Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

wine

Mazis Chambertin 1998 Domaine Maume

地味だが高い能力で定評のあるドメーヌからの作品を紹介したい。
今回取り上げる Domaine Maume(ドメーヌ・モーム)は Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)の中でも古典派と位置付けられる作り手だった。この Mazis Chambertin(マジ・シャンベルタン)はそのフラッグシップとして、Maume が所有していた 0.6haの区画から産出されていた。

maumemazis98a先代のBernard Maume(ベルナール・モーム)が大学講師をする傍ら、大伯父から受け継いだこの小さな蔵(畑面積がトータルで4.5ha程)でワインを作っていた。1988年からは息子の一人であるBertrand(ベルトラン)が参加する様になるが、それでも相変わらず職人気質な極めて古典的な手法でワインを作っていた。
しかしベルトラン・モームは何せ7人兄妹という訳で、このドメーヌにも相続絡みでのややこしい問題が発生。結局は2012年に売却されてしまった。(註1
ただ尤も、ブルゴーニュやローヌ等の中小規模生産者が多い所では、たとえ秀逸なドメーヌであっても相続がネックになって閉鎖や売却を強いられるケースは多い。
売却後の新しい経営体制の下ではlutte raisonnée(リュット・レゾネ 註2)を導入する等の路線変更も進んでいる様である。
この1998年のワインは言うまでも無く、父と息子で作っていた時代の物である。


先ず色についてだが、クリアだがやや暗めのガーネットで均一。
クラシックなブルゴーニュの醍醐味を見せてくれるかとの期待もこの時点では高まる。
リコリス、枯葉苺、ラズベリー、Fraise des bois、クランベリー、赤スグリリエージュシロップ黒文字、丁子、シナモン、ビターチョコ、Frenet 系リキュール焼きたてのバゲット、カラメルデーツブルーベリー、といった辺りのエレメントが拾い出せる。

ところが、香味がそこからなかなか広がらない上にタンニンがやや突出気味。酸にキレと迫力が今一つでフラットな出方をするので、少々間延びして感じる。
1998VT のブルゴーニュにはありがちな傾向ではあるが、ボディそのものが茹で小豆的なのか?

それでもかなりの時間を経て漸く、上質な出汁の様な溶け込み感が感じられるようになって、各要素も綺麗なマッチングをみせて、そして梅酒の様なタッチが出て来る。アフターもそれなりに長い。
しかし、総体的には「微妙にして大事な一押し」という所が僅かずつ欠けている様に思えた。グランクリュのクオリティとしては少々物足りなかったか?

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするなら… 17.5 / 20



註1)買収者はカナダ出身のPascal Marchand(パスカル・マルシャン)
ブルゴーニュでも幾つもの有名ドメーヌで指揮を執った世界的に有名な醸造家の一人。
註2)2004年、フランスで正式に導入された減農薬農法で、英語訳するとsustainable になる。必要があるとされた時にのみ、制限内での農薬使用が認められるが、103項目の指示書による規定に添わなければならない。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも



写真 ブログランキングへ

The Dead Arm 2001 d'Arenberg

旧ブログ時代を通じても、オーストラリアのワインを取り上げるのは初めてと思う。
このThe Dead Arm(ザ・デッド・アーム)というワイン、オーストラリアのShiraz(シラーズ 註1)の中でも大スターとなっている。そして今でも5000円台で買える。小生がこれを購入したのは10年以上前だが、現在も価格が大きく変った訳でもなさそうだ。
現行は2013年VTだが、5000円台で買う事も可能だ。つまりオーストラリアワインの最高峰とされるPenfold's Grange(ペンフォールズ・グランジ)の1/10程度、Henschke Hill of Grace(ヘンシュケ・ヒル・オヴ・グレイス)の1/13程度という事にもなる。(尤も、この2つは基地外価格だが…


The Dead Arm という名だが、コルドン・ドゥーブル(cordon double)仕立て(註2)の葡萄の古木が細菌感染を起し、片方の大枝が壊死したので、その枝を切り落とし片方の枝だけで育てた葡萄が素晴らしい出来を示したので、その区画をDead Arm と名付けた事に由来する。
deadarm2k1aこれを作り出す d’Arenberg(ダレンベルグ)はMacLaren Vale(マクラーレン・ヴェイル 註3)を代表するワイナリーであり、Shiraz(シラーズ)、Grenache(グルナッシュ)、Rousanne(ルーサンヌ)等々の南仏系の品種を得意にしている。全ての葡萄を木製桶形のバスケットプレスでゆっくり圧搾しているのでも有名 。


この作り手の歴史は1912年にJoseph Osborne(ジョセフ・オズボーン)氏がワイナリーを購入した事から始まる。
現当主は4代目のChester Osborne(チェスター・オズボーン・55歳)氏だが、1995年にワイナリーを引き継ぐとセラーを始めとした設備を改良、生産管理もそれまで以上に徹底する様になる。この事が功を奏してその後ワイナリーが世界的名声を手にするのに時間は掛らなかった。
今やMacLaren Vale だけで72ha、それ以外のエリアにも自社畑を持つ老舗名門ワイナリーとなっていて、リリースするワインもデイリーから高級品まで多岐に渡る。


先ずは色だが…、
ルビーパープルとガーネットの中間で、インキーとか言うレベルでない位に濃い!
夥しいレベルのブラックベリー、カシス、ブラックチェリー、プルーンにいきなり出迎えられる。
そこからメンソールなめし皮、黒胡椒、ナツメグ、土、西洋杉、楠、古い箪笥、万年筆のインク、ヴァニラといった要素が出てくる。
しかし、実は各種のサブ的な要素群は拾い出し難かった。それは一連の黒果実系の要素が強過ぎたのであった。
タンニンも酸もかなりしっかりしているのだが、果実味の押しが少々剛直すぎるきらいがある。酸自体にに本当の力があるのかも少々疑問があり、妙に尖った所を見せて少々浮いてきて品位には少々欠けるきらいがある。
総体的にみれば、確実に熟成をしてきた事は理解出来る、アフターもそれなりに長く不足はない。でも結局Shiraz クオリティでしかないと思わせる部分が透けて見える。しかも時折緩んだ時にくどさを見せるが、この部分も結構きつかったりする。
何やらかんやら言うた所で、グランジの1/10の価格って所詮こんなモンかいな?


Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするなら… 17 / 20


註1)Shiraz はSyrah のシノニム(別名)の一つだが、オーストラリアや南アフリカ等では殆どこの別名で呼ばれる。
註2)葡萄樹の剪定方式の一つで、幹の上から大枝を水平に伸ばし、そこから結果主枝を出すのがコルドン式。大枝が2本あるのがCordon Double、1本の場合はCordon Simple(コルドン・サンプル)この場合の大枝の事をフランス語では腕を表す bras(ブラ)という。
註3)オーストラリアでも最古のワイン産地の一つで、アデレイド(Adelaide)から南に35km程行った所にある




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

優良シェリー蔵抹殺される?

Alexander Gordon(アレクサンダー・ゴードン)というシェリーでも優良な生産者がいた
日本では名古屋市にある会社がエージェントになっていて、必ずしも入手困難な銘柄ではなかった。(決して容易でもなかったが)
小生も、6年程前のアンダルシア製品展示会で出会ってからここのシェリーは結構好きだった。何と言っても品質と価格のバランスが優れていたと思う。
しかし、そのエージェントの会社の人間から、この蔵が事実上抹殺されてしまったという情報を手に入れたのである。
つまり、この優良なシェリーを二度と手にする事は出来ないという事なのである。

alxgdnpc01

このAlexander Gordon という名に対しある大手ブランドからクレームがついて、差止請求が認められてしまったのである。その大手とは、Gordon Tanqueray(ゴードン・タンカレー)、言うまでも無くジンのトップブランドであり、酒造業界世界最大手である彼のDiageo(ディアジオ)のコングロマリットの中核をなす会社の一つである。
差止を認めた判決の詳しい内容は判らないが、これによりアレクサンダー・ゴードンは販売不可能となった。操業も差し止められ、巨額の賠償金も課された可能性もある。

このボデガとしての名称はMarqués de Irún(マルケス・デ・イルン 註1)、現在の経営者はLuis G. Gordon(ルイス・G・
ゴードン)氏なのだが、近年ではEmilio Rustau(エミリオ・ルスタウ)の手に渡り、現在はLuis Caballero(ルイス・カバジェロ 註2)の傘下。
更にシェリーのみならず、Rueda(ルエダ 註3)で白ワインの生産も手がけている。

シェリーでも最古のボデガであり(1770年頃スタート)、生産量は多くないものの超名門の一つであった。
そして、この創業者であるゴードン一家が現在の様なシェリーの生産販売のシステムを最初に構築したとされている。
しかも、Gordon=ゴードンという名は英語圏でもポピュラーな姓である。


一方、ジンで有名な Gordon's の創業者もAlexander Gordon という人物で創業は1769年である
(昔のボトルにはAlexander Gordon and company としっかり書いてある)。
要は創業者の名前と創業年代がモロ被りしてしまった事の不幸といえる。


ただどうしても大手資本の極めてヤクザ的な横暴が透けて見えてしまう、その司法の判断が又圧力にいとも簡単に屈した酷いものの様にも見えてしまう。

この蔵及びそのストックの原酒については、親会社であるCaballero が引き取るなりするのかも知れないが、この佳酒が絶滅するのは忍びない。同グループのウェブサイト上で、シェリーの項目からこのA. ゴードンの名は既に削除されている。
このボデガを抹殺しようとしているのがDiageo の一員。Diageo は無論スコッチウィスキーの最大手である。これが余計にクソな話に聞えるのである。
何せスコッチの業界はシェリー樽の確保に常々奔走しているのであるから。



25年以上前だが、当時カリフォルニアに存在したKenwood(ケンウッド)というワイナリー(当時それなりに高評価を得ていた)に対し、オーディオ機器のケンウッドがカリフォルニアの裁判所に差止請求を起したが、結局返り討ちにあった事を思い出した。
因みにそのワイナリーの場所の名がKenwood だったのであるが、L.O.L. の大草原としか言いようのない話である。


参照記事=そうだ、Sherry を飲むべし Part 1  Part 2  Part 3




註1)Marqués de Irún(マルケス・デ・イルン)はゴードン家の爵位
註2)シェリーでは最大手のグループで、スペインを代表する酒造大手でもある。E. ルスタウもここの傘下
註3)スペインを代表する白ワイン産地はマドリードの北西にあるこのRueda と、ガリシア地方のRias Baixas(リアス・バイシャス)




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

Crozes-Hermitage La Guiraude 2001 Alain Graillot

Alain Graillot(アラン・グライヨ)といえば、Crozes-Hermitage(クローズ・エルミタジュ)の中でも名手といわれる所の作品。このLa Guiraude(ラ・ギロード)は所謂スペシャルキュヴェ。
Crozes-Hermitage なんて日常消費用的なイメージの付き纏うアペラシオンだが、このクラスのワインになるとこれは当て嵌まらない。


guiraude2k1b

北ローヌの2001は優秀な年と言われるから期待度も高い。10年以上前に名古屋に行った際に5000円弱程度で購入したボトルだった様に記憶しているが、今となってはこの作り手・このキュヴェ共々見掛ける事が殆どない。
色はそこそこの深度を持ったガーネットで均一性がある。
煎ったカカオ、なめし皮、黒文字、トリュフ、モリーユ、腐葉土…てな感じの暗いトーンで始まる。
時間の経過もあってブルーベリー、カシス、ブラックチェリー、プルーンバルサミコ、黒無花果、リコリス、クローブという展開となる。
微かにラベンダーローズマリー、ジュニパー、和山椒というニュアンスが追加的に感じられる。

酸は力強いが滑らかにして美しさを感じさせて、そこに収斂性は感じられない。その躯体は時々緩むが、基本的にまだタイトで内向的である。
比較的すんなり終るのかと思いきや、一旦飲み込んでからの反撃がかなりある。果実味と旨味感がさり気無く盛り上がって、これがなかなか消えず、かなりの時間持続を見せる。Crozes-Hermitage としたら出色の存在であるのは明らかで、Côte Rôtie やHermitage 等ともある程度対抗し得る一本かも知れない。


Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするなら…、18 / 20



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

Chinon Clos du Chêne Vert 1997 Charles Joguet

Charles Joguet(シャルル・ジョゲ)は旧ブログ時代にも取り上げた事のある作り手だが、その時の物とはヴィンテージこそ同じだが別のキュヴェ。ロワール渓谷(Val de Loire)を代表する赤ワインのChinon (シノン)でもトップを争う作り手
ここのChinon は畑毎に違うキュヴェとして造られているので、何と最大で8種類も存在する。
この1997年を以てシャルルは引退し、ドメーヌは彼をサポートしていた者達に引き継がれた。1957年に芸術家志望だった彼が父の死と共にその夢を捨て、ドメーヌを引き継いでから丁度40年に当たる時だった。
参照記事=Chinon Clos de la Dioterie 1997


joguet97cvert01このラベルを見ると、Chêne Vert という名の通り、緑の楢の木がデザインされているのが判る。

それはともかく、先ずワインの色だが…
艶と透明感のあるガーネット、深さは中程度

拾い出せた要素を挙げて行くと
焼きたてのバゲット、リコリスArmagnacスミレ野薔薇
苺、ラズベリー、クランベリー、スモモ、コケモモ、ルイボスティー
その後微かにトリュフ、マッシュルーム、乾燥きのこ類
追加的にイタリア系薬草リキュールブラックベリー、ブルーベリーナツメグ、シナモン、オールスパイス、セミスウィートチョコ

如何にもこの作り手らしいエレメントのラインナップ。赤い要素が多い。そして、上質なお澄ましの様な旨味の出方。
 
味わって行くとこのワインの主役は何と言っても酸だと気付く事になる
その酸に透明感と深度があり、尚且つ滑らかで力も感じさせる上で、このワインのシームレスな躯体を纏めている。各要素の溶け込み方のバランスは素晴らしい

アフターにかけての盛り上がりは控えめだが、伸びはそれなりにある。
 
Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けてみると… 17.5~18 / 20

購入したのは15年近く前だったと記憶しているが、これが3000円台で買えるなら誰も文句は言わないであろうが、今となってはさすがに無理である。



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ
livedoor プロフィール
ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ