Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:大阪

大阪でほぼ同時期に開業した 2本の新路線、これが10年経った現在思いっ切り明暗を分けている。 
阪神なんば線開業の5ヶ月前に開業したのが京阪中之島線である。開業以来堅調に推移して関西の大動脈の仲間入りした前者に対し、後者は非常に残念な路線になってしまった…というよりなるべくしてなったというのが正しいであろう。


kt9727@nkda01
近鉄9020系EH27編成急行大阪難波行き・額田駅北側のストレートにて

hs1258@hhan01
阪神1000系1208F 快速急行神戸三宮行き・東花園駅付近

中之島線も実は上下分離でという第3セクターが設備を保有している。この両路線を比較してみる

阪神なんば線=所有は西大阪高速鉄道、阪神が支払う線路使用料は年間15億円
阪神側の収入は2009年度で35億円という事で20億円以上の黒字と考えられる。2009年度ですらこの数字なので利用者を伸ばした現在では更にこの黒字幅も大きくなっている可能性がある。難波~西九条間の数字だが、開業当初は5.8万人/日だったが2017年度では9.5万人/日と順調な経過で、神戸方面への輸送人員の伸びが顕著で阪神三宮駅の乗降客数を25%程度押し上げている。
こうして出来た神戸・奈良を結ぶルート上に鶴橋・難波・西九条・甲子園が介在しているのは大きく、更には灘の酒蔵や花園ラグビー場もある。


京阪中之島線=中之島高速鉄道が線路所有、京阪から支払われる線路使用料は24億円
この区間での収入は年間8億円程度で、差し引きで15億円を超える赤字と見られる。
利用者数も当初は8万人/日を見込んでいたものの実際は 3万人程度、新規に獲得出来た利用者は2万人程度。という訳でダイヤ改正の度に優等列車の本数、更には全体の本数も削減され続けている。
3000系(Ⅱ)を導入し快速急行として発着させたのも今は昔、2011年のダイヤ改正でデイタイムの快速急行・区間急行が無くなると、ラッシュ時以外では準急と普通のみで時間当たり合計6本というのがデフォルトになった。



kh9004@tmbs01
京阪9000系9004F 快速急行淀屋橋行き=手前・2400系2456F 急行出町柳行き=奥

京阪のターミナルが淀屋橋という変な位置にあるのは歴史的背景があるのは御存知であろう。大阪市の市内交通市営主義で梅田に直接乗り入れる事が叶わず、市営の軌道線に乗り入れての梅田直通も許しは出たものの実現はしなかった。
京阪間に於いて阪急の進出を阻止すべく作った新京阪だが、戦時中の企業統制で阪急と一緒にされて京阪神急行となってしまう。皮肉にもそれによって1945年に阪急梅田に乗り入れたが、企業統制が解かれた戦後になって阪急に強奪された(現在の阪急京都本線)。
淀屋橋までの線路は御堂筋線という壁によって延伸が出来ない。そこで天満橋から本線と被ってあまり使い物にならない様な路線を作らざるを得なかった。中之島線は本線とあまり離れていない上に、その沿線自体繁華街も観光スポットもないから本線と中途半端に被ってウザいだけの存在にならざるを得ないのである。その上に中之島高速鉄道の株式の33%(京阪HD とほぼ同数)は怨敵である大阪市が持っていて、その会社に年間24億円も払わされている。
梅田進出を阻んだ「怨敵」大阪市が今、なにわ筋線でJR南海阪急を巻き込んで新大阪~北梅田~JR難波~更には関空まで直結させるという事態になって、京阪としては内心腸が煮えくり返る様なマインドになっているを拝察するのは容易である。
京阪としては万博とIR誘致を見込んで中之島線を夢洲方面に延伸して起死回生を狙いたい様だが、それは大しくじりの第3セクターに更にとんでもない金を注ぎ込む事になる訳でそれこそ屋台骨を揺るがす様な物になりかねないと思われる。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

近鉄阪神の相互乗入開始から10年、阪神的には今の所成功といえるこの路線だが奈良~神戸を一本で結んだという事の功績は大きいといえる。団体臨時列車ながら近鉄の特急車が阪神の線路を走った事は大いなるインパクトを齎したがこれに留まらず、更なる活用法が色々検討されている様でもある。

hs9202@nukd01
「大震災の落し子」阪神9000系9202F 快急阪神三宮行き・額田駅北側のストレート

阪神三宮までとなっている相互直通だが、これの山陽姫路までの拡充を望む声もある。だが、残念ながらその場合山陽電鉄神戸高速がネックとして出て来る。それこそ塩屋のS 字あたりで近鉄まで撮れる様になったら鉄道ファンの一人としては嬉しいだろうが、姫路~奈良となると通しで利用しようというのはあまり現実的とは言えない。現実を鑑みると山陽電車の特急=直特も区間利用を重視したサービスに重点を置いている。まず第一には山陽側で近鉄車を迎え入れるにも設備の大幅改修が必要になる上に、神戸高速鉄道に於ける車両限界等の問題をクリアするのは実質上不可能である。

加えて阪神サイドにも癌がある。それは阪神御影駅のあの形状である。神戸~奈良の列車が全線快速急行で尼崎を境に種別変更しない。阪神は所謂千鳥停車を採用して来た歴史もあり、昔から御影では特急=停車で快速急行=通過だった。尼崎(若しくは西九条)で特急⇔快急という種別変更をした方が阪神線内ではシンプルに出来て良いと思われるが、御影駅の形状がネックになって種別変更が出来ないのである。

kt1244@hhan01
1230系+8600系区間準急大阪難波行き・東花園駅南側で恩智川越しに

近鉄特急乗入の定期化はあるのか?
しまかぜアーバンライナーが阪神に乗り入れると期待を煽る様な記事を書くマスゴミもあるが、それは不勉強を曝す事に他ならない。徒に希望を語っても現実問題の前にはアホな空論になってしまうケースは多い。
その現実を語るとだが、21000 / 21020系23000系50000系は何れも流線型のノーズセクションを持っているから先頭車が少し長くなっている。それでは御影駅を通過すら出来ないのは確実である。
先述の通り同駅はホームの有効長が短い上に駅自体が非常にタイトなカーブになっているから21m級車体で停車させる事が出来ない。流線型で先頭車が21mを超える車両では通過ですら重大な問題が生じる模様である。
アーバンライナー伊勢志摩ライナーしまかぜ近鉄特急のフラッグシップである。阪神間でも客層があまり良いとは言えない阪神沿線の事でもあるから、近鉄もこれらを乗り入れさせる程御人好しでもなかろう。フラッグシップトリオは阪神には勿体なさ過ぎると思われる。同時に近鉄側の車両運用という面からも23000系50000系は編成数が少なく余裕がない、言い換えれば阪神走る程暇ではないのである。
近鉄側からすると、沿線人口は減少が続いていて近鉄特急の利用者も減る事が十分予想される。阪伊特急も4両が多くなった気がする。そこで新しい利用者を開拓して特急網を維持しようとするなら阪神への直通特急定期化はチャンスであろう。阪伊を延長運転して神伊特急として走らせるなら現実的なテコ入れ策にはなり得ると思われる。

このネタでまだもっと語れるので、次回は Part3 へと進む



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月20日、阪神なんば線は開通から10年という節目を迎えた。そこで阪神サイドだけでも10周年記念ラッピング列車の運行を1月から開始したのを皮切りに、薬師寺での記念コンサート開催、記念グッズ販売、記念ツアー、FM 大阪でのラジオドラマ放送その他の各種イベントが行われている。
同路線は元からあった旧西大阪線=大物~西九条と2009年に 3セク方式で新規開業した西九条~大阪難波の区間から成り立っているのはご存じだろうが、あのハッキリ言って冴えない支線のイメージしかなかった西大阪線の姿も隔世の感がある。(7801・7901形5000系列が4両の普通電車で走っていたのは味があったとは思うが)


ただ、近鉄と阪神の相互直通という展開については懸念材料もあった。
この両社、先ずは知っての通り車両の規格が異なる。長さは 6両編成で約12m違い、乗車位置も異なるという異例な相互直通である。しかもカラーというかキャラも違うので、相互乗入というコラボが噛み合うのかという部分、更には時は折しもリーマンショック直後という事や関西私鉄の地盤沈下もあって先行きが明るく見えない部分もあった。


嘗て東急東横線と営団地下鉄日比谷線の相互直通が行われていた時代(1964~2013)も日比谷線の規格=18m 3dr に合わせた乗入用車両を東急が用意していた。その終了後も東武との相互乗入は続いていて、遂に日比谷線側の長らく続いた規格を東武に合わせて変更=20m 4dr してしまった。(東京メトロ13000系・東武70000系導入)


kt1235@nkda01
1230系VE35他6両による急行大阪難波行き・額田駅北側のストレートにて

奈良~大阪~神戸というルートが私鉄でも完成する事となった訳だが、JR との競争という部分でもスピードの面で不利だと思われていた。どこまでそのプラスの効果が出るだろうか疑問視する声もあった。
実際に利用者数に於いて初年度は当初の見込みを下回った=58000人/日程度。奈良・神戸というメジャーな観光地を大阪ミナミの中心地である難波を介して繋ぎ、沿線には甲子園もある。てなわけで、利用者数はステディな伸びを示し2017年の時点では10万人/日に迫る数字が出る様になった。


JR なら関西本線で天王寺から環状線直通の快速で大阪に行き、新快速に乗り換えるというのが一般的なパターン。これに対して近鉄・阪神直通の快速急行なら乗り換え無しで往来出来る。実質的所要時間は双方とも約85分前後で大きな差はない。ただ、JR ルートだと大阪駅で15分程待たされる事を鑑みると、正味の乗車時間はJR の方がかなり短い、関西本線が柏原や王寺を経由して大回りしているにも関わらずである。
因みに
この両社の相互直通開始によって、2010年度武庫川女子大学入試では奈良県在住の受験者が前年度比で36%増加したというデータもある事から、神戸~大阪~奈良という移動がやり易くなったのは間違いない。

hs1254@iskr01
阪神1000系1204F の区間準急大阪難波行き・額田~石切間のS 字カーブにて

走行距離調整等の理由で阪神車による近鉄線内のみの運用例も見られる様になった。(この逆は無い模様)

阪神なんば線はこの10年で4回しか利用した事が無い。直通の快速急行でさえ鶴橋~難波~西九条は全駅停車なので非常にもどかしくトロい様に思えてしまう。それでも小生は京田辺・東大阪・大和高田といった近鉄沿線から西宮や神戸に移動するなんていうスケジュールを組んで行動した事があった。これを可能ならしめたは近鉄・阪神相互直通だったのは言うまでもない。
因みに奈良~三宮全区間快速急行に乗ると85分連続のロングシート地獄が味わえる
2009年開業区間=西九条~大阪難波間は西大阪高速鉄道(3セク)と阪神電鉄の上下分離方式となっていて、同区間では60~90円の加算運賃が設定されるという一種の罠があるので、鶴橋~桜川間では並行する Osaka Metro 千日前線より運賃が高くなってしまう。


このネタ、Part 2 へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

「サカイマッスル」「ワールドティーハウス」「アイズスリー」
大阪メトロ(大阪高速電気軌道)が発足から丁度1年、ご存知の通り同社の外国語用サイトが思いっきりやらかしたのである。


osk66612@mib01
Series 66 of Osaka Metro for Sakai "Muscle" Line, photo taken near Minami-Ibaraki station, Apr. 2017

大阪メトロでは英語・中国語・完酷語・タイ語の 4言語のサイトを用意しているという事だったのだが、誤訳珍訳が相次いだ事を受けて、同社の外国語サイトは閉鎖されて再開の見込みは立っていない。
このサイトは Microsoft 製の自動翻訳ソフトを使用して作成したというのだが、そんな手抜きやってエエんか?
自動翻訳なんてやれる事は高が知れ過ぎていて大して役に立たないのが現実なのである。「更新の迅速化」という言い訳をしているが、大阪メトロ・シティバス共々去年の今頃までは大阪市交通局=つまり役所というわけで、やる事のクオリティは所詮「そんなもん」だったのだろうか?(上から白目)
因みに件の誤訳の例を挙げると、Sakai Muscle =堺筋、World Tea House =天下茶屋、Eyes 3 =3両目、Midou Muscle =御堂筋という事らしい



ここからは前回に続いてざつだん形式…

クオリティ違うで、クウォリティやで!

筋=マッスルなんて草飛び越して木が茂る

堺筋・御堂筋・なにわ筋・四ツ橋筋・天神橋筋・十三筋・あびこ筋・今里筋…、大阪全体筋肉バカ説

英語・中国語・完酷語・タイ語という選定は何を基準にしてるのか判らん。
何でフランス語を入れてくれへんのやろ? スペイン語も入れてやれ! 完酷語やタイ語なんて要らんやろ!


それはなぁ~、大阪の正式名称は大阪民国やからやで

高速バスでも鉄道でも、交通機関の外国語案内は英・中・韓と相場が決まっている。

完酷語は要らん! 中国語も要らん! その代わりに何でスペイン語を入れないの?
ラテンアメリカはブラジル以外殆どがスペイン語圏、アメリカでも所謂ヒスパニックがドンドン増えてる。スペイン語は世界的に見たら超メジャーな言語。


自動翻訳に頼る時点で言葉というものを舐め腐っている、そういうヤツには天誅が降るべき!

時間とコストをケチってこのザマですか? 安物買いの銭失いとはこの事ですなぁ~(

自動翻訳には日本語は難し過ぎる。抑々、コンピューターが日本語を正確に扱えるなんて到底思えない。英語なんて本当はシンプルで扱い易い言語に見えてくる。

で音声合成ソフトを使ったヤツイッパイ見るけど、ヒドイの多過ぎだもの。数稼ぎたいだけなのが見え見えでまともにチェックしてないのが丸分かり。

そんなもん作って喜んでる奴らは低能過ぎて、校正というものすら知らない。(白目)

ようつべ関係あれへんやんか!

それでも AI なんてモンが一方的且つ画一的に人の人生の価値を決定する時代が来ようとしている。

この世も末ですなぁ~



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

枚方を「ひらかた」と読めるか?読めるが 60%に達した。
鉄道ファンなら当たり前に読める地名だが、何故か世の巷では難読地名とされるケースも多い。そこで、枚方市が話題作りなのか宣伝なのか、大阪以外の46道府県から協力者(調査員)を募り、そこを通じて各道府県で枚方が読めるかというアンケートを実施したというのである。


この枚方という町、近年では近畿の最高気温を記録し一躍日本有数の暑い街の仲間入りもしているが、有名なのはひらパーことひらかたパーク及び枚方ボーイズ(少年野球)である。それ以外のファクターでは、TSUTAYA(蔦屋書店)発祥の地であり、今でもこれを包括するCCC の「本店所在地」である(本社は東京)事や、岡田准一・森繫久彌・森脇健児・賀来千香子の出身地である位だろうか?

kh800608a

枚方という町は、6世紀初頭に継体天皇が即位した場所が樟葉であり、日本書紀にも比羅哿駄という文字を当てて記述されている由緒あ~る所だったりする

kh10001@nss01

この枚方市には、招堤(しょだい)・三栗(めぐり)・大垣内町(おおがいとちょう)・蹉跎(さだ)・王仁公園(わにこうえん)といった難読地名がある。




ここからはざつだん形式にて…

枚方の認知度は分かった。で、高槻の方は如何なん?

枚方が難読?、ふぁ~?
特牛(こっとい)、及位(のぞき)、厳木(きゅうらぎ)、馬主来(ぱしゅくる)、占冠(しむかっぷ)なんかに比べたらそんなの屁だな!、屁!


そこはまだ甘いな! 保栄茂、勢理客、安食ト杭新田、上上津役、神母ノ木
正解=びん、じっちゃく、あじきぼっくいしんでん、かみこうじゃく、いげのき


兵庫県養父(やぶ)市の八鹿(ようか)、豊見城市(とみぐすくし)の保栄茂(びん)、奈良県御所市(ごせし)の掖上(わきがみ)とか、難読地名 in 難読地名って草

せめて北海道と沖縄はチートが過ぎるから外せ!

[ 初見殺し ] 旧河内国、難読地名の宝庫になってしまう。

枚方で驚いててはアカンでぇ! 隣には交野市(かたのし)もあるんやでぇ~、そこには難読の中の難読、私市(きさいち)様がおるんやで。私市様の隣には私部(きさべ)もある!
東大阪市代表
衣摺=きずり、孔舎衛坂=くさえざか、枚岡=ひらおか、水走=みずはい、蛇草=はぐさ、弥刀=みと、更に大蓮(おおはす)も昔は「おばつじ」と読ませていた。
富田林市代表
毛人谷=えびたに、彼方=おちかた、廿山=つづやま、甘南備=かんなび


東大阪の蛇草は元々は所謂同和地区だった所か、長瀬の近くにある?

まだまだある!
柏原市の雁多尾畑(かりんどおばた)、羽曳野市の郡戸(こおず)・誉田(こんだ)、八尾市からは刑部(おさかべ)・曙川(あけがわ)・恩智(おんぢ)・垣内(かいち)・山畑(やまたけ)、大阪狭山市には茱萸木(くみのき)、寝屋川市には点野(しめの)がある、同市内には太秦という場所もある。


四條畷って初見では意外に読めない、でも川崎市民だけは直ぐに読める説

京急川崎の次は八丁畷やからやろ。でも四條畷なんて日本人の常識としてすぐに読んでほC ンゴねぇ~

京都を忘れるな! こんなんでドヤぁ!
先斗町(ぽんとちょう)、化野(あだしの)、不明門通(あけずどおり)、深泥池(みぞろがいけ)、雲母坂(きららざか)、罧原町(ふしはらちょう)、艮町(うしとらちょう)、帷子ノ辻(かたびらのつじ)


京都府下でも凄いのあるでぇ~
巨椋=おぐら・一口=いもあらい(久御山町)、黄檗=おうばく(宇治市)、石原=いさ・間垣=かづか(福知山市)、間人=たいざ・坳=たわ(京丹後市)、物集女=もずめ・鶏冠井町=かいでちょう(向日市)、銭司=ぜず・綺田=かばた(木津川市)、祝園=ほうその(精華町)、嗎=いななき・加悦=かや(与謝野町)、耳鼻=にび(伊根町)


福知山や綾部にも私市=きさいちがある、それから与謝野町の加悦は加悦SL 広場の加悦。

京都の芹生峠は「せりうとうげ」ではなく「せりょうとうげ」やで。

山科の御陵はみささぎ、西京の御陵はごりょう。山陰本線の余部はあまるべ、堺市にある余部はあまべ。大阪の難波はなんば、尼崎の難波はなにわ、大阪のなにわは浪速と書く。

膳所(ぜぜ)、御幣島(みてじま)、十三(じゅうそう)、立売堀(いたちぼり)、放出(はなてん)、柴島(くにじま)、道修町(どしょうまち)、茨田大宮(まったおおみや)、杭全(くまた)、河堀口(こぼれぐち)、この辺ちゃんと読めるかぁ?

天下茶屋はてんがちゃや(Tenga-chaya)やで、正しく読まなアカンで!

十三はイタリア語では Giuso って書くんやろ(適当)、それから膳所をフランス語で書くと Zézè かZézait にでもなるんやろか(これまた適当)

紫吹淳の出身地は群馬にある邑楽=おうら、群馬には県(あがた=東武伊勢崎線)という一寸した難読駅がある

奈良市には阿字万字町=あぜまめちょうという街があるが、その面積は何と0.38ha。即ちブルゴーニュ最少のグランクリュにしてフランス最小のAOC でもある la Romanée (ラ・ロマネ=0.845ha)の半分以下
天理市には櫟本町(いちのもとちょう)がある。


櫟本はそんな難読違う。「櫟」はイチイという木の漢字表記、漢字の知識があれば初見で読める可能性がある。櫟材は高価にして緻密で固く、高官の笏(しゃく)に用いられたので、官位の一位が語源になったという説がある。果実も果肉は食用になる、ただし中の種子は有毒。香木の伽羅はこの櫟の変種。

鹿児島県阿久根市にある莫禰(あくね)

名古屋には御器所=ごきそがある、熱田神宮に献ずる土器を作っていた事から御器所になったらしい。昭和の時代に住居表示実施で一旦は「ごきしょ」に変えられたが、平成になって「ごきそ」に戻された。
似た様な名前で御供所というのも数か所ある。大口町のそれは「ごごしょ」、稲沢市や福岡市のそれは「ごくしょ」、丸亀市にあるそれは「ごぶしょ」と呼ばれる。


愛知では半田市に「兀山」と書いて「はげやま」という場所がある、決してパイ山と読んではいけません!

それは愛知のモンラッシェいう訳ですなぁ(草) Montrachet の語源は禿げ山という意味ですから。
[ 驚愕 ] 第二のモンラッシェが愛知県で発掘される


鉄道ファン、世間の平均より難読地名に強い説

動橋=いぶりはし、撫牛子=ないじょうし、朝来=あっそ、愛子=あやし、深日=ふけ、艫作=へなし、飫肥=おび、浅海井=あざむい、妹背牛=もせうし、頴娃=えい

難読というても、普通の読み方から少しずらして来てる位の奴が多いな。クイズに出る様なとんでもないヤツってそんなに多い訳でもないやろ。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ