Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

タグ:ゆきこhr

去る5月11日、今や草加名物ともなったミュージックレインボー Vol. 83 が開催された。数日前の時点では空模様が心配されたが、その日が近付くにつれて予報も良い方向に変わり実際にもかなり良く晴れた時間が多かった。

当日12:30から始まったこのイベント、出演者の出身地も関東だけに留まらずそれこそ北海道から沖縄まで多岐に渡る。そして何と言ってもこの日は後半に「プチ九州フェア」とも呼べる時間帯が形成されたのである。ゆきこhr 嬢=宮崎出身、田中ミズホ嬢=佐賀出身、ほのかるび嬢=長崎出身という訳で、出演者が 3人続けて九州出身者というのはこの手のイベントでも稀なケースだが、それが15時40分から17時20分頃まで大凡100分続いたのであった。


yukhr078  yukhr079

yukhr080  yukhr081

ゆきこhr 嬢はこの日がミュージックレインボー初登場!
やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~」という訳で、小生もこれのために草加に足を運んだ様なものだった。その途中、国道4号でDQN な軽自動車に攻撃を食らいそうになったが寸での所で何とか交わして予定より早めに現着出来た。
彼女はSHOWROOM 配信をしていて(そういう御仁をSHOWROOMER とでも言うのだろうか?)、その中でも音楽部門上位ランカー(プロのカテゴリ)でもある。このMR で司会進行をしているぼんちゃんという方もSHOWROOM ラジオ配信部門にエントリーして活動している(アマチュアカテゴリ)という事で、その方の強い希望でこの日の出演が実現したという模様である。


yukhr082  yukhr083

彼女の出番の時は運悪く雲の多い時間帯が出来てしまったが、初夏の夕方前の光線に照らされたタイミングの画像を中心に選んで載せている。
川崎や町田とは違う絵が撮れたのは小生としても嬉しい限り。


yukhr084  yukhr085

この日のゆきこhr嬢だが、通常の25分ステージの後でMC のポンちゃんさんとのトークセッションもあったので、出番は40分弱と長めになった。
若し上田利治氏が今も御存命であったなら、「ええで、ええで」を連発したかも知れない。(適当)(古っ!)
ここ最近は福岡・大阪・札幌等で小規模ながらもライブを開催する等してその活動範囲を広げて来ている。そんな彼女に対して小生も2月末の川崎(いさご)で4ヶ月ぶりにご対面となったが、3月4月はチャンスが無く、5月になってその分を取り返すかの様に4日=町田ミュージックパーク・11日=草加ミュージックレインボー・18日=川崎いさご通り~という訳で 3週末続けてのご対面となった。





折角なので、残りの2人についても取敢えず紹介して行く事にする。

tnkmiz@sok01  tnkmiz@sok02

tnkmiz@sok03  tnkmiz@sok04

田中ミズホ
1995年8月5日佐賀県(鳥栖の辺りか?)生まれで、実家は2014年まで30年程パン屋を営んでいたのだとか。2016年までは福岡を拠点に活動していて、東京エリアにも年数回出現していた模様だが、2017年春東京に移る。
本人によると、「自分が知らないものが東京にはたくさんあって東京の音楽も面白いと感じて、足を突っ込んでみようと上京を決意した」との事で、東京で歌う様になった時に、福岡と大きく違うと感じたのはファンのマナーだったのだとか。
現時点ではアマチュアカテゴリだがSHOWROOM 配信をしている。


hnkrb@sok01  hnkrb@sok02

hnkrb@sok03  hnkrb@sok04

ほのかるび
かるびは焼肉のカルビに由来する。彼女の母親が肉類を苦手にしていて、焼肉とは無縁な幼少期を過ごしていたが、中学生時代の部活の打ち上げで初めて焼肉を食べた折にカルビでテンション上がってしまい、それ以来あだ名もほのかるびになりその後にはカルビになってしまったらしい。そして音楽活動を始める時に芸名も「ほのかるび」にしたと言っている。(そこまでするか、普通…)因みに好きな動物は鰐だとか
現在は主にライブ活動と並行して、ようつべで自身のチャンネルを開設して毎日に近いペースで投稿中。


見ての通り、プチ九州フェアの時間帯を中心に良く晴れた時間が続いた。しかし、ゆきこhr嬢の時は何故か雲の多い時間が出来てしまった。実を言うと、「いさご通り~」等でも彼女の出番になって曇られるというケースも結構多い。



丁度その頃は玉川高島屋で、下旬には日本橋高島屋で九州物産展が行われていた。物産展というと北海道と九州は鉄板ネタらしくどの場所でも毎回結構な盛況になるらしい。小生、件の高島屋での物産展に繰り出す事は忘れなかった。お目当ての燻製屋のブースが出ていたからである。
その御目当てとは唐津市に所在する燻や」(有限会社たなべ屋)である。


canrfumekunya01

合鴨ロースのスモーク、これで1枚1600円程度。値段はかなり高めだがそこら辺で売っている安い物とは訳が違う、しっかりとした肉の味と燻製フレイヴァーが主張していて、手作り少量生産でなかなかの逸品である。ワインのあてとしても素晴らしく、小生の推しでもある。

canrjambcru01

通販では手に入らず、こういうイベントで直に買うしかない幻の逸品其の壱は合鴨ロースの生ハム!
スモークよりさらに高価(一枚2500円程度)だが、スライスして脂が溶け出す温度になるのを待って食べると熟成の効いた赤ワインにはピッタリ!
まだ出会って2年位だが、既に小生のハートを掴んで離さない。


calmrfumekunya01

スルメイカの開き燻製、見ての通り丸侭一杯のスモーク。今月前半の玉川高島屋でのフェアにて初購入したが、白ワイン・シェリー・日本酒のあてとして大活躍で、こちらにも小生ドハマり。下旬に日本橋高島屋で行われた九州展で再度購入。これも一枚で1300円前後する。


sagcithsj01

日本橋高島屋の九州展で購入したこのレモンは、佐賀県の岡屋Farm&Ily が低農薬で生産する「宝韶寿」(ほうしょうじゅ)という品種。日本で生産されるレモンはその殆どが海外品種だが、この宝韶寿は日本生まれとの事。爽やかさやシャープさは少ないが、香りがやや甘く酸味も綺麗でまろやか
ジントニックで使うのも良いが、小生的にはジンリッキーがお勧め。(ジンは良い物を使う事!)
通年出荷可能だという話で奇跡のレモンという謳い文句まで付いている。このレモンを使ったジュース・シロップ・アロマオイル等の商品はMuta Pattano (ムタ・パターノ)というブランドで販売されている。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年頃から川崎はいさご通りに現れた、宮崎県出身シンガーゆきこhr (ゆきこ・エイチアール)嬢。
それから約6年、「やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~」のお決まりのフレーズを振りかざして、今や音楽のまち・かわさきに欠かせない重要メンバーの一人に伸し上っている。川崎や都内のみならず、今年は仙台七夕のステージイベント出演を果たすなど、その勢力範囲を確実に広げている。
そして何といっても、今年6月には自身初のミニアルバム 2種類をリリース。
ただ、これももっと早く出来なかったのかと思うが、さらに飛躍のチャンスを求めて奮闘中である。


yukhr055  yukhr058

yukhr060  yukhr063

去年10月に代々木公園で行われた九州関係のイベントでのもの。毎年恒例で九州をアピールするイベントという事で宮崎出身の彼女はうってつけ。因みに、代々木公園のステージイベントを撮ったのはこれが初めて。
いつも小さな仮説ステージやステージすらなく地面で歌う事の多い彼女だが、代々木公園のメインステージに立つ姿はいつもの彼女の様でいて何処か違っても見える。これでそれなりのスポットライトでもあれば最高だったかも知れないのだが・・・。



yukhr064  yukhr066

これが実は5年前の彼女、今とは全然違うのは一目瞭然。違いは髪の長さだけではなく、ステージで着る服、更には歌う曲の傾向も違っていた。小生としても「綺麗な娘なんやけど、一体何がしたいんか?」という眼で見ていた時期があるのは事実だった。
この後一時はソロからバンド活動への転向も決まりかけたが、直前にキャンセルとなった。ただその事が迷走しかかっていた彼女の方向性を却って定めさせた様に思われた。


yukhr069  yukhr071


yukhr074  yukhr076

yukhr073  yukhr077

この 6点は 8月中旬・アリオ市原のステージでのもの。
彼女同様に「いさご通り~」で御馴染の Keishia (ケイシャ)嬢、yayA (やや)嬢と3人のローテーションで2ステージをこなした。16:30頃の2回目のステージは御覧の通りに光線状態抜群、久し振りに最高な条件で彼女を撮れた
これだけでも千葉ぐんだりまで行った甲斐があったというものである。


千葉という場所は余り得意ではないというより鬼門になりがちな所なのだが、R357 や R16 での大きな渋滞(殆ど常態化)も無く、湾岸習志野からの高速も順調で très bien  な夏の一日と相成った。

そして去る10月にはバースデイバスライブなるものを都内で決行。バス貸切で渋谷のあたりをグルグル走りながらライブ+オフ会みたいなことをやったらしい。
持ち前のポテンシャルがもっと発揮される事を望むばかりだが・・・





ここからはざつだん形式・・・

これ結局、在庫放出企画やろ? 正直に言えや!

やい、うP 主! お前はいさご通りの宣伝マンか?

宮崎弁いうけれど、彼女は確か内陸部の出身やったと思うから、都城弁とかそういうのに近いのか?
東国原英夫は都城弁やで。


そういう問題語るスレ違うやろ!

こういう女の子が所々お国言葉を入れてくるのはチートが過ぎるから、どげんかせんといかんンゴねぇ・・・ でも首都圏の男性にとってはどこか可愛らしく感じて胸キュンですこ!やねぇ

この娘、いくつや?

José Altuve (ホセ・アルトゥーヴェ)、浅村栄斗、西勇輝、ライアン小川、大田泰示、則本昂大、大迫勇也、三浦春馬、すみれ、松井咲子、浅田真央、菊池亜美、誰逃明美、ローラ、miwa あたりと一緒。

誰逃でダレノガレって、少々

この歳でまだそのポジションとはキツイなぁ

それを言ったらおしめぇよ~。

きっかけさえ掴めればそれなりの所までは行けるポテンシャルの娘は多いけど、それさえ掴めるのは非常に少ない。マーケットの寡占化が進み過ぎていて、女のソロにはとりわけキツイというのがもう10年近く続いている。

彼女の歌唱力は川崎では完全に片手に入る。今若し上田利治さんが生きていたら「ええで」を 5回は連呼するやろ。

5回かよ! 10回位にならんのかい!

川崎の地タレみたいにすんなや! せめて南関東位まで広げてやれや!

取敢えずでもシンガー兼地タレで売り出して良くねぇ?




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加


suicary26  yukhr047

(左=水華かりん・2017年 右=ゆきこhr・2016年)

川崎名物となった月イチのお楽しみといえば、「いさご通り街角ミュージック」だが、最近天候に祟られる事が多い
去年・今年と夏場を中心に不順な天候が続いている事もあって、7月も8月も悉くゲリラ豪雨に見舞われた。途中まで晴れていても途中から急に曇りだし、終盤には雷雨に見舞われるというのがデフォルトみたいになってしまっていた。小生も川崎駅東口から少し離れたコインパーキングに戻ろうとした時、雨が激し過ぎて身動きがとれず、銀柳街アーケード内で足止めを食らうなんて事もあった。

#221が行われた8月19日のゲリラ豪雨も凄まじく、同日夜に予定されていた多摩川花火大会が中止になったのは御記憶の方も多かろう。
いさご通り~」は屋外のイベントなので、雨に見舞われるとやる方も観る方も大変面倒な事になってしまう。以前は雨天の場合は中止だった筈だが、ここ数年は雨天でもパフォーマンスが可能な様にステージ上にテントが増設される様になっていて、荒天のみ中止という事になっている。


雨の中で終了する破目になった場合、特に大変なのは終了後の撤収である。PA 機器類・スピーカー類は雨の掛らないテントの中にあるのだが、配線を外して各種機器類を仕舞う際もややこしい事態になる。
各種のPA 機器類は水に弱いのは言うまでもないが、コードやケーブルの接続部分にまで雨水が浸入してくる。その場合は最終的には時計店の武藤氏(主催者)が機器類やコード類の接続部分に入った水を拭き取るという作業をしなければならない事になる。


9月30日・10月1日の#226・227はまずまずの天候になったが、思いっきり祟られたのはその後。
10月21・22日は川崎の秋の風物詩となっている「いいじゃん・かわさき」というイベント=駅東側の6箇所の商店街が共催するイベントがあり、その一環として「いさご通り~」の#228・229が開催されるはずだった。
ところが既に御存知の通り、その週末は台風接近+秋雨前線停滞という最悪な状況になってしまった。それでも21日は何と強行した様だが、さすがに台風本番となった22日は荒天になってしまい中止を余儀なくされた。21日も関東は強い雨が降りしきる1日、そこで強行したと聞いたときは驚いたが、22日(#229)は案の定無理だった。


そしていさごの悲劇はそこで終らず…
次の週末も川崎ハロウィンに便乗する格好で開催された。中止になった#229を敢えて欠番にはせず、本来#230・#231になる所を一つずつ繰り上げて#229・#230ととするややこしさ。
肝心のそのイベントは如何だったかというと…、
言うまでも無く、台風接近で中止になってもおかしくないレベルの悪天候。それも29日に予定されていた川崎ハロウィンの名物であるパレードも中止というレベル
いさご通り~」も当然中止だろうと思って小生は川崎行きを諦めていたが、何と土日通じて開催した模様。
悪天候の中強行して人出も芳しくなく盛り上がりには欠けてしまう事になるとしても、そこは致し方がないであろう。


こんな状況が続くと、それこそ「いさごドーム川崎」待望論が出てくるのではないかとも考えられて思いっきり草生える

いさごドーム川崎仕様書
開閉可能型ドーム 屋根はスウィッチ一つで開閉可能 側壁は手動で開閉可能で開放感もバッチリ
猛暑から寒波まで、勿論ゲリラ豪雨や台風にも対応可能!
音響・照明勿論アリ 空調も設置使用可能  キャパは40~50程度
要はドームと名が付いたただの小屋LOL の大草原


ドーム言うても、それ何処に作んねん?
かわしん広場の大部分潰したらええがな!
駅ビルの屋上とか…(その時点で「いさご」ではなくなる、
さいかや跡地とか…(同上、

出来た途端に使いたいという所が沢山出てきて、結局「いさご通り~」が弾き出されて会場確保出来なくなるオチ
思いっきり草生える




<追記・朗報> いさご通り街角ミュージック、漸くまともな状況下で開催される

tys-yon@kerj01  tys-ykn@kerj01

画像は 2y' soul (トゥー・ワイ・ソウル)のステージから=11月5日

先の3連休に川崎市民まつりが、川崎競輪場や富士通スタジアム川崎(旧・川崎球場)等を含む富士見公園及びその周辺で行われ、「いさご通り~」もその一環として競輪場に引っ付いているステージを使用して開催された。
(3日は「かわさきジャズ2017」連携ステージという形で、5日は「いさご通り~・#231」として)

御存知の通り、3連休は比較的まともな天候に恵まれ、特に最終日の5日は快晴に近かった。5日は小生も厳戒態勢の東京を朝から飛び出して会場に向ったが、市民まつりは毎度の事ながらかなりの人出で賑わっていた。屋外のイベントは天候に恵まれた中でやるとノリが違うものである。
10月の天候が悲惨なものだったので、月が変って早々、好天の中で長時間屋外で色々出来る事が非常に有難く感じられたものである。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽で町興しという取り組みをしている場所は探すとそれなりにある事がわかるが、その中でもやはり川崎が最右翼という事になるのかも知れない。
ここでは先ず、川崎で御馴染みになったメンバー達を、ほんの一部だけだが改めて紹介して行く事にする。


yukhr051  yukhr053

先ずは、やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~、てなわけで…
当サイトでお馴染みになったゆきこhr 嬢。先の大型連休最終日に町田ミュージックパークに登場した時の画像である。町田ミュージックパークでは川崎で定番化したメンバーも多数登場している。



suicary26  suicary27

こちらも御馴染み、水華かりん
スクールメイツに特待で入っていたという過去を持つ彼女だが、川崎という街は地元。今年2月の「いさご通り街角ミュージック」にて、実はこの後彼女は人間ドックに入ったのだそう


mms225  afr-sz15

左=南沙椰
右=庄司みずき 嬢(A For Real)


uekana23  mie@kwsk04

左=上村叶恵
右=Mie(みぃ) 嬢 「ミーミーミーミーって猫じゃあるまいし」というツッコミは無しで


ysmm546  itosak@nksm06

左=安本美緒 嬢 2013年7月川崎西口MUZA 前にて撮影、絵が古いのは御許しを
右=伊藤さくら 嬢 2015年7月、中野島音楽祭にて撮影




前記事、前々記事でも述べた様に、先月関西方面に行ってきた小生は、南茨木付近で阪急を撮影した後に日曜の夕時のグランフロント大阪に足を運んだ。
既に述べた様に、MUSIC BUSKER in UMEKITA(ミュージック・バスカー・イン・うめきた)が目当てであった。日曜の夕方なら誰かいるに違いないという程度の目論見だったのである。
そんなんでエエのかという御仁もおられるかも知れないが、誰かやってるだろう、ネタは何かしらあるだろうという見込みで行くというのは川崎でよくやっている事だから、別に気にはしない。当てが外れるというのも沢山経験している小生である。
さて、そんな中大阪駅とグランフロントの境目位の広場に急いで足を運ぶと、期待通り! やってるやってる~ぅ!
ギター弾き語りの女性2名を発見!


yurk@gfo01  yurk@gfo02


yurk@gfo03  yurk@gfo04

出逢った娘の1人目はこの人、優利香(ゆりか)
1995年11月生れで今日現在で21歳、出身は神戸市。2014年からライブ活動を開始、それから2年を経て去年6月からは東京での活動も月1回程度行う様になる。現在、ミニアルバム「夢デハオワラナイ」発売中(5曲入り)
来る7月1日に大阪市内で初のワンマンライブを決行予定。



kityk@gfo01  kityk@gfo02

そして2人目は、北原ゆか(きたはら・ゆか)
1999年11月10日生まれの17歳で兵庫県出身、当然今日現在まだJK ! 全国放送のTV 番組にも既に出演しているので観た事のある御仁もおられよう
去年5月のLOVE in Action・Song for the life という音楽コンテストで自身の作詞作曲した楽曲でグランプリ獲得。その後このウメキタ軍団入りも果たす。(
今年2月17日には 1st ミニアルバム " progress " をリリース。


実は小生にとって、MUSIC BUSKER in UMEKITA はこの日が初めてではなかったのである。

sanojin@gfo01  sanojin@gfo02

このMUSIC BUSKER で最初に遭遇したのがこの娘、佐野仁美(さの・ひとみ)
去年11月末、平日夜の公認路上ライブだった。彼女は1995年生れで、まだ大学在学中らしい。4歳でピアノを始め、5歳で作曲作詞を行う様になり、元々はゲーム音楽の作曲家を志望していた様だが、16歳からライブ活動開始。

余談だが、1995年生まれというと、志尊淳、松岡茉優土屋太鳳入山杏奈生駒里奈川口春奈玉井詩織、更には、森友哉上林誠知若松駿太田口麗斗松井裕樹、とおないになる。



MUSIC BUSKER in UMEKITA は2013年開始、要はグランフロントの開業と共にFM 大阪との共同プロジェクトという形で発足し、SME、Avex 等のメジャーレーベルの後援も得ながら" Go to the World from UMEKITA " というスローガンと共に絶賛展開中である。
定期的に行われるオーディションを通過してライセンスを得たアーティスト達が、公認路上ライブを随時グランフロント敷地内で行う他に、関連の各種イベント出演もある。公認路上ライブは大阪駅とグランフロントを繋ぐ広場で行われているケースが多いらしい。
開始から4年にも満たないが、これから大阪キタエリアを大きく巻き込めれば川崎や草加なんて吹っ飛ばす力は十分にある。関西はまだまだ音楽の宝庫なのである。


因みに大阪駅南側ではグランフロントに入れないアーティスト達と警察との小競り合いが頻繁に起きているがこちらも一種の名物と化している模様。
(小生としては嘗ての秋葉原を思い起させる光景であるwww)



川崎のプロジェクト「音楽のまちかわさき」は既に13年、これに対してUMEKITA は4年。従って川崎よりウメキタの方がメンバーの平均年齢が明らかに若い!
川崎でも徐々に世代交代の波は来ている感もあり、日々新顔もそれなりに登場するが、思いっきり語弊があるのを承知で正直に言うと登場人物の老朽化という問題は出て来ている。もう少し穏やかな表現ならマンネリ化か。
一方、ウメキタも10年後に如何なっているかという事は予測が難しい。(関東へ移転するメンバーがある程度出てくる可能性もあるので、その場合メンバーは少なくともその分入れ替わるが)




川崎ウメキタ、バスカーの東西2大聖地となった?と捉える事も出来るが(まだ一寸強引か)、両者のコンセプトは大きく異なると思われる。
音楽のまちかわさきイベント開催が主眼になっていると考えるべきである。川崎駅東口は路上ライブ特区の様な感じにはなっているが、川崎は市全体での展開という事になっていて、ジャンルもポップス・ロックからクラシック等々の多ジャンルに跨る。イベント開催エリアも市内各所に点在する形で、一部ではイベント主催者同士の対立が起きたりする等、あまり上手く纏って進んでいる様には見えない
これに対し、ウメキタは組織を挙げてのアーティスト発掘育成に主眼が置かれている様である。ただ、発足してまだ4年、フレッシュではあるがその分この先の展開は未知数が多い。


もし、そんな若くてフレッシュなウメキタの軍団が大挙して東の聖地・川崎(草加というのもあるが)に乗り込んで来たら如何なるか?
その際はひょっとして、東西バスカー大戦争が勃発するのだろうか?

小生としては、勃発大歓迎である! 是非とも東西バスカー大戦争が観たい!
近い将来実現する日を待っている! それこそ勃発するなら1日でも早くして貰いたい!
若さと勢いのウメキタか? 川崎が老舗の意地を見せ付けるか? そこは見ものである。
(でもその場合エンペラ星人の役回りは誰がするのかという問題はあるが…w)




)日本赤十字社が毎年行っているLOVE in Action という献血推進プロジェクトの一環。5月にライブ審査を行い、グランプリ受賞者は6月にLOVE in Action MEETING というライヴイベントに出演する。2016年の会場は東京国際フォーラムだった。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

去年10月、DFA ☆ 70-200mm f2.8 を20日位テストしたのだが、フリーライブではあまり天候に恵まれなかった。ただ皮肉にも、結果としては条件の良くない所でどれだけ使えるかという部分のテストも出来たとはいえるであろう。
最終回となるここでは、比較的条件に恵まれた所での画像を紹介する。

yukhr045  yukhr046

yukhr047  yukhr048

いさご通りの主力メンバーで、当サイトでも御馴染みになりつつある、小生の現イチ推し=ゆきこhr
この時は「いさご通り」の法被を着て、ステージ以外の裏方仕事にも奔走していた。ステージが2箇所あるので、スタッフが足りないという事らしく、出演アーティスト達がスタッフに混じって色々仕事をしていた。こういう部分も「いさご通り…」らしいと言えるのである。


tae001  tae002
こちらは初登場のTae-Chu(たえちゅう)というユニットのvo. のTae(たえ)
このTae-Chu なるユニットの本拠は何と、阿武隈急行でお馴染みの丸森町(宮城県最南部)で、東北南部での活動が主体だが首都圏での活動も時々行っている。
今回は本人達からの希望で出演か叶ったとの事である。

tys-ykn@isgd03  tys-ykn@isgd04

tys-yon@isgd02  tys-yon@isgd04

最後は既に当サイトでも登場済みの2y' soul(トゥー・ワイ・ソウル)
上段はykn(ゆきの)嬢=立位置は左で、下段はy-one(よね)嬢=立位置は右
今回は路上ではなくステージのあるフリーライブの画像で。2人の立ち位置は曲の中でもよく入れ替わる。
最近は小生的にもランクアップ中!





smc70200aこのレンズ、20日間ほど使うチャンスがあった訳であるが、なかなか満足の行く程の釣果が挙がらなかった。天気が悪くチャンスが少なかったのが最大の要因である。

そんな中での印象としては
先ず、太くて重い!この事は非常に堅牢な作りである事の裏返しでもあるのだが、SIGMA に慣れてしまっている小生としては、若干辛かった。
MF がやり易いというのは好印象!だが今回は、MF で追ってもなかなかピントが上手く合わないケースも多かった。通常使うSIGMA より歩止まりが良かったとは言えない。
望遠レンズはピントが神経質になり易いが、この個体にクセがあった可能性がある。もし仮に購入して使うなら、一度しっかり調整してもらう必要があると思われる。

色の癖が結構出易いのか、違和感を感じるケースもあった。
開放近辺(f2.8~4)だと、期待した性能は出ず、少々問題がある様に感じられた。

以前からネットや雑誌では、何やら開放からでも素晴らしい画質等々の批評があり、小生としても非常に期待値が高かったので、このトライアルを通しての現実には少々戸惑った。



小生としてはここでどうしてもSIGMA と比較せざるを得ないのであるが、2011年登場のサードパーティーレンズと最新のDFA ☆なら比較にならないとすら思っていたが、ありとあらゆるシチュエーションでテストしてわけではないが、 その総合的印象としては…、


このDFA ☆が期待値に達しないのかそれとも、SIGMA の健闘が光るのか結論は出しにくい
嵌ったら多分手が付けられない程になる事もあるのだろうが、必ずしもそういう状況ばかりではないし、必ずしも嵌らない状況下での性能もこのクラスのレンズでは大事なのである。
このレンズについてAF はテストしていないのでここは何とも言えないが、SIGMA を明らかに上回るとすればこの部分であろうか。

PENTAX にも漸く70-200 f2.8 が純正で加わった、この事実が一番大事なのであろうか?
因みに、Canon やNikon の同種のレンズにはブレ補正機構が付いていて実売価格は26~30万位、一方こちらにはブレ補正は付いていない(ボディでのブレ補正の為)。その辺を鑑みて22~24万という一般的実勢価格は「まぁそんなものだろう」という所である。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ