Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

カテゴリ: 時事その他

最近、どこもかしこもタピオカドリンク専門店がやたら増えているのはご存知であろう。
何であんなカエルの卵みたいな物が流行るのか小生には理解出来ないが、それ以上に理解出来ないのは飲み残しのたっぷり入った状態でそこらかしこ場所を選ばず大量に捨てられている。それは何といっても非常に不潔で何といっても見ていて気分が悪くなる。それを見たら不快に思う方が人間としてナチュラルだと思う。
飲み残すなら飲み切れるサイズを買えばいいと思うだが、大きい方がインスタ映えするという理由だけで到底飲み切れないサイズを注文するのが後を絶たないらしい。要は最初から飲み切るつもりはないのである。そういう奴等の頭の中身って一体何なんだろうか?、ろくでもない脳みそしか入っていないと確信してしまう。


fugaku102


そして最近都内の飲食店でこんな事態が起きたのだという。それはジビエ料理を売りにしている店なのだが、大量に注文しておきながら、殆ど食べずに店を後にしてしまうという客がいたらしい。専らインスタ映えを狙って、映え~な画像だけ撮ってしまえばあとは用済み、実食するつもりはさらさらなかった。
これには店側もご立腹だったというが(当たり前の事だが)、インスタ映えでネットをバズらせればそれで満足なのだろうか?どこの国の人間がやったのか知らないが、呆れてものが言えない奴等である。
本音を言えばそんなバカどもは、毒ガスでも浴びせてブッ壊せばいいのだ!


今の時代は何せあの死ネッチケー(日本反社会的基地外ともいう)でも「NET BUZZ」なんていう番組をやっているご時世である。

序に言えば高速道路本線上=伊勢湾道で下車して、路肩を歩きながら長島スパーランドを撮っている奴の映像がある。
しかも車は路肩に停まらず、本線上を最徐行して渋滞を作りながら進んでいる。最後には駆け込んで車に乗り何食わぬ顔で去っていたが、高速自動車国道法・道路法という2つの法律に完全に抵触する行為(道交法の最低速度違反でもある可能性は高いからダブルでなくトリプル違法行為か)で大変な危険迷惑行為であるのはそれこそ牛馬犬猫の類でも分る事である。
(映像と解説はこちらのようつべ=綾人サロンで)



最近一頃流行った?、バカッター。今や聞かない日はない「インスタ映え」、「炎上商法」も基本は同じ。
炎上でも何でも数という結果が全て、PV や「いいね!」の数を稼いだものが勝者で、数を稼げない奴には存在価値は無い。
ネットはそういうものであると言われれば御尤もで、この論理がまさに金科玉条の如く罷り通る。


ネット投稿で金が稼げると来れば、常にバズらせなければ稼げないから、バズらせるためには手段を問わないという事になってしまうのは仕方がないともいえるが、それを全面的に是認する気はない。是認してしまえばそれこそネットメディアの自滅に直結しかねない。
自分の人格を貶めてまでバズバズ映え映えして低レベルな自己愛を満たしたいのか?


この話はこんな所で終わりにしないので、其の弐へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

中途半端な複数税率という愚策を盛り込んだ消費増税。財務省・首相官邸・公明党によるディールの賜物である。個人消費落ち込みに対する対策とキャッシュレス化促進が何故かバーターされるという訳の分からない政策が推進されている。
中途半端でややこしいだけの複数税率だけでも民間は四苦八苦しているのに、キャッシュレス化デジタル化推進の為の政策が絡められるというのは売国厄人やそこに引っ付いている税金ゴロ達の悪ノリでしかない。
兎にも角にもレジスターメーカーだけは大儲かりなのは200%間違いなく、そこにも公的補助が絡んでいる。


ogosesakura2k19a

そんなわけわかめなバカ政策の極め付きかも知れないのが、「マイナポイント」という制度
現在、マイナンバーカードの普及率は15%にも満たず、近い将来国民全員に所持携行を義務付けるなんていう恐ろしい企みの実現に向けての機が熟す見込みも薄い。同時にマイナンバーカードが一気に普及してそれに絡んで税金ゴロが幾らでも出来ると踏んでいた奴等にとっては目算が外れた格好である。
この新しいクソ制度、景気対策という美名で舗装された究極の国民監視地獄への道を作ろうとしているのも明らか。


この制度についてどういうシステムが予定されているかというと…
マイナンバーカードを持って、記載されているマイナンバーをスマホの決済手段として入れると、その本人が申請してマイキーID の付与を受ける。それを利用しての決済に対して国がポイントを付与するというややこしいもの。
税金の絡みという理由を付けてこういう個人番号とリンクしたシステムを考え付いたのだろうが、マイナンバー自体を決済に直接利用できないのは現時点での法律上の規定を考えれば妥当で、セキュリティ上の問題からも仕方ない事だとは思う。


でもこんな恐ろしい仕掛けに嵌ってはならない
バカな国民を消費増税と消費喚起で釣ってマイナンバーカードを無理やり普及させる+マイキーID で、総務省の関連業界であるIT 業界も新たに税金ゴロして潤う仕掛けが見え見えという所が大問題である。


一つの固定された番号を税、社会保障から始まり、そこから色々な分野で使い回させる暴挙愚策をゴリ押ししようとしているのである。公開された一つの番号を各分野・用途を越えて共通番号として使用する方式でアメリカも完酷も嘗て導入したもののギブアップして縮小廃止したこのシステム、日本人に厄災ばかり齎す売国奴集団だけが躍起になってゴリ押しし続けようとしている。
今回のこの話、貧して鈍しまくるバカ大衆を完全に舐め腐っている話である。



参照記事=厄人クソ過ぎ~、何処までも~ 其の壱  其の弐


ここからはざつだん形式にて…

スナック菓子のオマケの中身で税率が変わるなんてクソ過ぎて一生吐ける。やれ全体の価格の中の比率だの何だのって、学校秀才が机上の論理でやるとこうなる。

消費税は輸出企業にとっては兎に角益税!
消費増税でこっそり法人税所得税は軽減されて、大企業から消費税は取れず、個人消費は落ち込む、こういったダブルトリプルパンチで赤字国債発行額はアップする。


輸出企業は消費税で儲けてはいない。プラマイゼロ。
消費者からの預かり分をA 、その前段階での支払いをB とするとA-B を納税するという仕組み
この部分が輸出だとA は0円なので、A-B<0、つまりマイナスになるのでBの金額が還付される。


消費税が福祉に使われるなんてウソ! 結局国債償還に消えた!
これで信用創造と逆の方向に行った。マーケットに流れる金が減ったからデフレが止まらなくなった。


スマホに個人番号打ち込めっていうのガチでバカだろ! そういう事ぬかす厄人どもはもう死んでイイ!

Wi Fi 経由で幾らでも不正アクセスして個人番号盗り放題でなりすまし犯罪フリーパスやろ!
ホンマエエ加減にせぇや!


いずれはマイナンバーカード所持携行義務化なんて言う計画は恐らく警察庁の悪ノリやろね。警察肥大化で官製マフィア恐怖政治確定。

「官邸のアイヒマン」(警察官僚)が国家安全保障局長として遂に表に出てきやがった。霞が関を取り仕切るポジションも警察官僚が奪う等して経産省政権から警察庁政権に事実上変わった。


エエか! マイナンバーカードなんて作ったら絶対アカンでぇ!
そんなモン持ったら独立した個人で居れなくなる!


なりすまし犯罪誘発してその犯罪利益を裏で巻き上げようという魂胆違うか? 官製マネーロンダリングなんで幾らでも可能やからねぇ

ハイ! 皆さん一緒にぃ~!
マイナンバーなんてろくでもない! 消費税もろくでもない!


マイナンバー制度なんてぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんだ! ぶっ壊すんダァ~ッ!


どうしてアメリカみたいな売上税=consumption tax にしなかったんだろうねぇ~。消費税=VAT みたいにこんなややこしい事にはならなかったはず。

結果論でしかありませんが、1987年3月の中曽根内閣の売上税に乗っていた方がまだ良かった知れませんyo!
それ潰して一安心と思ったら次は2年後に消費税になってあっさり通ってしまった訳です。


売上税は中曽根と思っているかも知れないが、最初は1979年の大平政権。閣議決定寸前まで行っていながら選挙で負けて頓挫した。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

この年の夏だが、7月は梅雨が長引いて日照不足、ところがそれが開けて先週までは猛暑続き。晴れて夏空かと思うと大気は不安定で午後を中心に曇られるという非常にストレスだらけの状況が続いた。
このサイトの更新がここ2週間以上出来なかったが、別に夏休みを取っていた訳ではない


harumi001

実をいうと今月上旬になってパソコンがいきなり故障して使えなくなって、未だに修理から帰ってきていないのである。Windows10のシステム障害が起こってしまった様でそれが運悪く盆時の直前。故障した翌日午後にはショップに持って行って修理依頼をした、その時点で通常より日数が余計に掛かるとは伝えられていて、ある程度の覚悟も出来ていた。しかし、事態は「ある程度」を超える状態になってしまった。これだけでも既に余計なストレスで心身ともにおかしくなりそうである。
そこでしびれを切らせた小生は今週に入ってショップに問い合わせたら、何と…
帰ってくるのは今週末だというのである。今回の故障ではダウンタイムが半月を超えるという惨状になってしまったのである。


その背景として曜日の配列も最悪だった事もあると思われる。
10~12日は3連休、その翌日からは旧盆、1日空けて直ぐに土日。ショップから工場に送り込まれた時点でかなりの日数が経ってしまった上に、この曜日の配列だと10~18日まで実質休みみたいな状態で殆ど作業は行われていなかったと思われる。


今までパソコンの故障による修理は数回あったが、その時のダウンタイムは1週間を超えた事はなかった。時期が悪いから、曜日の配列が悪いから、無償修理だからと云ったってパソコンがいつまでも帰ってこない状況下では仕事にも支障が出てしまっているし堪忍袋の緒だって切れるというものである。保証期間中という事で無償修理で済んで、内部のストレージのデータも救出出来ていたのでそこは救いではあるが…

さすがに週末までは待てないという事でノートパソコン1台を2泊3日で漸くレンタル出来たので、急遽このサイトも更新する事になったが、マシンが戻って来てセットアップや各種ソフトの再インストール等々を済ませられるのは今度の週明け以降になりそうなので、本格的な更新活動は来週以降になりそうである。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

茨木台ニュータウンと聞いて、それが茨木市どころか大阪府ですらないなんて普通は思わないだろう。北摂ローズタウン、北摂バードタウン、鎌倉台ニュータウンも然り、ここに挙げた4つのニュータウンは京都府亀岡市の東別院町又は西別院町という所に所在する。しかもそこは思いっきり山間部の斜面に張り付いた小集落にしか見えず、ガチで天空の城でも作ろうとしたんかいな?と思えるものである。
茨木市内からアクセスしようにもバスで1時間近く揺られてそこから徒歩20分だの30分だのは当たり前。そこは空き家・廃墟・未開発の空き地が目立ち、今や北摂のマチュピチュとして有名になってしまった。北摂ローズタウンでは水すら確保出来ない状況で入居を強いられた人達が開発業者相手に訴訟を起こしたケースもある。


そんな山間の僻地を無理矢理開発して売り付ける方も酷いが、買う方も大概にせぇやと言いたい所である。そういう場所の公共インフラは開発業者の負担で作らなければならず、その開発業者が潰れてしまえば住民達が自力で運営管理していかなければならない。茨木台の場合、水道使用の為の初期費用として入居時に新築なら50万円以上、中古でも30万円程度の初期費用が追加で必要になる。
その辺からすれば豊能町にある希望ヶ丘(絶望ヶ丘)は幾分マシだが、街の中に店が殆ど無く病院その他の生活関連施設も遠い。



hk7323@mib02
(茨木といえば普通はこんなイメージ)

これだけ聞いてもバブルの時代に不動産業者や土建屋達が無責任に開発販売した事は容易に想像が付く。日本の都市計画制度では市街化区域・市街化調整区域・非線引き区域で用途指定がある所とそれすらない白地地域という風に大別される。バブル時代は市街化区域の相場が高騰し過ぎている上に、茨木市の様に市街化調整区域が広がっている場所では白地地域の山間部の急斜面に中小の開発業者が手を出せる場所は無かったと思われる。
北摂地域の限界ニュータウン群はかなり極端な事例かも知れないが、山間部・中山間部にまで無理矢理開発の手を伸ばした結果が結局このザマという悲惨なケースはまだまだこの国内に沢山あるのだろうし、まだまだ増えて行くのは目に見えている。
山間部のニュータウンが悉く廃墟の様になって「〇〇のマチュピチュ」が彼方此方で当たり前に見られる日も近いのか。




ここからはざつだん形式にて…

空中都市とも称されるマチュピチュの標高、実は2400m程度でインカ帝国の首都だったクスコより1000m低い。しかも都市なんかではなくクスコにいたインカの王侯貴族の別荘地に過ぎなかったらしい。クスコは今でもペルーの主要都市で人口も40万人+α、富山・高松・町田・豊田・柏あたりと同レベル。

「北摂や、土建屋どもの夢の跡」「茨木台、頭が岡C 夢の跡」(夏草ボーボー

ニュータウン、土建政治の成れの果て

[ 悲報 ] 市街化調整区域、結局何も調整出来ず

市街化調整区域ってそもそも何なん?

市街が開発されると公共インフラ整備のコストが行政側にも掛かってしまう。その過剰化を避ける為に無秩序な開発にストップを掛けるべく設定されている。

関西は平野が狭いからねぇ、調整区域の先はすぐ山間部に入っちゃう。神戸なんか海から3キロ北に上がったらもう六甲の山やもんね。

茨木台にはこんな状況でも10代の子がまだ3人いるらしい。

「茨木」台やから大阪まで通勤圏内といわれて、自分の身の丈考えて飛び付いた。実際の土地が遠すぎて実地見学なんてやらなかった可能性はある。「将来は鉄道が通ってこの辺に駅が出来ます」「この近くに高速道路が計画されていて、インターも出来ます」なんて言う甘言に騙されるケースが続発していたのは全国各地であった。

地方でも要らん郊外開発なんかやるからこうなる。ず~~っとこんなんが懲りもせんと続いてるやん!
青森みたいにコンパクトシティなんて旗振って旧市街に人を戻そうとしても、今更出来ひんのなんて判り切った事やん! 郊外でしか暮らせない体質になり切った住民が旧市街に来る訳がない!
郊外は家広い、車あるから何でも出来る、歩ける街なんて要らん!、そういう脳ミソになりきってるんやで田舎の人間は。


若い内はそれでもエエやろけど、年いって車やれへん様になったらどないすんねん?

80年代になっても大阪は住宅事情が悪くて、戦後直ぐに建った様なおんぼろい文化住宅で溢れ返っていたらしいから、郊外のニュータウンに飛び付くしか無かったというのは解る。そこにバブルの地価高騰となれば山間部の僻地でも飛び付く奴が一定数いたのは判らんでもない。土地は永遠に上がり続けるいう強迫観念が常識になっていた時代やからねぇ~。

[ 悲報 ] バブルの時の日本人、頭が岡C くなってしまう。

バラ色の未来と人を騙した北摂ローズタウン真の姿は北摂でもない亀岡の廃墟地獄

[ 驚愕 ] 東京23区内にも限界集落が発見される
北区の赤羽台・桐ヶ丘の団地は既に50年オーヴァー、若者は殆どいない。団地内の店舗はほぼ全てが消えている。
北区でも高台にありこのまま行けば「都心から最も近いマチュピチュ」になるのは確実。


マチュピチュなんて生易しいモン違うやろ! スラム街みたいになって移民どもが流れ込んで昔のハーレム(NY)的な場所になり果てる、拳銃、シャブ、ギャング、何でもアリね!

今流行りのタワマンだって30年後は悲惨な状況かも知れんでぇ~!

ニュータウンだってタワーマンションだって理屈は一緒。四六時中住民同士でしかも親子揃ってマウントの取り合いで疲れ果て、そして30年も経てば一気に姥捨て山になる。タワマンなんか高層階と低層階で階級対立が出来たりするから余計に始末が悪い。最近そういうのは外国人が投資用に買うケースが多いから、そこに移民が入り込むと人種や宗教の対立が起きる火薬庫になりかねない。高層階に住んでてオラついてても、災害が起きたら逃げんの大変過ぎてガチでアカンやろ!

高齢者用の枠を設けたりして、世代分散を図ろうとしている所も出て来ているけど、ホンマに上手く行くんやろか?

一気に開発して一気に売り抜ける、だから人が一気に押し寄せて人口が増えるが、高齢化も一気に進んで姥捨て山からスラム化する。これがニュータウンの宿命。

sebk3521@abkm01n
(泉北NT と大阪を結ぶ泉北高速鉄道3000系 2015年5月 我孫子前~浅香山間)

泉北ニュータウンだって、多摩ニュータウンだって60年代70年代に出来たニュータウンは相当ヤバイ状況

渋谷の再開発絡みでノリに乗って調子こいてる田園都市線沿線の鷺沼とかたまプラーザの近辺もこれから相当ヤバイかもね(白目)

戦後になって、我らの宗主国になられたアメリカ様がアメリカ式郊外型消費生活を日本に売り付けようと画策した。
そしてこの国は幹線道路を引いて、郊外での宅地開発をさせて土建屋と不動産屋を一生懸命儲けさせた。「郊外は自然が豊かで子供がノビノビと育つ」なんていう幻想を撒き散らして郊外の住宅をドンドン売っていった。これで政治家も献金と票を手に入れた。


地方都市の郊外=道路沿いにイオン・パチンコ・ラブホテルに何故か図書館と病院がセットになっていてただそれ以上の物はないイメージ。大地主は定期借地権を使ってその地代だけで楽して十分食っていける。大地主は選挙の時なら集票集金もしてくれるから、そこにもWin-Win な関係が出来ちゃう。

高度成長期からバブルの間は経済も上がって行って土地神話が絶対だったかわ表面的には破綻が少なかった。尤も21世紀に入ったら高齢化人口減少になるのは前から分かっていたのに。

バブルがはじけたらはじけたで土建屋だの何だのを食わせなきゃいけないから景気対策とかいう名目が付いて、無駄な郊外開発が止まる事は無かった。

[ 国土交通省の論理 ] 道路が出来ればそこに色々な建物が建って新しい町が出来て発展する

古い町はどないすんねん? 爆撃でもしてキレイサッパリ無くすのか?

下級市民の母親が夜中に車に子供を乗せてカラオケボックスに入り浸るなんていう光景が郊外じゃ当たり前。郊外特に地方都市なんて言ったら親の車が無けりゃ何処にも行けない、それでも「子供がノビノビ育つ」なんてどの口が言わせるんですかねぇ~?


戦後型土建政治土建行政をブッ壊すんだ!、ブッ壊すんだ!、ブッ壊すんだ!、ブッ壊すんだ!、ブッ壊すんダァ~ッ!

35年前を想い出せ! あの時国鉄はあんなにブッ壊されたんだから、犬HK だって土建政治だってブッ壊せるんダァ~!

そ だ ね ぇ ~ 



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

プラスティックの海洋汚染がここに来て急に大騒ぎになりだした。リサイクルというシステムそのものに原因があって所詮無理だったと考えるべきである。
リサイクル原料という物は新品と比して質が劣る場合が多く、プラスティックの場合は特にそうであるとされる。プラスティックは特にリサイクルしたって需要が低い、価格は安く抑えられる、売っても儲からない。具体例を挙げればエコキャップなんて酷いものである。売価20円しか付かないものに60円のコストを掛けて、挙句の果てには「その利益でワクチンを…」とぬかしている。そんな話、色々な名目で税金がつぎ込まれなければ表面的にも成り立たない。


国策としてリサイクルを推進すると決めてしまったからには税金をドバドバつぎ込んでもやろうとしてしまうが、そうなると税金ゴロ大規模養成システムが出来てしまう。税金がジャブジャブつぎ込まれる様な所には利権の闇が広がっているのは犬でも猫でも判る事。

リサイクルという名目で集められたプラスティックが遅れた国に押し付けられる事になったのだが、本来これは違法である。押し付けるにも限界があるから、運搬する船から思いっきり不法投棄されまくるのである。リサイクル出来ない状態の物まで押し付ける。リサイクルという名目で集めたは良いが、売れない。売れないのに集めてしまうが、持って行き場はない。東南アジアではリサイクル業は給料が良いとされて、請け負う人達が増えているのも事実だろうが、後進国に送り込めてもリサイクルし切れず河川や海洋に不法投棄を公然と行うケースはどうしても増えてしまう。
先進国だって完全にリサイクル出来ているとは言えないのに、新興国がまともにリサイクルして資源として活用しきれる訳がない。リサイクルで色々な資材を作り出す技術自体はそれなりに確立出来ても、それは机上か実験場の話に留まる事が多い様で、現実の中で実際に合理的に機能しなければ唯のマスターベーションである。
大部分が可燃性有機物から出来ている物だから、可燃ごみとして火葬する方が合理的なのである。


fugaku201

リサイクルいうやり方自体は欧州から始まったが、ヨーロッパでゴミは昔から「土葬」されていたのである。最後の審判に備えて土葬していたのではない。欧州はアジアに比べて寒冷で植生も豊かではないから火葬しようにも薪や炭が手に入り難いので土葬が広まったゴミは埋め立てるという考えが定着したと考えるべきである。
「最後の審判で裁きを受けるため全ての死者が蘇るので土葬にして人としての形を残す」というのも良くご存知の話だろうが、それも後付けの理屈でしかない。
(そういう気候故に欧州北部では泥炭=ピートなんていう物が平気で存在するのである。)
温暖なアジアでは埋め立てると腐敗が進み易く、土中での分解は早まるが不衛生で害虫や病原菌の温床になり易いので、火葬つまり焼却処分という習慣が生まれたと考えられる。


ヨーロッパでは近世以降、世界中から色々な物が入って来る様になった。そして戦後はさらに加速したのは言うまでもない。土葬しようにもし切れない事態になってリサイクルというやり方を編み出したというのが真相らしい。

リサイクル=絶対善という考え方に洗脳されている人間がこの国にも多すぎる。自治体によっては30品目に分別するなんていう事を住民に強いている所もあるが、随分基地外であきれた話である。
ある田舎の自治体では滅茶苦茶に分別させた上に指定の集積所に持って来させるという使役のオマケ付き。それを役場に捻じ込んでやらせてるNPO なんて、何も知らない住民どもには恰も救世主の如く拝ませておいて、その裏で当然の如く税金ゴロが親分としてのさばっているのが見え見えで一生吐ける。


レジ袋有料化を義務付ける法律が成立し来年度から施行される見込みになった。そこには勿論プラスティックのごみを無くすという美名が付けられている。
今年所謂G20 のホストカントリーになった事と、東京五輪を来年に控えている事と深く関連していて、環境問題にこれだけ厳しく取り組んでいると世界に大きくアピールするチャンスだと踏んだのは間違いない。レジ袋やプラスティックは地球の敵であるという論理を刷り込まれて大多数の大衆は疑う事も考える事もなく洗脳されて行くのである。


石油タップリ使いまくりのエコバッグを四六時中一生懸命持ち歩いて喜ぶアホバカも増えるのだろうが、そんな物いつも持ち歩けなんてなんて面倒くさいからネット通販でいいやぁ~という流れが増々加速する可能性は高い。そうなったら人手不足を呪文の様に繰り返してる運送屋はどうなるのか見ものである。そうなったらCO2 の問題はどうなるのか考えただけで笑い種である。
それ以上に危惧されるのが、街へ出て店に行って買い物をするという習慣そのものが消滅してしまう事である。大袈裟に言っているのではない。こうなれば町からまた人影が消える。町の中はインバウンドとそれ相手に商売する連中しか歩いていないという光景が当たり前になるなんて一度想像してみたらいい。もう一生反吐しか出ないレベルである


何でも欧米のやり方だけが正しいという脱亜入欧洗脳から脱しなければ日本にも日本人にも未来はない、これは少なくとも確かである。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ