Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

カテゴリ: 時事その他

李登輝の話も最初は3回位で切り上げるつもりでいたが、只今の時点で其の八。まだ数回は出来そうだ。
さて、2020年1月11日の事になるが、その日は台湾総統選挙だった。現職である蔡英文(さいえいぶん・Ts'ai Ing-wen)=民進党が再選を果たした。得票率も60%に迫る圧勝だった。
当時、日本のマスコミは殆ど注目しなかったが、米中対立が激化している中では現代アジアの「関ヶ原の決戦」ともいうべき大事な選挙だったのだ。


中共としては親中政党である国民党(中国との統一を綱領に書いている)に政権を取らせて台湾を事実上手に入れようと裏では選挙の度に色々な工作を仕掛けて来た。去年11月の地方選挙でもそうだったが、サイバー攻撃、金銭による買収、フェイクニュースを流して世論を中共寄りに捻じ曲げさせ選挙に介入しようと仕掛けている。
台湾が中共に寝返ってしまえと、アメリカのアジア戦略も大打撃を受けるどころか崩壊する。日本もアジア全体も中共に制圧されてしまうのは間違いない。
台湾の選挙はアジアの行く末を左右するだけの意義を持ってしまっている。


しかし、そんな状況下でも蔡英文はきっちり圧勝した。
李登輝にしてみれば、蔡英文は自分が見出した愛弟子。彼女が再選を果たした事はこれ以上ない冥土の土産になったのかも知れない。


ddoolong01
これから烏龍茶といえば台湾という時代が来るかもしれない

2000年の総統選に勝って民進党初めての政権の立役者になった陳水扁(ちんすいへん・Chen Shui-bian)なのだが、国民党と中獄凶産党の工作に嵌る様にしてスキャンダル連発となり、2008年の退任後に逮捕され今も形の上では服役中である。(病気療養の為仮釈放中)
当然、この2008年に民進党は政権を失った。蔡英文・民進党サイドはその時の悔しさを忘れていないだろう。2018年の統一地方選でも民進党は大敗したが、風向きは完全に変わり総統選は圧勝。これはトランプ様様みたいな部分はあるが、勿論、中凶への警戒感もドンドン増して行くであろう。


陳水扁も元々李登輝の弟子の様な存在だった。しかし総統2期目からスキャンダル連発になった陳水扁を李登輝が批判し袂を別つ形になった。2018年1月、陳水扁は療養のため仮釈放中となっていて、息子等を伴い李登輝の許を訪れた。こうして約12年振りの会談が実現し和解を果たした。
その際に李登輝が出した言葉は旧約聖書19章11節にある「悟りは人に怒りを忍ばせる、過ちをゆるすのは人の誉である」というものだった。



8月15日の高雄市市長補欠選挙も大きかった。
リコールと書いたが、リコールされたのは国民党の市長で同党一番の人気を誇る韓国瑜(かんこくゆ・Han Kuo-yu)
2018年の統一地方選挙で民進党が強いとされる高雄で圧勝。高雄で国民党の市長というのはある意味快挙だったが、国民党としては糠喜びみたいな形になってしまった。それどころかこれからの弱体化の兆候が見えてしまった。
ではこの韓国瑜という市長(とても禿げている)、何故リコールされたかというと、これがまた酷い話。当選直後に次期総統選挙への出馬を決め、総統選に国民党候補として出馬したその為か、市長らしい仕事はほとんどせず、夜な夜な飲んだくれた挙句に昼頃二日酔いで登庁するのはザラ。市議会に出て来たのも何と2回だけ、そこでも答弁らしい答弁はせず。


中国大陸の奴の末裔らしいと言えばそれまでだが、総統選敗北後に市長職に復帰したら待っていたのはリコールだった。ただでさえも中凶寄りな発言が目立っていた所に、2019年からの香港の惨劇が重なると高雄市民の支持を失ったのは当然だったと思われる。さすがにそれでは市民の怒りを買いリコールされるのも当然だったのだろう。
結局、補選は民進党の陳其邁(ちんきまい・Chen Chi-mai)がリベンジを果たした。投票率は42%だったが、陳氏の得票率は70%に達した。国民党は韓氏の人気に依存する状態が顕わになり、韓氏シンパとそうでない人々との間に隙間風が吹いて党自体が弱体化するとも考えられる。


其の九へと続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡の反日知事・川勝平太が憎み嫌う東海旅客鉄道といえば葛西教とも呼ばれる位で、総帥の葛西敬之(現・名誉会長)はあの日本会議のメンバーでもある。新幹線はオールジャパン主義、中獄の高速鉄道なんて目もくれず日本の国益を第一に考える事が徹底されている。
当然、それは川勝からすれば許せない事なのである。川勝にとって何よりのプライオリティは親分である中国共産党である。世界初のリニア高速鉄道は中国、それを中共が輸出して世界的覇権を加速させるのシナリオは譲れないのである。
リニア中央新幹線は何としても頓挫させなければならないのである。これこそ中獄工作員となった川勝平太の第一の仕事なのである。


313t7@shiz
静岡地区の313系はロングシート地獄

これをてこにしてJR 東海を一気に破綻に追い込み、中国に売り渡す事まで視野に入れていると思った方が良い。そうすれば東海道新幹線まで中共は手に入れる事となる。
川勝平太という男、似非日本人で大和民族ではないと考えざるを得ない。


反日知事の暴走はリニアだけに留まらない。
伊豆高原(伊東市八幡野)に完酷のハンファにメガソーラーを作らせた時は、場所がクズ山と呼ばれる程状況が悪く違法伐採もあったとされ、周辺住民がこぞって反対したにも関わらすそれは一切無視して伊東市側はGoサイン。
今現在、住民が伊東市からの許可取り消しを求めて行政訴訟が提訴されている。
これに関しても、完酷にもパイプを持つとされる川勝が前のめりになったので忖度した伊東市が許可を下したという話もある。


szta3006@kebjm01
静鉄100周年記念ラッピングだった時のA3000形第6編成

静岡県のウルトラヤバい事の一つは、川勝が知事になってから約10年の間で、県の職員から自殺者が40名以上出ている事ではないか。
これが他の都道府県と比べて著しく高いアベレージなのかは分からないが、媚中な上にブラック職場にしたのかよと考えてしまう。役所なんて楽してダラダラと仕事をするのが定番で、追い詰められて自殺なんてあまり考えられないイメージだが、一体静岡県では何が起きているのだろうか?


izh3504@daib01
伊豆箱根鉄道3000系

ここからは久方ぶりの雑談形式登場

愛知も静岡も揃ってトンデモナイ反日で、もうどうしてイイか分かりましぇ~ん

静岡というと外来生物と戯れているイメージしかない。

それは加藤先生とその周囲だけの話やで。
ワニガメって実は食用になるの知ってるか?本場アメリカでは食用に乱獲されて保護動物になった。


静岡市は外来生物対策は積極的にやってるらしいで。

静岡県にはバカというイメージしかない。賢いイメージが湧かない。
静岡には何回か行ったけど、頭のイイ人と接触した記憶がない。


静岡は高等教育機関が少ないから、少しデキる奴は18で東京や名古屋に出てしまう。

ひょっとしてだけど
本物の川勝平太はとっくの昔に死んでいて、シナかチョンの背乗りした偽物が知事してんの違うか?


去年7月にリニア新幹線に絡んで、大村・川勝という反日知事2トップの会談が行われている。
そこでも川勝は「JR 東海が決めた事業計画を金科玉条の様に地元に押し付けるのは無礼千万だ」とかいってイキっていたが、国の委員としてその事業計画を推進した一人がアンタだろ。


川勝も大村もどれだけハニトラ毒饅頭食らっとんねん?

リコールなんて生温くトロくさい事をやっててイイんでしょうか?
いっその事2人とも暗殺した方が早いやろ!


反日チェッカーアプリとか出来んもんですかね?
知らん間に反日ウイルス撒かれたらシャレになりませんがな!


韓流オシャレ~とか韓流ステキとかぬかしてる女子高校はみんな反日、偏差値が靴のサイズとほぼ一緒
そういう奴等は抑々が工作員か似非日本人。それこそ反日チェッカーアプリで避けられたらエエなぁ。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私事だが、ルーターがトラブルを起こすなどしてネットが出来ない日が数日あったりして更新が滞ったが取敢えず今日から更新再開である。

東海旅客鉄道を愚弄している静岡県知事の川勝平太。2017年に先ずは大井川の水が無くなるといってリニア反対と言い出し、次は地元の工事によるメリットを示せと言い出した。これでまだ止まらないから始末が悪すぎる。

n700z5@mgmz01

2019年になって今度はこんな事を言い出した。
「見返りは新駅の平均的建設費用程度=800億円は欲しい」と暗に言ったかと思えば
それが無理なら東海道新幹線に富士山静岡空港駅の新設を要求し、
その次はそれも無理ならのぞみを静岡・浜松に止める事を要求
(因みに富士山静岡空港の発着は中獄・完酷へのチャーター機が殆どで、日本一の「反日空港」である)

もう滅茶苦茶である、大井川の水源という話は何処かへ飛んだのか、メリットをよこせと言ったり、のぞみを止めろと言い出したり。東海旅客鉄道に難癖付けてケンカを売りたいだけとしか思えない。

それで又再び大井川の事で喧嘩を売ったのである。「毎秒2トンの水は62万人の命の水である、一滴も失う事があってはならない」と言い出した。
失われる水が2トンという数字は覆工コンクリート等がない前提であって、実際は覆工コンクリートがあるから毎秒2トンがという話は成り立たなくなるはずである。
水の事でいえば大井川の上流から東京電力田代ダムから山梨県側に毎秒5トンも送って、それは富士川に送られている。本来なら100%静岡、特に中央部の水利権になって然るべきものが、一部が山梨県に渡っている事になる。現に失っている5トンはどうでも良くて、失う可能性の低い2トンを材料に攻撃するなんて頭が岡Cというものである。


そして遂に今年7月、国土交通省事務次官に静岡県を迂回する様にルート変更を事実上の直談判。
去年の時点で住民との懇談会でリニアには賛成だが、南アルプスは守らなければならないので、遠回りする他はないと既に発言していた。
目の黒い内はリニア新幹線は絶対に阻止すると言った様なもので、世界初のリニア高速鉄道が日本から生まれる事は断じて罷りならぬという意味でもある。


実は静岡県は40年間中国浙江省と姉妹都市関係にある。同省は習近平がトップに君臨した所。2010年には当時中共で副主席だった習近平と川勝は会談している。一地方の知事がまだ副主席だったとはいえ習近平と会談するなんてやけにプンプンと臭って来る。そして2013年には習近平から中国友好交流提携賞を受賞している。
それにとどまらず2019年に王毅外相が来日した際も川勝・王毅会談があり川勝はその席上で一体一路を評価する発言をしている。


こうして見ると、川勝という男は中獄凶産党の工作員だとしか思えないのだが…

という訳で、其の参に続く


当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県の川勝平太とかいう知事、アレはダメである。隣の県では知事のリコールという話が動き出しているが、本当は静岡県知事こそ先にリコールされるべきではないかと思われる。
この川勝とかいう知事の反日っぷりは相当凄いらしい。


この男は本来が経済学者なのだが、その経歴を辿ると大阪府生まれで育ちは京都市。洛星高校から早稲田大学、修士号取得後に渡英しオクスフォード大で博士号取得。その後は早稲田大の講師→准教授→教授となり98年に国際日本文化研究センター教授に就任。
2007年4月、当時県知事だった石川喜延の片腕的存在だった事で静岡文化芸術大学学長となる。そして2009年6月に民主・社民・国民新党の推薦で知事選に立候補を表明、7月の選挙では自公推薦候補を僅差の闘いながら破って県知事となる。
それは「鳩山イチロー記念サンバカーニバル」とも云うべき第45回衆院選直前の事であった。民主・社民の推薦でという辺りが時代を感じさせると共にこの辺だけで嫌なニオイがプンプンである。
これ以外にも、21世紀日本の構想懇談会=小渕内閣、美しい国作り企画会議・教育再生会議=第1次安倍内閣、国土審議会他幾つもの公職にも就いている。


fugaku201

この川勝という輩、何といっても有名なのはJR 東海にイチャモン付けまくって、リニア新幹線を頓挫させようとしている事だろう。
2017年9月、リニア新幹線の南アルプストンネル静岡工区8.9㎞について協定文書作成寸前で反対に転じる。「大井川源流部地下にトンネルを作ると大井川の水量が減り、環境が悪化しかねない。」というのがその理由。
ところが実はこの男、知事就任以前は国土審議会の委員でその時はリニア新幹線推進の立場を取っていた。


その翌月、「この工事で地域にメリットがあるかについて基本的な考えのないまま勝手にトンネルを掘ろな」と言い出した。要はあからさまな見返りを求めたのである。
これに留まらず、ここから手を変え品を変えJR 東海を愚弄して行くのである。


リニアについてJR 東海の中でも山田佳臣(第4代社長・現相談役)あたりからは「ペイ出来ない」等と異論は出ていた。そして現在、反日知事が出て来て一種の騙し討ちをして延々と妨害工作をする事態になっているが、その可能性を早々と予測して異論を唱えたというのならそれは見事過ぎる予知能力という事になる。

この先は其の弐へとキャリーオーバーする



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、チェコ共和国のミロシュ・ヴィストルチル(Milos Vystrcil)上院(元老院)議長が世界の注目を集める演説を台湾立法府内で行った。その名言がコレ
「我是台湾人」=私は台湾人だ
これだけ聞くと、何言うてんの?チェコ人やろ自分!と言うかも知れないが、このオリジナルはJFケネディが1963年西ベルリンで行った演説 " Ich Bin Berliner "
(実際のステイトメントではEin Berliner だが、これはJFK の言い間違いで、正確にはEin は付かない)である。
このエピソードに触れた上でこのカヴァーヴァージョンになる様な発言が飛び出した。


彼のスピーチの概要は以下の通りである。
まずは立法院から立法院国会外交栄誉奨章一等奨章の記念章を頂いたことに感謝したい。台湾の立法機関の頂点にある立法院で発言する機会を得たことは大変光栄であり、心から感謝したい。(中 略)
私は、すべての民主主義者は民主主義の原則を守り、民主主義を作り出す人々を支持する義務があると固く信じている。このため、国会外交の代表として台湾を訪れ、その経験を交換し、互いに支持し、協力の範囲を拡大することができたことを大変光栄に思う。
1963年、当時アメリカの大統領だったJ.Fケネディ氏は西ベルリンで演説した際、共産主義と政権による圧迫を強く非難した上で、ドイツ語で「私はベルリン市民だ」と述べ、ベルリン市民と自由という最高の価値に対する支持を表明した。
私も同様の方法で台湾の人々に対する支持を表明し、立法院での講演を締めくくることをお許しいただきたい。「我是台湾人(=私は台湾人です)」


チェコと台湾には国交がない。チェコでも大統領以下一部の政治家等は親中である。それでも議会の長が政財界の関係者を伴って訪台団として台湾に行ったわけだが、訪台を強く望んでいたのはヴィストルチル議長の前任者=ヤロスラフ・クベラ(Jaroslav Kubera)氏であった。2019年時点で、チェコ特にプラハ市長や多くの政治家達は中共と距離を置く姿勢を明確にしていた模様で、プラハは北京との姉妹都市関係を解消し、台北との姉妹都市関係を締結した。
クベラ前議長が訪台を今年2月に予定している事が分かると、中共の駐チェコ大使(張建敏)が「訪台すれば中国市場に依存しているチェコ企業に大きな損失が出る」という戦狼外交そのものみたいな書簡を送っていた。それ以前にも親中のゼマン大統領を通じてクベラ議長の訪台を止めさせるべく圧力をかけていた
中国大使館の晩餐会に出席したのが1月17日、その3日後にクベラ前議長は急死。17日の時点で心臓に症状が出ていて、遺した言葉が「中国大使館が用意した食事や飲み物を絶対食べない様に」というものだった。
コレ、単なる病死と考えるのは少々無理がある。


beefnoodle01

さて、李登輝の話になるが
1999年、総統だった彼が後継=2000年総統選・国民党の候補者として指名したのは宋楚瑜ではなく連戦だった。
当時、有力とみられていたのは宋楚瑜、彼は李登輝を総統に押し上げた影の立役者の一人。台湾省の首長だったが、人気は絶大。ジャージ姿に野球帽という「蔣経国スタイル」で地方遊説するので有名だった。ところが台湾省は1998年12月20日で省としての機能が凍結されていた。宋楚瑜は梯子を外された格好になって李登輝とも袂を別って無所属で総統選に立候補した。
これで国民党支持層は分裂を強いられ、本人の金銭スキャンダルが1999年末に報じられるに至り、2000年の総統選は僅差ながら民主進歩党の陳水扁の勝利となり、国民党は遂に政権の座から滑り落ちた。国民党候補者だった連戦は、陳水扁どころか無所属の宋楚瑜にも及ばずとんだ赤っ恥をかいたのである。
コレ、李登輝の書いた台本通りだったと言われている。


斯くして、国民党政権をブッ壊す事に成功した李登輝だが、来日が何度も阻まれていたのは有名な話である。70~90年代までは台湾政府の幹部であり、日本と台湾は国交がなく中共の反対もあって実現しなかった。2000年時点で200万人の人の往来がある日台間でありながら、22歳まで日本人で夫婦の会話も日本語という彼が日本の地を踏めないというのは笑止千万ともいえるが、90年代までは媚中な田中派とその流れを汲む人達の政権が続いていた事も大いに関係していると思われる
2001年、総統退任後に心臓治療の為に来日が叶ったが、そこにあったのは当時首相だった森喜朗=清和会の英断でビザが降りたからである。その際も、外務省の厄人(アジア太平洋局長)が大ウソをついてまで来日を阻止しようとしていたのである。


其の八に続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ