Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

時事その他

オールタイム侍ジャパンを選考してみた件

今年もNPB のシーズンが始まって20日程経つが、先月はプレシーズンゲームとして日本代表の意味の良く判らない強化試合も非常に低調な感じで行われていたのを覚えてられるだろうか?
野球日本代表という言葉が注目される様になったのは、2000年のシドニー五輪以降の事である。それが何時しか「侍ジャパン」という愛称まで付いて、毎年どこかで代表強化試合まで組まれる様になったというのは70年代から野球を観ていた小生からすると時代も変ったという印象である。



fugaku102


もし、遥か昔から日本代表(フル代表)があったら、それぞれの年代でどんなメンツで組まれていたのだろうかという想像をしてしまう事も多い。そこで、小生なりに選考してみる事とする。


メンバーは総計33人とし、ベンチ入り登録可能は28名、従って5人は補欠(予備召集)=斜字体表記外国籍の者は候補から除外した。
ベンチ入りは25名とし、ベンチ入りのピッチャーは9名で、3人は「上がり」となってベンチ外になる前提である。
紫字体は現役選手、DH は野手陣の中からその日の都合で適当に指名するものとする。


投手 12+2 =14名
金田正一、稲尾和久、山田久志、野茂英雄、鈴木啓示、米田哲也、梶本隆夫
岩瀬仁紀、佐々木主浩、江夏豊、高津臣吾、大野豊、杉浦忠、津田恒実

捕手 3名+1 =4名
野村克也、城島健司、古田敦也、伊東勤


内野手 7+2 =9名
長嶋茂雄、藤村富美男、落合博満、野村謙二郎、松井稼頭央、大杉勝男、高木守道、榎本喜八、中西太


外野手 6+1 =7名
イチロー・スズキ、山本浩二、松井秀喜、福本豊、門田博光、長池徳士、山内一弘



やってみて思ったのだがオールタイムではなく、各年代10年区切りで選出する方が寧ろ容易である様に思えた。オールタイムでは幅が広くなりすぎる感があった。(今更言うなって?)
現役選手はその評価が変化する可能性が高いこともあって、なるべく避けたいという部分もあったので、そこで余計に難しくなった。


王貞治御大は中華民国籍、老害ハリー氏は朝鮮籍なので除外となったが、これで結構人選を迷う結果になった。
それ以上に苦労するのはリリーフピッチャーの人選だった。スターター系に比べてリリーフ系は歴史が浅く、分業制が確立し始めたのは1980年代以降で、セットアッパーなんていう役割が確立したのは1990年代以降である。
しかもリリーフ系のピッチャーで重要な所は外国人選手の比率が高い様に見えるから、今回のテーマでいうとピックアップが難しい。


キャッチャー3人は比較的容易に出たが、補欠は苦労した。補欠に入ったのは伊東勤氏だが、阿部慎之助、森祇晶、木俣達彦という選択肢もあった。阿部氏は現役であり途中から内野に転向というマイナス点がある。木俣氏は阿部氏より打撃がやや劣る。純粋に捕手としての能力なら森氏という事だろうが、打撃が如何せん・・・。てなわけで、伊東氏が漁夫の利を得て滑り込んだ。

「何でコイツが?」というメンツも入っている様に見えるが、オールスターではなくあくまでも侍ジャパンという前提なので、全体としてのバランスも一定程度考慮しての人選をしたかったという事は御忖度頂きたい。
榎本、長池、山内の御3名なんて、それこそサブとしてでも入れたら面白いだろうなという感じでリストアップしたのであるが、内外野とも最後の3人は選考に迷った。内野なら高橋慶彦氏、掛布雅之氏、松永浩美氏もアリと思われるし勿論、「鉄人」「ジャワ原人」こと衣笠祥雄氏を忘れた訳ではない。
外野手なら簑田浩二氏、広瀬叔功氏、更には土井正博氏を入れても面白いと思われた。


取敢えず、これを基にして小生なりにスターティングラインナップを組んでみると・・・
1=RF イチロー・スズキ
2=2B 松井稼頭央(又は高木守道)
3=1B 落合博満
4=C  野村克也
5=LF 松井秀喜
6=3B 長嶋茂雄
7=CF 山本浩二
8=DH 門田博光(又は藤村富美男、その他)
9=SS 野村謙二郎(又は松井稼頭央)
先発P=稲尾和久(金田正一だと思ったらそうは行かんぞ!)


もし機会があれば次は、「侍ジャパン of the decades 」(各10年毎の侍ジャパン)とも呼ぶべきものも選考してみたい。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

アレが、特別大セールに突入か?


fugaku101

予想通り、羽生結弦氏の国民栄誉賞受賞が決まった。五輪連覇はフィギュアスケートでは60有余年ぶりなので、金メダル決定の瞬間にこれは間違いないと確信した。
同氏は世界選手権を2回GP Final を4回(しかも連続で)制しているから「フィギュア世界 3冠王2回分を既に達成して " Double Triple Crown " という所まで来たのである。
Grand Prix シリーズが導入され現行のシステムになってからの「3冠王」を挙げると、女子ではキム・ヨナ(Kim Yuna)、男子でも A. K. ヤグディン(Alexei K. Yagudin)だけである。五輪での団体戦も含めれば E. V. プルシェンコ(Evgeny V. Plushenko)、パトリック・チャン(Patrick Chan)も入る。


羽生結弦氏の事はともかくここ数年、国民栄誉賞が乱発気味だと思わないだろうか?
そもそも、この顕彰の発端は1977年の王貞治氏である。創設理由が「総理大臣顕彰の対象にスポーツが入っていない」「叙勲には若すぎる」という事だったというのはLOL の大草原だったのである。
この顕彰の頻度が上がる時が以前にもあった、1984年、1989年、1992~93年がこれに当る。ただ、90年代までは没後受賞が多かった。


でも最近はやたら若年化していて、頻度も高めである。2011年(総理は管直人)のなでしこジャパンの時は流石に耳目を疑ったが、政権側に問題が生じている時に政権浮揚のカードとして切られる事の端的な一例であった。
(受賞メンバーの一人=丸山桂里奈 嬢が最近になって「しくじり先生」に先生として出演したのは草生えた

「贈られる側の賞」ではなく「贈る側の章」であると揶揄される一番の原因がここにあり、最近の流れでいうと更にこれから「
国民栄誉賞特別大セール」が始まるのではないかと懸念せざるを得ない。それこそ某・秋〇康氏及び何チャラ48・46まで受賞するのではないかとすら思われる勢いがある。

この顕彰が文化やスポーツの政治利用の道具であるのが明らかで、お手盛り的に決められるこの顕彰に疑問を呈する御仁は多い。
福本豊氏やイチロー・スズキ氏はオファーを受けたが辞退したというのは有名である。羽生結弦氏が3冠王2回分で受賞なら、30年以上前にパリーグ 3冠王 3回達成の落合博満氏は候補に挙がる事すらなかったというのはおかしいという事になる。(落合氏の言動からすると、譬えオファーがあっても固辞したであろうが)
高橋尚子女史はシドニー五輪マラソン金メダル一つで受賞したが、谷(田村)亮子女史も噂はあったが実現せず、総理大臣顕彰に「留まった」のは如何いう事やと突っ込む余地はある。
序でに言えば、千代の富士(秋元貢氏)や大鵬(納谷幸喜氏)が受賞したのに、時の総理に「感動した」とすら言わしめた貴乃花(花田光司氏)が候補にすらならなかったのは如何説明するのかなんていう突っ込み所もある。


国民栄誉賞自体非常に魑魅魍魎として伏魔殿的、尚且つ意義の曖昧なものであり、叙勲となると老人ホーム的な匂いが強く、政治家や官僚のマスターベーションの道具になっているとも揶揄される。


国民栄誉賞、総理大臣顕彰、各種叙勲もこの際、大英帝国勲章=Order of British Empire の日本版みたいな形シンプルに一本化すべきでは無いだろうか。
大英帝国勲章には 5階級が存在し最上位が、Knight (Dame) of Grand Cross=GBE、
第2位は Knight (Dame) Commander of British Empire =KBE、Commander of British Empire =CBE が第3位、
更に第4位は Officer of British Empire =OBE、第5位は Member of British Empire =MBE という形になっている。

大英帝国勲章ではスポーツや芸能分野で OBE、MBE に列せられる人は多く、王族以外での史上最年少叙勲者は F-1 ドライヴァーの Lewis Hamilton (ルイス・ハミルトン)、2008年に23歳でMBE に列せられている。(同年のワールドチャンピオン)
しかも、途中での昇格も可能である。

実を言うと、叙勲とかいう話は現行憲法下では少しセンシティヴなものにならざるを得ないのだが、この辺が良い落とし所かも知れないと小生は考える。何れにせよ、結局は突っ込み所満載になるのは致し方ないのだが・・・





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

たかが成人式やろ!(草)

この時期になると毎年色々ニュースになるのが成人式。去年までは暴れて警察沙汰を起こしたDQN とか、一風変わった成人式だの、大きな会場でド派手にやったとかそんな事ばかりニュースになっていた。日本国内は動き始めたばかりでまだ正月気分も抜け切らない時期でニュースのネタは乏しい所なので、マスゴミはこぞって取り上げたがるのは判る。

ただ、今年の成人式のニュースについてはそれが違っていた。あの着物レンタル着付け業者が、唯一最大の書き入れ時の筈なのにピンズドでトンズラ(計画倒産?)した呷りで成人式が彼方此方で大パニックという事件が起きた。
この業者にはネットでの不正転売という疑惑も浮上している事もあり、相撲や北朝鮮と相俟って正月早々ニュースのネタには事欠かなくなった次第である。


fugaku102

近年は少子化という背景もあって、子供一人に金や手間暇を懸けられる親は多いのかも知れないが、「母親がローンを組んで買ったくれた着物を預けたら行方知れず」とか「1年先も2年先も予約が入っていた」なんて話を聞くと、たかが成人式如きでそんなにするのか神経を疑いたくもなる
成人する本人達も、恰も一世一代の晴れ舞台の如く(それが実は元々のハレの概念)思っているのだとすれば、小生からすればアホバカにしか思えない。一体どんな人生観持ってんねんと突っ込みたくもなる。
成人式なんてただの通過儀礼でしかないのであるから、それなりの対応で良い筈である。日本人も何時からこんな刹那主義的になったのかと思うと一寸ウンザリである。


因みに、成人式は学齢に合せてという事なので、19歳で成人式という人間も2割以上いる計算になる。

小生が成人したのはバブル真っ只中の時代だったが、成人式自体ガン無視だった。
その当時の成人式なんて通り一遍で、時間の無駄は目に見えていた。それこそ役所なんぞに祝ってもらわんで結構というスタンスだった。


こんな事を書くと、薄情なサイコパスの様に思われるかも知れないが、そこまで合理的思考に徹する事は出来ない。それが出来るレベルの人間なら、今頃撮り鉄なんてやってまへん!



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

MEILLEURS VOEUX 2018 !



kh800608a
(西三荘で離合する 京阪8000系 特急快速特急 2017年11月)

Je Vous Souhaite Une Bonne Et Heureuse Anne.
~あなたにとってこの1年が幸福に満ちた良いものであります様に~

なんては言うものの、新年なんて今更どこが目出度いのだろう。
この2018年も新春早々にも恐ろしい禍津事が待ち受けている気がしてならない。それこそ第三次世界大戦のゴングが鳴らされてもおかしくは無いのだから。


人々がそれこそ手元足元目先の事ばかり求め続けるのであれば(自分自身そして他者に対しても)、この国の社会も明るくなろう筈がない。これは日本だけでなく、世界中一緒。

今こそ破邪顕正(邪(よこしま)を破り正しきを顕す)の道を行く事が必要と考える。
そのためには先ず一人一人が智というものを日々磨かなければならない。知見を広げ高めようとする事が今まで以上に大事になって行くと言えよう。


ネットの世界も成熟するどころか、益々低俗化して荒んでいる様にしか見えない。ネットに流れる極めて無責任で質の低い情報をその儘鵜呑みにするなんていうのは全く話にならない。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

NPB のポストシーズンを考える


fugaku101

去る10月以降、クライマックスシリーズ廃止論が彼方此方で持ち上がっている。
その背景として、バブル化したカープファンども(特に俄か)が未だにファビョっている模様である。そのバブルにぶら下がって飯を食おうとしている一部の評論家までそこに乗っかってフジコっているから始末が悪い。ファビョってフジコった話がヨウツベ等で更に拡散されて、ミスリードされた世論に「大多数の良識ある国民の世論」という錦の御旗が付けられるとすれば、それは到底納得が行かない話である。
何にでも表があれば裏がある、光があれば影がある。セントラルのCS で優勝チームが下克上されたのは2007、2014年に続いて3度目である。過去下克上を2度も食らった巨人ファンがその度にCS 廃止論をファビョってぶち上げただろうか?
(ファイナルのアドヴァンテージ1勝設定は巨人サイドが2007年の敗退を受けてゴリ押ししたとも言われているが…)
この際なのでフジコしているカープファンどもには、ポストシーズン短期決戦の本当の世界にようこそと言うてやりたい。



ただ、小生としても、今のシステムが必ずしも良いと言う気も無い。
いつの間にかアジアシリーズは消滅し、アジアプロ野球チャンピオンシップという大会が発足した。でも、年齢制限付代表の大会を行うのは良いが、それはプロ野球のアジアNo. 1 チームを決める大会ではない。
いっその事、C.S. 、日シリ、韓シリ、その他諸々一緒に纏めれば良くねぇ?
要は野球版アジアチャンピオンズリーグ=アジアプロ野球クラブ選手権をやったらエエ、という事!


そこで小生の考えたシステムとは…
NPB 両リーグのC.S. 1st ステージを予備予選(PQ=pre qualify)と位置付け、その勝者と両リーグ優勝チームを加えて合計4チームがNPB 代表
韓酷KBO から上位2チーム(本来なら韓シリに出る2チーム)=これに合せてKBO でポストシーズンの組み換えをしたいなら勝手にやってくれ。
台湾は台シリの勝者が出場、敗者はオーストラリアのリーグの優勝者と大陸間プレイオフ(これも予備予選となる)
これで出場は合計8チームとなる。


上記8チームを2ブロックに別けて先ずは1次リーグを2回戦総当りで行い、各ブロックの上位2チームが準決勝リーグに進む事とする。
1次リーグを勝ち上がった4チームがこれまた2回戦総当り形式で準決勝リーグを戦う。

最終的に準決勝の上位2チームで3試合先取形式の決勝ラウンド、下位2チームで2試合先取形式の3位決定ラウンドを行う。


全試合について開催地は日本で、指名打者制採用。
リーグ戦に関しては順位は勝ち点で決定、勝利=3点・敗戦=0点・引分け=1点とする。リーグ戦の延長は12回までで、タイブレイク無し。勝ち点で並んだ場合は得失点差等の要素で順位を決定する。


このシステムだった場合、優勝までの試合数は最大で17となるが、MLB の場合最大で20となる事と比較しても妥当な数字と考えられる。

細かい所はさて置いて、大略こんな感じでやってみたらエエの違うかと思う。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ
プロフィール

大文字左京

FC2 より移転

本務機
PENTAX K-3 Ⅱ
SIGMA APO 70-200mm f2.8
SIGMA APO 120-400mm
SMC DA☆50-135mm f2.8
SMC DA☆16-50mm f2.8
SMC DA35mm f2.4
SMC DA14mm f2.8
その他

ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ