Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

カテゴリ: wine

フランス南部でもプロヴァンスのワインというと日本のマーケットでもマイナーな存在。現にこのブログでも中々取り上げる機会が無くこれで漸く3回目という状況である、ローヌは結構取り上げる回数も多いのにである。
プロヴァンス随一の銘醸であるBandol (バンドール)、その中でも虎ノ門のCave de Re-Lax や目黒のaVin (アヴァン)が推している作り手の作品を取り上げる。勿論このボトルも虎ノ門で購入したヤツである。
バンドールのワインはプロヴァンスに別荘を持つ様なセレブ上級市民達御用達みたいな部分があるので日本にはあまり回って来ない。更に蔵の方も近年は価格設定がかなり強気なので、結構高価になってしまう。


このAOC Bandol 自体は以下に挙げるエリアから構成される=Bandol、La Cadière d'Azur(ラ・カディエール・ダジュール)、Evenos(エヴノス)、Le Beausset(ル・ボーセ)、Sanary sur Mer(サナリ・シュル・メール)、Saint Cyr sur Mer(サン・シル・シュル・メール)、Le Castellet(ル・カストレ)、Ollioules(オリウール)の8か所である。Bandol の生産者というと、Tempier (タンピエ)・Pibarnon (ピバルノン)・Pradeaux (プラドー)というトリオが非常に有名なのだが、マイナーでもそいつ等に引けを取らない様な作り手も確実に存在するのである。

Bandol でも上述の La Cadière d'Azur に所在するこの Château Vannières(シャトー・ヴァニエール)も日本ではあまり知られていない様である。比較的標高の高い所に30ha程の畑を所有し植密度はha当りで5000本とこの地域の伝統的な数字。栽培から醸造に至るまでクラシックなやり方を採用し続けている様である。5世紀に渡って Boisseaux (ボワソー)家の下でワイン造りを続けているというバンドールを代表する名門で、現在は当主Eric (エリック)と Charles-Eric (シャルル・エリック)という Boisseaux 親子が中心になってワインを作っている。

赤ワインはMourvèdre (ムールヴェドル)95%に Grenache(グルナッシュ)5%という構成で作られている。この事からもかなり頑強な長熟形ワインである事が容易に想像出来る。AOC 規定ではムールヴェドルは50%以上100%未満であれば良く(100%使用は禁止されている)、同種の比率を60~70%程度に抑えている蔵も多いが、敢えて95%までに上げているのは珍しいと思われる。そんな所にもボワソー家の並々ならぬ拘り+プライドが見て取れる。

bnd98van01
ワイン自体のインプレッションに入る。

先ず色についてだが、レンガ色の微かに入ったガーネットで結構暗め。クリアネスも艶もしっかりあって美しい色合いである。
拾い出せた香味のエレメンツを挙げて行くと…
第1グループはリコリス昔のFernet 系、ラプサンスーチョン、Earl Greycrème de moca
そこから遅れて途中から第2グループとしてはプルーン、ハスカップ、ブルーベリー、ブラックチェリー、干し葡萄、胡椒、
腐葉土、乾式葉巻、煎ったカカオ
更に端役的クラスターとしては乾燥セップ茸、トリュフ、
野薔薇、赤スグリ花椒、丁子、タイム

タンニンはまだまだ思いっきり主張してくる。ただ嫌みのある出方ではないからその質は良好に見える。舌の上ではズシっと締まったフィーリングもある。またそんな所がMourvèdreなのであろう。
タンニンに隠れがちだが、酸もかなり綺麗でしっかりして力を感じさせる。各要素はキレイに溶け込み重合感もナイス。肌理も細かく美しく整っている。


フィニッシュは大きく盛り上がるという訳ではなく、一寸スッとしている様に見えるのはどうかと思うものの、全体としてシームレス+ステディで、その長さはしっかり確保されている。

最後にスコアリングの結果だが…、18 / 20 は普通にやってイイ。
21年経ってもまだ硬さが少々目立って内向的な部分もある。相当な頑強さを持つワインなので、20年位では神髄を発揮するには時間が足りないというのだろうか?(テイスティングは2019年末)




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hermitage(エルミタージュ)には2つのChave =シャーヴがある。一つはJean Louis Chave (ジャン・ルイ・シャーヴ)で、言わずと知れたローヌでも超老舗にして最高位の生産者の一つ。その超大作の様な?ワインは今や狂乱物価で完全に高嶺の花。
そしてもう一方は今回フィーチャーするBernard Chave(ベルナール・シャーヴ)=現・Yann Chave (ヤン・シャーヴ)である。こちらはまだ何とか現実的な価格で手に入る。
Crozes Hermitage のエリアの中心部に蔵はある。2000年までは Bernard が当主だったが、2001年に代替わりして息子の Yann が継いで名称もYann Chave となっている。


70年代初頭に Bernardがその地に居を構えたが、4haしかない畑の中で葡萄を植えていたのは1haのみで、残りは果樹園だった。ワイン造りを始めたのは1973年からで、1979年に組合から独立し自分達の独立したワイナリーを作った。1996年になると、現当主のYann (当時26歳)が加入した。彼は2000年から有機農業に取り組み、その認証を2007年に獲得。現在では Hermitage に持つ1.2haの畑を含めて総計20haの畑からワインを作っている。この蔵自体の主力は Crozes Hermitage であるが、エルミタージュの方でもトップクラスである。

herm98yancha01これがエルミタージュのトップクラスなのか、という訳でインプレッションに入って行く。

色をチェックすると、中~深めの深度を持つ綺麗なガーネットでルビーパープルも残っている。21年という年数を考えると若干若作りだが、エルミタージュとしては理想的なカラーと思われる。

ここからいつもの様に香味のエレメンツを挙げて行くと…
第1グループとしてはハスカップブルーベリーカシス苺、野苺ブラックベリー、ブラックチェリー
更に第2グループとしてスミレ、ミント、昔のFernet 系セミスウィートチョコ、リコリス、ローズマリー、西洋杉、ドライフィグシャンボールリキュール
フェヌグリーク、シナモン、クローブ、フェンネルシード、スターアニス、ラヴェンダーといった辺りが現れた。


21年も経っているのにフルーティーさが結構前面に出ているのには少々おったまげぇ~!で最初のアタックから非常に惹きつけられる心地の良さがあった。


濃さを表に出していないのに、密度は高くカッチリト組まれたスクラムの様なボディでありながら、口内でのフィーリングはヴェルヴェットの様でもあり、シームレスで美しい肌理。それでもタニックでタイトな部分も忘れない。


それでも時間経過と共に酸がしっかり出て来てそして時折、「昔の(1980年代前半以前)Ch. Margaux とかLéoville Las Cases とかってこうだったよな」と思わせるクラシックでスタイリッシュなボルドーを想起させるバランス感を演出して来る。大昔だが、ボルドーの名だたるワインにエルミタージュが混ぜられていたという話も何しか妙に頷ける。
(混ぜられているワインの方が高級だったのだとか…
旨味の感じは出汁というより梅酒的な流れ方が強い様に思う。長さは無論十分以上だが、地道でさりげなくてしっかり長いという表現が適切か。
ボールコントロールオフェンスの様に地道にステディに進んでいると見えるこのワインの着地点まだ先だというのは明らか。
このクラシックでエレガントな美酒は「地味な怪物」なのだろうか

小生なりのスコアリングしてみると… 18.5 or 19 / 20
超大作とまでは行かずとも、ここまでのレベルの Hermitageはそう簡単に拝めやしないのは確かである。この結果を受けて後日Yann Chave のHermitageを購入した小生だった。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは珍しい南西地方(Sud-Ouest)のワインを取り上げる。南西地方という地味であまり意識されない所でも、Cahors(カオール)、Bergerac (ベルジュラック)、Madiran (マディラン)、Gaillac (ガイヤック)、Jurançon (ジュランソン)、Buzet (ビュゼ)等々の決して侮れないワイン達がひしめいている。
今回フィーチャーするClos Triguedina (クロ・トリグディナ)は1830年創業。カオールの地に Etienne Baldès (エティエンヌ・バルデ)が最初の葡萄の植樹したのが始まり。その後1877年のフィロキセラ災害や1956年の冷害でダメージは受けたもののそこら辺は乗り越えて今に至る。
今年で創業190周年を迎えたこの生産者、現在は65ha程を所有している。


この蔵がここまで成長したのはJean Baldès (ジャン・バルデ)の働きが大きい。彼の時代に畑が倍増されて今の規模になった上に、1976年にカオールで最初にステンレスの発酵用タンクを取り入れたりする等のイノベーションも行っている。
更にその後を引き継いだ現当主のJean-Luc Baldès (ジャン・リュック・バルデ)によって今の名声と地位が築かれた。彼が当主になって約30年の中で、フランス国内は元より世界的な受賞歴多数で、西南地方でもトップと言える蔵に成り上がった。そしてMaster of Malbecを自称するまでになった。2007年からは単独の区画からのワインもリリースしている。


caopp95trig01
AOC Cahors は Malbec (マルベック)75%以上であれば事足りて、Merlot や Tannat 等の品種がミックスされる事が多い。にも関わらず、1976年から Jean Baldès (ジャン・バルデ)が生産を開始した Malbec 100%のワインがこの Prince Probus (プランス・プロビュ)で、この蔵の絶対なプレスティージュ的存在である。このProbus は紀元3世紀に君臨したローマ皇帝の名である。
そして現在は Prince が取れて単にProbus (プロビュ)を名乗っている。つまり皇太子から皇帝に昇格したという事か?
カオールの畑は Lot (ロ)川沿いに川に近く高さの無い所から第1~第4という形で4段の台地になっている。その中で「第3テラス」=3段目に所有する区画の葡萄から作られるが、鉄分を多く含む珪質泥岩土壌で骨格の強いワインが出来るらしい。


ワインのインプレッションに入る。
色は予想通り非常に暗い、ギトギトに濃いという云う感じではない。濃さもあるが、あくまでもやや黒っぽくくすんでいるという事で、暗くとも澄んだ色合いである。
拾い出せたエレメンツを挙げて行くと…
1段目を構成するのはブラックベリーブラックチェリーハスカップ昔のFernet 系、竹炭、ビターチョコ
2段目としてはスミレブルーベリーラヴェンダー、丁子、 カユプテ、楠、カカオリキュールカシスなんていった所か


Malbec というブドウ品種はタンニンがゴツく粗野なイメージを持たれがちだが、このワインの場合は確かにタニックさが目立つものの、そんな粗野な所は無い。何せ肌理は細かく、当りも上品でスムーズ。酸の存在がキーになっている。無理のない構成、しっかりコンスタントに主張しブレの無い酸、美しさすら感じる。まだまだ頑固で内向的な面も目立つが、時間経過と共にスローにその姿を現して行く。各種のエレメンツが美しくシームレスに溶け込んで、スタイリッシュに流れて十分以上のアフターテイストまで続く。
25年に近い歳月が経っているにも拘らず、まだまだ硬く厳しさが十分。
それでも大変美麗にして荘厳なこのワインはマルベックの持つ能力を最大限に引き出す為の努力が惜しみなく注ぎ込まれているとしか言い様がない。(テイスティングは2019年末)


小生なりの採点結果は…、18.5 / 20 5年後なら19点を献上出来たかも知れない。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回フィーチャーする Roagna (ロアニャ)と言えば、Barbaresco (バルバレスコ)では老舗中の老舗。この生産者は1880年創業なのだが、バルバレスコとしてのワインが作られ始めたのは1890年の事。現在この蔵のプレスティージュを形成する銘醸畑は20世紀に入って取得したものである。
Montefico(モンテフィコ)=1929年、Paje (パイエ)=1953年、Asili(アジリ)=1961年
" Roagna non cambia "=「ロアーニャは変らない」というのがこの蔵のポリシーで、初代の Vincenzo Roagna (ヴィンチェンツォ・ロアニャ)からの5代目で現当主のLuca (ルカ)もそれを公言して止まない。その言葉の通り創業時から100年以上、葡萄栽培からワイン造りに至るまでそのやり方を殆ど変えていない。化学肥料どころか有機肥料すら使わない。葡萄以外の色々な植物と敢えて共棲させる事で病虫害にも強く高品質な葡萄が育つと考えていて、醸造も極めてクラシックな方法を採用し続けている。マセラシオン(醸し)に100日も掛けている蔵なんて今の時代にはここ以外まず見当たらない。SO2 も瓶詰時に僅かな量を使うだけ。
そんな頑固一徹の権化みたいなこの蔵のワインだが、一時期は所謂モダン系のワインに押され気味で過小評価気味だったがここ10年で評価も価格も鰻登り。本人達は何も変わっていないのに、市場のスタンスと取引価格だけが勝手に変わっただけだと思っているのかも知れない。


barbpaje97roa01ここでは、ロアニャのフラッグシップの一角を占める Barbaresco Paje の1997年を紹介する。

ワインのインプレッションに入るが、色はレンガ色の入りかかったガーネットで深度も結構ある。
拾い出せたエレメンツを挙げて行くと…
先ずはリコリス、煎ったカカオ(アジア系)ローズヒップ、ラズベリー、野薔薇、野苺
その後からスターアニスブラックチェリー、ブラックベリーシナモン、クローブ、杜松(ジュニパー)
更にはcrème de cacaoBénédictineCognac という追撃が来る


スワリングすると、タンニンと酸がまだまだ強いが、その下から非常に良く綺麗に溶け込んだ旨味感がステディに染み出して口内を支配する様になる。そしてそれが抜けと返りとアフターまで繋がっている。香味は熟成しましたみたいな所がタップリで、返りもアフターも結構綺麗できちっと長い。総体的に決して派手ではないから少々拍子抜けするかも知れないが、中間からアフターにかけての部分はさすがとしか言い様がないものの、硬質感があって少々内向的で硬さも残っている。まだ覚醒する前だったのかも知れない。

1997年は酸という部分でやや苦戦しバランスが取り難かった年の筈だが、これが1996とか2001といった素晴らしいバランスまで備えた年だったらどんな表情を見せてくれるのだろうかと考えてしまう。



「世の中に出回っている大部分のNebbiolo (ネビオーロ)が、その本当の個性を発揮できる前に消費され、誤った評価を 受けてしまう。これではネビオーロのワインの良さは伝わらない」
そう言ってはばからないロアニャだが、それには御尤もとしか言えないし、100%共感する小生である。
Nebbiolo は serious, stern and austere であってこそホンマモンと声を大にして言いたい。


スコアリングの結果は… 18.5 / 20



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回フィーチャーする René Engel (ルネ・アンジェル)を覚えている方々はどれだけおいでだろうか?
ワイン好きを自称されている様な御仁から、その道のプロという御仁まで含めて、ブルゴーニュワインに対する知識をある程度以上持っておられないとこの名前は中々直ぐに思い出されないであろう。何せ、この生産者は15年前に消えてしまったのだから。
1910年に創設されたこの蔵は Vosne Romanée(ヴォーヌ・ロマネ)に本拠を置いていた。創設者は勿論 René Engel 氏だが、この生産者をスターにしたのはその孫に当る Philippe Engel (フィリップ・アンジェル)氏である。フィリップが蔵を継承した1980年代以降は特に目覚しい活躍で高い人気と知名度を博していた。
所有する畑は総計で6ha程と規模としては非常に小さいものだったが、Clos-Vougeot(クロ・ヴージョ=1.37ha)、Grands-Echézeaux (グラン・ゼシェゾ=0.5ha)、Echézeaux (エシェゾー=0.5ha)という特級畑 3箇所、しかもそれぞれ最上級の区画を持っていた


2005年、この生産者を突然の悲劇が襲いその歩みが絶たれてしまった。この年の5月に休暇でタヒチを訪れていたフィリップが心臓麻痺に襲われて急死したのであった
ドメーヌは廃業となりその 6haの畑はFrançois Pinault (フランソワ・ピノ)率いる Groupe Artémis (グループ・アルテミス)に13億ユーロ=当時のレートで約19億円で売却された。これを受けて Château Latour やあの Gucci や Yves Saint Laurent を抱えるこのグループによってDomaine d'Eugenie (ドメーヌ・ドゥジュニ)が造られて今に至っている。



cvou99rnengl01
ここからはワインのインプレッションとなる。
最初に色だが、中間的な深さだが澄んだ感じのガーネットでエッジに少しレンガ色が入る。これだけなら非常に期待出来る感じに見える。


拾い出したエレメンツを挙げて行くと…、
先ずはリコリス黒文字鞣革、トリュフ、腐葉土、夏の土、乾燥したモリーユ、丁子、煎ったカカオ高級肉まんの中身シナモン
その後出て来たものとしてはプラムブラックチェリーハスカップ古い時代のFernet 系アマーロ系Bénédictine、薫茶
ローレル(生)ラズベリー焼きたてバゲットセミスウィートチョコ、Kirsch、ラヴェンダー野苺


香味のトーンが総体的に暗い。20年の熟成を経ている事もあって熟成によって顕在化したエレメンツが表に立って来ている印象。
ボディの厚味は結構なもの。酸に不足感はないがキレ上がってくる感じは今一つで、バックラインでの主張も思った程強くはない。1999という年の感じが強く出ている気がする。



妙な断層はなくシームレスな躯体を見せてくれるものの、タニックな所が目立つのも事実。若さと固さもまだ見出される。
そうはいってもしっかりした美しい溶け込みでパワーは完全にグランクリュという事なのだろうか。ただ、後半終盤フィニッシュにかけての盛り上がりと吹け上がりが少々弱く見えてしまう。酸のパワーが少し不足気味だからであろう。
そうは言っても時間経過と共にトーンは少し明るくなってしかもアフターはかなり長い物に変わるが、何しか本当の美麗さに少し欠ける様な印象。極めて誠実に作られた濃密なワイン、これこそがアンジェルの武器だったのだが、小生の期待が大き過ぎたのだろうか。

Clos-Vougeot はその畑面積が50ヘクタールを超えるから、偉大なものからへなちょこまで格差がデカいのだが、ここのワインは勿論偉大な方に入るどころかトップクラスだったのは間違いない。

最後にスコアリング結果の発表…、少々迷ったが結局 18 / 20



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ