Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:阪急電鉄

北大阪急行(北急)千里中央駅で降りて少し歩くと、いきなり巨大な城の様なショッピングセンターが眼前に広がる。そんなつい最近まであった光景はもう見られない。
千里セルシー(SENRI SELCY)といえば、アイドルや若手アーティストが続々とやって来てステージイベントを開催していたのでも有名だったが、中には大御所と云われる様な面々もステージに上がった事もあった。
大阪の郊外でありながら「日本一有名なショッピングセンター」「若手の聖地」「登竜門」とも呼ばれたのに留まらず、「芸能界随一のパワースポット」とも呼ばれる事すらあったとか?


1972年11月にオープンしたこの施設は古代ローマのコロッセオを模して造られたとされ、「真ん中に穴ぼこが開いている様な」と言われる事もあった。
その1階広場にはステージが常設されていて、そこで行われたステージイベントは数知れず。ミニライブ・握手会に留まらず結構本格的な野外ライブもあったらしい。70年代から郊外の施設でありながら、梅田から20分で駅直結という条件を生かしてこの類のイベントを次々と招致して成功させてきたのは驚愕である。
やって来たメンバーも今やレジェンド級だったりする。モーニング娘。、光GENJI、AKB48倉木麻衣きゃりーぱみゅぱみゅ、3代目JSB、氷川きよし等々枚挙に暇がない。しかも、つい数年前までそんな光景は当たり前だったという。似た様な所では、川崎西口のラゾーナ川崎中庭があるが、規模的には千里の方が大きかったであろう。


1977年のダイエー千里中央店が開店してからも、テナントの入れ替え等もあって集客力は維持されていた模様で、2000年頃でも100を超える数の店舗が入居して北摂地域の一大スポットとして君臨していた。そんな栄華を極めた?千里セルシーだったが、晩年は悲惨な状態だった。
建物自体も寄る年波には勝てなかったのか、それとも構造に何処か無理があったのか、老朽化とそれに伴う耐震強度の低下が露見して、2016年の時点で入居店舗側には賃貸契約を更新しない旨の通知が突然届いて借主側の混乱を招いていたという。そこだけでも何やら末期的な匂いがプンプンしてくるというものである。


この総床面積45,300平方メートルを誇った複合施設は、フジタ工業(当時)によって建設され、同傘下の千里レジャーセンターによって運営されていた。その後、数回の所有者変更を経て近年は阪急阪神ビルマネジメントによる管理運営となっていた。(書面上の所有者は三井住友信託銀行であった模様だが、受益者は別の企業だった)
東京の会社の信託を受けて大阪の会社が運営管理をするという、一寸ややこしい状態の中でその晩節が汚されていったという側面は否定出来なかろう。


hk8330@mib01
H2Oリテイリング(阪急阪神東宝G)から千里阪急と一体での再開発が検討されているというが…


セルシーの売りだったステージイベントも2016年秋頃にはほぼ全廃となり、2017年3月には3階のふれあい広場が閉鎖、その辺りから「兵どもの夢の跡」的な感じが強まっていったのは間違いない。時を同じくしてSENRITO ゴミ売りよみうり(旧よみうり文化センター)がオープンしてそこにイオンモールが加わると事態は決定的になった。
千里のランドマークの座からも転落したセルシーに、2018年6月18日の大阪地震が止めを刺したのは間違いない。これで大打撃を受けてしまい、1階のセルシー広場が閉鎖され、他のテナントにも営業不能になるものが続出。この後営業を続行したテナントは20にも満たない状態だった=最盛期の1/5以下。


そして2019年5月31日、昭和そして平成の夢の跡となったセルシーは遂に閉館=享年46歳6ヶ月。鉄筋コンクリート造の建物がその減価償却費を計上出来る最大の年数とほぼ一緒という皮肉のオマケ付き。ただし、閉館となった後今日現在でもまだパチンコ屋1件が営業をしている模様である。
廃墟にしておく訳にもいかないので再開発というのは間違いないとは思われるが、まだ具体案は出されていない。恐らく遅くとも2025年大阪万博には間に合わせるつもりだろうが、それまでこの日本という国が存続出来ている事を願うばかりである。
因みに小生は千里中央に足を運んだ事はあるが、セルシーには足を運ばなかった。その時にセルシーにも行って中を見ておけば良かったと後悔するのであった。


閉館直前の様子が分かるようつべこちらに上がっているのを発見したので、リンクを張っておく。


ここからは、ざつだん形式にて…

千里セルシーのステージに上がった事のある有名どころ、まだまだおるでぇ~
五木ひろし、八代亜紀、小林幸子、美川憲一、堀内孝雄、野口五郎、川崎麻世、矢井田瞳、岩崎宏美、松浦亜弥、
松田聖子、河合奈保子、岡田有希子、酒井法子、石川秀美、西村知美、SEKAI NO OWARI、アイドリング!!!、
E-Girls、西内まりや、小倉優子、中川翔子…、それこそ幾らでも出て来る。
2013年にはEXILEがキャンペーンイベントをやって、CD1万枚をそこだけで売ったという伝説がある。


川崎麻世氏(実家は枚方)がデビューのきっかけを掴んだ場所がこのセルシーのステージ。そこで行われていたTV の公開収録に12歳で出演し西城秀樹氏のモノマネをして人生が変わったという訳


結局新しいショッピングモール+タワマンを作るなんてありがちなパターンだけど、そういうのはもう無理じゃねぇ?

消費は実店舗からネットにシフトしてるんだから、今更ショッピングモール建てるなんて言ったらその時点で笑われますよ、つうか殺されますよ! プリウスで轢き殺されますよ!

つくばなんて人口増えてんのに、駅の周りはゴーストタウンでイオンも西武も潰れた。アメリカじゃショッピングセンターがアマゾンの倉庫に早変わりなんてザラ!

千中の駅で降りたらすぐそこに広がるのはAmazon の倉庫って、そんなん勘弁してやぁ。絶対アカンやろ。

一度でもあの広場で、「ミュージックレインボー」とか「いさご通り街角ミュージック」とかを「特別出張編」としてやって欲しかったンゴねぇ~。

その資金繰りが付くわけないやろ! インディーズの奴等が束になって掛ったって借りれる訳ないやろ!

2階にも広場があったから、そっちならワンチャンあったかも知れンゴ

2階広場はセルシー違う、あそこはせんちゅうパルの南広場。使用料は半分だけでも1日で15万円(土休日)
因みに北広場もあって南に比べて料金は全然安い。月2回、平日夕方やけどPALSTREET LIVE !!! なんてイベントもあって、上質なストリートライブを提供しているらしい


小さくてもいいから、再開発した新しい所にもステージとか作ってイベント出来る様にしてほC ンゴねぇ~。

再開発してもセルシーの伝統・ステージイベントを復活させてほC

ネットでは出来ないガチのライブな体験、ショップなら物に触れてそれを売っている人達とコンタクトして、ステージならパフォーマンスを間近で見る。それだけでも心を豊かにする事がある。

モノの消費だけでは成り立ちません!、コト消費が要るんですわ!
リアルなコト消費がカギなんですわ! そやから「物事」って言いますやろ!


セルシーでやってたようなイベントは阿倍野や森之宮のキューズモールに移ったから、千中ではイベント要らんねん、悪いな!
跡地は全部タワマンにしてもエエから。


阿倍野や森之宮は大阪市内、千中は豊中で郊外。エリアも被らへんし千中でもイベント出来る所作って何が悪い?

イベントをやる、そこで人や物が大量に移動する、CO2が大量に出る。地球温暖化が進む。
コールドプレイ(Coldplay)なんか4年ぶりにアルバム出したのに、CO2 出したくないから大々的なツアーはやらないと言い出した! そういう時代や!


名前がコールドプレイやし、しかもまだ「バンドは冬眠状態」らしいのでまぁ、お後が宜しい様で(白目)

あのバンドは前からフェアトレードとか人権なんかの社会活動や政治活動には積極的だったから、あんな事言い出しても不思議じゃなかったかも。ただ、クリス・マーティンは世界ツアーをやらないとは言っていない、再考するとは言っていて既にアメリカでの公演は幾つか決まっている。

国連少女アスペ十六歳の世界ツアーはドンドン広がって止まる気配無いぞ!

人が動く事すら許されない、物を消費する事すら許されない。出来るのは人肉の材料としてただ存在しているだけ、分かったか!

やい、環境関係のアクティヴィスツに媚び売ってんのか、お前ら!
人に何もさせない様にしたいだけの環境系アクティヴィスツが何やらかんやらほざいても、そんな奴等は追い返せ!


来年で千中の駅も50歳、駅自体もボロいが、そこから続くせんちゅうパルというのがこれまたオンボロで草生える。駅周辺には他にもオンボロい建物があったりする。
セルシーもあれだけの建物だったとはいえ、47年というのは引っ張りすぎ違うかなぁ~。


もっと早く区切り付けて再開発しててもおかしくはなかったンゴねぇ~

そこに日本の不動産取引の深い闇があるンゴ!

登記上の所有者と実質的所有者が全然違う。その実質的所有者という東京の会社が不明、守秘義務という壁で隠されている。その東京の会社もペーパーという可能性もありそう。
そのバックから入り込んでいるのは外国のいかがわしいファンドとか、反社集団やマフィアの関係だったり…、その部分すらマトリョーシカ状態という可能性すら十分にある。
これ以上ダメと分かってながら閉館を決めるにも時間掛かったし、未だに再開発の具体的な方向性を打ち出せないというのは一寸妙だが説明が付く気がする。


フジタ工業が建てて、運営管理もその系列会社だった。90年代に入ってバブル崩壊からフジタの経営は悪化して、セルシーも完全に手放してしまった。そこから運命が暗転するのは決まっていたんだろう。

いっそのこと再開発なんかせんで、崩落しようが倒壊しようがこのまま大阪府の遺跡として残しといたらエエがな!

うん、そだねぇ~ 

セルシー~、セクシー、セクシー進次郎~、ナナナナ~、ナナナナ~、何やらスンマメ~ン!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で 485系 が生誕50周年を迎えたという話はしているが、一部のジョイフルトレイン以外は消滅している。首都圏では車齢50年なんて車はまず見ない。もし残存するとしたら東武8000系しかないであろう。大手私鉄でも関西では事情が違う、アラフィフ(又はその近辺)という車が掃いて捨てる程走っている
南海6000系(1962~)を筆頭に、1960年代に産声を挙げた車両達も数こそ減らしているもののまだまだ現役である。70年代製にして主力に居座っている車両も多い。古い車両を末永く使い倒すというのは関西の文化として定着しているという事なのだろうが、遂にこの車両も50の大台に乗った
その車とは、阪急5000系である。
4~5月に架けて50周年記念のヘッドマークを付けての運行がなされたので、この事実自体はもう御存知の方も多かろう。



hk5008@yodg01
5008F 8連時代 2017年11月・中津駅付近

この車両は1968年にデビューしたが、当然の如く当時デフォルトだった抵抗制御を採用。2000系3000系と続いた流れを踏襲した作りになっていたが、車体は2000系を踏襲し、走行機器等は3000系と一緒にされた。神戸高速・山陽電鉄乗り入れを開始するに先立って、1967年に従前の600V から1500V への昇圧が行われた。昇圧後にデビューさせるという事で1500V 単電圧対応の新型車として投入されたのがこの5000系だった。製造数は47両と多いとはいえない数だが、1970年には冷房装備増備車に当る5200系にシフトした(こちらは製造数僅か25両だが・・・)事と、当時の阪急に於いては神戸線用と宝塚線用とでは異なる系列名になっていた(100の位が0になるか1になるか)事が背景にある。
5000・5200系の合計=82両でも、宝塚線用の5100系の90両に数では及ばない。


この車両が登場したのは1968年だが、この翌年=1969年になると関東では初の界磁チョッパ制御の量産車である 東急8000系 が登場する。この時営団(東京メトロ)も回生制動付電機子チョッパ(世界でも初)の 6000系 の試作車のテストに入っていた事まで考え合わせると、阪急が非常に保守的に見えてしまう。

hk5000@kzkgw02
5000F 今や唯一の神戸線編成 2017年4月・神崎川駅付近


hk5008@kzkgw01
5008F 5000F と同日同所 8連も神戸線運用も見られなくなった。

高度成長時代の阪急の姿を留めていたこの車にも、登場から35年に達するというその時に大きなターニングポイントが訪れた。2002年から始まったリフレッシュ工事である。
元々が3両編成だったこの系列、2000系のT 車を組み込んで4連化してそれをダブルで組んで運用している状態が続いていたのはご存知であろう。
それを約3年掛けてのリニューアルで、インサートしていた2000系5100系に差し替えた。同時に編成毎に違いがあったM 車T 車の配置も(梅田側から) MMTTMMTT というパターンに統一した。
そして言うまでもなく、ボディも一色からチョコレートパフェのスタイルに変って序に顔面プチ整形も施されて「今時の阪急」という佇まいに変った。



hk5012@yodg01
5012F 2014年11月 中津駅付近

小生自身は5000系を撮った回数は少ない。だが、神戸線を走る 8連はそれなりの確率で撮れたはずである。ただ、それも今年に入って大きく変った。5000F を除く 7編成が続々と6連に短縮されて今津線に転籍したのである(所属車庫は西宮で変らず)。
デビュー50年という節目が恰も計った様に本線からの撤退が進むという大きな転換点になった。


今年で50周年を迎えた車輌達の中で、阪急5000系はどうしても小物感が拭えない
このゴールデンどころかプラティナ・ジェネレーションすらと称えられる世代には 485系 がいて、しかも 583系 までいるから仕方がないが、この2系列と同等若しくは上回るレベルのウルトラ級スーパースター(しかも複数)がこの世代にはまだ存在するのである。それは勿論、このサイトでも今年内には登場するであろう。





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸高速鉄道 2路線=東西線・南北線が開業したのは1968年4月7日、この春に開業50年の節目をしれっと迎えていたのであった。知っての通り神戸高速自体が設備だけを保有する、今でいう第3種鉄道事業者の先駆けであったが、地下区間しかない事もあってそれが故に「トンネル会社」と揶揄された事もあった。

会社設立は1958年10月で、来月で丁度還暦となる。神戸市は市電(軌道)の鉄道への転換を望んでいて、阪急を始めとする各社は神戸市中心部への乗入を狙っていた。各方面からのこういった思惑が合致して所謂「第3セクター」として神戸高速は設立されたが、実際の営業開始まで10年の歳月を要してしまったのであった。

2006年10月に阪急阪神東宝グループ(以下HHTG と略)が結成されると、持分法規定により同グループ入りしたが、阪急阪神HD・阪急・阪神・山陽で株式保有比率の調整を行い、HHTG から一旦は外れた。しかし2009年4月1日に神戸市が保有していた株式を阪急阪神HD が取得したので、HHTG に戻ってしまった。

近年は運行管理・駅運営等の業務を阪神電鉄直営という形にしてしまった為、神戸高速鉄道の従業員は現在 5名のみである。
神戸高速といえば何時まで経っても絶えないのがその悪評。例えば、阪神梅田から直特に乗って姫路に向うとしても、阪神+山陽に加えて神戸高速の運賃までトリプルで合算されて非常に割高、その上神戸高速内は飛ばせないのでチンタラする。これではさしもの直特も新快速の補完にすらなれない。
如何考えても「高速とは名ばかりの役立たず」の汚名は返上出来る・・・、訳がない



hk7019@yodg01
阪急7000系 7019F 2017年11月・中津駅付近

hs8240@kasmg01
阪神8000系 8239F 2017年8月・霞ヶ丘駅付近


sy5633@iho01
山陽電鉄5030系5032F 2013年7月・伊保駅付近

kbd1108@nag01
神戸電鉄1000系 1108・1104F 2016年11月・長田駅付近

(以下、ざつだん的形式)

そういえばスタンプラリーみたいなもんやってた様な気するわ。

記念乗車券とか記念グッズも売ってたで

記念ウォークは2回もやったんやで

そもそもあまり話題になってなかったの違う?

元々期待感は無かったけど、トンネル会社にしては良くやった方でしょ

50年経っても黒字化していないのは草
こういう場合、乗り入れてくる会社から線路使用料を徴収して経営資金に充てるのに、2010年9月までそれをしなかったって、何考えてんねんこの会社。


3セクやったから国の補助金が降りて、それでやって行けていたからセーフ

それでも単年度での赤字解消は2021年には叶う見込みらしいで。
ちな、累積債務解消は2049年を見込んでおります。


2049年って・・・、呑気過ぎでも生えない

3年前に資本金を20億からいきなり1億に減資したけど、そんなの潰れる寸前の会社がやる事違うか?

神戸高速は高いというのは本当は嘘! 三宮から西代まで使っても150円、初乗りも130円。大阪メトロや都営地下鉄辺りより寧ろ安い!

その所でガンなのは山陽神鉄

姫路~三宮で比較すると、JR と山陽+神戸高速で運賃は殆ど一緒。ただ、所要時間で20分もの差がある。

何で山陽は高いってイメージ?

比較的短い距離の運賃が何しかゴッツ高い!

山陽も神鉄も準大手と思うから、高いといって腹立つ。所詮単なる地方私鉄と思えば、諦めも付くってもんやろ(白目)


「音楽のまち・かわさき」にこそ神戸高速が要る思う!
いさご、MUZA、銀座街、駅周辺のイベント主催者同士が仲悪い。そこで、神戸高速スタイルの「第 4 極」登場という訳や!
現場の運営をする所がそれぞれに枠の配分をして、あとは勝手に「乗り入れて」もらうという事や。3 者が片乗入をするという形で出演者の決定は乗り入れる各主催者が決める、これでどうや。

草加のミュージックレインボーあるから要らんやろ!

そこは結果的にはという話や

草加は関係ない! 丸っきり別や! 川崎にそういうのが無いとアカンいう事や!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

~抱え込んだものがとんでもない代物だったか~

嘗て故・星野仙一氏が阪神の監督に就任した際、あのミスター老害こと石w 慎太郎氏が「トンでも無い所に嫁入りしたものだ」と評した事を御記憶の方がどれだけいるだろうか?

でも一番トンでもないのは球団以上にそのファン達ではないだろうか?

阪急阪神 HD の株主総会ではオレンジの阪神電車にクレームが付いて、今年はそこに加えてタイガース及び金本知憲・片岡篤史両氏に批判が集中して「株主総会大荒れ」という形で大ニュースになって拡散する。
大阪でも真っ当な御仁達にいわせれば、ニュースにする必要もないただの風物詩でしかないのに、これに乗っかって騒ぎ立てるメディアも、その民度は高が知れている。
受け手側のネット市民を自称する多数のアホバカ達も結局のところは飛び付いて騒ぐだけが目的で、その後 3歩歩いたら直ぐ忘れるのでは鶏と同程度の脳ミソという事になってしまう。


こんな事が毎年続くと、阪急東宝の御仁達にとってはさぞかし迷惑でろう事は想像に難くない。
タイガース自体の収益性は高い=優良資産であるのは事実でも、阪急のハイソなイメージがこんなんで傷付いたらそれこそそっちが一大事。折角のブランドイメージを毀損してそれで廻り回って企業価値が下がったらどないしてくれんねん?


電車タイガースに対するクレーム処理の為に株主総会があるのではない
株主という事を笠に着て、ファンの集いか憂さ晴らしに利用するアホバカ振りを全国に晒して喜んでいる阪神ファンは民度が低くて品性ゼロと思われても仕方ないだろう。
今は「聖人」と崇められる真弓明信氏でさえ、監督時代の最後(2011)は「アホ・カス・ボケで AKB」と揶揄された程で、厳しいといえば聞えは良いが、「コンドーム飛ばして喜んで、一寸気に入らないと直ぐボコボコに叩いて悦に入る基地外ども」と冷ややかな目で見られるケースが多いのは気付かないのだろうか?

そんなに気に入らんのなら、「このカラーリングで長期間に渡り著しい精神的苦痛と損害を受けた」とかいう理由で、8000系9300系の即時使用差止・全車即刻廃車及び損害賠償を求めて集団訴訟でも起こせばよい。(普通に考えれば棄却以前の却下と思われるが・・・)
それでも収まらないのなら、蜂起して非合法的暴力的手段に訴えれば少なくとも一大ニュースにはなるであろう。

何よりも阪急には関西を代表する企業として、歳月を費やして築き上げた高級なイメージをタイガース如きで崩さんといて欲しい。

hk8003@kzkgw01
阪急 8003F 2017年4月・神崎川の鉄橋にて


hs8246@damt01
阪神 8245F 2017年8月・大物駅

ワールドカップで日本がコロンビアに勝った時に道頓堀に飛び込んだ DQN がおった訳で(予想は出来ていたが)、今こそ何かを変えないと大阪阪神ファン民度が低い思われますねん。


何れにせよ、タイガース阪急阪神東宝グループにとっては諸刃の刃になってしまう可能性はある。そもそもこのグループが成立した背景を考えると、これは決して望まれたものではなかったであろう。小生もリスペクトする阪急だからこそ、こんな話が出る度に何処か不憫に思えてしまうのである。
更に今、この事件のきっかけを作った所謂・村上ファンドの後継に当るものが、今度は石油業界の再編劇に大きく絡んでこようとしている。





当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年2度目となった南茨木のPart 2、前回載せなかった系列の画像を。

hk3329@mib01

前回=4月にチャンスの無かった3300系
2300系が消滅し、こちらも50年クラスになったので新たな置換え対象になって徐々に数を減らすのは間違いない。少し前なら厭というほど遭遇していたのであるが、今回もあまり遭遇しなかった。
コイツが姿を消すのが先か、それともベテルギウス(Betelgeuse=Alpha Oriの超新星爆発が観測されるのが先かというのは結構微妙な所かもしれない。



hk5321@mib01

この5300系はやたら遭遇していた。置換え対象になるのはまだ先であろう。この5321F は4次車・3次車・1次車の混成。中間のT 車2両のクーラーキセが4台になっていてその部分が1次車であるのが判る。この編成はクーラーキセ未交換である。
5300系でも1次車は今年で45歳となりアラフィフのレンジに突入したが、3300系が残っている為に引退は未だ先となる模様。
関西の私鉄は世代交代が遅くて草生える、でもそこがマニア心を擽るのも事実。


hk7322@mib01

7300系でもこの7322F はリニューアルで制御方式がVFD に変更され顔も中途半端に整形されたタイプ。このプチ整形で、車番の位置が変更されて、貫通扉の窓も大きくなった訳だが、「こんな程度ならやらんでも良かったん違うか?」と言いたくなるのは小生だけだろうか?

hk7323@mib02

オリジナル顔の7323F7321F遜色特急、1時間に1本は遜色特急に出会う感じだった。
梅田側3両=7323・7353・7321のみアルミで京都側5両は普通鋼車体という珍編成


osk66607@mib01

撮影していた約90分の間で 66系 がやって来たのはこの1回だけだったが、半被りになってしまった
見ての通り未更新の編成だったが、更新車は未だ押さえられていない。
この 66系 の顔面にVVVF という(当サイトではVFD と表記)マークが大きく画かれているが、新20系・10A系・30000系でも今更の様にVVVF を主張するロゴが付いているのには草生える。更には、10系更新車(10A にされなかった奴)に電機子チョッパ制御を示すACCC()というロゴまで付いているのはL.O.L. の大草原状態

近鉄の一部車両(1420系3200系5200系等々)にもVVVF・三相交流をイメージしたというロゴが付けられていたが、正面ではなく乗務員室後方のサイドであり、近年はそのロゴも消されている。





その翌日朝、曇天になってきた神戸を発ち昼からの仕事の為に大阪へ。新快速を大阪で降りてタクシーで寝屋川橋へ。着いた時はまだ薄曇り程度でそれなりの絵が稼げるかという期待と共に戦闘開始。
4月は歩道橋から俯瞰したが、今回は寝屋川橋の片隅から地面の高さで狙う。
(4月の時の模様はこの記事で)


kh13022@tmbs01

この場所では初、通算でも2回目となる13000系を押さえられた。京阪も遂にデイライトオン(昼間点灯)を開始した事が判る。この日はプレミアムカー導入終日ヘッドライト点灯となってから初という一寸した記念の撮影でもあった。
最初こそこの様にそこそこ晴れた絵が撮れたが…、開始20分後位から一気に曇が厚くなって日差しの貧弱な状態に


kh8005@tmbs01

元の8連に戻って走る 8000系(8005F) だが、肝心のプレミアムカーは京都側から6両目。見ての通り、線路が曲っていて5両までしか入らないから、ここではその姿を納める事は不可能だった。

kh3005@tmbs01

あまり話題になっていない様だが、京阪でも3000系の顔面整形が地味に進んでいる。整形済みの3005F を捉えたものだが、貫通扉交換と車番の位置変更という阪急紛いな整形。このマイナーチェンジは貫通扉のシンボルマーク液晶表示の為のものだが、これを撮影した8月末の時点では開始されていなかった。

時間経過と共に雲が更に厚くなったので、当初の予定より15分程早く切り上げて、昼からの仕事の準備に入った小生である。



)armature chopper control car の略という事らしい



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ