴れてくるという話で、それを信じて曇天の中都内から車を走らせ予定よりは遅れたが 13時前には現場にアプローチ。その撮影場所である護岸(狭い急斜面)も半分以上場所取りされて埋まっていたが、何とかポジションを確保。

待ち時間の間にも期待に反して晴れてくる気配は薄かった、後に「空模様が良くなるのは夕方以降」という情報が入り、居合わせた人間達は一同落胆
条件厳しいのは空模様だけではなく、昼過ぎから待っていても前座はカモレ 2本だけ。気を紛らわす事も難しく、足を滑らせたらシャレにならない急斜面に 3時間近く張り付くというのは本当に辛かった。


兎に角露出が確保出来る事だけを祈りながら待ち続けて・・・何せチャンスはこれっきり!非常にナーヴァスな時間が長く感じられた。
この橋梁でのスロー走行は目に見えていたので、1 / 500sec もあればこのアングルでは止められるという事は救いだったので、最低限何とかなった。


485a1a2y157a

載せられるクオリティにはなったから失敗ショットでは決してない!
普通なら撮影自体諦める位に条件が悪かったといえ、作品と呼ぶにも程遠い出来なのは否めず記録という程度のレベル。確実に押えるという唯一最大のミッションは完遂したが、3時間待って報われたという気持ちや達成感より、疲労感の方が大きかったは事実。


kin16@tsmg01n

テストショットの1枚も序に載せておく。EH500 - 16、2016年以降はEH500 も相模貨物までの運用が増えた(青函運用が無くなった為)



さてその翌日=29日のコースはと言うと、午前 8時半過ぎに石川町を出て高島線・武蔵野線等を経由して八王子、そこから中央線経由で新宿に至り、さらに湘南新宿ラインで横須賀に向かい折り返して大船経由で石川町で終着となるいうもの。

この日は前日と打って変わり早朝から強い日差しが照りつける。
この時期の光線状態とルートを考えると、石川町を出て高島線を鶴見に向う所でキャッチするしかないと考え、朝6時に都内の自宅を出発し、首都高を飛ばして現場に向ったが・・・
ただでさえもポイントがそう多くはない上に、どの場所も完全に満杯。場所を埋め尽くしていたのはその殆どが徹夜組だったのではと思われる
結局は三井倉庫のある所の運河を渡る所を完全なサイドアングルで撮るという不本意極まりない事を強いられた。水鏡なんて期待したのかとお思いかも知れないが、海からの波の影響を受けてしまうからそれは無理。


7時半あたりからは他の撮影地で当然あぶれたと思われる撮影者達が数名加わってきたので橋の上も10人程度はいただろうか?強い日差しの中で、コンビニのアイスコーヒーを飲みながらその時を待った。そして・・・

485a1a2y157b

この条件下ではまずまずというか精一杯という 1枚になったか?
惜別のショットがこんな程度とは情けない限りではあるが。最後尾側とセットで撮れれば良かったのだが、最後尾側を撮るのを失念してしまうというトンでもないしくじりを犯してしまったのだった
緊張の中待ち続けたこの極めて短い時間、過ぎ去ってしまえば本当に何事も無かった様に無機質な日常世界に戻ってしまう様に見える。


実はこの翌月にあった東北でのラストラン(ガチのラスト)も遠征して撮りたかったが、家の事情があって叶わなかった。
そこは本当に悔しい限りであり、こんな時に法事を入れさせた親戚達に対して許せないという気持ちが未だに残っている。
せめて最後の原形であった 仙台車 だけでも50周年の時を盛大に迎えさせてやって欲しかった
。あと2年何とか粘れなかったのか?

新潟とかにも遠征して撮りに行っとけば良かったという後悔は絶えない。言い訳がましくはなるが、東北や北陸には殆ど無縁な人生を過ごしてきた小生なので、そこまで出来なかった。そこまでの思いっきりが持てなかったという方が正しいか?

そして翌年4月、 485系 と同級生に当たる 583系 も秋田で遂にその歩みを終えた。


少し前の事ではあるが、新潟の E653系 U108編成 国鉄特急色風 になって、 485系 を駆逐した場所=常磐線(勝田車両センター)に還ってくるという話題が飛び込んで来た。
これを受けて 651系 K103編成 置換えという話がネットでは恰も既成事実の様に言われているが、485系改造車 R.E. ゆうが先日廃車になっている事を考えると、 651系 ゆうのポジションに入って E653系 651系 のポジションに入るとも充分考えられる。

青森で保留状態だった 3000番台 A5 編成 が去る11月1日に郡山に回送され解体準備に入った模様である。


485n201@tthc01
485系改造車彩(いろどり)2013年頃? トタハチにて

この「」を始めとした 485系 の忘れ形見とも言えるジョイフルトレイン達もここ 2~3年の間で続々と姿を消し、現存するのはきらきらうえつ(新潟)、(共に小山)、 リゾートやまどり (高崎)のみである。2016年に JR 東日本が国鉄形車両の部品メンテナンスを打ち切った事が大きく関わっているのは否定出来ない。




さて、この一時代を築いた 国民的特急車 に捧げる締めの曲として小生がセレクトしたのは・・・
Earth, Wind and Fire (アース・ウィンド・アンド・ファイア)の超有名曲 " After the Love Has Gone "
1979年のアルバム " I Am " からの 2nd シングルとして大ヒットとなり、EWF の代表曲の一つとなった。ただ、全米チャート(Billboard Hot 100)の #1 は The Knack の有名曲 " My Sharona " に阻まれて逃してしまった。
このグループの創設者で長く中心人物であった Maurice White (モーリス・ホワイト)氏が亡くなったのは、この 2016年の 2月の事だった。


この曲のライターは David Foster (デイヴィド・フォスター)、Bill Chaplin (ビル・チャップリン)、Jay Graydon (ジェイ・
グレイドン)の3名で、この内 Foster 並び Chaplin の 2人はこの後に Chicago (シカゴ)に関わることになるが、この曲の曲調からすれば納得する話であろう。


曲そのものについてはこちらのようつべでもご参照賜りたいが、1度や2度は耳にした事がある筈と思われる。

For a while, to love was all we could do We were young and we knew and our eyes were alive
Deep inside we knew our love was true
For a while we paid no mind to the past We knew our love would last
Every night something right would invite us to begin the dance

Something happend along the way What used to be happy was sad
Something happend along the way, and yesterday was all we had


And oh..., after the love has gone
How could you lead me on, and not to let me stay around ?
Oh, oh, oh... , after the love has gone
What used to be right is wrong Can love that’s lost be found ?


For a while, to love each other with all we could ever need Love was strong for so long
Never knew what was wrong, baby, wasn’t right
We tried to find what we had til sadness was all we shared
We were scared this affair would lead our love into


Something happend along the way, and yesterday was all we had
Something happend along the way, what used to be happy is sad
Something happend along the way, what used to be is all we had


And oh..., after the love has gone
How could you lead me on, and not to let me stay around ?
Oh, oh, oh... , after the love has gone
What used to be right is wrong Can love that’s lost be found ?


Oh, oh, oh, oh, oh, oh... after the love has gone, what used to be right is wrong
Can love that’s lost be found ?
Oh, oh, oh..., after the love has gone, what used to be right is wrong
Can love that’s lost be found ?


Oh, oh, oh... after the love has gone, what used to be right is wrong
Can love that’s lost be found ?, oh, oh, oh..


Oh. oh, oh, after the love has gone, what used to be right is wrong
Can love that’s lost be found ?
Oh. oh, oh, after the love has gone, what used to be right is wrong
Can love that’s lost be found ? (Fade Out)


(この曲のビル・チャップリンのヴァージョンも序にこちらの You Tubeからご参照頂きたい)

多くの伝説を作ってきた 国民的特急車 が本当に鉄路の上から消えてしまったなんて、今でも何処か信じられない御仁も多かろう、必ずそういう時は来ると判っていても




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ