Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:ロワール

ロワール(Val de Loire)の赤というとあまりパッとしないイメージを持つかも知れないが、そんな事はない。ボルドーやブルゴーニュという超メジャー生産地ではないが、メジャーではない事は能力的に劣るという事とイコールではない。
それでもこの日本ではロワールの赤=青臭くて未熟な感じが強くて瘦せっぽちでダメという烙印を一律に押している「ワインのプロ」も多いのが現実である。


超メジャーブランド生産地のワインを吹き飛ばす様な秀逸なワインも生み出されている。
使用されるブドウ品種は主にCabernet Franc (カベルネ・フラン)、Cabernet Sauvignon (所謂カベソー)が多く、他には Gamay(ガメイ)、Pinot Noir (ピノノワール)、Grolleaut (グロロ)、Malbec (マルベック)が使われる。
特にChinon (シノン)Bourgueil (ブルグイユ)この地方の赤ワインでも双璧をなすAOC で、ロワール渓谷の中央部で川を挟んで対峙する様に存在している。そこから東は Touraine (トゥーレーヌ)地域で西は Saumur (ソミュール)地域になる。(トゥーレーヌやソミュールでも秀逸な赤ワインは存在する)


当サイトでも一度フィーチャーした Pierre Jacques Druet (ピエール・ジャック・ドゥリュエ)ブルグイユを本拠にする非常に秀逸な生産者である事はこちらの記事でも実証済み。ワイン造り自体は非常に誠実で健全で小生も好きな作り手だった
因みにこの生産者の創業は1980年なので、日本でいう「松坂世代」に入る。


そのPJ ドゥリュエだが、何と2016年3月に倒産していたというのである
実を言うと、小生がこの事を知ったのはつい最近の事だった。都内の有名酒販店でこの蔵のワインが投げ売りみたいな価格で売られていたので気になって、そこに付いていたボードの説明を見て愕然
そこでこの蔵の倒産を知ってしまったという訳であった。帰宅後に調べてみると、2016年3月半ばに倒産していたのは事実の様だった。
自社のカーヴで長く熟成させたワインを非常に良心的価格で供給していた事でも有名で、良識的ワインファンには愛されていた筈である。1990年代中期のヴィンテージが5000円程度で買えるというある意味で恐ろしい存在だったが、そんな商売は相当な資金力がないと不可能なのは言うまでもない。


gramnt98dru01
ドゥリュエとしてはフランス国内で消費してもらう事が前提で、輸出でバカバカあぶく銭を稼ごうなんて考えは毛頭無かったのは明らか。その事自体は非常に健全である。
加えて、ロワールの赤は如何しても価格がある程度の所で抑えられてしまう傾向があったので、自分から価格を思いっきり抑えてしまったのだろうか?
蔵出しした熟成ワインの価格を抑え過ぎたというのが倒産の原因なのは間違いなかろう。超良心的で健全な部分が健全な経営を阻害し倒産という悲劇に至ってしまったのは極めてシニカルだとしか言い表し様がない。


これに対し、ロワール赤ワインで他の秀逸な作り手、例えば Clos Rougeard (クロ・ルジャール)Charles Joguet (シャルル・ジョゲ)は日本への入荷が激減したのに加えて、価格が大幅に高騰した。
C. ジョゲの場合で 2倍を超え、ルジャールに至っては以前の約 4倍で 2万円を伺う様な所まで行ってしまった。幾ら何でも行き過ぎで適正なレンジを大幅に超えてしまったのは明らかである。

付け加えておくと、ドゥリュエのワインはまだかなりの量のストックがあると思われ、この先5~10年程度は市場に出回り続けると思われる。ただ、倒産した後の債務整理という事も絡んでいるので価格はかなり上げられてしまう可能性はある。

小生としてもそれなりの価格で確保出来る内にある程度は確保しておきたいと思うのであった。


画像=Brougueil Grand Mont 1998



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスワインの産地を広範囲に渡って雹・遅霜(冷害)が襲い、甚大な被害が発生するという事態がここ数年続いている。特にボルドーやブルゴーニュで被害が広がる傾向にある。そして何と2017・2018の場合は遅霜も広範囲に起きたので何とウルトラ級ダブルパンチ
ブルゴーニュ、殊にそのフラッグシップ的存在のコート・ドール(Côte d'Or)地域は2011年から8年連続で大々的に雹害を受けた。


2014年6月にはボーヌ(Beaune)にゴルフボール大の雹が降り注いで90%の畑が5分で壊滅!
たった5分で各生産者の受けた被害額は最低の所でも8万ユーロ(1000万円超)



ghis99a  mntrs94n01


雹害なんて毎年何処かではあるで。

去年も結局記録的不作という事になったらしいが、ここ数年は毎年あの手この手で不作になる。


雹害に遭ったら、収穫ゼロなんていうのもザラ、葡萄の木自体が目茶目茶にやられるケースも多いで。
木自体がやられたら、改植せんとアカン。そうすると被害はその 1 年の事だけでは済まん。改植したらその部分は10年以上戦力にならん。


今年もボルドーとコニャックは予定通り雹の餌食に。雹といってもそいつの大きさが卵くらいというのは草

今年のヨーロッパは春先から酷い。4月の冷害でヨーロッパのワイン産地が悉く被害を受けているし、そこにフランス西部を襲ったのが5月26日の大規模な雹嵐。


ラングドックも2016年8月に2000haが雹害に遭っている。

モンラッシェ(Montrachet)なんか生産者6名集って 2樽=約600本しか仕込まれへんかった事あるで。
2016年やから一昨年の事やけど、DRC、ルイ・ラトゥール(Louis Latour)、ルフレーヴ(Leflaive)、コント・ラフォン
(Comte Lafon)、ギ・アミオ(Guy Amiot)、ラミ・ピヨ(Lamy Pillot)、フルーロ・ラローズ(Fleurot Larose)がそれぞれ単独でのモンラッシェ生産を諦めて、この 6 組が僅かな収穫を持ち寄って共同で仕込んだものの、600本分しか作れず。
如何せん収穫が例年の10%しかないので、6名とも単独では1樽も仕込めなかったという訳。

ルフレーヴがDRC 以下5社の葡萄を買い取り、醸造熟成管理もルフレーヴが行う。出来たワインは参加した全員で山分け。葡萄を複数の生産者から調達しているので、各々の名義で売る事は現行の法律上出来ない。
そこでそれは全て自家消費用の非売品にして、イベント等で空けたり、関係先にプレゼントするつもりらしい。


それは雹害のせいではなく、遅霜の為だった筈


規模もある程度以上でバックヴィンテージのストックも相当ある所は何とかそれを少しずつ売りながら数年程度なら資金繰りも何とか凌げる。
規模が小さく歴史も浅く畑を買う時の借入が沢山残っている様なドメーヌは幾ら価格を上げても追い付かない。これがこれ以上続いたら潰れるドメーヌ続出、そこを大資本が買い漁って寡占化がドンドン進む。


こうなると資本力とブランド力で強気一辺倒ボッタクリ放題の儲け放題。反対に消費者はもうお手上げ

雹害遅霜にやられ続けた為か、ブルゴーニュの超名門がカリフォルニアの奴等に買収されるという事まで起きた。

Bonneau du Martray (ボノー・デュ・マルトレ)が Sceaming Eagle (スクリーミング・イーグル)に買収されたって話か。
因みに、スクリーミング・イーグルは1本で50万円相当!=秋田犬1匹分やで


秋田犬と一緒にすんなや!

Martray なんてコルトン・シャルルマーニュ(Corton Charlemagne)の代名詞みたいな蔵だったのに、カリフォルニアなんかに買われてしまってかな C


2016年、フランスワインの生産量は収穫量ベースで過去30年で最低水準だった。特にシャンパーニュ、ブルゴーニュ、ロワールは雹害遅霜で大きく落ち込んだ模様。

量なんて如何でもエエで! 質さえ良ければエエねん! (気休め)

そんなのが何年も続けば気休めにもならなくなる。

生産量が大きく落ち込んでその分、葡萄の質が大きく上がって世紀のグレートヴィンテージになる」というのは、1961年のボルドーは確かにそうだったが、大体は値段を吊り上げる為のセールストーク的常套句で終る。その時と今ではワインの作りも違うし、フランス人は毎年こんな事ばかり言っているが真に受けん方がいい

雹害対策兵器としてニュートン・システムズ・インターナショナル(Newton Systems Intl. )という会社から Hail Cannon (ヘイル・キャノン)という機械が出て来た。ボルドーでは既に導入されたが効果の程は不明。
爆音が出るので近所迷惑になるというので、挨拶がてら近隣に自分の所のワインを配って歩いた所もあるらしい。LOL


それやったのって確かディッサン(Château d'Issan)違うか?

積乱雲が近付くと衝撃波を発射してその雲を壊して雹害を防ごうという仕掛け

この機械は世界中で導入が進んでいるらしい


アホくさ! 自然を舐め過ぎてるやんか!

アメフトのヘイルメリーと一緒やね これがホンマのヘイルメリー、お後が宜しい様で

ブルゴーニュも負けてへんで! クラウド・シーディング・システム(cloud seeding system)が導入されてるで!
積乱雲が近付くと125機のマシンからヨウ化銀の粒子を発射して雹の形成を防ぐというモンやで。


昔奥多摩の小河内ダムの所にあった人工降雨機みたいやね LOL

人間の力で自然に勝てるとか、テクノロジーの進歩でワインの全要素をコントロール出来るというバベルの塔が伸びきっていたのは事実。1990、2000年代は全体的には順調で恵まれた作柄の年が多かったという事に過ぎない。


フランスワインが不作、カリフォルニアは山火事で葡萄畑が潰滅。どないしたらエエねん?

それはインポーターの台詞や!

利幅の大きい超高額品ばっかり売って殿様商売出来れば良いが、そうは行かないのがこの世の中。高額品は元々生産量や割り当ての問題があって買い付けられる数が少ないから、数もそれなりに捌ける様なアイテムをコンスタントに売っていかないと商売は続かない。

インポーターも前なら決算期や商品入替の時に余分になった在庫を値下げして捌けさせるというのが毎年恒例だった。そうして新しい物のための保管スペースを空けると同時に在庫の換金もやっていた。

それって売り方荒くてアカンやろ。某・ラッ〇なんてそんな事はしない。

あそこは元々倉庫屋で、保管スペースには事欠かないし、ネームヴァリューもあって商売が元々強気一辺倒、それが大手酒造会社の傘下に入ってから拍車が掛った。
その L という会社みたいに出来るのはほんの一部。


そこでこんな生産量減少が広範囲に続くと売る物が無くなって商売上がったり

もうフランスワイン扱うの辞めたインポーターも出てるらしい。


イタリア・スペインにいきなりシフトさせようたってそう簡単には行かんやろ!
プロから見たら、売り易いものにしか手を出したくない。マニアックな物に手を出す人間は僅かなパーセンテージやから。
イタリアも干ばつできつかったらしく、2017年はワイン3大生産国=フランス、イタリア、スペインが不作揃い踏みというミゾーユーな事態


仏、西、伊以外の地域から新しいネタを引っ張ろうとしても、そこが非常に難しい。たとえ良いネタが見付かってもまともな状態で日本まで引っ張ってくるのには色々な困難がある。現地での流通・管理の体制が不備だったりしてリーファーコンテナに積み込む所までも進まないケースも多い。


イタリア物でもカンパーニャのアリアニコ系は絶対にワンチャンある!

残念! そっちも不作続きになるで それ以前に、タウラージとかは日本では受けないからアウト


買える内に買えるだけ買ってストックするしか手は無いな、結局

そだねぇ~!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Val de Loire (ロワール渓谷)で産される白ワインの中でも超一流の物で、長期熟成したボトルを去年入手していたので今回はそれを取り上げる。生産者をタイトルでは Gitton (ジットン)と書いているが、正しくは Domaine Gitton père et fils (ドメーヌ・ジットン・ペール・エ・フィス)

Sancerre (サンセール)を代表するこの蔵は1945年、Marcel Gitton (マルセル・ジットン)氏の手によって創業。当時所有していた畑の面積は僅か1.5haだったが、その後現当主の Pascal Gitton(パスカル・ジットン)氏に代替りしてから順調に勢力を拡大し、現在ではSancerre、Poully Fumé(プイイ・フュメ)、Puilly sur Loire (プイイ・シュル・ロワール)、
Côteaux de Giennois (コトー・ドゥ・ジェンノア)といったロワールの白の銘醸地に合計36ha程を所有。更にはロワールを飛び出してSud-Ouest (西南地方)ののCôte du Duras(コート・デュ・デュラ)にも進出している。

畑のパーセル(小区画)毎に別々の醸造を行うというのは今でこそ余り珍しい事ではないが、この手法をロワールで最初に行ったのがこの生産者とされる。この手法を採った背景としてはテロワールの多様性をワインの個性に反映させるという事で、畑を買い集めるに当っても闇雲にではなく、テロワールやミクロクリマ等の条件を吟味して集めたからこその拘りという事でもあるらしい。
そしてそこから更に深く突っ込んだ鬼畜レベルの妥協を許さない拘りの数々によって、最大で30種類のキュヴェを作り分けられる模様だが、その中で作られる種類は年毎に違う。
このドメーヌ御自慢の「サンセール軍団」の頂点を極めた特別なワインが、このワインと Les Herses d'Or (レ・エルズ・ドール)、X-elis (イクセリス)とされる。


sanclbd90git01ワインの名前が長いと思われるだろうが、Les Belles Dames
(レ・ベル・ダム)
は畑の名前で、そこから生まれた特別なワインとして Marie Laurence (マリー・ローランス=パスカルの妻・物故者)の名を冠している。葡萄の糖度が非常に高い年に生産される様で、アルコール度数が13.5%とここのワインにしては若干高い。


ワインをテイスティングしたインプレッションに移るが・・・
色は殆どゴールドで深度もしっかりしている
第 1 のディレクトリとしては蜂蜜、楠、カモミール、ヘリクリサム洋梨焼林檎
続く第 2 のディレクトリの中から顕れたのは、熟した梅黄桃
ミラベルTarte d’orange、サンダルウッド、
その後は、パインパパイアパッション、キュンメル、ジャスミン、
キャロットシード 
更には白ワインでありながら何と微かなランシオ香が染み出てきて(27年という熟成の賜物か?)、更に後からムスクが付いてくる。


ワインの躯体自体に関しては酸もまだそこそこしっかりして、この先も急には落ちないと思われる。温度が低いとタイトで淡い感じになるが、温度が上がり時間経過も加わると梅酒の様なタッチと喉越しが長く続く様になり、同時に丸く柔らかく広がり厚みを増すが、ダレる事は決してない。


華やかさと薫り高さがウリとされるこのワインに対しては強力な密度感というものは感じにくく、駆け登る様なアフターを期待するとやや外れてしまうものの、そのじんわりとしたソフトな余韻はかなりの長さを呈する。賛否が分かれる部分もあるだろうが、さすがという他はない。


上述の様に良い意味でウルトラぐう畜なドメーヌだからこそ、この様な超ぐう聖ワインが産まれるという事である。

いつもながらにスコアリングすると・・・ 18 / 20



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Charles Joguet(シャルル・ジョゲ)は旧ブログ時代にも取り上げた事のある作り手だが、その時の物とはヴィンテージこそ同じだが別のキュヴェ。ロワール渓谷(Val de Loire)を代表する赤ワインのChinon (シノン)でもトップを争う作り手
ここのChinon は畑毎に違うキュヴェとして造られているので、何と最大で8種類も存在する。
この1997年を以てシャルルは引退し、ドメーヌは彼をサポートしていた者達に引き継がれた。1957年に芸術家志望だった彼が父の死と共にその夢を捨て、ドメーヌを引き継いでから丁度40年に当たる時だった。
参照記事=Chinon Clos de la Dioterie 1997


joguet97cvert01このラベルを見ると、Chêne Vert という名の通り、緑の楢の木がデザインされているのが判る。

それはともかく、先ずワインの色だが…
艶と透明感のあるガーネット、深さは中程度

拾い出せた要素を挙げて行くと
焼きたてのバゲット、リコリスArmagnacスミレ野薔薇
苺、ラズベリー、クランベリー、スモモ、コケモモ、ルイボスティー
その後微かにトリュフ、マッシュルーム、乾燥きのこ類
追加的にイタリア系薬草リキュールブラックベリー、ブルーベリーナツメグ、シナモン、オールスパイス、セミスウィートチョコ

如何にもこの作り手らしいエレメントのラインナップ。赤い要素が多い。そして、上質なお澄ましの様な旨味の出方。
 
味わって行くとこのワインの主役は何と言っても酸だと気付く事になる
その酸に透明感と深度があり、尚且つ滑らかで力も感じさせる上で、このワインのシームレスな躯体を纏めている。各要素の溶け込み方のバランスは素晴らしい

アフターにかけての盛り上がりは控えめだが、伸びはそれなりにある。
 
Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けてみると… 17.5~18 / 20

購入したのは15年近く前だったと記憶しているが、これが3000円台で買えるなら誰も文句は言わないであろうが、今となってはさすがに無理である。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今や世界中で栽培される白品種の代表格の一つであるSauvignon Blanc(ソーヴィニョン・ブラン)はロワール渓谷(Val de Loire)が発祥地。
Sancerre(サンセール)といえば、ロワールを代表する白ワインであり、その代表的生産者を挙げるとこうなる


Alfonse Mellot(アルフォンス・メロ)を筆頭に、 Lucien Crochet(リュシアン・クロシェ)、Gitton(ジトン)、Vacheron(ヴァシュロン)、 Fouassier(フアシエ)、Etienne Daulny(エティエンヌ・ドルニ)というあたりが出て来るであろう、
そして何と言っても…!
François Cotat(フランソワ・コタ)Pascal Cotat(パスカル・コタ) 
この両生産者は従弟同士で、両者の父親(兄弟同士)が一つのドメーヌを共同経営していた。ただ、現在この両者ではワインのキャラクターが少し異なる。サンセールで初めて単一畑のワインを出す様になったのもこのCotat の家


fcotat2000cb02

F. Cotat の誇る最上のSancerre は、Les Monts Damnés (レ・モン・ダネ)が有名だが、今回登場のこの一本=Les Culs de Beaujeu (レ・キュル・ドゥ・ボジュ)も同様で、両者とも勿論単一畑からの物
 

色は黄緑が入った薄いイエロー、色だけ見ると異様に若く見えてビックリ。15年経った様な風には見えない

カモミール花の蜜プリンスメロンマスクメロングレープフルーツレモン洋梨青林檎ミラベル、ミネラル類、エルダー、蜂蜜焼きたてのバゲット、乳酸飲料
更にはマンゴー、パイン、パパイアという辺りまで出て来て、微かにではあるがフレッシュストロベリー、赤スグリまで出してくる。
酸は表立って来ないものの非常にしっかりしていて、味の纏わり付き加減が非常に良い。諄さは無いが綺麗な丸みがあって非常に粘りがある。旨味の詰まった感じは充分に感じられるが、グラ部分はまだ十分に開放されてはいない。
それでも、アフターにおける厚みと長さはかなりのもの 潜在能力を未だ出し切ってはいないのは明らかで、まだまだこの先引出しはありそうである
15年以上経ってもまだまだ熟成して能力を発揮するぜぃ~という事で、Sancerre でこれだけの熟成能力があるというのは信じられないであろうが、トップクラスの白ワインの凄さを見たという事でもある。


価格は最近高騰して来ているが、それでもBourgogne の名だたる白より遥かに安い
品種も産地も全く違う物同士比べるのはナンセンスと言えばそれまでだが、Corton Charlemagne を1本買う金があったら、このワインを2・3本買えるのは事実。
2000という年はロワールでは最上級のヴィンテージとも言われるが、それをも裏付ける事象であるとも考えられる


この話を先日生麦のこの酒屋で話したら、「あそこはとんでもなく凄いんですよ! 20年位待たないとダメかも知れません…」という事になった。
この時点で開けてしまったのは完全にしくじりだったのは明らかな様である。


Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするならば… 18.5 / 20


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2016)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ