Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:ボトラーズ

今回は去年秋に京都は六角通沿いの有名店で頂いた逸品について投稿したい。
記事のタイトルを見ると判るが、このボトルはその頭部に貼られたタックスシールの模様から、1970年代後半から80年代初頭の時期のリリースという事だった。
年数表記だけがあって、蒸留年も瓶詰時期も書かれていない。シングルカスクか否かも判らないが、シングルカスクなんてそもそも殆ど無かった時代である。こういうボトラーズであっても蒸留年や瓶詰時期を明記するなんて事も一般的にはあまり行われていなかった様に思われる。
前にも述べているが、この Sestante(セスタンテ)というイタリアのボトラー、現在は Silver Seal(シルヴァー・シール)に引き継がれ、この Sestante の名を冠したボトルもリリースされている。ただ、この Silver Seal のボトル自体が元々高額だったが、ここ数年で超が付いて超高額になってしまった。

mtlc14y57ses01色は赤みの掛ったゴールド、シェリーカスクという色合いで期待をそそる。

この酒の香味を構成するエレメントを拾い出して行くと…
プラム、赤スグリチョコレート、カカオリキュール巨峰ラズベリー、苺、黒胡椒、トリュフ、鞣革、リコリス、乾し草、パイントゥリー、ティートゥリーアロマ
そこから更に硝煙、炭火焼肉、鰻の蒲焼

樽由来と思われる多少の苦味は残るものの、シェリー感がガッツリではないがしっかり綺麗に乗っている。シェリーカスクとしては理想に近い形の一つかも知れない。
口蓋内と舌の上ではジューシーな躯体を見せて、旨味が溶け込み集積された感じが明確に感じ取れ、液体としてかなり美しい。噛める様なボディで且つ滑らかで品が良く、57度という度数を感じさせない。
この蒸留所はしばしば「Dufftown の野獣」とも称されるが、このボトルは「概ね美女、所により時々肉食系」という全体像か。

味の底部もしっかりしているので、その厚みを安心して楽しめる。アフターも長く、硝煙や焼肉といったこの蒸留所に時折現れる独特のキャラクターも具備している。これを良くも悪くもMortlach だと表する事も出来るが、それ以前に酒として非常に高レベルであるのは間違いない。

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするならば… 18.5 / 20



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大阪に赴いた際に北新地の この店 で頂いたボトルを紹介しよう。Islay(アイラ)のモルトをじっくりテイスティングするなんて何時以来だろうと思いながらの1杯だった。
この店、この春以降はアイリッシュの品揃えを急速に増やしていて、スコッチは隅に追い遣られつつある様にも見えるが、一体何時開けたんかいなと思う様な一寸懐かしいボトルも結構残っている。

今回登場の Caol Ila(カリラ)といえば、アイラ島北東部に位置して同島では最大規模を誇る。それ故か所謂ボトラーズ物でもリリースされる数はある方である。
Douglas of Drumlaing(ダグラス・オヴ・ドラムレイン)は有名ボトラーの Douglas Laing(ダグラス・レイン )の系列ブランドである。



cail79dldl624a
色は中間的な明度のゴールド

1979はこの蒸留所の黄金期、70年代終盤から80年代初頭は傑作に恵まれているので、このボトルにも当然の如く期待は高まる。

Caol Ila らしくピートの薫煙香とヨード、磯の香りから始まるが、これ自体はあまり強くない。アイラ的な臭さは予想より穏やかで、殆ど感じられない場面すらあって、拍子抜けした感すらあった。
ただ、そんな所もアイラの中では元々比較的中庸なキャラだったこの蒸留所なら許されるのか。

肝心の香味のエレメントを拾って行くと…
黄桃ミラベル焼き林檎胡桃ヘーゼルナッツアーモンドマーマレードグレープフルーツ(赤)梅酒パインパパイア
更にはサンダルウッドパチョリヘリクリサムのアロマ、シナモン、そして微かにリエージュシロップ

特筆すべきは上質の出汁を想起させるようなシームレスで上品な旨味感が盛り上がりを見せて来る事であろうか。非常にインプレッシヴですらある。
しっかりしていて豊か、そしてウォーム、流麗な美しい液体、勿論長さも十分以上


開けてから相当な日数(年月?)が経っているが、その事で色々な要素がしっかり感じられる状態まで開いていたのはラッキーだったかも知れない。その一方でアイラ臭さがその間に飛んでしまった可能性は否定出来ない。この62.4度という超ハイプルーフが故に、開けてから固く閉じこもった状態が結構続いていたらしい。
もっと「アイラ臭かったら」言う事無しだったのに…と少々悔やんでしまう小生である。


そういった事も鑑みつつLes Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるなら… 18.5 / 20



)1948年に創業した独立瓶詰業者で、その前身は海運業者だった。シングルモルトの " Old Malt Casks "、
" Old and Rare Platinum " 等のシリーズ、ブレンディド・ウィスキーでは King of Scots、McGibbon's 等の製品達で有名
2013年に将来の世代交代を睨んでという事で Stewart Laing(スチュワート・レイン=兄)、Fred Laing(フレッド・レイン=弟)の兄弟で会社を分割。兄は Hunter Laing(ハンター・レイン)を設立し独立。D. Laing は弟のフレッドが経営。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、「ボトラー」といわれる独立瓶詰業者が雨後の筍の如く出現しているが、この現象は欧米に留まらずアジアでも起きている様である。

先月中旬に三重方面に遠征したその帰り、名駅エリアのバーに立ち寄った。その際に頂いたのが、小生も始めて目にする台湾の新進ボトラーからのこの1本。
そのボトラーの名は、The Whisky Find 威士忌坊


miltd95twfind55a

その台湾ボトラーからのファーストリリースに当たる「山海経」
(The Classic Mountain and Seas)シリーズ中の1本がこの
Miltonduff (ミルトンダフ)1995-2016・55%
このボトルには女媧補天という名がついている

色はやや明るめのゴールド
先ずはグラッパを想起させるグラッシーなフレーヴァー
その後開いてきて、ライチパイナップルという一寸弱めの?トロピカルフルーツ。
続いては杏仁、ココナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、松の実
マカダミアナッツ
更に杏、李、花梨、ミラベル、という黄色系が出て来て、ラズベリー、赤スグリという赤系が時折顔を覗かせる。
 
一寸した収斂性と刺激感も感じさせる場面もそれなりにあったが、この酒自体のボディは結構大きめでタイトな感じは無い様に思われる。アフターの長さも申し分ないというレベルは確保している様に思える。
総体的に考えればスペイサイドらしいシェイプは比較的明瞭に出ていた印象で、かなり良く出来たスペイの佳酒と言って差し支えない。
ショットの価格から、ボトルの市場販売価格は18000円程度と考えられるが、残念ながらそこまで物とは思えない。

仮に、Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるなら… 17.5 / 20

因みに、これどほぼ同時にリリースされた物としては、
Bunnahabhain 1990=「爽」、Glen Garioch 1994 55.1%=「后羿射日」、Glen Moray 1996 54%=「百草」、
Caol Ila 1997 40%、Cameronbridge 1995=「杜甫」というのがある様である。

ウィスキー業界内では、アジア市場のプレゼンスが拡大しているのは言うまでもないが、昔から香港やシンガポールの市場はアジアでも重要視されたと思われる。その次に日本が台頭し、近年では何と言っても中国やインドである。そんな中でも実はなかなかの存在感を見せるのが台湾のマーケットである。

伝統と実績のある欧米の老舗ボトラーでないと原酒を買うのが難しいという現状や、シングルモルトの場合は瓶詰までスコットランドで行わなければならない事もあって、アジア地域で新進のボトラーが出てくるのは極めて困難かも知れない。アジアの希少なボトラーとしてこの、The Whisky Find 威士忌坊が何処まで頑張れるか見物である。



adbg97pb547a
序の様だが、時間と金銭的な理由で頂けなかったボトルの画像も紹介したい。


このシンプルながらクラシックで雰囲気のあるラベルが小生の心を捉えかけたので、早速バーテンダーさんに質問したところ、
何と、Ardbeg (アードベッグ)のプライベートボトリングで、
1997年蒸留の18年熟成だという事だった
この時点で既にカクテル2杯を頂いていた小生としては、最後の1杯は上述のMiltonduff とこのArdbeg との二者択一という事になった。


小生としてもこれは嬉しい大チャンスと思ったが、ショットの値段はというと、Miltonduff の約1.5倍に当たる4000円との事で、躊躇してしまった。
こちらを選択した場合、折角のショットをゆっくり十分味わいたい所だが、帰京する夜行バスの時間も考えると少々難しいかも知れないと思い、Miltonduff を選択してしまったのである。

今時18年クラスのArdbeg なんてお眼に掛かれるチャンス自体少なく、1ショット4000円でというのも難しいと考えると、こちらを選択すべきだったと言う後悔が1ヶ月以上経った今でも残る


ラベルの中央の文字を見ると察しは付くが、日本国内のバー3軒と酒販業者1社の共同でボトリングされた物と判る。以前はこの画像をSNS 等にうpする事もNG だった(既に解禁されている)程の極秘ボトルだったのである。

ボトリング数が88本と非常に少ないが、話を聞けば、有名ボトラーのCadenhead がショップで樽からの量り売りしていたものの、途中で酒自体がピークに達してしまったと判断されたので、その時点で残っていた酒がこういう形でボトリングされたという事だった。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事のボトラーズウイスキーフェスティバルの記事の続きになる。
このイベント、通常のウイスキーフェスティバル(以下、W.F.)より範囲が限定されている分、スケールの小ささが否めなかった。
そんな中、このイベントの#1 は酒育の会なる所が出していたテイスターズ・ブース。勿論、断トツ!
そこには愛好家垂涎のレジェンドなボトルも数々
その中から幾つかテイスティングさせて頂いた。(一杯10mlで¥1000以上と結構お高く、時間もあまり残っていなかったので色々は飲めなかったorz)


gliv72mlr531a  rosb81prv623a

左画像=John Milroy(ジョン・ミルロイ)のGlenlivet 1972-2002 30yo・53.1%
早々と空になった模様 John Milroy も有名ボトラーだが、そんなに評価されているかは疑問ww。それはさておき、70円台のGlenlivet なんて頂ける機会はこれから殆ど無いと思われるので、空瓶だけ撮影しても虚しい。
右画像=Douglas MacGibbon(ダグラス・マッギボン)のProvenance シリーズからのRosebank 1981-2001 20yo・62.3%
コレは確か賛否が分かれるボトルだった様に記憶しているが、閉鎖から20年以上経過してRosebank も完全に幻の酒となった。


fbois66fmrg01  mstw28y601jma01

左画像=François Marange(フランソワ・マランジュ) のコニャック
今や貴重な60年代蒸溜、しかもコニャックの中のマイナーエリアであるFins Bois(ファン・ボア)の原酒
一般的なコニャックのイメージとはキャラが異なる。華やかさには欠けるが、非常にピュアで透明感があって美しい酒ではある。
もっとじっくりテイスティングすればその良さはもっとよく判るであろうが。コニャックについて一般的に連想されるあの華やかで甘美なイメージはGrande/Petite Champagne 地域の酒から齎されているのかと思ったのである。
因みに、このF. MarangeDaniel Bouju(ダニエル・ブージュ)の2nd ブランド。 良い経験値が一つ積めたかも知れない。コニャックに於いて大手メーカーの品質低下が著しいのは間違いないが、その裏でまだ見ぬ逸品達が埋もれているのかも知れない。それを何とか手に出来る幸運を祈りたい。

右画像=Mosstowie 28yo・60.1% James MacArthur Fine Malt Collection
J. MacArthur は1983年創業の今でも有名なボトラーで定期的にリリースもある。以前は非常に不親切なボトラーで、蒸留・瓶詰年を記載していなかった。
多分初期に近い(つまり80年代)ボトリングかとも推察される。ある御仁の話だと、コイツは度数だけでなく内容もかなり凄いとの事だったが、時間切れで飲めなかった。


bwst63wcd682a  smws582a

allachie69gm568a上段左= Bow Street 1963-1991 27yo・68.2%
W. Cadenhead's Authentic collection
愛好家には御馴染み過ぎるあのCadenhead の150周年記念で瓶詰された物らしいが、此のボトラーは御存知の通りSpringbank と同資本
これはアイリッシュ・ウィスキーで、更には思いっきりシェリーカスク!多少ゴム臭い感じも出てしまっているが、直ぐに忘れる位濃密!
シェリー樽好きには堪らない! 
68.3%なんて事感じない程濃厚!

 
所謂Sherry Monster という様なキャラも強いが、諄いとは感じない。そしてスコッチではなくアイリッシュと判る様な主張もある!
Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるなら…
                          18~18.5 / 20

 
Bow Street 蒸留所は1780年創業、あの世界的に有名なJameson の蒸留所として有名だった。 Dublin 市内にあってアイリッシュとしては最大を誇った時期もあった。しかし、アイリッシュウィスキーの衰退による業界再編でJameson はライバルだったJohn Powers、Cork と共にIrish Distillers Group に組み込まれ(1966)、Bow Street は1971年に閉鎖。

以来、Jameson はMidleton 蒸留所で生産される事となった。 Bow Street蒸留所の一部は1997年にOld Jameson
Distillery という観光施設兼直売所に造り替えられている

  
上段右= SMWS・58.2  中身はStrathisla(ストラスアイラ) 1977-93 16yo 53.6%
Chivas Regal のメインモルトとして有名で、Glenlivet、Aberlour、Longmorn 等々と同じくPernod Ricard 社の傘下にある。 Strathisla は抑々、モルトとしての流通がかなり少ない。ボトラーズからのリリースも少ないが、 SMWS(ザ・ソサエティ)からのリリースも非常に少ない。
肝心の内容だが…、期待したより良かった!
オフィシャルの旧瓶を濃縮した様な感じで、正統派のStrathisla という所か。ストラスアイラは本来非常に美味い酒だと素直に思わせてくれる上に、膨らみも広がりもしっかりあって立体感もそこそこある。更にはアフターも消えるかと思ったら盛り返してくる。
こちらに点を付けるとするなら… 18 / 20

 
下段=Glenallachie 1969-87・56.8% Gordon and MacPhail
G&M の非常に懐かしい墓石型ラベルのcask シリーズ。しかも2000年頃までの白いラベル!
たかがGlenallachie などと侮ってはならない!
さすがそこは60年代、フルーティーで結構濃密、熟成したBourgogne のChardonnay をインスパイアさせる部分もあって、なかなかの美酒!
こちらにも点を付けろと言われれば… 17.5~18/20

 

gfc79fc503a
こちらは信濃屋ご自慢のオリジナルボトリング。
Glenfarclas "The Family casks" 1979-2015 50.3% 
plain hogshead 熟成


 「白の笑撃 衝撃 妖艶のスパイス」という謳い文句を引っ提げてとんでもない価格で売り出されたが、あっという間に完売した

シェリーカスクが7割程度を占めるとされるこの蒸留所としてはプレーンカスクの奴はなかなか見られない
212本リリースという事だが、何と言ってもその内の何割が中〇やイ〇ド辺りに「転がされる」のか興味深い所でもあるwww


信濃屋に限らず、ブースを出していた業者や団体はウイスキー文化研究所関係のイベントの常連みたいな所が殆どだった。
 

通常のW.F. は18時終了なので、この日の終了時間も18時と勘違いしてしまっていて、会場入りが遅れてしまったのは大変なしくじりだった。16時半位に「もうすぐ終了…」と言われて17時終了だった事に気が付いた時にはもう遅し。この1時間のズレは大きかった。これで飲めた筈の物が飲めずに悔しい思いをしてしまった。


このイベントの総体的な印象としてはアイテムのレベルを落としていると思われるブースも見受けられ、全体として何処かショボい印象が拭えなかった。会場の規模、ブースの数等を鑑みると、フェスティバルというのは如何なものかとも思ってしまった。

それと同時に、輝かしいレジェンドお寒い現在というコントラストを見せつけられて愕然としたのも事実である。

価格高騰が尋常でなく、現実的な価格で売れない状況が続いている。この様な一種のバブル状態を受けて、スコッチモルトの蒸留所でも贅沢品的なブランド戦略を打ち出す所が増えてきた。
ボトラーズにとっては価格高騰という以前に瓶詰する酒(樽)が手に入れられないという事態が深刻化すると思われ、スコッチ専門でという訳にも行かなくなったら、バーボン、アイリッシュ等スコッチ以外のウィスキー、更にはラム、ブランデー等の酒に手を出さざるを得なくなるかもしれない。


だが、こちらの方も供給が逼迫しているのは明らか。ボトラーズにとっては冬の時代になる可能性は高く、ここから一気に淘汰が起きる事も充分考えられる。
ボトラーズ&クラフトウイスキーW.F. というこのイベント、個人的見解としてだが、次はあるのかと云えばそれは非常に疑わしい。


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2016)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィスキーをフィーチャーしたイベントはここ数年で非常に増えた
その中でも、ウイスキーフェスティバルという名は、ウィスキー愛好家及び業界関係者にはもう馴染みになった名前である。
数年前だとウイスキーフェスティバル(以下、W.F.と略す)は年に1回の開催であったが、今や東京以外に大阪開催もレギュラー化して年2回以上の開催になっている。
2015年は京都での開催もあった上に、今年だって何処かで追加開催があるかも知れない。 しかも、このW.F. には子分とも言うべきものまで存在する。 2014年夏にはバーボン&アメリカンW.F. なるものまで開催された。2013年秋には埼玉W.F. なんていうのもあった。更にはボトラーズ&クラフトW.F. まで存在するのである。これを換言すると、(独立)瓶詰業者並び小規模生産蒸留所のウイスキーの祭典という事になる。
W.F. もどこまで増殖すれば気が済むのかと思ってしまうが、子分たちの中で1回きりで消滅するものもあるが、このボトラーズ&クラフトW.F. は2014年に続いて2年振り2回目の開催となったのである。


元々このイベントに行く気は無かったのだが、その日の天気予報は悪かったので、前日朝e+plus で前売り券を買いイベントに参加する事となった。
買ったばかりのGODOX V850(クリップオンストロボ)のテストも兼ねた感じになった。ラジオスレーブを使えば、配線無しで使えるのは結構便利だった。(マニュアル発光しか使えないが、もともとTTL=through the lens なんてあまり信用出来ないからこれでも然して困らない)


会場入りは当初の予定より遅くなって14時になってしまった。先ずは一通り何処にどの様なブースがあるかを見て回ってから、入るブースを決めた。
この手のイベントの常連みたいな業者や店が殆どだったが、Whisky Talk Fukuoka (ウィスキートーク福岡)の関係者達が入口に近い所でブースを広げていた 5月半ばに行われるこのイベントも結構メジャーになってきた感がある。去年11月のW.F. 東京までやって来て一生懸命宣伝していたが、今回再び東京に来襲。



bmr13y591ba01  abrl22y548wtfba01

左画像=福岡は薬院(天神から直ぐ)にあるBar Leichhardt(バー・ライカード)8周年記念ボトルのBowmore 2001・13年 59.1%
この年代のBowmore という事を考えれば全然悪くは無いが、だからと云って取り立てて良いとも言えない。合格点は付けられるであろうか。
右画像=2012年Whisky Talk Fukuoka 記念ボトル=Aberlour 1990・22年 54.8% refill Sherry hogshead で熟成だが、結構シェリーカスクな色が出ている。リフィルでもシェリー樽という感じはあるが、必ずしも綺麗に出ている訳ではない。期待値が大きかったのか、少し裏切られた感も無くは無い。 福岡になんて8年近く足を運んでいないが、再訪の機会を儲けられたらと思う。
福岡の夜は何と言っても、ラテン系! 長い! 賑やか! 訪れる者達を悉く虜にする!



ブレンディド・スコッチやバーボンのオールドボトルが飲めるブースがあった。こういうブースはやはり楽しい!

find12y01  g-seal01

左画像=Findlater's 12yo (フィンドレイターズ12年)・特級表記
彼方此方探しているボトルの一つ。この時代の15年も美味かったが、こちらも結構美味い
右画像=Ballantine's Gold Seal・特級表記
Gold Seal と12年が併存していたのは今まで知らんかった


jb15y01  h-peers02

左画像=J&B 15yo・43%・こちらも特級表記
今時のスッカラカンなJ&B からは想像もつかない程、滑らかで軽快なキャラクターでも味がしっかり乗っていて複雑さもあった。小生もこのボトルを探してはいるが、状態の真面そうなボトルは見かけない。でも何とか手に入れたいものである。

右画像=House of Peers・43%・特級表記
スコッチの有名ボトラーであるDouglas Raing (ダグラス・レイン)が製造販売していたブレンディド・スコッチの一つ。これはその中のスタンダードレンジの物と思われる。これには22年というモルト100%(ブレンディド・モルト)の奴が存在していた。それを小生は去年秋に北新地でテイスティングしている。
80年代前半位までのブレンディド・スコッチは美味い物も多かったというその事実を、諄い様でも改めて思い知らされる訳であった。使う大麦が違う、モルトにしてもグレインにしても仕込が違う、そして使う樽も違うから仕方が無いのではあるが。


 


mil541a  mil25535a


wlst101a上段は川口市にあるMilwaukee's Club(ミルウォーキーズ・クラブ)のオリジナルボトリングのウィスキー2種。
この店のオーナーはウィスキー専門誌「Whisky World」の執筆者としても知られる白井慎一氏。

 
左=2010年ボトリングの(恐らく20周年記念)「Premium cask American style whiskey」 ・20年超え・54.1%
元々はバーボンだったのだが、樽のまま日本にやって来て別の樽で追熟されたと思われる。元々の蒸留所名も不明となっているが、このラベルからして福島の藤の川酒造にストックされていたと考えられる。
樽のまま来日した時点でBourbon とは名乗れなくなっているから、American style whiskey という誤魔化した文言しか書けないのである。

右は去年この店の25周年を記念して瓶詰されたバーボン「American Whiskey」・53.5%
Lawrenceburg
で蒸溜された6年熟成原酒を、強く焦した新樽に移し替え、秩父蒸留所で3年追熟したという代物。
ここでだが、アメリカ連邦法の効力の及ばない日本で瓶詰されたこの酒をAmerican Whiskey と呼んで良いのであろうか、少々疑問が残る。恐らくはWild Turkey の原酒と思われる。(Four Roses の可能性もあるが)
どっしりして濃いが、複雑さはあまり感じない。一寸残念な酒に見受けられた


下段=Wall Street という名のバーボン、12yo・50.5%
こちらは完全なバーボンww カリフォルニアのSan Jose(サンホゼ)にあるWall Street Distillers がKentuckey Straight Bourbon を瓶詰したという一見訳分らんボトル。 30年以上前の特級表記の品。101U.S. proof=50.5度で12年熟成。
バーボンとしては中高級品の類で、期待させたが、あまりピンと来る代物ではなかった。元々こんななのか、状態が良くなかったのかは判らない。


兎にも角にも、川口にある店の方にも折を見て足を運ばなければと思う小生である。バーボンだけでもかなり凄い品揃えという事らしいので。

こんなものでは終わらない!
伝説のボトルや懐かしいボトルもまだ出て来るので、Part 2 へと続く!



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar .2016)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ