Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

鉄道

千葉のJR は小生にとって鬼門か? Part 2

Part 1 では2010年秋のケースだったが、今度は2012年2月最初の週末での話である。
小生の機材もその間にK-7 からK-5 に代わり(予備機もK-5になっていた)、画質は大幅に改善されて連射性能もアップで使い易くはなった。
2012年1月の成田臨はそこそこの収穫があり、千葉のJR に対する苦手意識は払拭されたかと思われたが、千葉で待ち受けていた魔物はそんなに甘くなかったのである。




e655@goiane01

E655系の団臨が内房線に昼前に入るという情報を受け取っていたので、それを撮ろうと五井~姉ヶ崎間に繰り出した。
いざ着いてみると、早くから結構な激バ状態。E655ってそんなに人気なのかと思ったら、その日はSL の運行日だったのである。(この日は内房線100周年記念列車の試運転)
SL 運行は知っていてもE655 が来るのは知らなかったという御仁ばかり。それでも何とか入れるスペースを見付けて撮ったのがコレ!
SL なんて聞いてないよお~!」てな話だったのだが(要は小生のリサーチ不足なのだが)、そこはちゃっかり便乗させてもらった。

c6120a

大変見苦しい絵ではあるが、C61-20 の千葉方面への送り込み回送を同所でキャッチ出来たのはラッキーだった。

209c604@goiane01

参考までに、今や千葉の主となった 209系 普通電車(6連車)
重量も寿命も価格も半分という事で、15年という約束だった筈なのだが、それは完全に反故にされたのに留まらず、今や関東一円のローカル線区を支配している様な状態である。



SL の本番のスジを聞いてみると、このポイントでは光線状態が悪いと判断。速攻で袖ヶ浦~巖根間のの浮戸川近辺まで移動して場所も何とか確保
線路際には警備員数名も立っていて、緊張感が漂う。築堤を見上げるようなアングルにはなったが、機材をセットしてテストショットを撮る…、何かおかしい。合っている筈のピントが合っていない。原因がわからず焦る小生だったが、この期に及んで本番だけは何とか成功してくれと願うのみだった。

そして本番…、厭な流れが変る事はなかった。ここに絵が無い事でお分かりであろう。ピンが外れて失敗

後に点検に出した際に判ったことだが、K-5 のその個体(2台目)にミラーの微妙なズレがあって、見上げる様な角度でそのズレが大きくなってしまったらしいのだ。

折角内房線まで行った序にと、木更津まで足を伸ばし久留里線の キハ35 (当時、既に終焉間近だった)にチャレンジした。同路線を跨ぐ国道16号の歩道の階段から キハ35 を俯瞰で狙ったが、見事に失敗。このままでは終われないと祇園駅近辺に移動。


k382@kzsky01

キハ38を何とか押さえる事は出来たが、 キハ35 の失敗は大きかった。
そもそも、最初の目論見としては、E655 の後は速攻で久留里線に移動して キハ35 を狙う筈だったのだが、SL と聞いて予定変更した結果がこのザマ!


これはあくまでも5年前の話であるから、今の小生であれば失敗を減らしてもっと高い確度で撮れていたとは思うが…、こんなしくじった経験が幾つもあると千葉方面はどうしても足が重くなる。

千葉のトラウマはまだあるから、Part 3 もやってやる!




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

千葉のJR は小生にとって鬼門か? Part 1

最初に言ってしまうが、小生にとって千葉、殊にJR はあまり面白い印象がない。
足を運んでも具合の悪い事に見舞われやすい印象が拭えず、兎に角ゲンが良くない場所という感じで見てしまうのである。
勿論それなりの回数は足を運んでいるのだが、満足が行ったというケースが非常に少ない。


晴れるという予報を信じて行ってみると、着いた途端に曇りだす、午後から急に曇りだす、肝心な時にマンダーラ。挙句の果にメインのネタで失敗する
成田臨を狙いに行って東関東道の事故渋滞に阻まれて途中で断念という事もあった。


私鉄の時は比較的恵まれる事も多いのだが、JR を狙った時に何故かこういう災難に見舞われる

恥を忍んで上げるのは、2010年秋に引退間近の 113系 を狙って物井付近に繰り出した時の絵である。

113mh109

晴れの予報を基に、午後から繰り出してモノサクに行ったら、ドンドン曇りだして、こんな絵しか撮れなかった
しかもこの時使っていたボディはK-7 で、コイツがISO 400 で早くも結構荒れてくるという非常に厄介な代物だったので余計に困ったのである。(換言すると、某韓国製センサーの恐ろしさを味あわされたのである

このアングルも快速や貨物の様な比較的長い編成には向くが、こんな4連の編成には不適当だった。





113mhs223

これは又別の日にものになるが、物井の四街道寄り(つまりモノヨツ)に行ったときの絵である。
この日も 113系 を撮るには撮ったが、完全に曇られた状態。気象情報を確認して、晴れると判断して高速を飛ばして行ったにも関わらず、結果はこのザマ


e217pf1083

PF=1083号機(現・2083号機として健在)の貨物が来たが(何たる汚れ方…)、 E217系 快速との並びになってしまった。しかも良く見ると判るが、マンダーラである。
実はこれでもマシな方で、酷いケースとしては線路沿いの路地を走ってきた近所のオバハンのチャリや地元の車にモロに被られるというケースも数回あった。


モノサク、モノヨツ以外では、佐倉~酒々井間等でも結構この手の災難に遭う確率が高い。千葉に行くと曇られるというジンクスが出来上がってしまっているような気がする。 
千葉のJR を撮りに行くと、上手く行く日は本当に少ない。


これ以外にも千葉のJR に苦手意識を持たざるを得なくなる様なケースがあったので、そこは恥を忍んでPart 2






当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

今でも受け入れ難い現実

これ、先日ワシクリの八甫で撮った画像である。 桃タキ というのはそれなりの回数撮っているが、何と金タキ(EH500牽引の石油列車)
この金タキになった列車の存在は判っていたが、実際に撮ってみると、この現実に対して受け入れ難さを禁じ得ない小生である。

kin36@hap01

中央線や高崎線でのブルサンタキでも短くて間抜けなケースは多々あるが、こんな程度のヤツやったらH 級になんか牽かせんなと思ってしまう。
去年の今頃はももちんこと EF210 の牽引だった。こんなスジまで金太郎の牽引になったのかというのが今でも信じられない。

寝たふりをする余地すら与えずに直流機達は出て行ったのだと…、それこそ関西や山陽辺りで幸せになればいいというものである

先月半ばのこの日は カシオペア紀行 の復路をメインに序という形で貨物も久し振りに撮ろうとワシクリに向かった。
貨物は折からの寒波による強風と大雪でダイヤは乱れまくって、カシオペア紀行の後に遅れたカモレ数本がなだれ込む形になったが、当然の如く金太郎ばっかり。
これではさすがに飽きる、それこそクマイチ(#901=試作機)でも来れば話は別だが…、 ガングロこと初期型 すら来ない。
午後も居残れたので、16時前に通過する E001系四季島 試運転を狙って14時頃から場所取りも兼ねてカメラを構えていたら、金タキがやって来たのである。因みにこの午後に撮れたカモレはこの1本のみ。

黒磯でのカマ換えが去年春に廃止され、黒磯以南に於いても、以北から直通するカモレはEH500 の牽引に変ってしまった。東北線での直流機の見せ場は宇都宮以南の石油関係若しくは配給でしかない。
その石油関係まで金太郎が奪っているのかと思うとやり切れない思いをしてしまうのは小生だけだろうか?


運が良ければ(この部分結構大事w)、ワシクリで午前中に金太郎に混じって ゼロロク からサメ PF ロクヨンももちんでも一気に纏めて撮れた時代が2~3年位前まではあったのだ。寝台特急2本と併せれば3時間程度で超々大漁だった事を小生でさえ数回は経験しているのだ。

そんな輝かしい時代もつい2~3年前というのに随分昔の事の様にすら思ってしまう。そんな思い出を掻き集めコンテナに詰込む位の事しか出来る事はなさそうで、カシオペア紀行の様なネタ列車を追ってワシクリやヒガハスに行ってもしらけた感じは拭えない。


pf2101@krky02

こんなのでも撮れればラッキーと思わなければならない、それが東北線の現実
(EF65-2101牽引の石油返空不定期列車、11時30分頃ワシクリ通過)



ヒガハスいうのに赤いカマばかり来るぅ~ 殆ど金太郎ワンマンショーで~す! Ah、Ah、Ah…
ワシクリいうのに赤いカマばかり来るぅ~ 終日しらけよう、ワンマンショーでぇ~! Ah、Ah、Ah…
※詠み人知らずwww(このネタ元が判るのは50前後又はそれ以上の世代か)







当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。 

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

DFA ☆ 70-200mm f2.8 を使ってみた件 Part 5

前記事に続いて京急の2回目。この日はJ-TREC 脇で2時間粘れて、この場所で起り易い被りも殆ど無く大漁に近い釣果になったので、2記事に分けた。

京急と言えば、やはりこの絵は絶対必須!



kq2149@jtc01

2100形という名の花形! 2149編成
2100形に限らず、この区間では快特だけが何故かやたら飛ばして来るからシャッタースピードを間違えない様に注意したい。デイタイムについては、快特エア急、普通の来る順番が決まっているので迷う事は無い。快特の場合1/1000秒、エア急と普通は1/640~1/800秒あれば良いと思われる。
快特だけがやたら飛ばすのは八景駅での追越が絡んでいるのか?
少なくともデイタイムでは退避する普通が約5分も止るので、やたら飛ばす必要も無く、エネルギーの無駄にしか見えないが。


阪急6300系が退いて7年、西鉄8000形も終焉が迫っている今、 京阪8000系 と共に2ドア無料特急車として貴重な存在になりつつある。

kq607@jtc01

600形はどこか地味だが、今の京急の車両デザインはここから始まった。この600形1000形(正統派)と同じ様に見えるが、横を見れば容易に区別が付く。サイドの窓の形状が違うからである。




ここからは終焉迫る車両達を取り上げる

kq822@jtc01

廃車が進行し数を着実に減らしつつある800形
既に半数以上が鬼籍に入ってしまったが、この1ヵ月後に823編成が太帯塗装にリヴァイヴァルされた。達磨と呼ばれるこの800形、実は2000形の様なデザインで登場する可能性もあったのである。
製造者である東急車輛が提案したデザインの一つに2000形風の左右非対称のものも有力候補としてあったらしいのだが、国鉄の見えない圧力に屈する形で見送られたというのである。


そのリヴェンジマッチ的作品が2000形という事になろうか、そして時を経て今や京急では左右非対称が大勢を占めている=2000・600・2100及び1000形1800を除く)

kq2041@jtc01

こちらは2000形2041編成レギュラー塗装
登場から35年目、関西ならまだまだ現役バリバリと言うところだが、ここは関東。4連車は既に消滅し、元々の車両数が少ないこともあり、800形より終焉が早くなりそうな模様
来月にも1000形8連が2編成導入との事で、代替されるのは間違いない。それまでに又何とか撮りに行きたいものである。



kq2011@jtc01

快特時代の太帯塗装を復活させた2011編成
2時間以上粘った最大の理由はコレ! ここに着いた直後に羽田に向ったのを目撃してしまい、再び下って来るのを撮るまで帰れなかったのである。

細帯より 普通に~ 太帯が好きぃ~  細帯より 普通に~ 太帯が好きぃ~

2000形快特運用での姿を一目でも再び見たいものである。(去年1度品川の踏切で撮ってはいるが)

かくして釣果も上々、最後に非常に良い仕上げが出来て事もあり、一寸した達成感を心にして高速代節約の為16号と1号をひた走り帰宅したのであった。

Part 6 へと続く!




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。 

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

DFA ☆ 70-200mm f2.8 を使ってみた件 Part 4

午前は相鉄を撮影し、この後は二俣川で車中食が出きる物を購入し、鶴ヶ峰から16号(BP でない方)に入り横須賀方向に向けて南下。移動時間に余裕はあるので、多少の混雑にはイラっとせずに済んだ。季節は10月半ば、16号を走って向かう所は大体お察しがお付きだろうか?
横浜市金沢区にあるあのカーブか車両工場脇のあそこかという話になろうが、ここで選択したのは後者。ターゲットは言うまでも無く京急
この場所も東急車輛がJR 東日本系列の総合車両製作所(J-TREC)に変った事で、この場所も神経を使わず撮影出来る様になったが、J-TREC 発足から間もなく5年になるのである。


ここは歩道が狭過ぎるので、大型クランプと雲台を使用してカメラをフェンスに固定して撮影せざるを得ない。今回は130mmあたりの焦点距離を使用しての撮影となったが、ボディはあくまでもK-3 なので理論上200mm弱の焦点距離となる。

先ずは1000形の作例からスタート!


kq1025@jtc01

1000形アルミ車=正統派1025編成SH 快特(高砂又は青砥始発

kq1049@jtc01

微妙にアングルの違うショットでSH 快特1049編成、こちらも正統派の8連

kq1437@jtc01

400番台=4連もダブルになってエア急運用に就く事がある。4連はラッシュ時の増結や普通運用が主なので、デイタイムの「重連」運用はなかなか撮れる機会が少なく、貴重なショットになる

kq1139@jtc01

こちらは ステンレス車 で気が進まないが、一応貼っておく。1319編成のエア急、6連車は全て ステンレス車

実は車庫で1800番台が1本寝ていて、残りの2本がエア急あたりで動いているのではという期待もあったが、結局この日は遭遇出来なかった。



ここからは1500形になる。

kq1561@jtc01

1561編成(前・1601編成)の普通浦賀行き。

kq1585@jtc01

1585編成(前・1637編成)エア急青い2100形(2133)と中途半端に被る。
このポイントはエア急快特の被りが起き易いが、この日の2時間で被りはこの1回だけだったというのは非常に幸運だった。酷い時は立て続けに被るからその日の運が物を言う。


kq1719@jtc01

1719編成=8連のA 快特(品川始発)。快特運用に入れる8連車は5本のみとなってしまった。1500形の中間T 車は1900番台を名乗っているので、「形」というより「系」と呼ぶ方が正しいと思えるが、ずっとガタガタ言ってきたので今更「系」とは言えないか。
大手私鉄で系列と言う言葉を使わずに形式で呼ぶのは、京成京急小田急東京都交通局西鉄であり、関西の御仁にはこの辺がなかなかご理解頂けない様でもある。



ここでの撮影は釣果がなかなか良かったので、Part 5 でこの続編を出したい。


当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。 

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ
livedoor プロフィール
ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ