Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:横浜

生チョコ、今となっては牛馬犬猫の類でも知っている様な言葉になった。ここでだが、これは一体いつ頃からポピュラーな言葉になったのか?
デパ地下だろうが街中の路面店だろうが、それこそ何処に行っても厭という程「生チョコ」を見掛ける様になったのは、勿論今世紀に入ってからであろう。


「生チョコ」と似た様な物でガナッシュ(Ganache)という物もある。生チョコとガナッシュを無理やりにでも区別するなんて事をしているのは日本だけであろう。この両者、チョコレートにクリームを加えて一度ペースト状にして加工するという所はまるっきり一緒である。こんな両者を区別する必要なんて無く、「生チョコ」なんていう言葉自体が非常にナンセンスにしか聞こえないと考える小生である。

因みに公取委のチョコレート類の表示に関する公正競争規約によると、
チョコレート生地にクリームを含む含水可食物を練り込んだもので、チョコレート生地が全重量の60%以上で、且つクリームが全重量の10%以上のもので水分量が全体の10%以上
前号に適合するチョコレートにココアパウダー、粉糖、抹茶等の粉体可食物をかけたもの、又はチョコレート生地で殻を作り、内部に前号に適合するチョコレートを入れたものであって、当該チョコレートが全重量の60パーセント以上で且つチョコレート生地の重量が全重量の40パーセント以上であることが生チョコと名乗れる条件との事。


silsmariagateau01
Silsmaria のチョコレート生菓子 3種類

では日本特有の生チョコという言葉というかコンセプト的な物を作り出したのは誰で、それが何時だったのかというと…、実は何と、昭和の内に生み出されていたのである。
先日、小生が横浜の馬車道に出かけた際の事だった。イタリアワインで有名な「Il Calice」(イル・カリーチェ http://www.il-calice.jp/)を数年ぶりに訪れてワインを購入、その後車を置いたコインパーキングに戻る途中、 Silsmaria (シルスマリア)馬車道店の前を通り掛かった。普段甘い物をあまり購入しない小生だが、抑々チョコレート系の菓子が好きでこれも何かの縁だと思い買い物をしてみる事にした。そこで店のスタッフさんから聞いた話に小生少々驚愕
実は Silsmaria の平塚にある本店が生チョコ生誕の地だったというのである。時は1988年、まだギリギリ昭和という時で世はバブル真っ只中、そんな中この店のオーナーシェフだった小林正和氏がガナッシュをもう少し日持ちする様にとアレンジして作ったのが生チョコなのだそうだ。


生チョコ=1988年生まれという訳で…
近鉄21000系5200系名鉄1000系小田急1000形東京メトロ02系・03系・05系東急1000系西武2000系(Ⅱ)
田中将大、坂本勇人、前田健太、柳田悠岐、石川 歩、秋山翔吾、Craig Kimbrel (クレイグ・キンブレル)、Russel Wilson (ラッセル・ウィルソン)、Ricky Fowler (リッキー・ファウラー)、Sergio Agüero(セルヒオ・アグエロ)、 Mesut Özil (メスト・エジル)、乾 貴士、Marin Cilic (マリン・チリッチ)、小塚崇彦、
三浦翔平、松坂桃李、辻井伸行
新垣結衣、戸田恵梨香、吉高由里子、菜々緒、May J.、小嶋陽菜、大島優子、樫野有香、大本彩乃、福田彩乃、
佐々木希、ホラン千秋、近江友里恵、福原 愛、浅田 舞
こういった面々が「生チョコ」と同い年になるという事である。


生チョコの誕生から5年後、小林氏が監修・制作したある商品で生チョコが世間に広まり始める。その商品とは明治からリリースされた「Melty Kiss」であった。ここから各製菓メーカーもこのジャンルに乗り込んで来て生チョコは一気に市民権を得た


現代の我々の生活に馴染んでいる物で、日本での発祥が横浜という物は多い。ガス、街灯、塗装業、写真、アイスクリーム、近代型の水道、タンメン、ナポリタン、食パン、ビール等々がこれに当る。平塚発祥になる生チョコは一寸掠ってしまったという所が残念か?
余談だが、今年2019年は日本におけるアイスクリーム発祥から150年目の節目である。(発祥当時はあいすくりん)




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


rkspn002

まさかまさかの事態が起きた
横浜DeNA ベイスターズ(以下、YDBS如きが、事もあろうにあれよあれよと日本シリーズ進出を果たしてしまった。しかも、あのマツダ ZZS 広島での4連勝である。

この結果を予想出来た人間は何人いただろうか? あの蔑まれてすらいたベイスターズが、である。
YDBS の方は総体的に見れば結構良く練られた戦術が功を奏した印象がある。初戦こそ天候が広島に味方した感があったが、接戦を続けて制して最後は完勝!
長雨・台風も結局はYDBS に味方した(投手起用に余裕が出て、継投のオプションが増えた)


これで「ラミレスは無能」という評判も少しは覆るか見ものだが、現時点で既にあの希望を壊した緑のオバハンよりは有能と言われているとかいないとか。
その一方で俄ファンを粗製乱造しバブル化していちびっている感のある広島には一寸した鉄槌が降った様にも見える。
(心の片隅で It serves them right ! と思っている小生がいるww)
(序に、有能なのは緒〇耕市ではなく野〇謙〇郎と石〇〇朗だという事も明らかになった模様)


東京地区の地デジで巨人戦を観られる事は稀である。15年前なら巨人戦の大部分は地上波で観られたが、それも隔世の感がある。パリーグの試合なら、ようつべでダイジェストで観る事も出来る。
小生も時間が取れる時であれば、首都圏の地方局で YDBStvk FSBH =TOKYO MX 、埼玉西武=テレ玉、千葉ロッテ=チバテレ、という所から探して観ている事が多い。
tvk でYDBS の試合を時々見ていての印象として、2012年に経営が変わった後も結果は中々思う様には出なかったが、試合内容は明らかに向上していた。よって、何時かこういう時が来てもおかしくなないと小生も薄々思っていたのは事実。
でも、ハマスタでのP. V. が満員札止めになるというオマケ付きで、本当にこういう事になるとは「おったまげぇ~」である。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このネタもいよいよ最終回、象の鼻テラス屋上を早々に後にして、臨港線プロムナードに移動。テラス屋上と高さはほぼ一緒だが、夜景スポットとしての認知度はこちらの方が全然上!

このプロムナードは貨物線の廃線跡で、以前は山下公園を貫いて山下埠頭に達していた。山下埠頭への延伸時に山下公園内を通る事に反対が多かった。ただ、小生的には山下公園というと高架線があるというイメージが長い事残っていて、それがいつの間にか撤去されたのを見た際に違和感を覚えた事を思い出す。
公園内の区間は景観の為に2000年までに撤去されたというのだが、景観に取り込む様に再利用出来なかったのかと個人的には思う。廃線前の事ではあるが、1980年にはC58+旧客というイベント列車が山下公園の中も含めて臨港線を走った事もあったのだから()、何か手はあった筈である。

現在、プロムナードとして残されているのは公園より西の区間(新港橋梁まで)であるが、横浜の名所の一つとして、市民が日常から行き交う生活歩道としてもすっかり定着している。
遊歩道としての供用開始は2002年になので、今年が15年目の一寸した節目となる。


rkspn001

遊歩道の海側のサイドに構えてのショット、夜景としてほぼベストな色合いの空。こういう空色の出せる時間は長くないから時間を無駄に出来ない。
ランドマークタワーは税関や県警本部の陰に入ってしまうが、クイーンズスクエア、コスモワールドから赤レンガ、手前には象の鼻が入れられて、今や同所の御馴染みとなった光るパネルもしっかり見えるが、同時に如何にも工事中というスポットも入ってしまった(右側下部)


rkspn002

ズームを活かして余計な所を外して撮る。


rkspn003

税関のクラシックな佇まいを波長の長い街頭の光がオレンジに染める。もうお気付きとは思うが、手前の遊歩道は実際こんなグリーンに見えたりはしない。遊歩道の照明が水銀灯や蛍光灯の様な緑に写る光源だからと思われる。
オレンジグリーンネイビーの処理の仕方一つで絵が大きく変る。


rkspn004

山下公園寄りに下がった位置から撮ってみると、船着場もフレームに入る。比較的賑やかなエリアをバックに、手前の比較的人気の少ない静かなスポットとのコントラスト。船着場のすぐ奥(画面中央辺り)がPart 4 で取り上げた象の鼻テラスである。
このプロムナード、税関辺りでカーブしているのだが、そのカーブしているところをもっと活かす構図を考えても良いのだが、ここはあくまでも15-30mmのテストという事である。例えば、アウトカーブ0度でカーブを強調という様な撮り方も無い訳ではないと思うが、ワイドでは上手く行かないだろう。

rkspn006

緑の遊歩道(曝)を手前で強調する。色調もブルーグリーン系を中心に少し冷たくアレンジするのが都市夜景らしさを演出するポイントの一つか。
あくまでもレンズを通しての事だが、ここまでに映る光源も今時珍しいかも知れない。水銀灯や蛍光灯を使用した街灯も減っていて、LED が全盛になりつつある今の世である。


rkspn005

税関側サイドを外して、三日月形が印象的なG. インターコンチネンタルホテルをど真ん中に。赤レンガもしっかり入れる様なアングル。
手前には船着場=ピア象の鼻が大きく入るが、18時手前という事もあり、この日最後の港内クルーズ船が客入れ中だった。


rkspn007

港内クルーズ船の出発が18時を告げた。最後のショットとして船の光跡を入れた絵を撮ろうと狙ってみた。画面右サイド中程に小さく入ったが面白い感じにはならなかった。

zhtc005

この遊歩道から大桟橋、ベイブリッジ方向を撮るとこういう感じで撮れる。
大桟橋埠頭ビルはに見えるが、これはあくまでもレンズ越しでに映るだけであって、実際はグリーンに光るわけではない。ただプロムナードや大桟橋埠頭がに映ったり、実際の見た目ではあり得ない絵が出来るのも夜景撮影の醍醐味であるとも言える。






smc1530aこのネタはあくまでも、「使ってみた件」という事なので、このレンズの全般的印象を最後に総括したい

何でという位デカくて重いが、そこはフルサイズ対応で、超広角用となれば仕方ないとも言える。レンズ自体大きく湾曲しているタイプなのでフィルターも付けられないから扱いには余分に気を使う。

このレンズをテストしたのは全て屋外で、アルミの中大型三脚を使用しての撮影だった。本音を言えば、高層建物の展望室からの俯瞰夜景も撮りたかったのだが、そちらは断念。
その大きな理由として、展望室みたいにスペースが十分でなく、卓上三脚等を使わざるを得ない所では、このレンズ自体が大き過ぎて非常に使いにくい 。ミニ三脚等とボディ底部の間にプレートでも噛ませて重量バランスの取れる形でセット出来れば可能性はある。


小生の場合、DA 14mm f2.8 とDA star 16-50mm f2.8 を所持しているので、今の様にAPSC を使う限りに於いては大金出してコイツを買うことはないと断言出来る。
DA 14mm、DA star 16-50 共々APSC 専用だが、使用条件やコンディションにも依るがまだまだしっかり使えるし、この15-30 と比べて大きく劣る様な要素は感じられない。




)横浜開港120周年号として1980年6月13~15日の3日間、C58-1号機の牽引で東横浜~山下埠頭間で運転された。旧客は青い車だったらしい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

この15-30mm × みなとみらいのネタもPart 4 に突入
このレンズと共にみなとみらいに行くのは3回目になったのだが、以前象の鼻パークを旧ブログ時代に取り上げたが、実はそこに「象の鼻テラス」と称するレストハウス兼アートギャラリーがあって、その建物の屋上スペースも夜景スポットになっているのである。臨港線プロムナードから、又地上からでも建物に入る事なく直接屋上に行ける様になっている。
因みに、小生がこの事を知ったのはかなり最近になっての事であり、テラス自体の知名度が高い様には思えない。


zhtc001

リアル冬晴れの下、日没直後から撮影スタート。手前側で光っているのは通路だが、手前側は公園なので光源が乏しく非常に寂しい。手前1/3程がすっからかんな感じなので絵的にはあまり宜しくない。

zhtc002

ワイド端で撮ると赤レンガまで入るが、すっからかんな部分も増えてしまう。犬を連れて散歩している奴が座り込んでいたりするので、そいつが退いてくれるまで待たされたりする。

この象の鼻パークは横浜港発祥の地で、大政奉還直前に西波止場として築造されたのが始まりだが、カーブした形状だった事で象の鼻と称された。
関東大震災で被災した後は直線型に変えられて復旧したが、2009年に元々のカーブした形状に復元されて公園として供用される。
小生とすれば、「象の鼻街角ミュージック」でも開催すれば良いと思うのだが…


zhtc003

撮影するのにはあまり良い場所とは言えない。元々存在感の薄い場所とはいえるが、それでも時折夜景見物の野次馬?がやってくる。

zhtc004

テラスから東方向を向くと、大桟橋エリアは言うに及ばず、横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋まで捉えられる。
手前側に興醒めな部分がある。如何にも工事中という感じで妙なパイロンが目立つ。どうやらこの春のイベントにあわせての工事らしいが良く判らん。

このテラスでもう少し納得の行く絵が撮れるかと思ったものの、ややショボい感じで終った。そこで夜景の美味しい時間を無駄にせぬ様と早めに撤収して場所を変えて撮影を続けた。
この続きはPart 5 にて!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回=Part 3 は北仲町通から万国橋に戻って、その北詰(ナビオス寄り)から撮った作例集

bankoku007

ナビオスの陰から観覧車が一部覗く様なアングルを作ってみた。見ての通り、ナビオス(画面右端)から運河パークにかけての場所の照明が波長の長い光源なので、そこを実際よりオレンジヴァーミリオン風に仕上げてアクセントにしてみた。

bankoku008

1枚目よりアングルを若干狭めて撮ってみる。ワイドにしたり狭めたりという画角の調整が1本で出来るというのがズームの強み。観覧車が白に光ると印象が強くなる。

bankoku009

観覧車を隠す様なアングルで撮ってみる。これでも光量は十分でそれなりに華やかさもあるのだが…

bankoku010

橋の中央に寄って観覧車を完全に入れる。やはり観覧車は都市夜景の必需品か。
水辺、観覧車、高層ビルとポイントの高いアイテムが揃う。これに鉄道や幹線道路が入るとパーフェクトだが、展望台からの俯瞰夜景ではないのでそれは無理というものである。
それでも運が良ければ、ヘリコプター等の飛び物を光跡として入れられる可能性はある。


この日の夜景の美味しい時間はそろそろ終わりという事で撤収。面倒で交通費も余計に掛かるが、他のスポットでの撮影は日を改めてという事で帰京。
コストや手間隙をケチっては良い絵は撮れないというものだから仕方がない。
 

別日、別のスポットでの作例もあるが、それはPart 4 以降



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ