Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:バカ政策

先日の台風19号、みぞ~ゆ~?の雨台風だった。9月の15号がこれまたスゴイ風台風だったのとは対照的である。
19号ではご存知の通り各地で予想外の洪水被害が出ている。大規模河川の堤防が越水で決壊というケースも多かった。北陸新幹線では長野新幹線時代に建設された車両センターも千曲川洪水で水没し、10編成120両程がアウトでこれだけの両数の代替新造は経費だけでなく時間が相当掛かるのは明白。神戸の川重車両カンパニー・下松の日立製作所笠戸事業所は思わぬ発注が舞い込んでウホウホになりそうな反面、これから年末にかけて急げ急げと急き立てられてヒーヒー言わされる可能性も高い。何せ、車両メーカーは新幹線ばかり作っていればよい訳ではなく、この件で国内外から既に受注している物との兼ね合いが難しくなる可能性は高い。


しかし、今回の19号被害で凄かったのは何といっても箱根で1000㎜の雨がほぼ1日で降ってしまった事である。台風や豪雨で500㎜というなら今や驚きもしない(それもおかしい気もするが)。豪雨が起きる場所の代名詞の一つである大台ケ原辺りならそれなりには起きうる事であるが、そこから桁が上がるとインパクト絶大である。これにはさすがの大台ケ原も完全に形無しとなってしまった模様である。
「皆さん、箱根ですよ~! 1000ミリですよ~! 1日でですよ~!
今話題の立花孝志氏ならこの様に言っていたかも知れない。


odkexe@sakwg01
箱根への観光客も運ぶ小田急EXE 30000形旧塗装 2018年1月、新松田~開成間

今やアジアを代表する観光地と化した感のある箱根、温泉施設等のインフラもダメージを受けてこれからの紅葉シーズンに復旧が間に合うのかというとそこは悲観的にならざるを得ない。芦ノ湖も2か所で溢れ仙石原も土砂崩れで立入禁止になる等観光関係だけでも被害の全容は把握出来ていない様である。道路も幾つもの寸断個所を抱えてしまい、観光地としての機能が回復出来る見込みは立たない。その中でも極めつけなのは、箱根登山鉄道の土砂崩れ・線路崩落といった甚大な被害で、年内の復旧はほぼ絶望的とされている。
地元で生活している人間達にとっては死活問題である。観光客相手に商売をしている人間だけではなく、それ以外の一般住民にとっても大変な状況である。


この手の災害が起きると必ず、土建屋及び土建政治・土建行政を推し進めたい勢力はここぞと云わんばかりに大声を上げる、更にはその下請けみたいな奴等もネットでドンドン沸く。
国土強靭化という名のもとに土建政治+土建行政+大増税という恐ろしいセットがいつもながらに発動されてしまう事には気を付けなければならない。こういうのは度重なる災害で大衆の恐怖心はMAX に近い状態になっているのは間違いないから、そこに一気に付け込んで来るのは間違いない。




これ以降はざつだん形式にて…


災害を利用して利権拡大を狙う土建屋と政治家どもという構図はいつもと一緒。正真正銘「ピンチをチャンスに」って事よ。(
被災者達は結果的に食い物にされる。それが政治というもの。それが行政というもの。


マスゴミもネットも今ダムダムダムダムって沸いてて頭おかC で
八ッ場ダムは素晴らしいだの有難いだのの合唱連呼で基地外になってる。ここぞと沸いてる税金ゴロどもが税金ガブ飲みラッパ飲みさせろと言っている様なもの。


それはそうやろ! 土建屋どもにとっては千載一遇のチャンスやもの!


被災者なんて不在ですよ! 被災者達の全く与り知らぬ所で、災害をネタにカネと利権を貪る事に終始するんですから、この世の中は! そして記者クラブメディアもその片棒を担ぎまくるんですよ!

ダムなんか作っても時間と共に土砂で埋まってしまう。排砂式とかいっても下流への影響を考えると非常に難しい。

さすがに今は新規に作れる場所は殆どないから、再開発という形でリノベーションみたいな事して行くん違う?

八ッ場ダムなんか実は最悪。上流が草津温泉で酸性泉、pH2.1 なんていう強酸性の所もあって、兎にも角にも石灰で中和せないかんから品木ダムの所で中和工場を作って稼働させている。中和で出来た化合物が思いっきり堆積してダムの80%位はその化合物で埋まってるから定期的に船で残滓を浚渫する破目になった。品木ダムは中和とその残滓の保管場所みたいになった。

八ッ場もその残滓で埋るの早いかもねぇ~(白目)

でも草津温泉がある限り、どこかで中和は必要。それやらないと前橋から南の利根川がエライ事になる

これはもう草津が悪い! 温泉が悪い! 草津温泉が悪い! そして新井朴貴浩が悪い! 

よし、こうなったらNHK と一緒に草津温泉も~、ブッ壊す!

NHK はブッ壊せ! でも草津温泉に罪は無いから壊すな! 立花さんもこんな所に担ぎ出されてて


河川拡幅でどうにかする事を最初に考えなアカンねぇ。次の手段が堤防。ダム増やすなんて最悪の手段。水増えすぎて大雨の中で放流しますなんて言うたら、下流はもう滅茶苦茶になるで。


気候変動とか環境保護絡みの活動家達にも注意せなあかんで! 土建屋よりこっちの方が怖いかも分からんでぇ。まず手始めに「牛のゲップが台風の原因だ」とか大声でほざいてくるのは間違いないでぇ~。何せ気候変動とか環境関係のアクティヴィスツなんて国際的なシンジケートやから、ここが日本で暴れまくる大チャンスと思ったらドンドン仕掛けて来るやろねぇ

この台風を機に日本版「アスペ16歳」が出てきたら笑う

そこは「ガイジ十七歳」「池沼十八歳」で如何やろ? 丁度エエ具合の三部作になるでぇ!

それこそ成人向け、じゃなかった、セクシー進次郎とセットでな!

「洪水対策を本気で考えるなら、地球温暖化の原因になる肉食という殺生食を止めるところから始めなければならない」なんて、あの「〇長の家」の奴等が喚きだすぞ~、きっと。

大増税のオンパレードでダムばっかり無理やり作られて、その上温暖化防止といってコウロギばかり食わされて、挙句の果てに人間同士で共食いして数減らせって事になるんですかぁ~

ヴィーガン叩きの方に一寸ルートチェンジしててホンマに



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

中途半端な複数税率という愚策を盛り込んだ消費増税。財務省・首相官邸・公明党によるディールの賜物である。個人消費落ち込みに対する対策とキャッシュレス化促進が何故かバーターされるという訳の分からない政策が推進されている。
中途半端でややこしいだけの複数税率だけでも民間は四苦八苦しているのに、キャッシュレス化デジタル化推進の為の政策が絡められるというのは売国厄人やそこに引っ付いている税金ゴロ達の悪ノリでしかない。
兎にも角にもレジスターメーカーだけは大儲かりなのは200%間違いなく、そこにも公的補助が絡んでいる。


ogosesakura2k19a

そんなわけわかめなバカ政策の極め付きかも知れないのが、「マイナポイント」という制度
現在、マイナンバーカードの普及率は15%にも満たず、近い将来国民全員に所持携行を義務付けるなんていう恐ろしい企みの実現に向けての機が熟す見込みも薄い。同時にマイナンバーカードが一気に普及してそれに絡んで税金ゴロが幾らでも出来ると踏んでいた奴等にとっては目算が外れた格好である。
この新しいクソ制度、景気対策という美名で舗装された究極の国民監視地獄への道を作ろうとしているのも明らか。


この制度についてどういうシステムが予定されているかというと…
マイナンバーカードを持って、記載されているマイナンバーをスマホの決済手段として入れると、その本人が申請してマイキーID の付与を受ける。それを利用しての決済に対して国がポイントを付与するというややこしいもの。
税金の絡みという理由を付けてこういう個人番号とリンクしたシステムを考え付いたのだろうが、マイナンバー自体を決済に直接利用できないのは現時点での法律上の規定を考えれば妥当で、セキュリティ上の問題からも仕方ない事だとは思う。


でもこんな恐ろしい仕掛けに嵌ってはならない
バカな国民を消費増税と消費喚起で釣ってマイナンバーカードを無理やり普及させる+マイキーID で、総務省の関連業界であるIT 業界も新たに税金ゴロして潤う仕掛けが見え見えという所が大問題である。


一つの固定された番号を税、社会保障から始まり、そこから色々な分野で使い回させる暴挙愚策をゴリ押ししようとしているのである。公開された一つの番号を各分野・用途を越えて共通番号として使用する方式でアメリカも完酷も嘗て導入したもののギブアップして縮小廃止したこのシステム、日本人に厄災ばかり齎す売国奴集団だけが躍起になってゴリ押しし続けようとしている。
今回のこの話、貧して鈍しまくるバカ大衆を完全に舐め腐っている話である。



参照記事=厄人クソ過ぎ~、何処までも~ 其の壱  其の弐


ここからはざつだん形式にて…

スナック菓子のオマケの中身で税率が変わるなんてクソ過ぎて一生吐ける。やれ全体の価格の中の比率だの何だのって、学校秀才が机上の論理でやるとこうなる。

消費税は輸出企業にとっては兎に角益税!
消費増税でこっそり法人税所得税は軽減されて、大企業から消費税は取れず、個人消費は落ち込む、こういったダブルトリプルパンチで赤字国債発行額はアップする。


輸出企業は消費税で儲けてはいない。プラマイゼロ。
消費者からの預かり分をA 、その前段階での支払いをB とするとA-B を納税するという仕組み
この部分が輸出だとA は0円なので、A-B<0、つまりマイナスになるのでBの金額が還付される。


消費税が福祉に使われるなんてウソ! 結局国債償還に消えた!
これで信用創造と逆の方向に行った。マーケットに流れる金が減ったからデフレが止まらなくなった。


スマホに個人番号打ち込めっていうのガチでバカだろ! そういう事ぬかす厄人どもはもう死んでイイ!

Wi Fi 経由で幾らでも不正アクセスして個人番号盗り放題でなりすまし犯罪フリーパスやろ!
ホンマエエ加減にせぇや!


いずれはマイナンバーカード所持携行義務化なんて言う計画は恐らく警察庁の悪ノリやろね。警察肥大化で官製マフィア恐怖政治確定。

「官邸のアイヒマン」(警察官僚)が国家安全保障局長として遂に表に出てきやがった。霞が関を取り仕切るポジションも警察官僚が奪う等して経産省政権から警察庁政権に事実上変わった。


エエか! マイナンバーカードなんて作ったら絶対アカンでぇ!
そんなモン持ったら独立した個人で居れなくなる!


なりすまし犯罪誘発してその犯罪利益を裏で巻き上げようという魂胆違うか? 官製マネーロンダリングなんで幾らでも可能やからねぇ

ハイ! 皆さん一緒にぃ~!
マイナンバーなんてろくでもない! 消費税もろくでもない!


マイナンバー制度なんてぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんダァ~ッ!


どうしてアメリカみたいな売上税=consumption tax にしなかったんだろうねぇ~。消費税=VAT みたいにこんなややこしい事にはならなかったはず。

結果論でしかありませんが、1987年3月の中曽根内閣の売上税に乗っていた方がまだ良かった知れませんyo!
それ潰して一安心と思ったら次は2年後に消費税になってあっさり通ってしまった訳です。


売上税は中曽根と思っているかも知れないが、最初は1979年の大平政権。閣議決定寸前まで行っていながら選挙で負けて頓挫した。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

プラスティックの海洋汚染がここに来て急に大騒ぎになりだした。リサイクルというシステムそのものに原因があって所詮無理だったと考えるべきである。
リサイクル原料という物は新品と比して質が劣る場合が多く、プラスティックの場合は特にそうであるとされる。プラスティックは特にリサイクルしたって需要が低い、価格は安く抑えられる、売っても儲からない。具体例を挙げればエコキャップなんて酷いものである。売価20円しか付かないものに60円のコストを掛けて、挙句の果てには「その利益でワクチンを…」とぬかしている。そんな話、色々な名目で税金がつぎ込まれなければ表面的にも成り立たない。


国策としてリサイクルを推進すると決めてしまったからには税金をドバドバつぎ込んでもやろうとしてしまうが、そうなると税金ゴロ大規模養成システムが出来てしまう。税金がジャブジャブつぎ込まれる様な所には利権の闇が広がっているのは犬でも猫でも判る事。

リサイクルという名目で集められたプラスティックが遅れた国に押し付けられる事になったのだが、本来これは違法である。押し付けるにも限界があるから、運搬する船から思いっきり不法投棄されまくるのである。リサイクル出来ない状態の物まで押し付ける。リサイクルという名目で集めたは良いが、売れない。売れないのに集めてしまうが、持って行き場はない。東南アジアではリサイクル業は給料が良いとされて、請け負う人達が増えているのも事実だろうが、後進国に送り込めてもリサイクルし切れず河川や海洋に不法投棄を公然と行うケースはどうしても増えてしまう。
先進国だって完全にリサイクル出来ているとは言えないのに、新興国がまともにリサイクルして資源として活用しきれる訳がない。リサイクルで色々な資材を作り出す技術自体はそれなりに確立出来ても、それは机上か実験場の話に留まる事が多い様で、現実の中で実際に合理的に機能しなければ唯のマスターベーションである。
大部分が可燃性有機物から出来ている物だから、可燃ごみとして火葬する方が合理的なのである。


fugaku201

リサイクルいうやり方自体は欧州から始まったが、ヨーロッパでゴミは昔から「土葬」されていたのである。最後の審判に備えて土葬していたのではない。欧州はアジアに比べて寒冷で植生も豊かではないから火葬しようにも薪や炭が手に入り難いので土葬が広まったゴミは埋め立てるという考えが定着したと考えるべきである。
「最後の審判で裁きを受けるため全ての死者が蘇るので土葬にして人としての形を残す」というのも良くご存知の話だろうが、それも後付けの理屈でしかない。
(そういう気候故に欧州北部では泥炭=ピートなんていう物が平気で存在するのである。)
温暖なアジアでは埋め立てると腐敗が進み易く、土中での分解は早まるが不衛生で害虫や病原菌の温床になり易いので、火葬つまり焼却処分という習慣が生まれたと考えられる。


ヨーロッパでは近世以降、世界中から色々な物が入って来る様になった。そして戦後はさらに加速したのは言うまでもない。土葬しようにもし切れない事態になってリサイクルというやり方を編み出したというのが真相らしい。

リサイクル=絶対善という考え方に洗脳されている人間がこの国にも多すぎる。自治体によっては30品目に分別するなんていう事を住民に強いている所もあるが、随分基地外であきれた話である。
ある田舎の自治体では滅茶苦茶に分別させた上に指定の集積所に持って来させるという使役のオマケ付き。それを役場に捻じ込んでやらせてるNPO なんて、何も知らない住民どもには恰も救世主の如く拝ませておいて、その裏で当然の如く税金ゴロが親分としてのさばっているのが見え見えで一生吐ける。


レジ袋有料化を義務付ける法律が成立し来年度から施行される見込みになった。そこには勿論プラスティックのごみを無くすという美名が付けられている。
今年所謂G20 のホストカントリーになった事と、東京五輪を来年に控えている事と深く関連していて、環境問題にこれだけ厳しく取り組んでいると世界に大きくアピールするチャンスだと踏んだのは間違いない。レジ袋やプラスティックは地球の敵であるという論理を刷り込まれて大多数の大衆は疑う事も考える事もなく洗脳されて行くのである。


石油タップリ使いまくりのエコバッグを四六時中一生懸命持ち歩いて喜ぶアホバカも増えるのだろうが、そんな物いつも持ち歩けなんてなんて面倒くさいからネット通販でいいやぁ~という流れが増々加速する可能性は高い。そうなったら人手不足を呪文の様に繰り返してる運送屋はどうなるのか見ものである。そうなったらCO2 の問題はどうなるのか考えただけで笑い種である。
それ以上に危惧されるのが、街へ出て店に行って買い物をするという習慣そのものが消滅してしまう事である。大袈裟に言っているのではない。こうなれば町からまた人影が消える。町の中はインバウンドとそれ相手に商売する連中しか歩いていないという光景が当たり前になるなんて一度想像してみたらいい。もう一生反吐しか出ないレベルである


何でも欧米のやり方だけが正しいという脱亜入欧洗脳から脱しなければ日本にも日本人にも未来はない、これは少なくとも確かである。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


harumi001


去年 7月、IR 法案(統合型リゾート法案)が成立した。6月以降特に大規模災害が連続している状況下だった事も御記憶の方は多いと思うが、その中で強行突破的に成立させた事にもっと批判が集中していも良いはずだったが、そこは悪運強過ぎのアベ・ジョンイルはさすが!

反対派も酷いもので「ギャンブル依存症が増える」とかその対策の話とか、そんな所しか追求出来ていない。もっと追求すべき所はあった筈である。推進論者は外国人観光客がドンドンやって来てカジノを設ければジャンジャン儲かると夢の様な話すらブチ上げるが、これも夢の様な話でしかない可能性が高いのである。

シンガポールもカジノがあるが、そこはアメリカ資本が胴元を握っている。そこに至る経緯は恐ろしく不透明で、アメリカの会社に握らせた経緯等を示す資料や数字は何処を探しても見付からないらしい。そこはさすが独裁国家クオリティと呼べる所。
(因みに、ここのカジノは国際会議に出席するVIP 達に少しだけ遊んでもらうというのが主な目的)
ただ、ここ数年はアジアのカジノは何処も閑古鳥が鳴いていて、カンボジアのカジノが一人勝ちという状態。


賭場の胴元は絶対儲かる、その胴元の権利をアメリカ資本のカジノ業者に独占させようという腹は見え見えだ。御存知の方も多かろうが、トランプ政権はカジノ業界と一体の状態で、トランプも運営会社を持っている

トランプの側近にはカジノ王 Sheldon Adelson (シェルドン・アデルソン)がいるのだが、アベジョンイル訪米時にその一団との会談した結果、何と胴元(運営会社)に「金貸し」もやらせる事は禁止にする筈だったのが、一転 OK になった。
ここまで来ると時代劇の賭場と一緒のノリである。


IR 設立可能なのは国内 3箇所、そこに合わせて運営会社も 3事業者という形に決められている。
日本に来る外国人観光客がカジノを目当てにはするとは到底思えない。そんな事はアメリカ側もお見通し。カジノと金貸しのダブルで日本人から収奪する事だけが目的なのである。胴元は絶対儲かるのが賭場という所、好き勝手放題日本人の富を収奪出来るというアメリカ、殊にトランプ政権の一団にとっては美味しすぎる展開なのである。
外国勢力による収奪に積極的に加担して自国民は潰しておきながら、自分のお友達には行き過ぎた不当な利益供与。暴君アベゾフの背任ショーと呼ばずに何と言う。
これを日本の宿命とほざく政府関係者達も勿論同罪の売国奴である



~カジノ以上の極悪政策が進んでいる!~

今国会で入管法の騒ぎの影に隠れているものの入管法以上に問題なのが水道法改正。鉄道でいう上下分離を採用し、水道の運営を民間に丸投げできる様にするというもの。
フランスに視察に行った官僚が水道メジャーの会社(Suez )に移動用の車等を用意してもらってそれを使っていたという事実がばれてしまった。こうなると最初からこの会社に握らせる事ありきで政策が進められる破目になるのは明らかである。アジア・アフリカ・ラテンアメリカの「遅れた国」で利権を取ろうとするなら賄賂攻勢は 1丁目1番地というのが欧米の常識、日本も舐めくさられたものである。

水道民営化というやり口、他国もこぞって失敗して、公営に戻さざるを得なかった所も多い。ところが公営に戻す余地を与えない様に法律を改正するというのである。

水道インフラの老朽化は全国的に深刻な所が多く、その改修のコストが膨大な物になる事も避けられないという現実はある。それが自治体を通じて利用者に圧し掛かる危険性が大きい事も考えられる。
グローバルな戦略が必要だ等とぬかしながら、実際は世界の孤児にまっしぐら。何でも世界の潮流に合せろという小並感的な事を言う気は毛頭無いが、水は国民の生命に直結する最重要資源。


水道というインフラの少なくともハード面は、国家が責任を持って管理すべし。水道と消防は市区町村の管轄になっているのも見直さなければならないだろう。
オリンピックなんか無くても生きて行ける人間は99%以上、でも水無くして生きて行ける人間はいない。こんな事は牛馬犬猫の類でも判る事である。



~サマータイム~

東京五輪組織員会会長=北陸の老害豚からアベゾフに要請したという報道はご存じだろうが、東京五輪を使ってゴリ押ししようとしているのは明らか。同時にこれが根本的に財界の意向なのも明らか。
サマータイムを採用しているのは欧米に多い。オーストラリアでは一部の地域で、南米ではチリとブラジルが採用している。そもそも、この制度はイギリスで提唱されたが、最初の実施例は1916年のドイツである。
昼間の時間が長く取れる事で、長時間労働を強いることが容易になり、経済活動が活発になるという理屈に尽きるだろう。


小学校の授業で習っている筈だが、ヨーロッパや北米の様な高緯度地域では夏と冬で昼の時間の長さに大きな差が出来てしまう。極地であれば、ホワイトナイトとピッチダークという極端過ぎる様な差になる。冬場の陽の短さを考えると、春~夏の日中時間は貴重なものと言えるのである。
例を取ると、コペンハーゲン=北緯55度では当時で昼の時間は7時間30分程度、夏至で17時間30分位になるからその差は10時間。パリ=北緯48度で冬至で約8時間30分、夏至で15時間20分位になるからその差は7時間弱。東京でなら夏至で14時間半、冬至で9時間45分程度なので差は5時間にも満たない。


そんな欧州でもスイスで廃止の動きが出たのを皮切りに、EU がインターネットで意見公募したところ廃止が圧倒的に支持されるという数字が出て、EU 圏内でも廃止は間違い無いという模様になった。早ければそれこそ2020年にもサマータイムは消滅する事になるらしい

日本を含めた中緯度以下の地域では冬場でもそこそこの陽の長さがあり、サマータイムを無理矢理導入する合理性が存在するとは到底思えない。欧米でも 1時間だけなのに、そこを 2時間移動するなんて市民達を愚弄し、更なる虐待搾取を進めるという背信行為と言わずして何と言うのだろうか?

嘗て「国民の生命財産を守るのが国家の第一の責任」と言っていたのはアベゾフの祖父(母方)である岸信介
世には「肉を切らせて骨を断つ」という表現はあるが、肉を切らせて事足りず肉から骨から内臓や皮まで食わせて挙句の果てには相手に引っ搔き傷すら付けられないというのがこの国なのか?
隅から隅まで奴隷根性染まりきったこの国と国民には相変わらず反吐しか出ない。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの日本は観光立国として生きて行く疑いも無く信じ込んでいる奴等はバカだとしか思えない。日本国中津々浦々新幹線で埋め尽くせば日本がそれだけ元気になると信じ込んでいる奴等も多いが、そいつらにも反吐が出る!

s15@him01
整備新幹線の代表格・九州新幹線にも充当されるN700系 S 編成(旧名義での画像 2013年)

~21世紀の鉄建公団暴走するか?~

2015年の北陸新幹線開業で「金沢の地価が上がった、北陸が凄く活性化して求人倍率が凄く上がった」と云った情報が拡散されてから今や、新幹線を招致=地域が凄まじく発展するという図式が一人歩きしているとしか思えない。求人倍率が上がっというのも、元からの「人手不足」という名の奴隷不足が下地にあった可能性は高く、非正規ばかり上がっても意味がないのである。
そこで、政治新幹線を作ると如何なるか?
地域輸送を担っていた在来線が経営分離される。経営分離で即廃線という事は無かろうが、運賃は大幅に上がるのは避けられない。しかも優等列車は無くなり普通のみとなる短い距離でも新幹線を利用するように仕向けられてそこで更に費用が嵩む事も増える。
これは地域輸送にとっては如何考えてもマイナスであって、地元は不便で遠くなって東京が近くなるという矛盾が避けられない。これで地方創生なんていっても餅を絵に描く事すら出来なくなるのではないか?


この重大な欠陥を無視して東京が近くなって地域が発展するという論理を振りかざすのは無理があり虫が良すぎるというものである。地元の面子と土建政治を広げたい連中の論理でしかない。
「財源は独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備機構(以下、JRTTと略す)が確保していて手当はついているから、税金がジャブジャブ無責任に注ぎ込まれる事はない。」「借り受けるJR 各社が最終的に経営判断をするので、JR が拒否すれば建設される事はないから、作られるという事は必ず儲かるとイコールだ」という論理を持ち出す輩も多いが、そいつらは一度くたばった方が良い。
JR 各社が経営判断で拒否する事なんて実質不可能なのである。そして、旧国鉄がローカル線を作らされまくって赤字を垂れ流した挙句に崩壊への道を加速したのはご記憶であろう。JRTT はあの鉄建公団の継承組織でもあるのだ。

北海道新幹線なんか、ニセコに行く外国人観光客がこぞって利用するとほざく奴までいるが、インバウンドの奴等なんか千歳まで飛行機で来るというのに、その千歳を通らない以上、その論理は成り立たない。それ以前に外国から飛行機で成田か関空までやってくるのであって、新幹線で乗り付けてくるのではない。


四国財界が四国と九州東部を海底トンネル結ぶもの単線新幹線構想までブチ上げ、石〇茂氏が山陰新幹線(こちらも単線)をブチ上げる始末。安倍政権の下で地方選出の政治家や土建屋達も言いたい放題やりたい放題モードに入っている。

田中角栄の国家改造論から50年近く経って状況は大きく変化して、人口減少が加速しているにも関わらず、日本人の頭の中身は対応出来ずにそのノリを引き摺るのである。高度成長すら忘れられない無責任な爺ども=多数派が実権を握り倒してしまっているから、若い世代=少数派はドンドン白けてその挙句に結局2chで文句言うしかなくなるのである。


~観光立国で日本人は更に貧しく?~

インバウンドが増えると日本が一見豊かになる様に見えても、日本人はその恩恵に浴するどころか逆に搾取されて貧しくなるとしたら・・・

これは仮定の話では済まないのである!

現に京都では中国人観光客を相手にしたビジネスは殆どが中国人と中獄資本に握られてしまっている。日本人が手を突っ込む隙など無いのが現実だという。外国人観光客は増えてもその持ち込む金は素通りして外国人外国資本に還流されるスキームが作られていて、日本人への恩恵は非常に限られた物になる。
警戒しなければならないのは中獄だけではない、インバウンドが世界各地から増えれば、そこを狙って付込んで来てインバウンドのみならず日本人からも搾取しようとするシンジケートは増えるのである


世界中に恐ろしいシンジケートを持っているのは中獄人だけに留まらず、完酷・超賎塵、そして何といっても恐ろしいのがユダヤ人、アングロサクソン
島国にして嘗て200年も鎖国していた日本人の事だから、世界の彼方此方でウイルスの様に広がるシンジケートの恐ろしさなんて理解出来る人間は僅かであろうが・・・


観光産業への依存が増すに従って、こういったシンジケートがドンドン日本に入り込んで日本も日本人も次々と食い物にされるのである。外国人観光客を最初のターゲットにして入り込み、更にそこから日本人を食い物にしようと仕掛けて来ると警戒する位で丁度良い。


以前にも述べたが、観光地ではヨーロッパを中心に現地住民と観光客の軋轢対立が激化する所が既に増えている。
現にバルセロナを中心としたカタルーニャ地方では観光客の流入を食い止める政策が実際に打ち出されている程である。この日本でも我々住民の生活が観光客に脅かされて謂れの無い負担や迷惑を強いられるケースが発生しつつある。


観光立国などというプロパガンダを脳天気に鵜呑みにしてはならない。日本人はもうこれ以上奴隷や食い物にはされてはならない!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ