Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う。 連綿と受け継がれる日本と大和民族を護ろう

カテゴリ: 鉄道

近畿日本鉄道、その路線網の殆どが完成していた1960年代当時、近鉄大阪線・奈良線のターミナルは上本町一択だった。
戦前の大阪電気軌道時代から難波乗り入れは悲願だったが、1922年・1932年の2回の許可申請も共に大阪市の市営モンロー主義に阻まれてきた。
そして戦後間もない1946年には、阪神と共同で鶴橋~難波~野田というルートで申請を出した。戦争で出た瓦礫を使って築堤で大阪の町を跨ぐ様に建設するという少々破天荒にも見えるものだった。しかしそれも敢え無く再び阻まれた。
戦後の大阪及びその周辺地域の発展と人口増加は凄まじく、難波延長の必要性はドンドン大きくなっていった。近鉄阪神相互乗入れの為に上本町~難波~千鳥橋というルートで免許申請がされた、その後その内容も数回にわたり変更され、高架は地下鉄方式に改められた。そういう紆余曲折を経て漸く都市交通審議会答申3号で盛り込まれ、1958年に運輸省の免許が交付された。
1922年の最初の申請からここまで36年の歳月を要したが、難波乗入れに向けて動き出すと共に、近鉄と阪神の相互乗入れも運命付けられたのかも知れない。


kt9727@nkda01

着工に漕ぎ付けるまでに7年の歳月を要し、着工は1965年10月となった。何よりもEXPO '70=大阪万博(Ⅰ)に間に合わせなければならない。工事には日本国内初という工法が幾つも盛り込まれた。その代表例が駅間の工事で採用された複線機械シールド工法であった。(駅部分は開削工法)
使われたシールドの部品はアメリカで制作された後神戸港経由で輸入され、上本町地下で組み立てられた。その機械は1969年4月15日には1日15m掘り進むという当時の世界記録を打ち立てた事もあった。掘った所に埋め込んで行く鉄筋コンクリートセグメントもこの路線用に新たに開発された物だった。日本橋~難波間では地質が悪く、地下水が大量に出たためそれを地上から抜くという「ディープウェル工法」が採られ、これも日本初の採用例となった。
そして、1969年12月28日にシールドが難波駅に到達、この時点で万博まで3ヶ月を切っていた。軌道工事も当時としては最新の方法で行って工期を1/3に短縮、架線もシンプルカテナリー式剛体架線がこのために開発された。
架線については特急を発着させる事もあり、通常の剛体架線では70㎞/h以上は出せなかった(当時)事もあり、「高速運転に耐え、断線しない経済的な架線」を開発する必要があったという事情もあった。

ktvasat@isash01

当時としては革新的とも呼べる技術を用いた難波線建設、この時代の関西では自動改札が産声を挙げた。まさに関西に力があった時代を象徴する話である。

斯くして、万博初日=1970年3月15日に難波線は開業を迎える事が出来た。ただその後はと言うと、難波線阪神なんば線と繋がり「運命」が現実になるまでは39年の歳月を要した。
今年3月15日で丁度50年になったという訳で、恰もそれを記念する号砲の如く80000系ひのとりがデビューした。


hs1258@hhan01

因みに難波線には1991年まで加算運賃が適用されていたのを覚えている方はどれだけいるだろうか?(現在は阪神なんば線に加算運賃が適用されている)



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神の象徴であり続けた赤胴車。優等列車用は赤胴車、普通用は青胴車それが阪神。ずっとそれが染みついている鉄道ファンは多い筈である。でも完全に過去のものとなった。8000系8239Fがリニューアルに入り2015年5月で本線からは赤胴車は姿を消して、武庫川線の7890・7990形(←3801・3901形)7861・7961形が残るのみだった。
1958年の3301・3501形登場から62年間走り続けた象徴が消えたのである。赤胴車の歴史は阪神電車の大型高性能化そのものである。(3301形は後にえちぜん鉄道MC2201形となる)


hs2211@nro01
(画像は2000系)

1996年登場の「震生車」9000系がステンレス車体で登場したが、それでも赤のガーニッシュを巻いていた。
その5年後の2001年、何と信じられない奴が登場した。そいつの名は9300系、究極の裏切り者とすら揶揄されたその出で立ちにはビックリだった。プレストオレンジ+シルキーベージュという完全は巨人カラー、しかも8000系もリニューアルで右へ倣え
赤胴を捨てた事を「阪神大震災の忌まわしい記憶を払拭し新しい時代の阪神電車をアピールする」とか言って説明していた様に記憶しているが、9300系と8000系はいつも批判の的となり虐められる運命になってしまったのである。
赤胴色を捨てる必要なんかあったのだろうか、捨てた挙句にあの色ではどういう事になるか想像力が欠如と批判されても当然ではないか。


そして2009年の阪神なんば線開業に合わせて登場した1000系は異常に安っぽいステンレス車体。
そこでガーニッシュはやや黄色っぽいヴィヴァーチェオレンジに変わったが、よく見ると末期色の匂いがしている。それが安っぽさを引き立てるのであった。


hs2215@kosn
(こちらも2000系で代用)
最後まで残り、2連で運行されていた7890・7990形7861・7961形が6月2日引退してしまった。2000系の時もそうだが、ラストランとして特別運行するとかそういうイベントは全くなし。
最終運行日すらコロナウィルスの感染拡大防止という名目で非公表だったが、それはあくまでも表向きでしかない。こっそり引退させて恰も最初からそんなのは存在してなかった如くふるまうのは今の阪神の体質だと思って良い。マスゴミや2ちゃんねラー達に叩かれるのがよっぽど怖いと見える。
3501・3561形はさよなら運転が1989年に行われたという記録がある)


武庫川線の車両は運行終了から11日後の13日には全て搬出されリサイクル工場に送られた。
7890号車はUR都市再生機構に譲渡され、団地のコミュニティスペースとして再利用される予定だという。
ただ、よくよく考えると不思議なのは、今まで武庫川線で優等列車用の車両を使っていたのかであり、本来ならジェットカーのお下がりでも良かったはずである。
現在も古いジェットカー(5000系)が残っているのにこの度わざわざ5500系を改造した持ってきたのか一寸解せない。


~今度行きつく先は末期色?~
プレストオレンジとシルキーベージュが一部の阪神ファンから攻撃されまくり、1000系と9000系リニューアルで末期色っぽく修正してしまった。
今後2020年代予想されるのは、1000系9000系9300系リニューアル、そして8000系置き換えであろう。今度は一部のタイガースファンに阿って、末期色路線に進んでしまわないか大変憂慮している


これについて阪神電鉄の答えは一つであると思われる、2020年代は赤胴色への回帰ではないだろうか。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

京浜急行の撮影地、駅間撮りとなるとその選択肢は意外と少ない。その大きな原因としては崖の間を縫っているような場所が多い事がある。これは上大岡以南では顕著で、そこそこでも開けた場所は少ないのである。京急と並行する国道16号現道を走っていても良く分かる。
だから一見開けていそうな場所でも実際に行ってみると断崖絶壁だらけである。崖やそこに張り付く様に建っている建物の影が落ちてきて撮れないというケースが多くなる。
三浦半島が抑々そういう地形なのである。逗子市池子での出来事だったが、今年2月5日に突発的な土砂崩れで巻き込まれた通学中の18歳のJK (LJK)が亡くなるという痛ましい出来事があった。小生も含めてフラットな所に住んでいる様な人間だと「そんな事起るんかいな?」と思ってしまうが、横浜の知人に訊くと「他人事とは言い切れない」という。
その土砂崩れ現場の映像を見ると、上に建っている集合住宅も相当ヤバそうで建物ごと落下しそうな感じに見えてさぶいぼだらけになりそうである。
実はこの現場も神武寺駅南東側でれっきとした京急沿線である。嘗て快特として活躍したデハ601号車が晒し者になっている逗子第一運動公園も近所である。



kq604@sugt01
600形604編成

京急本線は屏風浦~杉田間に撮影地があるという情報は以前から掴んでいたので、新しい撮影地開拓を狙って、先月末に足を運んでみた。杉田・新杉田の何れの駅からも比較的近い場所で、近隣にはコインパーキングもそれなりの数があるのでアクセスには苦労しない。
ここだって画面左側(西側)は一寸した断崖絶壁、背景も断崖絶壁というのは良く分かる。地図だけで見ると秋冬期の午後早めでバッチリという感じに見えるだろうが、実際の現場に行くと冬場は山影になってアウトなのは明白で、撮れる時期はかなり限られる。春先ならバレンタイン~春分、秋口なら秋分~10月末の辺りが目安で年間で70~80日程度しかないという事になる。


kq606@sugt01
600形606編成・この日は1時間程度で2133共々青い車両は撮れた)

この絵を見ても判る様に、2月下旬で午後2時前だというのに早々と崖の上の建物の影が落ちまくっている
つまり、崖の上にプチ天空の城が沢山存在している、それが京急沿線なのである。


京急にとって頭痛のタネになっているのは、横浜市南部及び横須賀市の人口減少である。この地域には首都圏でありながら限界集落が生れているのである。これは特に横須賀市では顕著になっている。
横須賀の人口流出は深刻で、地域減(人口減少)が全国市町村の中でもトップクラスで高齢化率(65歳以上の人口比率)も25%を超えている
一例を取ると、汐入地域では半数が65歳以上に達していて、有名なドブ板通りも閑散としていたりするのだという。空き家が8%に達している区域もあって、高齢化率が6割とかいう首都圏とは到底思えないような場所もあるのだという。
そこで同地区では増えた空き家を再利用してもらって若年層を中心に人口回復を図る試みが進んでいるという。


kq1655@sugt01
(厚化粧軍団も数本確保、画像は1635

そういう場所によくあるパターンとしては、断崖絶壁みたいな場所に宅地造成されている。そこではとんでもない急坂を毎日昇り降りする事を強いられる。道が悪すぎて車でアプローチ出来ない場所だってザラにある。戦後の高度成長期の住宅事情と大都市圏の人口増加を考えれば止むを得ない所もあっただろう。何でも東京に集中させてそこから各地域に分配するという国家運営のやり方自体がクソだったとしか言い様がない。土地は値上がりし続けるという土地神話を疑う者も非常に少なかった時代も80年代までは続いていた。
「東京から近い」「自然が豊か(Yeah !)」「海が見下ろせる絶景(Wow !)」とかいう売り文句で業者も開発しまくって売りつけたのは想像に難くない。それこそ「東京からこんな近くで天空の城に住める」なんていうセールストークもあったかも知れない。


kq823@nokds01
(京急にはこういう撮影地だってあるのである。800形823編成=2017年11月能見台付近)

地形があまりにも悪い所で、車ですら直接アプローチ出来ない様な場所でも家が売れた時代があったのだが、それだって亀岡の詐欺的マチュピチュ軍団に比べればまだマシと言える。
それでも建物は老朽化し住人も老朽化して不便もこれ以上我慢出来なくなって山を下りる。山を下りられずくたばる連中も続出、てなわけで空き家が増える。
限界集落だかマチュピチュの出来損ないか将又天空の城だか何だか良く分からない様な光景がドンドンあちこちに広がりつつある。

海沿いの断崖絶壁に張り付く街並みなんていうと、坂の町として有名な尾道がある。千光寺エリアを中心にレンガ道・猫の細道・浄土寺山展望台等々の名所が狭い所にギュッと詰まっている。
これに対して三浦半島の山中では尾道みたいに風情も無く絵にもならないし、付加価値も大して付かないのが何とも不思議である。こんな場所が抑々どんなに頑張っても「関東の尾道」にはなれるわけも無く、マチュピチュを目指そうにも「自称北摂」「自称茨木」の詐欺集団程のインパクトも無くて中途半端になるのは目に見えている。
(所謂「尾道三部作」を造られた大林宣彦氏が今月10日に逝去、享年82。尾道三部作=転校生・時をかける少女・さびしんぼう)


同じ神奈川県内では東急田園都市線も嘗ての金妻は金婆になり果てて高齢化率が40%に達した場所もある。そこで東急は沿線住宅地の再編再開発を進めている、その一環が南町田という訳である。住宅地が住宅地になるだけで、オフィスは殆ど作らない。遠距離通勤地獄を作り出して不動産と2重で儲けるのが鉄道会社だが、コロナウィルス問題で其の風向きも少しは変わるとしたら皮肉なものである。

プチ天空の城、実は神奈川県では彼方此方にある。R246・東名・田園都市線周辺、東海道線の戸塚保土谷エリア・相鉄沿線なんかがだと結構簡単に見つかったりする。こういう所も高齢化が進んで近い将来のマチュピチュ候補だったりもする。短期間で集中的に開発するのは効率的に見えるが、中長期的には合理性を欠いてしまう「効率的非合理性」とでも呼べるだろうか?。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のダイヤ改正、コロナウィルス問題ですっかり影が薄くなった。そんな中で700系引退興行が幻に終わったりとか色々あったが、意外と話題になったのはあずさ2号消滅という話であった。
これはあずさとかいじの列車番号が別々だったのを通しに統合した事で起きた事象である。


e353s104@tthc01
(現在の中央東線特急は全てコレ)

「あずさ2号」といえば、愛知県出身の兄弟デュオ「狩人」の有名曲。小生の世代は当然知っているが(当時小学校低学年)、今の若い世代には知らないという人が当然多かろう。1977年のレコード大賞新人賞までもたらしたこのヒットが却ってこの兄弟の苦難の元になった、この曲のインパクトが大き過ぎて他の曲にスポットが当たらなかったのである。兄弟間で確執を抱えたと言われ2007年に解散、2012年に再結成して現在に至っている。
この曲の歌詞を見ると一寸変だと思わないだろうか、「新宿から長野方面に旅立つ話なのになんで乗るのが上り列車やねん?」
この曲が国鉄に翻弄された悲劇を示している。何某何号というのは下り=1・3・5…という具合に奇数を割り当てる。上り=2・4・6…という様に偶数を割り当てるというのが常識である。小生も昔からそうだという思い込みがあった。


e257m101@tthc01
(あずさ2号を担っていたのはE257系、画像はM101編成)

この曲がヒットしたのは1977年、これがミソ。今の様な列車愛称番号の割り当ては所謂ゴーサントオ=1978年10月2日からであったのだ。それまでは、在来線の場合は上り・下りはそれぞれ別々に時間に早い順に1号・2号・3号…という風に附番したので上り1号・下り1号・上り2号・下り2号…という風になっていた。一方、新幹線では下り奇数・上り偶数で一貫していたのだが、ゴーサントオではこれを在来線にも適用して、在来線の列車愛称番号も下り奇数・上り偶数で統一し、下りのあずさ2号は消滅したのである。あずさ2号がリリースされたのは1977年3月、その時は正しかったのに僅か1年半ほどで間違いにされたのだった。
特急何某何号という様な列車愛称番号がスタートしたのはあのレジェンダリーなヨンサントオ(1968年10月)だったので、そんなに長い歴史があったわけでもないのだった。


2002年2月2日には「なつかしのあずさ2号」が下り列車として運転された。列車名そのものをあずさ2号とすることで下りで運行できたという訳なのだが、8時丁度新宿駅発にはスーパーあずさ3号が入っていたので、8時2分発新宿発となった。使用車両は勿論183/189系だった。

183m31@sam01
(あずさとしても走った183系あずさ色 2012年頃ワシクリにて)

新宿発のあずさ2号は消滅してからもあずさ2号という列車自体は言うまでも無く走り続けていた。甲府始発の通勤特急みたいな列車として走り続けて、2004年からは松本始発に変わり、2016年から大月停車を開始した関係で大月では「8時丁度のあずさ2号」が復活した。しかし2019年からこの列車は大月通過となって「8時丁度のあずさ2号」ではなくなり、この度の改正であずさ・かいじで附番を統合したために、あずさは「2号」をかいじに譲る形となってあずさ2号という列車自体が消えたのであった。


ここからは雑談形式で…

昔、ひょうきん族で(西川)のりお師匠と(ぼんち)おさむ師匠があずさ2号をパロディしたら、鉄道ファンと国鉄から猛抗議の嵐だったというのは有名な話

それテレビで観てたけど、あれ自体大してオモロなかったと思うで…(年バレる

鉄道ファンってストイック過ぎて洒落も通じない奴等が昔から多かったから…(白目)


1977年当時は下り2号=8:00新宿始発・上り2号=8:00松本始発で揃っていた。ただ、下り2号は松本ではなく白馬が終着だった。

SUPER BELL'Zがアンサーソングとして出したのはあずさならぬ、かいじ101号

愛知の人間なら何で「しなの2号」にせんかったんか?
1977年当時なら名古屋8時丁度のしなの(下り)2号はあったはず。


名古屋を舞台に歌っても仕方ないやろ! コミックソング違うねんから!

ヒロインも名古屋。恋人も名古屋、「あなたの知らない相手」も名古屋、都会の隅であなたを待ったのに季節に取り残された、でもその都会が名古屋?、えっ? それ話にならんカス!

私にとってあなたは今もまぶしい一つの青春、でもそれが名古屋だといったとたんに草過ぎやんか

ここで寄って集って名古屋ディスって虐めて何が楽しいか?


狩人=加藤兄弟は名古屋ではなく岡崎の出身。兄弟といっても不仲で衝突が絶えなかったのはガチな話。

兄弟姉妹でも水と油なのは良くある話。兄弟姉妹で仲良くせないかんという決まりはないからそれでもOK

狩人、実はデビューしてから1年間はレッツゴーヤングのサンデーズの一員で、その後の1年間は番組のMC だった。因みに同期としては高田みづえ、清水由貴子、榊原郁恵、清水健太郎、太川陽介等がいる。

同期の太川陽介が今は路線バスハンターってわけか

わ、レッツヤン! サンデーズ! なつい! よう観てたわ!
最終回は1986年4月13日という非常に中途半端で変な時期。その最終回も非常に唐突な感じがしたのも覚えてる。


立花孝志さんが入社した途端にレッツゴーヤング終了になったという訳か…



明日老害旅に出します~、暴走老害2人纏めて~、とっくの昔に逝ってるはずの~、三途の川と地獄路へ~
忌の際でも思い出せぇや、テメェやらかした老害公害~、そのプリウスが上級市民をテロリストにしたとでも言うんかい?
老害は何時まで経ってもくたばりそうにありません~、ミサイル爺はコロナウィルスと同じ位の疫病なんですぅ~
8時丁度の~、プリウス2号でぇ~、ミサイル野郎はこの世から~、旅立たせ~ますぅ~!


老害の隅で閻魔様待って、そして耄碌に取り残された~
そんな気持ちの中の焦りが~、ミサイルやらせたとでも云うんでしょうか?
老害は何時まで経ってもくたばりそうにありません~、未来ある人終わらす事しか出来ない爺は殺処分一択!
8時丁度の~、プリウス2号でぇ~、耄碌ミサイルこの世から~、旅立たせ~ますぅ~!


老害は何時まで経ってもくたばりそうにありません~、未来ある人強制終了ジジイ一族纏めて根絶やしでエエ~
8時丁度の~、プリウス2号でぇ~、ミサイル爺はこの世から~、旅立たせ~ますぅ~!


以上、プリウス2号=詠み人知らず

プリウス2号って何だよそれ?、でもそのこじつけ凄すぎて草
これなら「ハイエース2号」でもOK か?


あれがミサイル、これがミサイルって言い出したら切り無くなるでぇ~

路上はミサイルにあふれてる 世界は疫病にあふれてる

アホな事言うてる暇があったら、人工呼吸器は若い人優先や!、未来ある人優先や! エエか、分かったか!

中国で新型コロナウィルス新規感染者5日連続ゼロ→どー見てもウソやろ
陽性っぽいヤツは見つけ次第その場で焼き殺してるん違うか…、中国の事やし(白目)




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年のデビューから21年、700系C 編成JR 東海所属車が引退となったのは御存じだろうが、これに合わせてラストランとしての特別運行が行われる…、筈だった。
そのラストランとして用意されたのはありがとう東海道新幹線700系のぞみ号と銘打たれた3月8日・のぞみ315号(=東京9:47→新大阪12:20)だった。おまけにご丁寧にも東京・新大阪両駅では引退式典、更に途中停車駅では駅員によるお見送りまで予定されていた。
しかし、中国からの細菌兵器のせいでその企画はお陀仏


700c32@magm01

700系と雖も新幹線の一時代を築いた重要な存在だった。JR 東海にとっては自分たちが主導して作り上げたキラーコンテンツみたいな物で、最近では日陰の存在になっていたとは言っても非常にアイコニックな存在だったのは間違いない。2003年の東海道新幹線・品川駅開業、2005年の愛知万博という事があった時期に主力として活躍し、AMBITIOUS JAPAN!というロゴを約2年間先頭車のサイドに描いていて、Ambitious Japan !=700系のテーマという認識があったのも隔世の感がある。
(その時から今でも使われているJR 東海車のチャイムが「ハ~ゲ~隠し~」と聞えるのは空耳だろうか?


現在、嘗ての葛西体制からある程度の方向修正を図っている様に見える同社に於いては、2012年3月の300系引退以来8年ぶりの「最後の花道」という事でそれなりに気合を入れて構えていたとも推測される。
300系が初代のぞみとして東海道新幹線のあり様をガラッと変えたのに対して、700系はどこかインパクトが薄かった。当時はJR 西日本500系をのぞみで走らせていて山陽新幹線で300㎞/hでの営業運転を行っていた。
700系の開発がなされていた時代は95年の阪神大震災の影響が残ってシェアを落としていた所に航空会社が各種サービスを取り入れて一大攻勢を仕掛けていたという時期。そこに金融機関の相次ぐ破綻等やアジア通貨危機といった事象が重なった結果、JR 東海西日本共々コスト削減を優先させ尚且つ使いやすい車両を開発せねばならなかったと考えられる。


そこで、16両当りの価格を40億円に抑えてスペック面でも最高速度285㎞/hに落とした何しか妥協の産物みたいな700系が登場してしまったのである。700系はどこか安い匂いが感じられて、乗っていて楽しくない部分があった。
この妥協の産物が走り出してから世紀が変わりやがて主役の座を占める頃、あの「9.11」で航空業界はそれまでの攻勢から一転大ピンチになり、更に品川に新幹線の駅が登場すると新幹線は逆に窮地から一転。東京~大阪は言うに及ばず、東京~岡山でも優位に立ち、東京~広島でも50%程度のシェアを取るまでになった。
考えてみたら、これは何とも皮肉なものである。


何といってもあのカモノハシと呼ばれた楔形+翼型というエアロウィング形状は特徴的で、後にN700系のエアロダブルウィングのノーズ形状の基礎となった。サイドの塗装でも帯の位置関係が300系とは逆になっているが、これもN700系Sまで受け継がれる。それから車両間を繋ぐ様に入れたダンパがほぼ丸見えというのも700系の特徴である。(500系N700系では付け根は隠されている)
N700系以降、内装や機器配置は東海車と西日本車の間で統一されているが、700系では色々と違いがあったのは興味深い。B編成の方がC編成よりシックな内装だったが、C編成の内装は本当に安っぽい所を前面に出していた


700系C編成はこれで終焉となり、3編成残っているB編成も定期運用を失う。だが、山陽新幹線内での臨時運用の可能性は残されている。E編成7000番台Rail Star はこれからもほぼ今迄通りの運用が続くから700系新幹線電車自体が消滅するわけではない。

700系C編成ラストランが行われていれば、停車駅を中心に鉄ヲタとマスコミ各社が入り乱れて激バは必至、それこそ300系の時の様に泣く奴まで出て来る可能性は高かった。
セレモニーも宣伝も無く呆気なく消えた名車達も多いのも事実、今回の700系の件についてはファンや利用者を蔑ろにし続けた老害・葛西敞之の行いの悪さに対する報いが来たという事ならそれはそれで草生える


運行がキャンセルになったため、普通は特急券の払い戻しがあるだけだが、払い戻しを受けない場合は特急券と引き換えにグッズをプレゼントするという事になっている。因みに東京~新大阪での普通車指定席の料金は5900円程、これに見合う様なグッズなんてあの会社が出すようには思えないが。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ