Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

カテゴリ: 時事その他

「STAY HOME」より「家にいよう」の方がタイトルの語呂が良いので今回から元に戻した。

研究者暗殺
アメリカでの事だが、武漢肺炎ウイルス=COVID-19 を研究していた37歳の男性研究者が自宅で暗殺され、その現場から100m程度離れた車の中で犯人と思われる男も遺体で発見された。被害者=劉兵(リウ・ビン/Bing Liu)氏は中国からアメリカに移り6年程前からピッツバーグ大学で助教として研究にも携わっていた。
この暗殺については日本のメディアは殆ど触れていないが、アメリカでは報道されて騒然となっている模様。彼は有能な研究者で、COVID-19 感染の根底にある細胞の仕組みと続く合併症の細胞基盤について解明に向けた重要な発見が間近だったという。

別件でこれは2004年の話になるが、中国系アメリカ人でジャーナリストだったアイリス・チャン(張純如)が自殺したとされる事件があった。これについてジャーナリストの水間政憲氏は以下の様な指摘をしている。
自殺として結論付けられたが、ピストルで喉元を打ち抜くなんて状況は自殺では普通あり得ず、自殺ならこめかみ若しくは眉間を撃ち抜くのが通常。つまり他殺(謀殺)されたと考えるのが妥当。
これが本当なら、中国共産党サイドが「余計な事は喋るな」という意味合いを以てあの様な形で口封じで射殺した可能性は高いという事である。

中国はこういう事を何時でも平気でやる国である。そして中国人や韓国人が日本人の名をかたって世界各地で悪事を働きまくっている事もきっちりと頭に入れて世界と向き合わなければならないのも確かである。


~WHO Tube?、習 Tube?、You 中be?~
この度、「YouTube では5G とコロナウィルスをセットで動画で扱ってはならない」という規約改正があったそうである。5GがCOVID-19 感染症の原因だとする表現の動画はボーダーライン上コンテンツに指定されていたが、その指定から24時間も経たないうちに配信禁止になったという。
イギリスから配信された" London Real "(ロンドン・リアル)という生番組で、David Eik(デイヴィッド・アイク)という人がコロナウィルスと5Gとの関連性を語ったら、それが延べで34万人が視聴、瞬間では6万人が同時視聴したというバズりよう。
で、問題はココから。バズっただけなら良かったのだが、何とその直後からイギリス国内で5G 電波塔が次々と放火された、配信はその様な行為を煽動してもいないのに、視聴者が暴走してこういう結果になった。
そこでようつべの親玉であるGoogle はこれを受けて今回の言論統制的ともいえる規約改正を行ったという事である。同時にWHO・各国保県当局の説明と異なる主張を展開するコンテンツは全てYouTube のポリシーに違反するものと看做される事となったという訳である。
YouTube は最近色々規制が厳しくなったといわれるが、今回の事についてはGoogle と雖も中共やWHO には逆らえないとでもいうのだろうか?(小生はYouTuber でないので良く分からんが)


~クライシス・アクター(ciris actor)って知ってるか?~
「ここのテロ・あの辺であった事件・あそこであった事故、目撃者とか被害者と称してニュースに出てきたヤツ、よう見たら顔一緒やんか!」てな具合で、彼方此方色々な災害や事件の映像にやたら出て来るヤツがいる。
銃乱射事件・同時多発テロからCOVID-19 患者に至るまで極めて広い範囲で毎回名前・プロフィールを変えながら毎回出没するのではと疑われる人物がいる。こういう奴が crisis actor =クライシス・アクター(直訳では危機役者)と呼ばれている様である。情報操作・印象操作を狙うマスコミの手口は世界共通なのだろう。
TV の街頭インタビューなんかでのやらせ・仕込みなんて日本でも幾らでもある。特に地方で60歳代以上の連中にはそんなもんでも素直に真に受けるバカが多過ぎて草生える。


dc666@nagsk01
キハ66・Seaside Liner=2008年撮影@長崎駅)

~長崎が超危険な状態になった件、主犯は某・〇菱重工?~
長崎停泊中のクルーズ船=Costa Atlanticaがクラスター化した。乗客はいないが、クルーの数が620人とパない。(日本人は1人)その内90名は感染しているとの事。
この船は抑々中国で修繕予定だったのが、去年からのCOVID-19 感染拡大で出来なくなり、三菱重工長崎が引き取った。D.プリンセスの横浜寄港より早い1月の時点で既に来日していて2~3月に掛けて修繕を施した。3月13日になって乗組員には下船自粛が知事から要請されていた。3月26日に一旦出港したが、4月に入って三菱重工のドックに入ってしまった。
三菱サイドもクルー達に下船しない様に3月14日の時点で伝えてあったというが、4月に入ってクルーどもが長崎市内を歩き回っているのが目撃されるに至った。更に長崎市の交通局が移動用にバスを手配していた(電気軌道その他の交通機関を使われるよりマシとかいう理由で)事もバレて、三菱重工・長崎市・長崎県の対応に批判が集まっている。
ガバガバで無責任なやり方だったのは間違いなかろうが、市や県も三菱相手に厳しい対応を求めたりするのは無理だったのだろう。
長崎のクルーズ船はこれだけではない。実はほぼ同時に3隻いたのであった。C. Atlantica 以外ではこの他に2隻クルーズ船が同じ様に停泊している。Costa Serena・Costa Neoromantica いずれにせよ、CCSC Carnival Cruise Shipping である。出資比率でいえば中国サイドが過半数を制している。 船籍こそイタリアだが、それはあまり大きな意味を持たない。カーニヴァルはアメリカの会社となっているが、海外のサイトではCCSC ~と書かれる。CSSCはChina State Shipbuilding Company(中華船舶集団有限公司)の略である。そしてカーニヴァルは2014年=つまり6年も前にCSSCと合弁化している。ここでもマスゴミは船籍しか報じていない。
(一見アメリカの会社で実情が中国資本というのが非常に臭~う!)
今日現在、3隻のうち2隻は非感染者だけを帰国させるべく長崎から出たらしいが、感染者は長崎で治療を受ける事となった。長崎でも斯くして大きな数の病床が奪われたのである。


megnbs01

長崎は観光のイメージた強いがその実は三菱重工の企業城下町。市民も三菱という事で信用し切っていて恐らく三菱がおかしな事をしていても異議を唱える事も許されない土地であるというのが正確なのだろう。
三菱=鉄の結束なんて言っていたのは今や昔という事らしく、現在は結束どころか連絡や情報の共有も上手く出来ていなくて、纏まりも無くなっている。これだって昨日今日の事ではなくて、90年代以降そういう方向に事態は進んでいる。それでも三菱を全面的に信用し切った長崎の人間達も大概にせぇやだが、行政も三菱にどこかで忖度してたのかと疑ってしまう。
三菱でも自動車・重工を中心に凋落や衰退のイメージが強いし、スキャンダルも結構起きている。三菱自動車の度重なるそれは言うに及ばず、近年でも三菱マテリアルグループでも不祥事が続けて起きたのは記憶に新しい。掘ったらそれこそ原油の噴き出て来るのではと思われる程である。


安倍や岸の家は昔から三菱とパイプが太かった様で、安倍晋三の兄寛信氏は三菱商事パッケージング社長にして三菱商事執行役員。
安倍寛信・晋三兄弟の出身大学は成蹊大学というあまり知られていないギリギリCランクのクソ大学で、この大学を含む成蹊学園自体が三菱グループ。三菱の幹部クラスの所の子女は取敢えず小学校から高校までは成蹊という人間が多い。(高校まではそこそこ頭が良い、そこがミソ)
小学校からエスカレーターで大学まで上がってしまうヤツは一寸残念な方々が結構いる。


春節の折には中国からの大型船がワンサカやって来る、それが九州である。九州はアジアの玄関口とも呼ばれ、歴史的にも中国との繋がりが古くて深い。佐賀県には唐津という名の町があるし、出島は長崎の中心からほど近く、三菱重工とは港を挟んで向かい合う位置にある。
宮崎の高鍋なんかはつい最近まで「地域経済活性化の為に中国からの爆買いツアーをドンドン誘致しています」などと3週半遅れみたいなすっとぼけた事を堂々とぬかして笑いものになっていた。
インバウンド頼み、外需頼みなんて自分達の脆弱さを晒すだけ、通貨危機進行中の完酷と同じ破目に遭いたいのだろうか?
バルセロナやヴェネツィア、その他各地で起きている地元民対観光客の対立だって厳しさを増しているケースだってある事をどれだけご存じだろうか?
インバウンドが無制限に増えて地域経済が活性化するなんて幻想なのである。



COVID-19 について中国は99%クロだという事になるが、実は真犯人とはまだ断定出来ない模様である。中国以上のとんでもない恐ろしい真犯人がいる可能性も高い。いずれにせよ、これでも天災だという前提を崩さない日本は頭が岡C、世界各国で中国とのディカップリングを進めようと動いていても日本は本気にはならないであろう。
ただここに来てこのウイルスが生物兵器だと言い切るのは時期尚早で、エイズワクチンの開発道具だったという説が浮上している。
人工ウィルスだというのをアメリカ側が急に否定する発表を行ったり、まだまだ情報を錯綜させる動きは活発であろう。P4 研究所にはフランスもアメリカも深く関わっていたのだが、フランスとの密接な関係は言うまでもなく、アメリカ側もオバマ政権までは多額の資金を提供する等していたのである。ヘタな事がバレるとヤバいのは中国・フランス・アメリカ揃って同じかも知れない。


こんな所で終わるなんて思う方が頭岡C 、てなわけで次回其の六へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

規制ほど楽に儲かるものはない

全国知事会が幹線道路の実質封鎖を提言した。人とモノの流れをとことんシャットアウトする様な規制を政府に提言した。西武鉄道は明日から土休日に設定されていた新宿線系統特急・拝島ライナー全列車、池袋線系統も大部分の特急列車・S-Traini 全てを運休とする事になった。京成もスカイライナーが5月は一部運休となる
要は実質的にはロックダウンに近い措置を取ろうという事だが、その中でもあの緑のオバサンはロックダウンで強いリーダーをアピール出来ると内心嬉しくて仕方が無い筈である。
政治家も役人も何でも規制したり禁止したがる。その背景は何といっても責任逃れとアリバイ作り。政治家にとっては強いリーダーをアピール。そこで票やカネが集められる様になれば言う事無しなのである。
役人も政治家も規制や禁止で民間が痛手を幾ら被ろうと知った事ではないのである。経済が幾ら悪くなっても、失業者が溢れてホームレスがそこら中に出ても自分は何も痛くない。収入は減らずに確保されるのだから。
規制ほど楽に儲かるというのは今回の件に限った事ではない。規制だ禁止だというと結局そこに利権が生れてあの手この手で集りに来る奴等がいるのだから。



調査中とかいう強力マジックワード

数日前の時点で、PCR で陽性になった人数=7000人の内、日本国籍3000人で外国籍が50人、そして残りは国籍調査中。コレ厚労省のオフィシャルな数字。もう一度言うで!、国・籍・調・査・中
国籍が調査中って何なん?と思う方も多かろう。検査の時点で身分を確認すればそんなのは分る筈だと考えるのが普通。身分も何も確認せずに何処の誰だか分らずにPCR なんてやってんのか~い?という事になる。それはこの時点で完全アウトだが。
7000マイナス(3000+50)=3950、即ち陽性者7000人の56%が国籍調査中なんてどう考えても納得出来ない話である。小生の住んでいるあたりは我が物顔のやりたい放題でオラ付きまくる外国人が多過ぎて住んでいるのが厭になるが、それは兎も角そんなに調査中がいるなんて不自然極まりない話である。
3950人なんて言ったってデータに入っていてばそんなの昭和の時代じゃあるまいし、早ければ国籍と数だけならほんの数分で特定出来る筈である。特定してしまったら最後、アウトになる人間が国家中枢に多過ぎるのであろう。
調査中と言いながら調査はしない、痛い所を更に突かれた場合は一面黒塗りを出せば良い。


ここにもパンドラの箱とか地獄の釜の蓋がいくつもあるのだけは間違いない。裏口入国問題と密接にリンクしていると考えるのが妥当である。
調査中=調査は致しません、調査しても事実は知らせませんという事なのである




~[驚愕] スウェーデン、何と集団免疫へ前進か?~

スウェーデンの人々がCOVID-19 に対しての集団免疫を来月にも獲得する可能性があると新型コロナウィルス対策責任者が述べたという。ストックホルムを中心に人口の1/4が感染する(ただの保菌も含めてか?)という見通しも示している。
もし獲得したという事ならば十中八九世界初となる。欧州でパンデミックになってまだ3ヶ月でという時点での快挙達成かも知れない。
スウェーデン、COVID-19 対策はソフトである。ロックダウンはやっていない!
政府は50人以上の集会を禁止し、市民に自主隔離を求めているものの、街中も飲食店はほぼ通常通りでジムも学校も休んでいない。これで1000万人の人口で14000人が感染し、1580人が死亡している(10日現在)
経済崩壊リスクを避けなければという発想でロックダウンしないというが、この国では病院に行くのが大変らしい。救急以外ではネットが電話での予約が絶対必要でこれがかなり後まで予約が埋まっているケースが多くて虫歯で1か月待ちなんてザラ。近所の公共診療所は予約すら理由を付けては受付拒否するケースも多い様で、急ぎの場合は大規模病院の時間外診療に行かざるを得ないが、毎日並ぶ人が多くて日に依らず長時間待たされるという事らしい。その上、医師は公務員なのでやる気がないという話もある。
そこで、KRY というアプリで非常に簡単な診察ならスマホを介して受けられるというシステムも最近は登場している。
譬え死人を増やしても集団免疫を目指すという賭けみたいなやり方にはそんな事情も絡んでいるのかも知れない。


canola01


~イタリアだけじゃない、アメリカでも犠牲者水増しか?

イタリアで犠牲者水増ししている可能性について当サイトでも触れたが、コロナウィルス犠牲者についてイタリア国立衛生研究所が再検証したところ、COVID-19 で死亡したとされる人の中で、コロナウィルスが直接的死因と認定されたのは12%だけだった。残りは謂わば「合わせ技一本」みたいなものだった。コロナウイルスも一応あったというレベルで死因に書き加えたヤツが相当数あったとは言われていたが、やはり本当だったと思うしかない。

一方、アメリカに目を移すと、
ミネソタ州議会上院議員で医師のScott Jensen(スコット・ジェンセン)という人物が、ローカルTV のインタビューで発言した。その動画がバズっていて100万回以上再生されている。その中の発言を搔い摘むとどうやらこういう事らしい
「ミネソタ州政府から死亡診断書の書き方に関する書類が送られてきた。COVID-19 による死亡と診断には臨床診断は必要ない。」
「COVID-19 診断すら受けていない者が肺炎での死亡の場合、その息子が陽性でさえあれば死因はコロナウィルスと書いて良いと書いてあった」
「こんな大事な事の基礎的データの数字なのに正確を問い直す必要がある。」
その後こんな水増しがあるのかという質問に対し、同氏は
「人々を支配するには恐怖が一番で、自分で考える力が麻痺してしまう」
「だからこそこの話をリークした」と語った。
更に同氏は別のインタビューで
「コロナ患者を入院させると病院に国から1.3万$が、人工呼吸器を使ったら3.8万$が支払われる」
「この事は犠牲者水増しに影響があるだろう。これは陰謀論ではない。」
「ゲイツとファウチは趙ズブズブでこれは利益相反行為以上のものだ」
斯様に述べておられる。


Scott Jensen Minnesotaでググって見ると、Sen. Scott Jensen takes coronavirus deaths doubt とか、Sen. Jensen : COVID\-19 death rate might be artificially inflated . なんて言葉が発見される。

ここで出て来るゲイツはBill Gates、ファウチはAnthony Fauci を指している。ファウチはとゲイツは昔から非常に近く、Fauci は全米のCOVID-19 対策を指揮するWhite House Coronavirus Task Force のトップである。Gates はワクチンには非常な執着を示していると言われている。更に、Fauci 氏はGates 氏の財団の役員も長く務めている。
大変な利権がCOVID-19 から生み出され得る事は明らかで、この二人もそれを一気に引き寄せようとしているとしても全く不思議ではない。健康も病気も人命も所詮は利権の餌でしかない、これが現実。
イタリアやアメリカ以外にも捏造水増しをしている国はまだあるかも知れない。


さあ、ピープルズ・パワーで糞過ぎる闇を暴き燻り出そう!、てなわけでまだまだ続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

STAY HOME強化週間とかいうのでタイトル変えてみた(笑+白目)

~いっその事、ロックダウンでもしたらエエやろ!~
緑のおばさんこと子無小池百合子が「STAY HOME 強化週間」なんてブチ上げやがった。とにかく家にいて頂く事をさらに徹底するするため東京都としての独自の取り組みを行うとの事なのだ。
だが、世の中には超法規的措置というものがあるのは御存じだろうか?
STAY HOME 強化週間なんてする位なら、その超法規的何とやらでロックダウンやってみたら如何やろか?
恐怖を煽り、じわじわと拘禁状態を酷く長くする事で、激甚災害と重大犯罪が3度の飯よりお好きなマスゴミも喜ぶ、都民から正常な思考も奪えて更に更に操り易くなる。要はWin-Win なのだ、これは間違いない。
東京もロックダウンしたらパリみたいに猪なんかが街中で我が物顔で餌をあさったりする様になる事も予想される。パリ×猪と言えば本来はジビエ料理なのだが…、実際にロックダウンで周辺から野生動物が町に進出して荒らしまわる様になり、南米某所ではプーマまで住宅地に出て来たという


我々が手枷足枷嵌められて殆ど何も出来ないうちに、こんな時を大チャンスと、毎日少なく見積もっても100人程度は中国人が「特段の事情」というヤツを悪用して特別入国許可で侵入している。その他、急増中の「背乗り」で日本国籍を不正取得している奴等も含めるととんでもない数になる可能席もある。
我々が職を失い会社も潰れるなどして住まいすら失う人間が続出確実な所を狙って、超侵略的かつ危険極まりない外来生物どもは我々から職も金も国土も全て収奪し尽くす用意を着々と進めているのである。日本乗っ取り日本民族殲滅を続々と仕掛けているのである。
それ以前にそいつ等がウイルスを持ち込んで日本でぬくぬくと治療を受けて、日本人から病床を奪っているのである。
STAY HOME とか言う前に先ずは、支那人は絶対にNO !チャイニーズは駆除という方が先ではないか
世界では中国スパイの燻り出しが本格化する流れになりつつあるのに、相も変わらずウブでバカでお人好し、売国奴だらけの大運動会というのが日本という国なのである。

harumi001

~豪華客船が狙われたのも当然か~
この国でのコロナウィルスの発端みたいになっている D. プリンセス、その中で感染が広がったのは横浜を出て香港に寄港した後に日本に向かう間である。横浜から乗船し香港で降りたという中国人がカギを握るとされるが、そいつは未だ行方不明である。そして入れ替わる様に中国人数名が乗船してきた事も判っている。そして、そこから感染が始ったという事だが、終点横浜に着くまで約6日というのもポイント。ウィルス感染から発症までの間に日本に上陸させられる可能性が高かったのである。
実はこの船、建造は三菱重工だが、船籍はバミューダからイギリスに変更されている。運営会社はPrincess Cruise(運行はその日本法人、その親会社はCarnival Corporation。)
このカーニヴァル plc.、英米で2元上場をしているのだが、中国資本が相当入っているというのである。(上場会社なので株を買われればそういう事は平気で起きるが)
しかもこの会社、2019年4~7月に掛けてサイバー攻撃を受けた結果、従業員・顧客の個人情報が流出したとされている。この会社の事で、日本のマスゴミはその辺を殆ど報じていないが、分かっていてそういう態度なら悪質としか言いようがない。

rkspn004


~生物兵器、蔓延中?、あ~、そんなの関係ねぇ~
世界中で死者の出ている国際紛争は60程度あるのだという。「フランスのエマニュエル坊や」ことE. マクロン(Emmanuel Macron)が世界各国に停戦を呼び掛けた。これについて英米中が支持を表明し、ロシアも追随するとされている。中国に「世界的停戦」を支持する資格はないはずだが。
紛争や内戦で特に酷いのはメキシコの「麻薬戦争」、それ以外は中東に多くイエメン、リビア、シリア・イラクの内戦、更にはトルコ・クルド紛争も酷い状態である。トルコ対クルド人は35年という現在続いている中でも大ベテランで、これによって埼玉県南部の川口・蕨といった地域には戦禍を逃れたクルド人が労働者として定着しているという事で、蕨は何と「ワラビスタン」とすら呼ばれているのだとか。


想像に難くない事だが、紛争内戦のある地域では医療体制も破壊されて殆ど機能しないなんて当たり前。当然の事ながら医療関係者も格好のターゲットで沢山殺されている。
イタリアのメディアが伝える所だと、リビアのトリポリ政府=国民政府(GNA)の首相であるファイズ M. サラージ(F.M. al-Sarraj)が「パンデミックの状況下なのだから一旦停戦しよう」という趣旨のメッセージを相手側(LNA)に投げ掛けたら、相手はこれを無視。
それどころかこれを絶好のチャンスと捉えて医療関係の所を集中的に狙って攻撃しているというのである、これには当然「酷過ぎる」とサラージがガチギレしているらしい。
(中東やアフリカではあのサバクトビバッタとコロナウィルスが連携してしまっている模様


~免疫力を下げない方法…、それをお前が言うんか~いっ!~
NHK の動画で「おはよう日本 ♯感染防止 私たちにできること」としてようつべにも上がっている奴だが、それを見て理沙 chan カワイイ~なんて言ってる場合ではない。(林田理沙嬢が可愛いのは事実だが…)
「感染しても重症化しないために大切なのが免疫力です」、そんなの分かっとるわい!
それをおたくが言うんかい?
NHK、それに他のマスゴミ共々人の免疫力を下げまくっとる違うんかい!
特にNHK、テメェどもが普段からやらかしている事考えたら免疫力云々とかぬかす資格はない。
岡江久美子女史が昨日亡くなった。63歳だったという。彼女は乳癌との闘病中だった模様だが、抗がん剤治療か放射線治療をしていたのは間違いない。そうなると免疫がガタガタだった事は容易に想像がつく。そこに来てCOVID-19 にやられては一溜りも無かったという事なのだろうか?


~[朗報] ニュートラルスピリッツの消毒用転用が認められる~
ニュートラルスピリッツ、別名醸造用アルコールの消毒用への転用が出来る様になった。酒造業者が消毒用品として売る事は不可能だったが、国税庁も承認し促進する事となったという=21日。厚労省からは度数が71%~83%であれば消毒液の代用品としての使用を認める通知が既に出ていた。
ニュートラルスピリッツとは、穀物・果実等を発酵の後主に連続式蒸留で94~95%程度まで蒸留した物だが、水・アルコールの共沸の関係で度数を96%以上に上げる事は不可能とされる。
昔の日本ではタンクで輸入したラムを再蒸留して製造していたケースが多かったと聞いているが、今は穀物・芋類・果実類若しくはこれ等由来のスピリッツが使われている。製造過程で蒸留したスピリッツに加水して再蒸留してフーゼルアルコールを分離するという工程もあったりする。
21世紀の現在はアロスパス式スティルという大型プラントでとてつもない量のスピリッツが生産されているケースも多い。
リキュール、一部のスピリッツ類、発泡酒、第3のビールの原料であり、日本酒の醸造過程で添加される。日頃から飲む機会の多いジン、その内の大部分はこれなくして作れない。
序に言うと日本では以前、ウイスキーやブランデーに混ぜられていた事も非常に多かったし、今でも作られている筈である。
(昭和の時代はこのスピリッツを思い切り使ったフェイクな酒が平然と沢山売られていた
スピリッツはその殆どがエタノール(飲用)である。てなわけで酒造大手・製薬・医療・バイオは結びつきが深い。

tanqrn10a
(ニュートラルスピリッツのお世話になっている一例)

エタノールで主だったものとしてはニュートラルスピリッツの様に穀物等から作ったモノの他に、セルロースから作ったバイオマスエタノール、エチレンから作る合成エタノール等がある。無水エタノールの様に99%といった様な純度を得るにはベンゼンを添加して精製するので、そういう物を飲用に使う事は不可能である。


「今日はこんな所です、でもまだまだ先があります」という事で次回もある。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国からばら撒かれたCOVID-19 、何でスペインとイタリアであんなに被害が酷くなったのか一寸不思議に思った御仁もおられたのではないか?欧州でのパンデミックもこの両国から広がったとなっている。
抑々がこの両国、中国による汚染が進みまくっている上に国として全く纏まりがなく、医療を含めた社会インフラも脆弱である。ただ、そこだけで説明も付かない。
そのカギがUEFA チャンピオンズリーグはRound of 16 (決勝トーナメント1回戦)の一戦にあるという。


その試合とは2月19日のAtalanta(アタランタ)vs. Valencia(バレンシア)=1st Legである。実はその試合、Milan Inter も関係ないのにミラノにあるStadio Giuseppe Meazza (スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)で行われた。Atalantaの本拠地はLombardia(ロンバルディア)州のBergamo(ベルガモ)なのでミラノと同じ州である。因みに両都市の距離は120㎞程度である。
何でそんなイレギュラーな開催になったのかというと、ホームフィールドのStadio Atleti Azzurri d'Italia(スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディタリア)がスタンド拡張の為の改修工事が2021年まで掛かるので今回出場しているUEFA C.L. のゲームだけミラノ代替開催となったのである。
この試合の観衆は約4万人だったが、人口12万人(=佐野・生駒・小金井・松原・新居浜・一関・小樽なんかとほぼ一緒)のBergamo から30000人以上のサポーター、Valencia からも2000人程度が応援に行っていたとされる。

この試合の直後からイタリア北部で爆発的に感染が広がったのは既知の通り。これについてBergamo の呼吸器科の医師が分析し「ミラノからの帰りの乗り物の中に生物兵器があった」「サポーターが一斉に生物兵器にやられたような状態で帰って来た。」とコメントした。
一方、Valencia 側の2000人も、その内35%程度がコロナに感染していた事が分かっていて、スペインの惨状も知っての通りである。
ただ、イタリアでの死者数に疑問も呈されている。必ずしもコロナウィルスで死亡したとも言えないケースでも、死亡原因にコロナウィルス感染症が無理矢理書き加えられているケースが多数あって、水増しされているのではないかというのである。死亡原因にコロナウィルス感染症を書き加えておくと自分達に有利になる(金銭面でか?)という医師の判断が働いたとも言われている。


barbc93linmg01  ladrs2k16leo01
(イタリアもスペインも今年はワイン作れるのだろうか?、そこも大問題だぞ!)

欧州は言うまでも無く、アメリカもニューヨークは特に酷いというのは牛馬犬猫の類でも知っているレベルの話だが、2018年末のForbes にはこの事と符牒ぴったりという記事があったというのである。サイバーセキュリティを専門にしているZak Doffman という記者がサッカー場でのドローンを使ったテロの危険性を指摘する内容の投稿を行っていた。
去年の初めにもイングランド・Premier League のテロ対策会議でサッカーの試合を含めた大規模イベントはテロの格好の標的になり、その場合ドローンを使用した生物兵器テロの危険性が高いという内容の議論がされている。


2018年10月のアメリカ連邦議会では。大観衆のイベントを標的にドローンを使ったテロ攻撃の可能性が高く、狙われるのはニューヨークだという内容の事をFBI の担当官が証言している。その証言で想定されていたのはISIS (イスラム国)による攻撃であったとされている。実はその ISIS はドローンでN.Y.及びパリ(エッフェル塔)を攻撃する動画をプロパガンダの為に制作して公開していたのである。

これらの符牒のピッタンコさを考えると、極論っぽくはあるが、中共とイスラム国の残党の類が秘かに結んでいたとしても、それがあり得ない事でもなかろう。最近になってウイグル自治区で核実験を行って保有する核兵器を activate した事を考えると、第3次世界大戦を仕掛ける事も視野に入れているという様な疑いは拭えない。

実は毒ガステロもバイオテロは日本でも起きていた、25年前の事であるが忘れてはならない。サリンを使ったあのテロ2件は今でも語られるが、炭疽菌を使ったテロも殆ど未遂レベルだが仕掛けられていたのである。

これではまだまだ足りないので、次回以降も結構ガクブルな情報を入れて行きたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

おうちすら無くなる人続出確実?

「外出するな」「おうち」「おうち」と言ってる動画がタレントなんかからドンドン出されてバズっているという。
「♯家にいよう」というご時世であるが、「家にいよう、みんなのために」って言われると「みんなって何?具体性無いよ」「日本人って "みんな" という言葉がそんなに好きなんですかねぇ?」とツッコミが出来そうである。単身者なら兎も角、所帯持ちの場合家にいても感染のリスクは消えないわけで、こうなると八方塞がりである。

そんな中、有名タレントなんかでも仕事は減っているはずである。テレビ番組なんかこれを機に全部「ゆっくり」になってしまうかも知れない。(なった方が良いかも知れない)
有名タレントなんかは住む家すら失うなんて危険は感じていないだろうが、その知名度を武器にようつべなんかの配信にシフトする(逃げよう)にも、広告のパイが激減して本職のYouTuber でさえ続けられない人間が続出する可能性が高いのは火を見るより明らかなのである。
呑気な一部芸能人やマスゴミ、こういう時に火事場泥棒を仕掛ける上級市民は経済で起きている深刻さなんぞ理解する気も無いのだろう。


実際の世の巷はというと…
既に失業している人間が沢山出始めている。GDP がマイナス25%かそれ以下という惨状になるのは確実で、バス会社やタクシー会社で乗務員ほぼ全員解雇とか増えている。護られていない非正規雇用者はマジヤバすぎるが、最早非正規・正規を問わない解雇続出で更には会社の倒産も増えている。飲食でも閉店に追い込まれる所が急増する兆候が出ている。
この所大企業を中心に好況形リストラの嵐が起きているのに、それにプラスして不況型リストラでも追い付かず、失業者が溢れるという事態に強い警戒が要る
観光関連、飲食、サービス関係、興行といった辺りの業種は壊滅状態に陥るのが目に見えているが、大きな産業が一旦でも壊滅したら復活させるのは不可能だろう。


「家にいよう」で仕事失って、大した補償も無く寮や社宅を追い出されるか若しくは家賃も払えなくなって、更に帰る所も頼る人もいなくなっているという人が続出するのは目に見えているが、その場合一体如何せよというのだろうか?
これではもう「ホームレスになれ、中国様のために」なってしまう。これでは本末転倒でもう意味を成さない。COVID-19 よりそれに伴う経済崩壊で死ぬ人間の方が最終的に多くなる危険性は高い。
誰も覚えてはいないだろうが、D.J. トランプが「4月12日=復活祭から経済を再始動させる」と発言していたのだが、それを「的外れな話」「絵空事」「選挙目当て」といって切り捨てる訳にも行かないのである。
そうは言っても、その経済再始動のプランは6月まで遅れる事となったが。


ogosesakura2k19a

マジックワード多過ぎ

「アメリカやヨーロッパで厳しい都市封鎖をやっているのに、日本は何でやらないんだ?」「日本の緊急事態宣言は生温い」とかいう論調が、欧米諸国だけでなく日本にも蔓延している。「東京を今すぐロックダウンしないと明日にでもニューヨークみたいになる」という様な論調がネットでも広がっているのが分かる。
ここでまず、何でも欧米と一緒にしなければ気が済まない層が一定以上存在しているのが良く分かる。しかも日本人は直ぐに同調したがる悪癖がある。


小生が大事だと考えるのはココ、2月以降の感染者の増加割合を対数にしたグラフを見たが、そのグラフを見る限りではアメリカと比較しても日本では早々に都市封鎖を行うべきレベルではないと分かる。日本での感染拡大のペースはほぼ一定で、これが欧米で都市封鎖等を行った後のペースと最初からほぼ一緒なのが分かる。元々ペースが高くないのだから、そこからペースを落とすのは困難がある。
(CO2減らせの京都会議のノリと似た様なからくりがある様にも見える。)
この後はペースが抑えられないと言って、国民を超法規的措置で破滅に陥れる様な施策を講じるかもうカードが無いといって放り出すかの何れしかないという状況になる事も考えられる。


オリンピックを表面的にでも成功させるに進めて来た中国依存は止められないという親中売国政権の失政でなのは明らかである。オリンピックなんか関係なく1月の時点で中国からの入国を止めれば自体は少しはマシだったと思われる。(抑々日本が国境管理が非常に甘く、簡単に外国人労働者を受け入れ過ぎだというのは確実に言える)

大多数の大衆は、「医療崩壊する」「感染爆発する」のマジックワード攻撃で洗脳されて、恐怖と不安でほぼ完全に支配されているので思考停止状態で、日本全体が終末思想を唱えるカルト宗教になってしまった様にも見えるから不思議である。
ここで一寸した脅しに弱くなっている大衆を更なるパニックで思考停止に陥れるのは簡単と言わんばかりに、ある学者が「何もしなければ80万人以上が死ぬ!」なんてブチ上げるとマスゴミが一斉にホイホイ飛びつくという有様である。
実はこれ、安倍と小池にとっては願ったり叶ったりの状況ではないか? 全国民(全都民)を意の儘に操るには又とない絶好の状況が出来上がりつつあるのである。ロックダウン教の教祖になった感のある小池は都知事選を控えているので目立つ様な事をやりたいと同時に都民の思考を奪い取りたいと内心ウズウズしているのは明らかで、そこに霞が関の厄人どもやそこにぶら下がりたい医療関係者や学者どもがドンドン乗って来る状態である。


もっと恐ろしいのは、欧米諸国・中国がこの機に乗じて日本経済を壊滅させて日本人も壊滅させてしまおうと仕掛けるのにも絶好のチャンスが出来上がってしまう事である。欧米列強(特にその支配層)と中国(自称白人)には日本民族を一日も早く壊滅させてこの地球上から消し去らねばならないという潜在意識みたいなものが明らかに存在している。
最悪なのはその手下が多数この日本で暗躍しまくっている、というより寧ろ日本の支配層にアホ程入り込んでいるというべき状態である事だ。


fugaku201

これを利用する奴等には警戒しないとダメ

この恐怖とパニックに付け込んで来る奴等が確実にいる。
5G 依存社会を作り上げようとする奴等がその最たる例である。代表選手は直ぐに挙がるではないか、今や最大の火事場泥棒、ファーウェイ(HUAWEI)である。HUAWEIは中共そのものである。
これで5G、5G、5G といって何でもかんでも5G に依存していったら日本国中生活空間全体が電子レンジ状態になって、人がバタバタと倒れて死体袋が幾らあっても足りない状態になるかも知れないし、HUAWEIを通じて中国にいい様に操られてしまう危険性が高い。
その中国、実際にフランス相手にマスク売ってやるからファーウェイの5G を導入しろとか言ってきたのである。
牛肉券配れなんて言う政治家もいた様だが、これだって国民を完全に愚弄している話だが、そんなのは屁の河童である。アメリカでも銃業界は笑いが止まらない。治安が悪化すると見越して駆け込みで銃がバカ売れだったのだから。
そして、他にも笑いが止まらず鼻息荒い奴等がいるのは間違いない、CO2を無くせとか言っているグレタの類の奴等なのは間違いない。今までの生活や行動を全部一切否定して人やモノの動きをもっと無くせと息巻いてオラ付いてくるのは必至。



日本政府には自粛自粛といって国民に大きな負担や犠牲を強いる前にいの一番にならねばやらぬ事がある筈だ。マスゴミも恐怖を煽るその前に伝えなければならない事があるだろう。
その辺については次回以降に! 耳寄りでガクブルな情報が出て来るのでお楽しみに!




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ