Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道のNo. 1 撮影地で富岳バックと洒落込んで見事に曇られたのが2016年12月、それ以来2年程リヴェンジのチャンスは待たなければならなかった。
2017年は一度もなく、2018年も 3月に EF66-30 を追い掛けた序に牧之郷付近で少しだけ撮っただけであった。
そして件のリヴェンジマッチ敢行は2018年11月半ばと相成った。静岡方面に行く機会があり、その序に午前中三島に寄ろうという訳だった。3000系第1編成が 6月の時点で軌道線カラーに変えられていたのだが、小生がそれを知ったのは秋になってからだった。



185c1@daib01

駿豆線には185系5連の特急踊り子が乗り入れているが、この春からはE257系による置き換えが進む事になっている。置き換えを機に駿豆線撮影の醍醐味の一つでもある踊り子乗り入れの光景も見られなくなる可能性がある。

izh3501@daib01

この日の天気はズバリ快晴!ただ、11月半ばだったとはいえ既に暖冬傾向、よって富岳を飾る雪は少なかった。そして、陣取ってから15分程度でこの日のメインターゲットもあっさりゲット。
この軌道線カラーだが、去年が駿豆線開業120周年だった事を記念してのものらしい。伊豆箱最古の路線は1898年に豆相鉄道によって開業したこの駿豆線。(BenRiach =ベンリアック蒸留所と同い年になる)
その8年後=1906年に駿豆電気鉄道が軌道線を開業させるが、これが静岡県内初の電車営業でもあった。この軌道線は三島六反田電停(現・三島広小路駅)から沼津駅前電停まで旧東海道(現在は県道145号沼津三島線)の上を走っていたらしいが、1963年にモータリゼーションの煽り等を受けて廃止されてしまった。
1912年に駿豆電気鉄道は豆相鉄道(伊豆鉄道)を吸収し、その後1916年に一旦富士水力電気という電力会社に吸収されるも、数ヶ月で駿豆鉄道を設立して独立し現在の伊豆箱の基となる。


izh2201@daib01

2年ぶりに撮った1300系西武復刻塗装。小生にとって幼少期から見慣れた西武101系・301系のカラーだが、701系・801系・401系・2000系・9000系は塗分けの無い黄一色である。3000系も元々は101系カラーだったが1996年から黄一色に変えられてしまい、新101・301系もいつの間にか準末期色となった。
この1300系に於いてはドアがステンレス無地なのも忠実に再現されている



izh3503@daib02

ドアが赤いのが特徴的な3000系第3編成。

この時は電車移動だったので新幹線のダイヤの関係で1時間弱しか撮影出来なかったが、それから約3ヶ月、今月に入って静岡に行く事となったので、朝から寄り道して挑戦する事となったが、この日は車で東名・新東名を飛ばして現場に向かった。
天気予報は昼頃迄は晴れで間違いなく午後から下り坂で曇るという話だった。現場に行ってみると、本当のクリアな青空とまでは行かないまでも、撮り鉄的には全く問題の無い状態だった。


izh3501@daib02

再び出会った3000系軌道線カラー。富士山頂に小さな雲が現れ始めているが、この時点では外国語でよく見かけるアクセント符号みたいにも見える。空自体も少し湿気ている感じでコントラストが低い。

izh3503@daib03

こちらも2回連続でお目にかかった3000系第3編成。富士山頂付近に雲の塊が出来始めているのが判る。

izh3502@daib02

笠雲が山頂に現れ始めた、こんなに判り易い笠雲をハッキリ捉えたのは記憶にない。こんなにしっかりした笠雲までバックに入れて撮れたのは奇跡かも知れない。
この編成は有名ドラマ「逃げるは恥だが~」(2016・新垣結衣嬢主演)のロケにも使用されたらしい。今年に入って1月7日~2月24日までスマホゲーム「刀剣乱舞 on line 」とのコラボトレインとして運行されていた事もあり、この撮影時点では少々賑やかな状態だった。


izh7501@daib01

7000系第1編成三島行きが通過したが、笠雲は更に太りだしていた。
ドアの部分だけ広告ラッピングになっているのは最早伊豆箱の御約束みたいになっている。7000系第1編成のドアは缶コーヒーの広告(サ〇〇リーのB××Sというブランド)が付いている。
顔だけ真鍮色になった第2編成はOver the Rainbow 仕様ラッピングにもなっているが、真鍮顔の状態では捉えられていない。


この日は90分程度撮影した後、12時丁度にこの地を後にして伊豆縦貫道・新東名経由で静岡に向かった。長泉沼津以西の新東名を走ったのは初めてだったが走り易い道だった。午後の静岡は一気に曇りだして16時頃には雨が降り出した。
帰りの東名は予想通り横浜町田~秦野中井間で15kmを超える渋滞。秦野中井から海側へ逃げて1号BP 経由のルートに変更したが、茅ヶ崎界隈大渋滞新湘南BP を抜けた先での国道1号が戸塚警察署(横浜の方)を先頭に断続で15km渋滞という具合にどうにもならない状態だった。ここ数年神奈川県内の主要道路の渋滞は酷くなるばかりの気がする。


東海地方のローカル私鉄と言えば、この伊豆箱以外にも伊豆急行、岳南電車、静岡鉄道、大井川鉄道、遠州鉄道、豊橋鉄道、三岐鉄道、養老鉄道が存在し、所謂第 3セクターも複数存在する。
伊豆箱は大部分が、静鉄、遠鉄は全車自社発注である。運行頻度も地方私鉄としては高く、私鉄としてのレベルは悪くない
伊豆急は東急の孫会社で、東急8000系が幅を利かせる様になってしまったが、「東の塩害大王」2100系も 3編成残存し更には特急踊り子伊豆クレイルも乗り入れる。


三岐鉄道三岐線の電車はすべて西武OB であるものの、会社自体が太平洋セメント系列であることから貨物列車という武器がある。加えては近鉄から北勢線を引き取りナローゲージもその見所に入れた。
豊橋鉄道渥美線では懐かしの東急7200系がカラフルトレインとなって走っている。
関西の様に大手・準大手の猛者達がひしめき合い鎬を削る様な場所ではないが、東海地方は静かにローカル私鉄王国していると言って過言ではない。



関連記事=EF66 The Greatest! Part 3 ~EF66生誕50周年~
     さよならの後は… June of 2012 伊豆箱根鉄道1100系 




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊豆箱根鉄道、地方私鉄としては関東を中心にそこそこの認知度があろう。この会社は駿豆線と大雄山線という 2路線を有しているが、駿豆線の撮影地の決定版としてすぐに思い浮かべるスポットとしては三島二日町~大場間のあのストレートだろう。
今時の地方私鉄としては珍しく、自社発注車両が主力を占める。親会社である西武からやって来た駿豆線用1300系(元西武101系)3連が2本あるのみで、自社発注の3000系3連が6本と7000系3連が2本走っている。一方の大雄山線は5000系 7編成で統一されている。


無論、小生もこのストレートで数回撮影した事がある。Google Map 等で探すと判るが愛樹園とかいう植木屋のすぐ傍の踏切の辺りである。

izh3502@baib01

2012年2月上旬、ウルトラ級のクリアな冬晴れで、バックの富岳もばっちりである。雪がしっかり乗った富岳が冬の青空に映える。

izh3503@daib01

1枚目は3000系の第2編成、2枚目は第3編成
線路にかなり近い所から引き付けて撮るとこういう絵になるのだが、中間車のパンタが抜き切れない。少し離れたポジションから撮るのが結局妥当という事になる。

2012年2月というと、1100系の終焉が迫り赤電カラーになって運行されていたのでそれを目当てに繰り出したのというのが実のところなのだが、肝心の1100系は車両トラブルで運行中止。古い車両なので起り得る事ではあるが、骨折り損の草臥れ儲けとはこの事である。快晴で光線状態バッチリが確実だったので更にガッカリ。


件の場所が電車移動の場合は不便で三島二日町から徒歩15分程度掛かる。富士をバックに入れるアングルは秋冬期限定みたいなものなので、春夏期なら線路の東側から朝方の列車を狙い富岳と絡める撮り方もあるが、湿度が高く空気中の塵等も多いといった理由で富士山をハッキリ写す事が殆ど出来ない。
そういった事もあって、タイミングが合わず富岳バックの撮影は4年以上やっていなかった。


その間、駿豆線の撮影は幾らかしていたものの、違う場所で撮っていた。時は流れて2016年末、1300系の第1編成西武時代のカラーリングで走り出したというのが話題になった。
101系といっても西武の101系なので末期色ではなく、イエローとベージュの塗分けとなり、小生としては懐かしい姿となった。そこで12月も後半になった週末に車を飛ばして三島に向かった。
朝から撮影したかったので三島に前日入りすべく、土曜の午後に東名を下ったら西に傾いた陽が思いっきり逆光になって随分困らされた。


そして撮影当日も朝から快晴てなわけで、先ずは韮山のすぐ北のいちご街道と交差する所で撮影したが、時期を考えると光線状態的にもっと有利な伊豆長岡~田京間に移動。両駅のちょうど中間地点、線路の西側には国道136号線が走り東側には田畑が残る。
そんな場所で西武時代のカラーに戻った1300系第1編成に初遭遇。


izh2201@degy01

背後が国道で道沿いに住宅等が立ち並んでいるので、背景としては綺麗ではない。その中でも電信柱が何か煩い。でも美しい冬光線で撮れるのは有難い。

朝方の撮影を終えて、あのド定番ストレートへ向かうと、1300系が西武時代のカラーに戻って間もなく、ネットで結構話題にもなった為か既に数名の撮影者がいた。
そこで冬の富岳をバックに昼時の撮影をと思ったのだが…、世の中そうは上手くいかない。


izh7502@daib01

列車は7000系第2編成だが見たまんま、画面左側に入る筈の富士山は雲に隠れて見えず。

izh2202@daib01

1300系でも伊豆箱カラーの第2編成。昼時は雲が多く、富士山の方から流れてきた雲が撮影地の方までやって来て完全曇になる時間まであった。それ以外も被写体側は晴れているのに背景は曇という状況で富士山バックの絵は撮れずじまいという結果はガッカリだった。

その後は韮山近辺のストレートに移動したが、その時には雲の非常に少ないほぼほぼ快晴の空が戻っていた。そこで午後の撮影を楽しむ事は出来たが、昼時の曇は何だったのかと思うと釈然としなかった。

izh7502@nirym01

韮山付近の田園地帯での作例=7000系第2編成。原木~韮山~伊豆長岡という辺りで開けた場所を見つけて撮るとほぼ同じ様な感じの絵にはなるが、電信柱が煩かったりするケースは多い。
沿線住民では1300系イエロー+ベージュのカラーでかつて西武の線路を走っていた事をご存じない方も多い様である。


izh3003@daib01

参考までに、件のストレートでもこちらは春夏期午後用のアングル。愛樹園の所から150m程二日町寄りに戻った所の畳屋の踏切から撮るとこうなる。北北西から南南東にカメラを向ける様な形で、富士山をバックに入れる事は当然不可能である。でも、そこそこスッキリした絵にはなろうか?
(3000系第2編成=2011年8月撮影


駿豆線では20m車両が走るが一方の大雄山線では18m車両という具合に両線で車両の規格が異なる上に、大雄山線の車両が検査や修繕を受ける際には(=於・大場工場)、東海道本線を甲種輸送されるという事態が発生する。両路線で同じ会社とは思えない様な状況なのは、伊豆箱の前身である駿豆鉄道が大雄山鉄道を吸収した(1941年)という経緯があるからである。

てなわけで、Part 2 へと続く! 果たして富岳バックのリヴェンジは出来たのか?



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

去る6月13日に伊豆箱根鉄道1100系がその歩みに幕を下ろした。
伊豆箱根鉄道は西武グループで、しかも地方私鉄でありながら、自社発注の車両が主力を占める(駿豆線では3000系&7000系)。地方私鉄としては結構頑張っていてファンも多い。
その中で、この1100系は親会社の西武から譲渡された701系なのである。1989・90年に西武からやってきて、非冷房だった1000系を置き換えた。


izh1100@msmtm01

1100系の伊豆箱根カラー、最後まで残った第1編成(クモハ1009+モハ1010+クハ2005)製造は1967年@西武所沢工場、西武時代は701系777編成
撮影は2010年7月、三島田町~三島二日町間。あの異常に暑かった夏の夕方の一コマである。2009年に西武から新101系=1300系がやって来ると、3編成中2編成が廃車になる。残る1本=第1編成の運用も減り予備車的な地位に甘んじる事も多くなったが、朝夕を主体に時折運用に就く事もあった様である。


izh1100@dai01

3月中旬に撮った画像。三島二日町~大場間の富士山がバックになるあの場所である。電車の光線状態は非常に良い!ところが富士山は雲に隠れて見えず。この時点ではHMは無し。
実は2月にも撮りに行くチャンスがあって行ったのだが1100系は車両トラブルにより運転キャンセルで逢えず。そのリベンジで3月に行ったら今度は富士が見えなかった。


izh1100@dai02

4月上旬に又撮った。今度は富士も見えてHMも付いている。しかし光線状態が悪く、正面光である。1100系のスジと太陽の回りかたの関係で仕方が無いのだが、非常に残念である。 この日、これが修善寺から三島に戻る所をケツ持ちで狙いたかったが、生憎静岡へ移動せねばならなかったので、その時間は取れなかった。ただ幸いにも、三島に戻る1100系に乗車する事は出来た。 赤電塗装と言っても、西武701系時代という意味ではなく、伊豆箱根の元々の塗装という意味である。しかし、ぱっと見では判別できない。
乗ってみたら、中は701時代と殆ど変らず。広く開いた車両間の仕切もそのまま、内装化粧板も西武時代のまま、走行音も乗り味も変わっていなかった。
一応、西武沿線で育った小生にとって西武701系は子供の頃の原風景の一つであり、そんな中に僅かな時間だけでも帰る事が出来たのである


izh1100@mism01

三島到着後、駅で撮ったショット。これが1100系との今生の別れになった。
1100系はこの後もイベント列車等で運行されていたが、6月13日、遂に終焉を迎えた。


西武701系&801系は幾つかの地方私鉄で活躍していたが、それも淘汰が進行している。今年7月には流鉄(旧名・総武流山鉄道)2000系「青空」編成(元西武801系)が引退した。
 
ysmm573「さよならの後は…」というのは当ブログでも常連である?安本美緒 嬢のデビューシングルのタイトルでもある。

2人の時間を包む砂時計 気付かぬ間にそっと別れを告げた
キスした後はにかんでた その横顔を
何時までも見れる様に願っていたけれど
Good bye my sweet heart, Never forget you.
溢れ出す涙この想い胸の奥 大切にしまおう
Good bye my sweet heart, Never forget you
幸せだったよまたいつか出会えたら 一番の笑顔で 手を振りたい


出会いと別れを人は繰り返し 涙流す度愛を知るの
手を繋いで歩いた道 一人で歩く
変らない風の中あなたに会いたい
Good bye my sweet heart, Never forget you
振り向かない様に前を見てしっかりと進んで行くからね
Good bye my sweet heart, Never forget you
約束をしたね離れても遠くでも 強くある様に ずっとずっと


Good bye my sweet heart, Never forget you
溢れ出す涙この想い胸の奥 大切にしまおう
Good bye my sweet heart, Never forget you
幸せだったよまたいつか出会えたら 一番の笑顔で 手を振りたい

伊豆箱根鉄道・1100系
元は西武701系、1963~67年にかけて西武所沢工場で192両が製造された西武初のカルダン駆動量産車。1976~82年に冷房化改造が行われる。
1997年に西武701系としては消滅。783・777・735編成が1989・90年に伊豆箱根に譲渡され、3両ユニットに改造され運用に就く。車番は代替対象だった1000系のものを踏襲していた。


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Aug. 2012)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ