Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:475系

この話をアップ出来るタイミングを計っていて、そんなこんなで月日が経ってしまった。そんな中、今年は国民的特急車 485系 生誕50周年となり、しかも伝説の「ヨン・サン・トウ」改正(1968=昭和43年10月)からも今月で丁度50年。アップするにはある意味で絶好のチャンス到来ともなった。

北陸本線が特急街道として輝く最期の姿を撮るために富山に足を運んだのは 2回、2014年の 5月と 9月だったが、それからもう4年も経ってしまった。
メインターゲットはあくまでも はくたか であったが、 北 越 475系413系トワエク、更には富山のパーイチサブターゲット達も豪華だった。


夜行バスで富山に着いたのは朝5時半位だった。その後富山駅で475系等を撮りながら高岡へ向う列車を待ち、朝6時過ぎのサンダーバードで高岡に向った。
駅前のレンタカーは8時からなので、タクシーで24時間営業のレンタカー屋(カラオケ屋とセットで不便な所にあるアレ)に行って、36時間使用する内容で車を借りた。


選んだ場所は高岡~西高岡間、高岡市和田という所にあるスポット。線路の向きは凡そ 1 to 7 なので夏場の早朝は北東方向に向う列車を狙うことになる。午前7時頃の 北越1号 新潟行きから狙えればと思って段取りした筈なのだが・・・よくある事ではあるが、レンタカーの手続きに手間取った為に間に合わなかった。
(ネットで予約しておいたのに、その場で書かされる書類が多かったりして使い勝手が悪い。)

現在ならこの近くに高岡やぶなみ駅(あいの風とやま鉄道)が存在するが、その開業は2018年3月。これがあと4年だけ早く出来ていればと思うと悔しい。
(もしその時やぶなみ駅があればそこから徒歩で行く事も可能だったであろうが・・・)


そんな 1日目の朝はそれでもまぁ、こんな辺りは撮れたのである。


475a25@tak01

475系3連アイボリー+ブルーの北陸色がダブル、2014年でも朝方にはこんな運用が残っていたのである

475a24@tak01

475系3連ダブルには変わりないが、こちらは混色

twiex@tak01

栄光の神列車だった Twilight Express 大阪行き、光線状態の関係上後追いになってしまった。モデル撮影記シリーズでは何回も登場するが、実を言うと小生がこの列車を捕らえたのは残念ながら僅かな回数でしかない

51020@tak01

7時過ぎのパーイチは逃してしまったが、9時前のレッドサンダーは撮れた。「正調」のEF510 は初撮影でこれも感動だった。

ここからもう少し西高岡寄りに移動して9時台の撮影をして、午前の部はここで終了。北越は3時間おきにしか来ないので1本逃すと本当に痛い。
その後は風呂に入り必要な物資調達も行って、13時30分から午後の部開始と相成った


hkets001

開始1発目が金沢行・ 北越4号=R28 編成 だったが、光線状態に無理があった。5月の末でこの時間だと、如何せん陽が高すぎるのに加えて方位角的もサイドまでちゃんと回らない状態だった。
苦労するのがアングル作り、厭な所に中途半端に障害物があったりしてなかなか苦しい展開だった。


hkets002

14時過ぎ頃に今度は新潟行きの 5号=R22 がやってきた。14時を過ぎて光線状態の方も少しマシになったが、まだまだ陽が高いからイイ感じにはならない。

結局、15時半過ぎまでこのストレートで粘り、その後は急いで少しだけ西高岡寄りのカーブ(結構有名だった!)に移動。


hkets003

金沢行きの 6号 としてやってきたのは T12 編成 、顔面整形していない奴と言った方が良いか? 上沼垂色 なのが玉に傷かも知れない。それこそ 国鉄特急色 だったらもうウルトラ感涙モノなのだが、この世はそこまで甘くない。
2014年5月末の時点で、 T 編成 4本と首都圏対応 K 編成の2本が残存していたが、 T 編成 の廃車が進行していた時期であった。

この絵はフルサイズなら330mm相当(理論上)になってしまうので、APSC 得意の芸当炸裂である。APSC の何処が悪い?充分に使い様はあるのだ

北陸地域での本格的撮り鉄はこの日が初だったが、18時近くまで粘ってこの日は終了。
宿泊は勿論高岡市内だったが、夕方だというのに高岡市の中心部は歩く人間の数も少なくとても寂れた印象だった。中小の地方都市の現実というものを改めて思い知った気がした小生だった。



この 北 越 のみならず、日本海を駆け抜けた 485系 、大正義特急街道を築いた北陸本線に捧げる今回の一曲としてセレクトしたのは、西城秀樹氏が1976年の末に放った美曲である「ラストシーン
「ジャガー」・「若き獅子たちよ」という謂わば「猫二部作」に続いてのシングルだった。
この曲自体は凄い大ヒットという訳ではなく、同氏の数あるヒット曲の中でもどちらかというと地味な部類に入るが、美曲と呼ぶに相応しいものでファンからの評価も高いという。
当時の画像映像を振り返ると、西城氏が当時 21歳だったというのに今更ながら驚いてしまう。兎に角今時の21歳とは随分かけ離れた印象である。蛇足だが、彼と同い年の江川卓氏、掛布雅之氏、達川光男氏、内藤剛志氏、明石屋さんま氏、ビル・ゲイツ氏も当時は 21歳だった事になる。


これがどの様な曲だったかはこちらなんかがようつべに上がっているので、ご参照頂きたい

何年でも待つよと言ったら 貴女は寂しく微笑みながら
そんな事をしたら 不幸になるわ 忘れた方が良いと言う


有難う、幸せだったわ 一緒に歩けなくって御免なさい
暖かい春の日差しの中で 熱がある様に僕は震えていた


もう恋などしないと言ったら あなたは馬鹿ねと呟きながら
そんな事言って困らせないで 無邪気な方が良いと言う


有難う、幸せだったわ 出来ればもっと早く 逢いたかった
賑やかな街の通りの中で 夢を見た様に僕は泣いていた


賑やかな街の通りの中で 夢を見た様に僕は泣いていた


今更ながらに小生は後悔する。出来ればもっともっと早く逢っておくべきだった、北陸本線の栄光ある姿に・・・
そして Part 2 へと続く!





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日まで、北陸は特急街道の名を欲しいままにしていたというのは御存知であろう。歴代の主だった列車を挙げただけで、 雷鳥 (現・惨ダーバード)、 白山 白鳥 北越 加越 しらさぎ はくたか 北陸 日本海
つるぎ Twilight Express …、錚々たるラインナップ!

某・Re*l Ma*rid C.F. F.C. Barc***na 辺りともタイマン張れそうな位の大正義スター軍団だったか。そういう中で、 ゆのくに ((越後・加賀)、 くずりゅう 立山 能登 きたぐに といった辺りの急行列車も昼夜に渡って大活躍だった時代もあった。


特急群と共に大活躍していた急行達の残り香を味あわせてくれたのが、この 475系 様だったのである。国鉄の急行ではグリーン車のみならず、ビュッフェまで付いた12両編成なんてあったのだから、今から思い返せばビックリな話である!

幼少期、図鑑等で 国鉄交直流急行色 を見てどこか「かっけぇー」と思ってはいた。東京出身の小生だが、東北本線や常磐線とは殆ど無縁な状態で育ったので、 国鉄交直流急行電車 を見る機会は殆ど無かったのである。急行や中電といえば 湘南色 で、 国鉄交直流急行 についてはあまりピンと来なかった。

475a21@tak02


2日目も朝7時から戦闘開始! はくたか 北越 、更には貨物列車を狙う一方で、国鉄形の普通電車もしっかり押さえるべく奮闘!
この日の一発目は 北越 、その後は、北陸色青一色の6連


475a05@tak02

475系+413系の6連だが、前日のレビューになってしまった。言っておくが決してコピペではない!
アングルも少しだけ違う

475a12@tak01

平日なら6連という所だと思われるが、土曜なので3連だったのか

475a24@tak02

1枚目に撮った編成が富山で折り返してやって来たのかと思ったがどうやら違った様だ。
この後午前9時を過ぎて、光線状態が変って来たので、あの有名なカーブを挟んで西高岡寄りの場所に移動し、細い畔から撮影した。朝からヒリヒリ刺す様な強烈な日差し、車は建物の陰に停められたので、それはラッキーだったが、こんな状況下で列車を待つのは辛かった。紫外線、日焼け、熱中症への対策はかなり大変、しかも待ち時間は長い。

475a25@tak02


ドア下部が突き出していて、乗降口にステップがあるというのが良く判る。 475系は恐らく国内に残った最後の「デカ目」でもあったのだろう、40有余年の歴史の中でシールドビームに替えられなかった事が不思議。今やLED のヘッドライトが全盛なこのご時世にして、ハロゲンのデカ目を維持しただけでも天然記念物級。何せ、あの会社の事である、チクビームなんていうのもあり得たかも知れないが…ww
デカ目だと、大きい事と白熱灯である事もあって、明るくなるのにやや時間が掛るらしい。
本当なら、もう2点多く撮れた筈だったのだが、普通1本と、ホリデー快速1本を十分に把握しておらずに撮りのがしたのである。とんだ失敗だったorz


2日目も14時から再開し、18時位まで撮影したが、413系は一回撮れたが、 475系 は前日同様で来ずじまいorz。

レンタカーを返却した後、高岡から富山まで普通列車に乗ったのだが、期待も虚しく413系だった。413系にも、ドアステップがある。ハイデッカーではないのに、ステップを昇って乗車するというのは、東京育ちの小生にとって、決して初めてではないものの今更ながら珍妙な体験でもあった。

その後、9月末、富山に遠征した時は、撮影したのが富山より東だった事が災いしたのか、普通は413系ばっかりで475系には一回も遭遇しなかったorz。

結果論だが、高岡の2日目の失敗2回は非常に痛かった!それよりも、何でもっと早くから北陸エリア遠征を細目にやらなかったのかと突っ込まれれば返す言葉は無いし、後悔は禁じえない。


結局、 Twilight Express まで手が回らないという事になったのであるから。 そうは言っても、小生という人間は一人だけ、分身があるわけでもなく、遠征出来る機会や予算にも限りがある


そして、2015年3月13日、金沢駅で引退記念イベントが行われ、475系は静かに消えた、同時に国鉄急行型電車の歴史に幕が下りた。 451/471系から通算すればほぼ半世紀、この国の現代のジェットコースターの様な栄枯盛衰が丸々詰まった年月だった。(厳密に言えば165系最後の残党=2000形2001F が富士急行で走っているのだが、間もなく元JR 東海371系と交替し消滅の見込み)


475系に捧げる締めの一曲
として小生が選んだのは…

SLAUGHTER が1990年に放ったスマッシュヒット、" Fly To The Angels " (註)


Slaughter なんてハードロックの中でもかなりマニアックな名前ではあるが、このヒットから既に四半世紀が経つ。
" Fly To The Angels "がどの様か曲かについては…、
こちらでも参照されたい!

「又かよ!」と思われるかも知れないが、当ブログでよく登場する所謂" Power Ballad " の一つである。

Pictures of you, oh…, they’re still on my mind
You had the smile that could light up the world
Now it rains, it seems the sun never shines
And I drive down this lonely lonely road
Ooh, I got this feeling 
Girl, I gotta let you go ‘Cause now you’ve gotta fly, fly to the angels
Heaven awaits your heart and flowers bloom in your name
You’ve gotta fly ( fly high... ), fly to the angels
All the stars in the night shine in your name
Though it hurts me way deep inside
When I took a look and found you’re not there
I tried to convince myself that the pain, pain is still not gone
Still I drive down this lonely lonely road
Oooh, I got this feeling  

Girl, I gotta let you go
But now you’ve gotta fly, fly to the angels
Heaven awaits your heart and flowers bloom in your name
You’ve gotta fly ( fly high... ), fly to the angels
All the stars in the night shine in your name
And still I drive down this lonely lonely road
Oooh, I got this feeling  Girl, I can't let you go  

But I know that you’ve gotta fly ( fly high.. .), fly to the angels
Heaven awaits your heart and flowers bloom in your name
You’ve gotta fly ( fly high... ), fly to the angels
All the stars in the night shine in your name ( Fly high... )

I’m gonna miss you, gonna miss you, girl



475系国鉄急行型車体

451/471系の改良型として1965年製造開始。簡単に言えば、165系の交直流版。50Hz対応の東北用が455系、60Hz対応の北陸&九州仕様が475系であったが、電動車でない車両はいずれも「455」を名乗る。8形式362両が製造された。 1969年からは50/60hz 両方に対応の457系が製造されたが、こちらはM+M' のユニット19組38両に留まった。


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Apr. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



(註)元KISS のVinnie Vincent が1984年に結成したVinnie Vincent Invasion なるバンドで活動していたMark Slaughter、Dana Strum がLas Vegas を拠点に1988年に結成したのがSlaughter
結成から2年後の90年、メジャーデビューアルバム、" Stick It To Ya " リリースし、これが北米だけでも300万枚以上を売る大ヒット。このアルバムからは" Up All Night "、" Fly To The Angels " 等数曲のスマッシュヒットも出た。 1999年までに5枚のスタジオアルバムをリリースしている。
2000年以降、スタジオアルバムは出ていないが、現在でもライブを中心に活動している。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸新幹線開業とそれに伴う北陸・信越本線一部上下分離による Twilight Express 廃止の陰で、目立たない感があるが、北陸の顔であった 475系が消滅した

そして、これは国鉄急行型電車の終焉も意味している。 国鉄急行列車の全盛期は1960年代だったと思われる。高度成長期とはいえ、この国自体未だ豊かになったとは言い切れず、貧しさもかなり残っていた時代であった。そんな時代だったので、特急はまだ少数派で優等列車の主体は利用し易い急行だったのも頷ける。

2桁両数の急行が当り前に走っていた上に、北陸・信越方面の急行ではビュッフェまであった。 その後は日本が豊かになって行くと、急行より特急を利用したいという傾向が強まった。更には、新幹線網拡充によって余剰となった特急車の働き口を作らなければならないという「事情」もあって、優等列車の統廃合と併せる形で急行の中から特急に昇格する列車が出る一方、快速等に降格する列車も出て来た。

昇格した列車に関しては、1970年代には既に国鉄財政が火の車になっていた事を鑑みると、格上げによる実質的値上げの格好のターゲットになっていたのは明らかだった。 実をいうと、小生も国鉄の急行といっても想い出は乏しい。それは東北や信越方面の列車とは縁が無かったからかも知れない。
70年代後半小生は小学生だったが、その時点で首都圏を走る急行といえば東北・信越方面が中心で、昼行は「東海」「ときわ」「草津」「伊豆」「あずま」「まつしま」「ばんだい」「信州」「妙高」という辺りが存在し、夜行でも「銀河」「津軽」「八甲田」「十和田」等が存在していた。(臨時列車は除く) 30年以上前の1984年夏に急行東海(当時、後に特急化し2008年廃止)に乗車したのはよく覚えている。 165系 が最大12連で走っていた。急行時代は浜松~静岡間普通・静岡以東は急行だった。
急行型電車という事でいえば、小学生の頃 153系新快速 に一回乗った記憶もあるが、幼少期だったのであまり良くは覚えていない。(当時は京都~大阪間無停車)


2014年5月末、 はくたか を押えるべく北陸遠征第1弾を決行した。
梅雨入り前だったが、晴天に恵まれた日が続いた時期だった。ターゲットはあくまでも はくたか という事だったが、終焉迫った 475系 413系も狙わない訳に行かなかった。
2014年改正で521系がメインとなり 475系 の運用が減った事は既に承知していたので、チャンスは多くないと覚悟はしていた。池袋からの夜行バスで富山に到着後、朝6時過ぎのサンダーバードで高岡に向かう事となり、それまでの間、富山駅で撮れるものを探した。


475@tym01s

いきなり475系に遭遇!北陸色と単色の混結だったのは少々マイナスだったが、それでも気分が高揚してくる。前面の種別表示幕はとっくの昔に鉄板で塞がれたのは知っていた。ただ、こうやって実物を見ると少々不気味だったかも知れないw

時期は5月末、もっとも陽が高くなる時なので、早朝攻撃は必須!高岡駅からタクシーに乗って、カラオケ屋に併設されたレンタカー屋(24時間営業の某・ジャ〇ンレ〇タカー)に行ってまで朝7時からレンタカーを借りて、予め目を付けておいた高岡~西高岡のあるポイントを目指した。

そのポイントは両駅の丁度中間にある所で、県道が線路を跨いでいる。1時半から7時半という感じ(時計盤でいえば)の方向で線路が走っているので、この時期の早朝なら北上してくる富山方向の列車を順光で捉えられる。

475a25@tak01

5月も末だったので早朝から陽が高いのには参ったが、北陸色の6連をいきなりキャッチ!だったが…パンタが少々被ってしまったorz
この後、富山方向の普通列車は521ばかりだった。


475a05@tak01

こちらはシールドビームの車 金沢方に413系が入り混結 413系も元々は 475系 なので車としては一緒
ここから金沢方面は 475系 が続いた。


475a24@tak01


青一色
北陸色の混結にも遭遇。結局、青一色に塗り替えられたのは3本だけで、塗装変更が進む前に引退となってしまった。 末期色抹茶色にされた挙句に、一部で笑い者になりながら使い倒され続ける113/115系の末路を思えば、これで良かったのかも知れない。

475a21@tak01


この2点、全く一緒に見えるが、違うスジの列車である。 朝からでも521系も来ていたが、9時台になると521系だけになってしまった。

この日14時から撮影を再開し、18時頃まで撮影を続けたが、521系ばかりとなり 475系 には遭えずじまいとなった。次の日は土曜であったから、この日と少々運用が変るかも知れず、それがいい方向に出るようにと願って、高岡の街で英気を養ったのである。

Part 2 へと続く!


475系国鉄急行型車体
451/471系の改良型として1965年製造開始。簡単に言えば、165系の交直流版。50Hz対応の東北用が455系、60Hz対応の北陸&九州仕様が475系であったが、電動車でない車両はいずれも「455」を名乗る。8形式362両が製造された。 1969年からは50/60hz 両方に対応の457系が製造されたが、こちらはM+M' のユニット19組38両に留まった。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ