Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:西武鉄道

御存知の通り 西武9000系 の廃車が始まったが、全検切れになるタイミングで廃車を行うと予想していた。全検切れはほぼ編成番号順になる筈であるから、先日のトレインフェスティバル 2017 in 横瀬でも廃車一番乗りで落書き用に展示されるのは9101F と予想していた。

ところが、そのイベントで展示されたのは 9106F =第6編成 だった。これは如何言う事か理解に苦しんだ小生だったが、 9000系 の台車は 101系 のそれでVFD 化(2004~2008)の際にも交換されなかった。この機器更新が台車の痛みとへたりを加速させる結果になったのは事実らしく、一番最初にVFD 化されたこの編成が最初に廃車されたとも考えられる。最初に更新された 9106・9107編成 のみが武蔵丘での施工で、続く残りの6編成については東急車輛(現・J-TREC)での施工だったという経緯も絡んでいるのかも知れない。

sb9106@tok01
在りし日の 9106F  秋津~所沢間・2014年3月撮影
小生も 9000系 には随分と遭遇しているが、この編成に出会ったケースは何故か非常に少ない様で、画像を探し出すのに結構苦労した。


この度の事で西武 9000系 を3全検にしないどころか、1日も早く全廃する意向をハッキリさせたのは確か。最初の廃車は 9106F だったが、近々9101F が全検切れで廃車になる可能性が高いと思われる。
今の西武にとって地下鉄に入れない10連ユニットは必要ないのである。西武にとっては10連固定なんてそもそも使い勝手が悪くて邪魔なのであろう。6連や4連で支線運用に対応出来る編成がどちらかというと望ましいのである。


2013年の5社相互直通開始以来、池袋~練馬の地上線については西武としては如何でも良い感じで、近い将来に特急以外は運行系統分離という可能性も考えられる。10連運用は他社様に出来る限り押し付けたいという本音がどこかにある事まで透けて見える。

この9000系は突っ込み所が多かった様に思われる。
コストをケチって 101系 機器再利用車として中途半端に作った事が、短命に終る最大の原因だったのは明らかである。約20年前に初めて乗車した時に、見た目と走行音のギャップに違和感を覚えた記憶がある。機器更新後も乗車した事があるが、その時も色々混ざった様な感じで別の違和感を禁じ得なかった。正面の貫通扉にわざわざエコマークを貼り付けて省エネ車に生まれ変わった事を今更の様にアピールしていたのも突っ込み所の一つである。
それでも20年以上優等運用主体で走ったのだから失敗作と決め付けるのは問題だが、デビュー時からボタンは既に掛け違えられていたのは間違いない。
80年代末にはVFD の技術は確立していた訳で、 2000系(Ⅲ) としてVFD 制御で6連 and 4連の様な構成で登場させるべきだった。現に登場時は4連だったのだから。(
地下鉄乗り入れを考えず、西武的な使い勝手も考えるなら尚更であっただろう。




)4連で登場した真の理由は当時の所沢工場の製造能力によるものである。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武鉄道から11月11日開催の「トレインフェスティバル2017 in 横瀬」に関するアナウンスの中で、「今年度から廃車が始まる 9000系 …」という件があった。
1993年12月に新製された 9101F の全検がこの12月で切れる。新製時は4連で、翌年3月中間車6両追加。
新101系 2000系 も全廃になっていないのに何故 9000系 廃車開始なのかと思うかも知れない。9000系は今年末から2019年にかけて全検切れを迎えるが、この度の話は 9000系の3全検は無いという西武の意思表示 と見て間違いない。



sb9001@irmgw01

2012年8月、仏子・元鍛冶間の入間川の橋梁にて撮影した 9001F

sb9101@tok01

これが現在の姿、2016年7月より9月まできゃりーぱみゅぱみゅ 嬢メジャーデビュー5周年記念 KPP トレインとして走った後、ラッピングは外されピンク1色の姿で走行していた。全検切れまで1年程度で、廃車予定だった事もあり黄色に戻されなかったと考えるのが妥当という事になる。

御存知の通り 9000系 は1993年12月に4両ユニットとして導入開始となりその後程なく10連化、当時は 101系 の走行機器を流用した抵抗制御車だった。2003年から機器更新で 20000系 と同仕様の機器を積んで漸くVFD 制御になった。それでも乗車した時の音の感じからして 101系 からの流用機器が残っていたのは間違いない。
単純に考えれば、 101系 流用機器の老朽化が原因とも言えるかも知れないが、機器の再更新という選択肢が無いわけでもなかろうから、それは原因の1つに過ぎないと思うのが妥当。

西武サイドには池袋線系統の10連は地下鉄対応車で統一する狙いがあるとしか思えない。10連ながら地上線専用の 9000系 は使い勝手が悪くて邪魔になったとしか思えない。40000系の製造予定数は10連8本=80両で、 9000系 の数とピッタリ一緒である。

更にそこからは、地上の池袋駅に発着する運用を減らして地下鉄直通運用を主体に変えたいという意図も見て取れる。換言すれば練馬以南は有楽町線をメインにして、池袋線は補助的な位置付けに変えたいのかも知れない。そうすれば西武的には自社で保有する車両数を減らせる可能性があると思われる。


西武黄色の電車という図式は数年内に過去のものとなるのは間違いない
西武池袋線に於いて、1940年代には汲み取られた糞尿を肥料の材料とすべく埼玉に輸送する貨物列車を運行していた。それは嫌味を込めて「 黄金列車 」( 黄害やろホンマは! )と呼ばれていたが、これが当時危機的だった経営を何とか支える役割を果たし、その後の発展に繋がった。
1969年登場の 101系 から始まった黄色い電車はそれへのオマージュだったのか?、又2020年を控えてこの 黄害 の歴史をしれっと葬る意図もあって 黄色い電車 抹殺を急ぐのだろうか?
穿ったものではあるが、そういう見方も出来る。


sb40101@tok

黄色い電車 抹殺の刺客として増殖している40000系の第1編成 数日前・所沢駅付近にて
一見すると日立製に見えるが、この系列の製造は川重である。どうやら新たに製造された編成(第4編成)が近日中にも神戸からやってくる見込み。


西武という会社の歴史を見ると、新宿線の 2000系(Ⅰ) 廃車発生品を取り付け減車の上で 2000系(Ⅱ)完コピ車 6連(又は4連)に仕立上げ新宿線で使い倒すというまさかのウルトラC 的な事も決して考えられない訳ではないだろうが…



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

門松もあと2日で取れる事となったが、今回はフリートライアルでDFA ☆ 70-200mm f2.8 を使ってみた件のPart 2 になる。
このDFA ☆ 70-200 f 2.8 はPENTAX 渾身の新作といわれ、実売価格だって20万を超えるレンズなので期待は高く、そうと来れば限られた日数で使えるだけ使いたいというのが小生の本音なのだが、天候は不順でその上、撮りたい被写体も確実に減っているというのではきつい。

天候に恵まれた日を見計らって撮影に繰り出した訳であるが、Part 1 の西武新宿線に続いては西武池袋線も撮ったのでその作例を数点ピックアップしてみたい。場所はド定番のあのカーブ。

sb9101@tok01

ピンクの9000系=9101F
を遂にキャッチ!
原宿系の象徴、きゃりーぱみゅぱみゅ 嬢のメジャーデビュー5周年を記念したKPP トレインとして9月末まで走っていた。8・9月は新宿線に移動していたが、池袋線に戻ったこの時は10月だったのでKPP トレインではなくなり、KPP の装飾は外されていたものの、車体は黄色に戻らずピンク一色で走っている。(この時点では)


sb6103@tok01

池袋線の6000系は地下鉄対応なので、全編成が 顔面蒼白
この日出会った6000系はステンレス車ばかりだった。


sb9103@tok01

KPP だけでなく Red Lucky の9103F もキャッチ成功。
このポイントでこの編成を撮ろうとするといつも被られたりして悉く失敗だったので、ここでまともに撮れたのは初めて。
これで2代目 Lions Train(9108F) もキャッチ出来れば揃い
踏みだったが、それは成らず。

sb2450@tok01

2000系(Ⅱ)の10連=2連+8連。
前パンショットを撮れる所は関東では貴重である。西武ではこの 2000系 30000系で前パンショットが撮れるが、 2000系 の方が断然迫力がある。30000系は顔がマヌケな上にパンタがシングルアームなのでどこか今一つ冴えない。 2000系 の前パンショットも以前に比べて見かける頻度が落ちている気がする。
因みに、この 2000系(Ⅱ) は1988年登場で西武の主力として活躍し続けているが、だからといってこの程度ではSMAP に勝利したとまでは言えないか。(前記事参照)



sb20158@tok02

銀河鉄道999ラッピングとなった 20000系20158編成 だが、個人的な感想を述べると先代の999トレイン 3000系3011F に比べると見劣りがする。 20000系 はコンセントみたいな顔で全体的に存在感が薄いが、そこにラッピングをしても存在感の薄さは変らない様だ。


このカーブでの撮影は2時間近くに及んだが、曇られる時間が結構有って、その上10月だというのに空色が湿っぽくて汚い

いつも使っているSIGMA の色味に慣れている小生としては、このDFA ☆ の発色には少々違和感を感じてしまう。この個体の問題なのかは判らないが、RAW 現像でもカラーの調整に迷ってしまう上に、最終的に作ったこれらの絵もまだ今一つ納得が行かない物である。

次はターゲットも場所も変えてのPart 3 !




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道ネタ自体半年以上ご無沙汰だったが、今年もあと3時間半程になった今、漸く移転後初となる鉄道ネタを繰り出す事が出来た次第。

PENTAX のレンズ難は今に始まった事ではないが、サードパーティー製のレンズもPENTAX マウント(K マウント)は設定されない物が多い。
作っても売れないのが火を見るより明らかというのが第一の理由だが、K-マウントが未だに絞り連動ピンを使用している事も背景として存在していると思われる。
(つい先日になって電子制御絞りKFA-4 マウント仕様のレンズが登場したが)

小生が命のレンズ(2代目)として大事に使用しているSIGMA APO DG HSM 70-200mm f2.8 OS も2012年に購入したのだが、K マウント用は既に製造打ち切りになっている。

もし今、明るい望遠ズームを新規に買おうとすると純正として漸くリリースされたDFA ☆ 70-200mm f2.8 しか実質上選択肢がない。
そんな中、小生はファミリークラブプレミアムメンバー特典のフリートライアルシステムを利用してこのレンズを使用する事が出来た。
しかし、時は10月、この秋は夏の天候不順を引きずったかの様に、多雨寡照で思う様に撮影に行けなかったから、試すチャンスも少なく、折角のチャンスも十分な成果が挙がらなかったのは非常に悔しい。
そういう中でも何とかチャンスを見付けて撮影に繰り出した。今回はその第1弾として西武新宿線の花小金井~小平間のS 字に初めて足を運んだ。
実際に行ってみると、本来構えたい位置には先客が居て、ポジションを変える必要に迫られた


sb2400@kodr01
2000系(Ⅰ)のみでの2連+8連=10連・急行西武新宿行き(拝島始発)
新宿線と言えばこの絵が欲しかったのである。パンタがシングルアームになってしまい迫力ダウンなのは残念。新宿線ではこの2連が本川越側に付いているケースもあり、この絵が撮れる確率はそんなに高くはない。


sb2050@kodr01

こちらは2000系(Ⅱ)の8連による普通電車
このアングルでもまあまあS 字という感じは表現出来るのではないかと自分を慰めるしかない。


sb6101@kodr01

この時も実は急に曇られる事もしばしばだった、空模様が安定しないのには本当に困り物である。
6000系の第1編成、顔が銀色のままなのは6101・6102F のみで、地下鉄直通対応化工事を受けていない事を示している。又6000系ではこの2本のみが新宿線所属である。


その後漸く先客は退いて本来構えるべき位置に移動出来たので、そこで粘ってみたが、結局はこのザマ

sb2500@kodr01

2000系4連×2の普通電車だが、見ての通り顔に陽が当たらなくなった。撮りたい構図で撮れると思ったら順光時間終了
このアングルの定員は1名か2名、しかもここを根城にしている人間が数名は居るように思われるので、小生のような余所者にはチャンスが本当に少ないと思った方が良かろう。
線路の向きからすると本来秋冬向きの撮影地だが、12・1月あたりだと線路沿いの樹木や建物の陰が落ちてしまうと思われるので、これからなら2月まで待った方が良いかも知れない。

年を越してPart 2 へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽の軌道は季節によって大きく変る事は小学校か中学校で習った筈である。(そういう小生も一時期忘れていたが…)
同じ撮影地でも季節によって順光時間や順光アングルが違うというのは当たり前にある事。撮影地自体が季節限定になってしまう事もある。その中には非常に限られた季節しか順光にならない所もあるのである。そんな所の最たる例がこの撮影地である。

sb32104@ntok01


西武池袋線の中でも比較的有名な所沢~西所沢間のこの場所である。
所沢を発車した下り列車が西所沢に向かって大きくカーブして行くシーンを狙う撮影地であるが、如何せん周囲は住宅地、カーブの内側にも住宅がある為フレームに入るのは7~8両が限界。
ウェブの地図で検索して頂くと判ると思うが、この様なバリ順になる時期は極めて限られる。夏至に近い時期でないとサイドまで陽が回り難いのである。先日梅雨入り直前に足を運んだが、約4年振りだったと思う。
新101系の本線運用がいよいよ終焉に近いた2012年8月以来だったと記憶している。最初の絵は30000系の2連+8連の急行飯能行き 30000系には10連ユニットも導入されているが、同じ10両なら2+8の方が良い。


sb9003@ntok01

初めて押えられた Red Lucky Train=9000系9003F 兎に角一度押えたかった編成である。運行開始から約2年が経つのになかなか御縁に恵まれず、撮れていなかった車であった。
前にもチャンスは一度あったが、被られてしまいアウトだった。場所は違えどリベンジ成功で一安心


sb2000@ntok02

セパ交流戦(相手はYDBS)が開催されていた事もあり、西武球場前行きの列車が増発されていた模様。こちらは2000系2連+8連、即ち「正調」の10連 デカパンの先頭2丁が素晴らしい、アモーレな状態!
池袋線での2000系10連運用は池袋線でも嘗ては頻繁に見られたが、6000系以降10連ユニットが増えた事もあってか、最近はあまり見られなくなった。


sb6052@ntok01


6000系50番台=アルミ車、サイドがグレーを地色に塗られている。0番台ステンレス車に合せようとしたのであろうが、白地にしても良かったような気がする。この6000系は結構曲者になる事が多い、正面に角度が付けられていて、ガラス部分が非常に大きい、その上白い。光線状態によっては顔だけ白飛び気味になってしまう事がある。太陽の角度が低く、正面光気味の時にこれが起こり易いと思われる 時間経過と共に光線状態も変化する。夕方ともなれば太陽の角度は低いから、思わぬところから影が落ちて来る。影の落ち方には常に注意を払う必要がある。電線・ケーブル類、架線柱だけではない、周囲は住宅地なので建物、電柱の陰にも注意が要る。 てなわけで、撮影中にもポジションとアングルを3回移動

sb2000@ntok01

急行の西武球場前行き、2000系の8連だが、よく見てみると、ブツが新宿線用のヤツ=旧型! しかも池袋寄りに連結という珍しいパターン…、という事は西武新宿発の列車だったのか?
(新宿線でブツは本川越サイド=池袋線では池袋側となる、に付く事が多い)

2000系自体が元々新宿線用に登場した車で、その主戦場は新宿線にシフトしている感がある。


sb32103@ntok01

30000系の2+8に2度目の遭遇。先頭のパンタはかなり良く抜けた感じだが、2基目は隠れてしまう。その上、シングルアームの存在感の薄さが哀しい…

sb9008@ntok01

今年1月から2代目 Lions Train となった 9008F
 Lions Train は 3000系3015F 引退=2013年12月から約2年間「空位」だった 
この撮影地に着いた直後の17時頃、この編成が池袋に向って行ったのを見て、18時位まで待てばチャンスありと踏んでここまで待った。
ただここで気になるのは正面貫通扉の塗装の禿げである。半年にも満たない間で何が起きたのだろうか?
撮影時刻は18時6分、ただ撮影はこの辺が限界。見ての通り、影が落ちまくりでこの先は真面な絵が撮れない感じであったので、ここで撤収にした。
この日は Red Lucky 、新 Lions Train 共々この約1時間で捉えられた、

あとはKPP(きゃりーぱみゅぱみゅ)Train=9001F を捉えたいが、KPP Train は本当に期間限定だからチャンスがあるかどうか…?
今回ここで撮影して改めて気づいた事として、17時の時点でサイドがやや弱い。バリ順になるのは17時15分位である、しかも6月初めでこの始末。この場所をお勧めできる時期はかなり短いというのがお判り頂けるであろう。
唯適当に記録すれば良いというノリで撮っている連中からしたら、何でここまで拘るのか理解出来ないかも知れないが、可能な限りディテールまで美しく撮ろうというのが小生の信条であるからである。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2016)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ