Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:ミュージックレインボー草加

去る5月11日、今や草加名物ともなったミュージックレインボー Vol. 83 が開催された。数日前の時点では空模様が心配されたが、その日が近付くにつれて予報も良い方向に変わり実際にもかなり良く晴れた時間が多かった。

当日12:30から始まったこのイベント、出演者の出身地も関東だけに留まらずそれこそ北海道から沖縄まで多岐に渡る。そして何と言ってもこの日は後半に「プチ九州フェア」とも呼べる時間帯が形成されたのである。ゆきこhr 嬢=宮崎出身、田中ミズホ嬢=佐賀出身、ほのかるび嬢=長崎出身という訳で、出演者が 3人続けて九州出身者というのはこの手のイベントでも稀なケースだが、それが15時40分から17時20分頃まで大凡100分続いたのであった。


yukhr078  yukhr079

yukhr080  yukhr081

ゆきこhr 嬢はこの日がミュージックレインボー初登場!
やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~」という訳で、小生もこれのために草加に足を運んだ様なものだった。その途中、国道4号でDQN な軽自動車に攻撃を食らいそうになったが寸での所で何とか交わして予定より早めに現着出来た。
彼女はSHOWROOM 配信をしていて(そういう御仁をSHOWROOMER とでも言うのだろうか?)、その中でも音楽部門上位ランカー(プロのカテゴリ)でもある。このMR で司会進行をしているぼんちゃんという方もSHOWROOM ラジオ配信部門にエントリーして活動している(アマチュアカテゴリ)という事で、その方の強い希望でこの日の出演が実現したという模様である。


yukhr082  yukhr083

彼女の出番の時は運悪く雲の多い時間帯が出来てしまったが、初夏の夕方前の光線に照らされたタイミングの画像を中心に選んで載せている。
川崎や町田とは違う絵が撮れたのは小生としても嬉しい限り。


yukhr084  yukhr085

この日のゆきこhr嬢だが、通常の25分ステージの後でMC のポンちゃんさんとのトークセッションもあったので、出番は40分弱と長めになった。
若し上田利治氏が今も御存命であったなら、「ええで、ええで」を連発したかも知れない。(適当)(古っ!)
ここ最近は福岡・大阪・札幌等で小規模ながらもライブを開催する等してその活動範囲を広げて来ている。そんな彼女に対して小生も2月末の川崎(いさご)で4ヶ月ぶりにご対面となったが、3月4月はチャンスが無く、5月になってその分を取り返すかの様に4日=町田ミュージックパーク・11日=草加ミュージックレインボー・18日=川崎いさご通り~という訳で 3週末続けてのご対面となった。





折角なので、残りの2人についても取敢えず紹介して行く事にする。

tnkmiz@sok01  tnkmiz@sok02

tnkmiz@sok03  tnkmiz@sok04

田中ミズホ
1995年8月5日佐賀県(鳥栖の辺りか?)生まれで、実家は2014年まで30年程パン屋を営んでいたのだとか。2016年までは福岡を拠点に活動していて、東京エリアにも年数回出現していた模様だが、2017年春東京に移る。
本人によると、「自分が知らないものが東京にはたくさんあって東京の音楽も面白いと感じて、足を突っ込んでみようと上京を決意した」との事で、東京で歌う様になった時に、福岡と大きく違うと感じたのはファンのマナーだったのだとか。
現時点ではアマチュアカテゴリだがSHOWROOM 配信をしている。


hnkrb@sok01  hnkrb@sok02

hnkrb@sok03  hnkrb@sok04

ほのかるび
かるびは焼肉のカルビに由来する。彼女の母親が肉類を苦手にしていて、焼肉とは無縁な幼少期を過ごしていたが、中学生時代の部活の打ち上げで初めて焼肉を食べた折にカルビでテンション上がってしまい、それ以来あだ名もほのかるびになりその後にはカルビになってしまったらしい。そして音楽活動を始める時に芸名も「ほのかるび」にしたと言っている。(そこまでするか、普通…)因みに好きな動物は鰐だとか
現在は主にライブ活動と並行して、ようつべで自身のチャンネルを開設して毎日に近いペースで投稿中。


見ての通り、プチ九州フェアの時間帯を中心に良く晴れた時間が続いた。しかし、ゆきこhr嬢の時は何故か雲の多い時間が出来てしまった。実を言うと、「いさご通り~」等でも彼女の出番になって曇られるというケースも結構多い。



丁度その頃は玉川高島屋で、下旬には日本橋高島屋で九州物産展が行われていた。物産展というと北海道と九州は鉄板ネタらしくどの場所でも毎回結構な盛況になるらしい。小生、件の高島屋での物産展に繰り出す事は忘れなかった。お目当ての燻製屋のブースが出ていたからである。
その御目当てとは唐津市に所在する燻や」(有限会社たなべ屋)である。


canrfumekunya01

合鴨ロースのスモーク、これで1枚1600円程度。値段はかなり高めだがそこら辺で売っている安い物とは訳が違う、しっかりとした肉の味と燻製フレイヴァーが主張していて、手作り少量生産でなかなかの逸品である。ワインのあてとしても素晴らしく、小生の推しでもある。

canrjambcru01

通販では手に入らず、こういうイベントで直に買うしかない幻の逸品其の壱は合鴨ロースの生ハム!
スモークよりさらに高価(一枚2500円程度)だが、スライスして脂が溶け出す温度になるのを待って食べると熟成の効いた赤ワインにはピッタリ!
まだ出会って2年位だが、既に小生のハートを掴んで離さない。


calmrfumekunya01

スルメイカの開き燻製、見ての通り丸侭一杯のスモーク。今月前半の玉川高島屋でのフェアにて初購入したが、白ワイン・シェリー・日本酒のあてとして大活躍で、こちらにも小生ドハマり。下旬に日本橋高島屋で行われた九州展で再度購入。これも一枚で1300円前後する。


sagcithsj01

日本橋高島屋の九州展で購入したこのレモンは、佐賀県の岡屋Farm&Ily が低農薬で生産する「宝韶寿」(ほうしょうじゅ)という品種。日本で生産されるレモンはその殆どが海外品種だが、この宝韶寿は日本生まれとの事。爽やかさやシャープさは少ないが、香りがやや甘く酸味も綺麗でまろやか
ジントニックで使うのも良いが、小生的にはジンリッキーがお勧め。(ジンは良い物を使う事!)
通年出荷可能だという話で奇跡のレモンという謳い文句まで付いている。このレモンを使ったジュース・シロップ・アロマオイル等の商品はMuta Pattano (ムタ・パターノ)というブランドで販売されている。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ 1ヵ月弱に渡ってアップして来た水野鈴菜嬢の撮影記もいよいよこれがラスト!
題して「シンガーソングライター、風船膨らます」の巻!


layrayner087  layrayner088

ゴールデンロットマンゴーみたいな感じのイエロー、これも女子には人気でカワイイと評判のカラー。風船を膨らますと乙女感が満載でナイス!

layrayner089  layrayner090

layrayner091  layrayner092

こちらもカワイイと評判のワイルドベリー真っ赤ではなく、少々ピンクに近い赤なのだが、他のグッズとのコーデが出来ずこんな場面でしか使い道がないのが残念。

layrayner093  layrayner094

暖色系だけではつまらないと思い、目先を変えるという意味で、こちらも出番の減ったウィンターグリーンを使ってみた。小生の世代だと昔、風船といってもこんなに色々なカラーがあったわけではない。
使用しているバルーンは Qualatex (クウォラテクス)の物で、ライバルの Sempertex (センペルテクス)に比べると色は少ない。それでもヴァリエーションは結構豊かなのだが、実はここ数年でクオリティの低いロットが見受けられる様になったのも事実。しかし、昔から使っているという事もあり簡単には手放せない。


こうして 2時間近くに渡った撮影会だったが、彼女の好みというブルーローズピンクのバルーンを進呈して終了。撤収して会場を後にすると、外は真っ暗で非常に寒く数日前の大雪の爪痕がまだまだ残っていて路面は滑り易い所も多かった。

Jan. 27th, 2018 Pulchra 撮影会 杉並区内のスタジオにて
PENTAX K-3Ⅱ+smc DFA 35mm f2.4, DA-Star 16-50mm f2.8
オフカメラストロボ・LED ライト使用




折角なので、ここからはアーティストとしての彼女の姿を…
2018年9月上旬、草加駅前で行われたミュージックレインボーでのステージから。


mizren@soka16  mizren@soka17

ショルダーシンセの弾き語りが多い、小生にとっての彼女のイメージはコレ。
この日所謂バリ順になったのは彼女だけ、16時過ぎの出番だった。


mizren@soka19  mizren@soka20

彼女のパフォーマンススタイルは何種類かあるが、弾き語り無しでスタンドマイクでのヴォーカル。それにしても陽も大分傾きかけた夕方前の光線が素晴らしい!

mizren@soka21  mizren@soka22

この日はハンドマイクでのヴォーカルでこの日のステージを締めた。キーボード弾き語りは見せなかった。
こういうイベントでは出番終りに物販のブースに入って、グッズやCD ・DVD 等の販売やファンとの交流を行うのが常なのだが、彼女は PA (アンプやミキサー等の音響機材を弄る裏方)にそのまま入ってしまう事が多くなった。彼女はこの日も出番以外はほぼPA に籠ってしまい、言葉を交わす事すら出来なかった




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

水野鈴菜(みずのれいな)嬢の撮影記も遂にPart 7 までやって来たが、前回=Part 6 に引続き、彼女には引き続きバルーンで戯れてもらった。

layrayner079  layrayner080

layrayner081  layrayner082

前記事のヴィヴィッドなルビーレッドから打って変わって、ここは一寸乙女ちっくなローズピンク
彼女のこういう絵を撮りたくてチャンスを狙っていたのだから、この記事を書いている間も小生は幸せ感に浸っている。
11inch =27.5㎝というややアメリカンサイズのバルーンを手にすると、顔も小さく細身なのが良く分かる。


layrayner071  layrayner072

layrayner073  layrayner074

実を言うと、彼女の好きな色はブルーなのだそうで、以前髪を一部ブルーに染めていた事もあるらしい。(グリーンに染めていた時期もあった様に記憶している)

layrayner075  layrayner076

layrayner077  layrayner078

オレンジも勿論可愛らしくてよく似合う。オレンジも乙女達には Top 3 に入る人気。バルーンには劣化抑制艶出しを掛けておいてあるので、つやつやと光っていて質感もイイ!


layrayner083  layrayner084

左画像=Part 5 で出てきた所に場所を移した作例。コーナーに追い込んで風船で囲む絵の方が好きなのでやってみたが…、見ての通り室内の状態がガラスに思いっきり映り込むのはマズいと判断して再度移動。

layrayner085  layrayner086

1個だけでなく 2個手にしてもらった作例。ローズピンクオレンジは肌の色に近く、柔らかさも適度に出るので、キュートでフェミニンなフィーリングが出る。

このネタはまだ終わらない、次回=Part 8 へと続く!

Jan. 27th, 2018 Pulchra 撮影会 杉並区内のスタジオにて
PENTAX K-3Ⅱ+smc DFA 35mm f2.4, DA-Star 16-50mm f2.8
オフカメラストロボ・LED ライト使用



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

水野鈴菜嬢のシリーズもいよいよクライマックスに向かう所の Part 6
ここまで来れば、バルーンシリーズ!  485 / 489系 ヘッドマークシリーズと並んで小生のモデル撮影を支え続ける伝統ウルトラ鉄板ネタ


layrayner057  layrayner058

まず最初はスティックにつけて全部持たせる。ルビーレッドブルーオレンジローズピンクという当時の定番のコーデ。他の場面で鉄グッズ等と協調させる事も計算してのセレクトになる。

layrayner059  layrayner060

layrayner061  layrayner062

こういう場面で殆ど動けない相手も多いのだが、彼女は嬉しそうに色々ポーズを変えてくれる。

layrayner063  layrayner064

ここまではバルーンシリーズでもプロローグに過ぎない。



シンガーソングライター水野鈴菜、風船に囲まれるの巻。

layrayner065  layrayner066

ジュエルトーンのヴィヴィッドなルビーレッドを手にすると、女性らしさが引き立ってくる。ステージ上の姿とは違った魅力である。

layrayner067  layrayner068

ストロボはオフカメラ型とはいえ小型の物を使用していたのが裏目に出てしまった。光の広がり方が今一つな為か、画面の中で色のムラが出来てしまっている。
バッテリー式モノブロックストロボをレンタルしておけば良かったと今更ながらに思う。撮りたいと願っていた相手だというのに、数千円のコストをケチってしまったのが悔やまれる。(結局この年の12月になってAC / DC 両方対応の300W モノブロックストロボを購入)


layrayner069  layrayner070

風船を一つ手に取るだけで色々な絵が撮れると小生も助かる。こういう場面で本当に何もしないで固まった様になる娘も多いのだ。
彼方此方で追い掛けている娘と超間近 1 on 1 で 2時間いるのだから一種のデートみたいなもので、小生もなのだが、そこは抑えて落ち着いてしっかりやらねばならない。
それとは話が変わるが、このスタジオ、色が上手く出し辛い。備え付けの灯りが良くないのだろうか? 更にこういう窓際だと外から透けて入る光も影響するのが余計厄介である。


小生、シンガーソングライターとまだまだ風船で遊ぶ、てなわけで Part 7 へと続く!

Jan. 27th, 2018 Pulchra 撮影会 杉並区内のスタジオにて
PENTAX K-3Ⅱ+smc DFA 35mm f2.4, DA-Star 16-50mm f2.8
オフカメラストロボ・LED ライト使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで水野鈴菜嬢のモデル撮影記を再開という訳で…
この撮影は2018年1月、その2ヵ月前に阿倍野橋(天王寺)で購入した近鉄特急70周年記念タオル。近鉄特急が2017年10月に運行開始70周年を迎えていた。
因みに近鉄特急と同い年に当るのは…、衣笠祥雄、星野仙一、北野武、せんだみつお、福本豊、森進一、泉ピン子、鳩山由紀夫、キラー・カーン、岸部一徳、Sir Elton John CBE、David Bowie、Nolan Ryan、Arnold Schwalznegger 等の面々


layrayner041  layrayner042

使ってみたは良いが、サイズがやや大き過ぎて使い難い感はある。イラストになったのはたった 6系列のみでタオルには空白が目立つ。エースカー=10400系、似非スナックカー=12200系、VISTA EX =30000系、伊勢志摩ライナー=23000系等は何故か「落選」している。これだけのサイズでありながら僅か 6系列しか載せなかった事とその当落の基準が今一つ理解出来ない。

layrayner043  layrayner044

layrayner045  layrayner046

近鉄特急といえば、オレンジブルー。そこで風船持たせてコーディネート。
ただこれも間もなく過去のものとなる。
この撮影当時で出ていた話としては21000系以前の特急車約200両(30000系までの車両で特急車の約40%)は数年かけて交代させるという話だった。12400系以降の汎用特急車はリニューアルされる=この先まだまだ使い倒す気満々という事で、しかも近鉄の経営状態を鑑みるとかなり難儀な話になってしまうだろう。200両を交代させる中には、新アーバンライナー72両投入も含まれるのだろうが、それでも約130両マイナスになる計算である。

layrayner047  layrayner048

これまで度々登場している吉野特急50年・さくらライナー25周年タオルとダブルにしたが、フレームへの収まりは良くなかった。

layrayner049  layrayner050

さくらライナーに合わせてピンク(実際はローズピンクだが)の風船も入れてみた。
70周年と吉野特急を90度に交差させる配置は今一つ当らなかったみたいで、これなら上下並列に入れた方が良かったのは明らかである。
このネタもいよいよ佳境に向かうというわけで、次回は Part 6


Jan. 27th, 2018 Pulchra 撮影会 杉並区内のスタジオにて
PENTAX K-3Ⅱ+smc DFA 35mm f2.4, DA-Star 16-50mm f2.8
オフカメラストロボ・LED ライト使用



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ