Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:山陽電鉄

神奈川新町の事故の話の続きみたいになるが、この事故でゴミ屑記者クラブメディアは何やら京急をここぞと云わんばかりに叩きまくろうとしていた。ただあれだけの事故でありながら、1137号車こそ大破したものの乗客から死者は出なかった。この部分こそもっと大きく評価すべきではないか。
2005年に尼崎で起きた福知山線207系の事故と一概に比較出来ないが、「あの程度」で収めたステ千の有能さは評価されて良い。


kq1137@ttis02
京成立石駅至近の場所から 2014年

2007年にそれまでのアルミ車に代わって登場したものの、その何処か安っぽく凡庸なルックス故にファンからは白い目で見られて、あまりにも増殖し過ぎて結果ぐう畜呼ばわりされていた?所謂銀千だが、今回の事故を通じて見た目以上の有能さを実証したと言えるかも知れない。
これに引き換え、2014年2月に起った元住吉駅での追突事故でボディが簡単に拉げてしまった東急5000系は全く無能に見えてしまう。


京急は軌間=1435㎜の標準軌、台車はボルスタ台車。ボルスタレス台車が主流になりつつある今の世もボルスタ台車を貫いている、先頭車は必ず電動車といった一連のファクターがあるものの、JR で同様の事故が起きたらこの程度で済まなかった可能性は高い。更に、駅のポイント制御はコンピューター制御に…しない!、軸箱支持も円筒案内式を採用しているなど、今の時代からみると偏屈にも見える京急的なやり方が1000形を始めとした京急の車両を有能にさせていると言えるだろう。



ここからは、ざつだん形式にて…

マスゴミが京急を叩いたのは、抑々競合相手のJR 東日本への忖度なのが見え見え。何せJR 東はマスゴミの一大スポンサー

忖度なんて程度の話ですかねぇ? 結託してたの違いますか?(白目)

序に国交省様の御言い付けに抗うかの様なやり方を貫く京急には鉄槌を食らわせたいのだろう。

ステ千も多少は有能かも知れないが、何より有能なのは京急自体違うか?

アルミやステンレスのボディでもフロントセクションだけ普通鋼というケースは珍しくはない。

もし事故ったのがアルミ車だったら、この程度で済んだとは思えんが…

若しそれだったら編成全体が廃車やろねぇ、もう今更代替新造も利かんやろし。
潰れた所だけステンレスに差し替えて見た目は厚化粧で誤魔化すいうのもあるかも知れん。山陽3000系の偽アルミ車3100F・3050系偽鋼製車3066Fみたいにな!

sy3619@kasmg01
偽アルミ車3619を姫路寄りに組み込む3100F 2017年8月

sy3066@shio01
3050系偽鋼製車3066F=姫路側Tc 3638だけ鋼製、神戸方3両はアルミに塗装 2017年11月

一番有能なのは京浜急行自体やろ、今時のステンレス車はどこもそう大して変わらんから、別にステ千が有能いう訳もないやろ。

よその走ルンですとは一味違うのは分かったやろ! どや!参ったか! この国交省のクソ厄人ども!

やっぱり標準軌はエエなぁ! JR なんか狭軌なのに130㎞/hでぶっ飛ばすけどなんか無理あるよなぁ。

223系なんて新快速で高速運転してたら振動でパンタがみんな離線して停電、いきなりストップした事があったらしい。

[ 悲報 ] コストダウンを狙ったボルスタレス台車、却ってコスト高を招いてしまう。
207系の事故を受けて乗り心地や安全性向上のためにいろいろな部品の取り付けが必要になり、結局コストダウンにも軽量化にも然程寄与しなかった。


京急より線形の悪い京阪はこれまで一度もボルスタレス台車を採用していない。
阪急8300系後期型でボルスタレスをやってみたけど、9000系以降はボルスタに戻っている。山陽電鉄もボルスタ台車。東京メトロも10000系からボルスタ台車に回帰した。


いつの間にかボルスタレス台車バッシングになってて

ボルスタレス台車は乗り心地が悪くて挙動不安定でクソやから叩かれて当たり前や!
こんなもん普及をゴリ押しした国交省が悪いに決まっとるやないか!


霞が関の学校秀才がやるからこうなる。黒塗りの車で通勤してて鉄道になんか殆ど乗らない学校秀才の売国野郎どもが決定してそれを上意下達で押し付けるからこうなる。

2000年に起きた日比谷線の中目黒での事故だって、第一にはボルスタレス台車が悪い! それはハッキリしてる! ボルスタレス台車が悪い!そして新井が悪い=朴貴浩が悪い!

それ福知山線の207系並みに脱線してて

有能さを証明した1137にはこの際京急らしさを体現して塗装ボディで帰ってきてほC ンゴねぇ~

kq1217@kanzb01
1000形8連でつい先日までラストナンバーだった ステンレスに厚化粧の1217編成


1200番台・1600番台厚化粧=人呼んで京急の八代亜紀ってか?

化粧厚すぎて顔の大きさが倍になってるとかいうネタ、それ知ってるのは相当なオッサンオバハン。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸高速鉄道 2路線=東西線・南北線が開業したのは1968年4月7日、この春に開業50年の節目をしれっと迎えていたのであった。知っての通り神戸高速自体が設備だけを保有する、今でいう第3種鉄道事業者の先駆けであったが、地下区間しかない事もあってそれが故に「トンネル会社」と揶揄された事もあった。

会社設立は1958年10月で、来月で丁度還暦となる。神戸市は市電(軌道)の鉄道への転換を望んでいて、阪急を始めとする各社は神戸市中心部への乗入を狙っていた。各方面からのこういった思惑が合致して所謂「第3セクター」として神戸高速は設立されたが、実際の営業開始まで10年の歳月を要してしまったのであった。

2006年10月に阪急阪神東宝グループ(以下HHTG と略)が結成されると、持分法規定により同グループ入りしたが、阪急阪神HD・阪急・阪神・山陽で株式保有比率の調整を行い、HHTG から一旦は外れた。しかし2009年4月1日に神戸市が保有していた株式を阪急阪神HD が取得したので、HHTG に戻ってしまった。

近年は運行管理・駅運営等の業務を阪神電鉄直営という形にしてしまった為、神戸高速鉄道の従業員は現在 5名のみである。
神戸高速といえば何時まで経っても絶えないのがその悪評。例えば、阪神梅田から直特に乗って姫路に向うとしても、阪神+山陽に加えて神戸高速の運賃までトリプルで合算されて非常に割高、その上神戸高速内は飛ばせないのでチンタラする。これではさしもの直特も新快速の補完にすらなれない。
如何考えても「高速とは名ばかりの役立たず」の汚名は返上出来る・・・、訳がない



hk7019@yodg01
阪急7000系 7019F 2017年11月・中津駅付近

hs8240@kasmg01
阪神8000系 8239F 2017年8月・霞ヶ丘駅付近


sy5633@iho01
山陽電鉄5030系5032F 2013年7月・伊保駅付近

kbd1108@nag01
神戸電鉄1000系 1108・1104F 2016年11月・長田駅付近

(以下、ざつだん的形式)

そういえばスタンプラリーみたいなもんやってた様な気するわ。

記念乗車券とか記念グッズも売ってたで

記念ウォークは2回もやったんやで

そもそもあまり話題になってなかったの違う?

元々期待感は無かったけど、トンネル会社にしては良くやった方でしょ

50年経っても黒字化していないのは草
こういう場合、乗り入れてくる会社から線路使用料を徴収して経営資金に充てるのに、2010年9月までそれをしなかったって、何考えてんねんこの会社。


3セクやったから国の補助金が降りて、それでやって行けていたからセーフ

それでも単年度での赤字解消は2021年には叶う見込みらしいで。
ちな、累積債務解消は2049年を見込んでおります。


2049年って・・・、呑気過ぎでも生えない

3年前に資本金を20億からいきなり1億に減資したけど、そんなの潰れる寸前の会社がやる事違うか?

神戸高速は高いというのは本当は嘘! 三宮から西代まで使っても150円、初乗りも130円。大阪メトロや都営地下鉄辺りより寧ろ安い!

その所でガンなのは山陽神鉄

姫路~三宮で比較すると、JR と山陽+神戸高速で運賃は殆ど一緒。ただ、所要時間で20分もの差がある。

何で山陽は高いってイメージ?

比較的短い距離の運賃が何しかゴッツ高い!

山陽も神鉄も準大手と思うから、高いといって腹立つ。所詮単なる地方私鉄と思えば、諦めも付くってもんやろ(白目)


「音楽のまち・かわさき」にこそ神戸高速が要る思う!
いさご、MUZA、銀座街、駅周辺のイベント主催者同士が仲悪い。そこで、神戸高速スタイルの「第 4 極」登場という訳や!
現場の運営をする所がそれぞれに枠の配分をして、あとは勝手に「乗り入れて」もらうという事や。3 者が片乗入をするという形で出演者の決定は乗り入れる各主催者が決める、これでどうや。

草加のミュージックレインボーあるから要らんやろ!

そこは結果的にはという話や

草加は関係ない! 丸っきり別や! 川崎にそういうのが無いとアカンいう事や!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1997年の日本の音楽界といえば、第1にヴィジュアル系グループ、その次に小室哲哉関係の一団、更にはトイズ・ファクトリーレーベルの躍進という所が目立ったか。
この年最大のヒット曲は安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE ?」、次点はKinKi Kids の「硝子の少年」、3位はLe Couple の「ひだまりの詩」、以下は「FACE」(globe)、「Steady」(SPEED)、「PRIDE」(今井美樹)、「YOU ARE THE ONE」(TK presents こねっと)、「Everything (It's You)」(Mr. Children)、「HOWEVER」(GLAY)、「White Love」(SPEED)という辺りが続いた。

アメリカのチャートを見ると、この年は何と言ってもSir Elton John CBE (註1)が同年8月30日にパリで起きたあの悲劇に便乗してリメイクした " Candle In The Wind 1997 " (註2)が圧勝!
その他の大ヒット曲では、No Doubt(ノー・ダウト)の " Don't Speak " 、JEWEL(ジュウェル)の " You Were Meant For Me " 、Savage Garden (サヴェイジ・ガーデン)の " I Want You " 、Sheryl Crow(シェリル・クロウ)の " Everyday Is a Winding Road " 、Toni Braxton (トニ・ブラクストン)の " Un-break My Heart " 、LeAnn Rimes (リアン・ライムズ)の " How Do I Live " 、Puff Daddy (パフ・ダディ)の " I'll Be Missing You " 、Will Smith (ウィル・スミス)の" Men In Black " といった所が挙げられるか。

斯く斯く然々いんがすんがすんと、ここで取り上げる車はコレ!



sy5632@kosn01
直特 として甲子園駅に進入する第1編成 2008年11月)

山陽5030系

この 5030 という中途半端な名が示す通り、ぶっちゃけ 5000系 の続編みたいなもの。編成として存在しているのは6連が2本のみ。他には 5000系 に挿入された追加中間車がある。総計でも20両しか存在しない。
山陽初のVFD 採用車(IGBT 素子方式)として1998年の直通特急運転開始による所要編成数増加に備えて川重にて製造された。(5000系は界磁添加励磁制御)
無塗装アルミ車体とはいえ、粉を吹いた様にも見えるテカラない風合いはさすが山陽という所である。


sy5633@iho01
直特 として阪神梅田に向う第2編成 2013年7月・伊保駅付近にて

この 5000 / 5030系 、正直言えば華は無い。でもコイツの武器は直特運用時に力を発揮するクロスシートである。(梅田方先頭車はロングシート、その他の5両で扉間)
阪神8000系では一部編成の中間2両のみがクロスシートなのと比べると、直特乗るなら山陽車のスジを狙う人間も結構いるというのも頷ける。
(阪神の場合、短距離短時間の乗車が多いという事情の違いがあるのは明らかだが)


sy5631@damt01
(夕陽を受けて姫路を目指す第1編成、無論 直特 として 2017年8月・大物駅)


sy5631@kasmg01
(阪神梅田行き 直特 の第1編成 霞ヶ丘駅付近にて・2017年8月)

大物で撮った2日後に霞ヶ丘で同じ編成を撮ったら、この様に タイガーズ の副標と 万灯祭のヘッドマーク が付いていた。こちらの列車は 直通特急 の表示なので停車駅が少し多いタイプとなる( 直通特急 の表示の法が停車駅が少ない

次はどの車が槍玉に上がるのかは…、次回 Part 6 にて!



註1)CBE=Comander of British Empire の略となり、勲位としては上から3番目となる。
註2)原曲は1973年に作られ、あの Marilyn Monroe (マリリン・モンロー)に捧げた曲だった。収録アルバムは " Goodbye Yellow Brick Road "




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャイアンツ愛をたっぷり注入され阪神の裏切り者となった?9300系・8000系はもうすっかり御馴染みになってしまったが、甲子園で阪神戦が開催される日にはフロントにタイガースの副標が付く、そうなると思考回路が混乱してしまう人は多いのではなかろうか。
それでも見るからに非常にチープで特にサイドがダサい 1000系 よりはマシかも知れない。


巨人だ! 巨人だ! お前は巨人になるのだ!
六甲摩耶のジャングルで 3社の嵐が吹き荒れる  米原始発の悪党に 民鉄パンチをブチかませ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク
神戸明石のジャングルで 特急ぶち抜く無法者  巨人のマントを翻し 奴らの牙を折ってやれ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク
高砂市内のジャングルに 血を呼ぶ踏切仰山ある  運に任せて切り抜けて 民鉄根性見せてやれ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク


今回は今年7月上旬にWhisky Festival Osaka 2013参加の為に遠征したその序に、山陽電鉄本線沿線で撮った画像から紹介する。
実は、Whisky Festival Osaka 2013というイベントが期待を大きく裏切り(前年が大好評だっただけに)、あまり冴えないイベントに成り下がったので、その時間も鉄活に切り替えた方が良かったのではと思ってしまうのである。


hs8536@mega01n

8536という数字が阪神大震災の記憶を呼び起こす。1995年1月17日に石屋川車庫で被災し、神戸側2両を失った。85XXというのは廃車を補うための代替新造を示す。
18年前のあの惨劇の爪痕まで巨人カラーで塗り隠せるものではない。
妻鹿のこのアングルなら、冬場は顔に陽が回り難く、夏場の一部の時期は順光時間に陽が高過ぎると考えられるが、これら以外の時期は良い光線状態でかなりの時間撮影出来るかも知れない。同時に、川面からの反射が少し気になる。
妻鹿駅を出てすぐ前の市川を渡るだけである。


hs8238@iho01

伊保駅付近の踏切脇から撮った絵だが、キッコーマンと法華山谷川を挟んで反対側からである。
太陽が北西方向に回り込む夏場の午後遅い時間でしか撮れない。7月上旬でも16時30分頃になって漸く正面にも陽が当たる。 こういうケースでもない限り、伊保付近を撮影地に選ぶ積極的理由は見当たらない。



阪神8000系のリニューアルは2002年から10年以上を掛けて行われているが、同世代の 小田急8000形 は殆どがリニューアルで界磁チョッパからVVVF に変えられた。リニューアルと共にVVVF 化というケースが多いこの時代、阪神8000系の方は界磁チョッパのままであるのは少々不思議と言えなくもない。
どうせ 赤胴色 もやめるというのなら、序にVVVF 化までやって良かったと思う。


sy3601@iho01

山陽3000系 のアルミ車3両編成。1964・65年に登場した同系列の1次車だが健在。
3両編成には結構な確率で出くわしたが、3両というのが昔を想起させるのと同時に、準大手にしては少々寂しいものを覚えるのは私だけだろうか。
30年前に 3000系4連 の特急に姫路まで乗った事がある、その時 3000系鋼製車 がカッコ良く感じられたものであった。勿論その時は旧塗装、 スカ色をパクったみたいなあのカラー

223w20@mes01
223 西日本の名無し ↑ さっきの「米原始発の悪党」って誰の事言うとんねん、コラァ!

321d8@mes01
321 西日本の名無し ↑ 「無法者」って誰の事言うとんねん、ボケ!
あんな崖みたいなとこチンタラチンタラ走ってんのが悪いんやろ!



エンディングは「直特のバラード」で (詠み人知らず)
スピードで勝てる電車も 山側のセレブな客も 知らないで走る僕は赤胴車
タイガースあればエエねん 甲子園あればエエねん ひねくれて高架を走る 僕なんや
嗚呼、だけどそんな僕でも鉄ヲタは撮ってくれる そやからな みんなの幸せ祈るんや
株主の厳しい批判も 利用者の厳しい視線も 受け入れて 阪急に命懸けたんや
嗚呼 だから きっといつかは鉄ヲタも解ってくれる
6両で姫路に向かう厳しさを 新快速向こうに回す厳しさを



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Nov. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ