Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

鉄道

メモリーズ 特急・北越 Part 2 ~485系 生誕50年~

2014年5月末の遠征 2日目、この日こそは 7時の 北 越 通過に間に合わせなければならない。高岡なんて夜遊び出来る所は殆ど無い事が幸いして前日はやや早めに寝て、起床は何と5時40分、6時半にチェックアウトという強行軍!
夏場は朝時と午後遅めの時間がチャンスになるから、こういう事にならざるを得ない。それこそ安くは無い遠征費をかけてやるのだから、それなりの釣果はしっかり挙げなければならない。


・・・てなわけで、前日撮り逃した7時の 北越1号 に間に合わせるべくホテルから車を飛ばした。

hkets004

7 時数分前に現場に入れたので、何とか間に合った、が・・・
手前に黄色い変なものが・・・、線路に入ってはいけませんというこのエリアでは何故かよく見る看板
先客もいたので前日とは架線 1スパン分立位置を変えざるを得なかった事が原因だったと記憶している。
これだけではさすがに淋しいので他の作例も載せてみる


510511@tak01

2014年時点で富山のカマになっていたEF510 - 511 、移籍して間もなくだったのでまだ見られる姿だった。嘗ては常磐線等での貨物牽引もあったのだが、寝台特急牽引機での姿を見てきた小生からするとどこと無く違和感がある。

683r13@tak01

ヨンダー(4000番台 T 編成=奥側 9両)と R 編成(手前 3両)での惨ダーバード大阪行き。威風堂々の12連と言いたい所だが、基本的にヨンダーなので感銘が薄い。

475系・413系は既に取り上げていて、 はくたか しらさぎ EF81 は別途フィーチャーするので原則的には割愛する。

この後9時台に入って西高岡よりに進んだ場所のストレイトでの作例

683s05@tak01

289系の前身である683系2000番台8連の しらさぎ
これで撮影時刻は9時半位である、絵から見ても判ると思われるが光線がかなり高くなってしまっている。
今や683系2000番台も289系に改造されてその佇まいも変ってしまっている。


521g26@tak01

2014年の時点で普通列車の主力は 521系 が占めていた。この様な4連ならまだ絵になるが、2連だと悲惨である。それにしてもこの出で立ち、北陸の田園風景では違和感を振りまいてしまうのが否めない。

10時まで粘って切り上げて、昼時は使えないので、その間は車を飛ばして風呂屋に行ったり、新湊の辺りで時間を潰した。撮影地以外の場所も見ておくというのは大事な事である。

14時半に撮影地に戻った。 北 越 に関していえば、前日の撮影で13時半の4号金沢行きも14時頃の5号新潟行きもイイ感じで撮れないのが判ったのでパスして14時半過ぎのはくたかから始めようとなったのである。

683yonder@tak01

ストレート区間での作例として、ヨンダー


51006@tak01

前回に続いて登場のレッドサンダー、初日朝の20号機に続いてこの日は 6号機に遭遇。
ロケポイントの移動は前日と一緒で、16時前を目安にストレートからカーブに移動。

hkets005

2日連続で T12 編成 に巡り会った。 上沼垂色 ではあるが電気釜フェイスを含めてこの形こそ、The 485系 、The 国鉄特急車 なのである!
この T12 編成 はこの翌月に廃車になってしまったので、最後の雄姿を見届ける形になってしまった。


このカーブの他の作例として・・・

6832000@tak01

ヨンダー、ではなく683系2000番台 しらさぎ =5+3+3で11連
この時代は しらさぎ サンダーバード はくたか では編成の向きが逆だったのが懐かしい。北陸新幹線開業前夜に方向転換の為の回送を行ったのは記憶に新しい。(サンダーバード はくたか 用車)


この時の遠征では同じ所で撮る事になってしまった。朝方はこの絵のバックに見える道路橋の直ぐ近くから狙い、9時頃はこのカーブを抜けた先に移動。昼時を挟んで、午後は道路橋の更に奥に陣取り、最後はこのカーブというルーティンになってしまった。

本当はもう 1日欲しかった。次の日まで富山にいられれば、最後に黒部まで足を伸ばして札幌行きの トワエク でフィニッシュするという超理想的展開も可能だったが、仕事の関係で叶わず、大変悔しい。
ヨンダーなんか撮るくらいなら、城端線と掛け持ち出来たかも知れない。これは勿体無かったと思う反面、毎時1本やってくる はくたか を確実に捉えるという事が最大のミッションだったので仕方が無かったと考える。

高岡といえば城端線氷見線万葉線が存在し、この 3つは積み残した課題として丸侭残った。 城端線沿線には三郎丸蒸留所(若鶴酒造)もあるので、これともセットで1回分の遠征ネタにはなるか?


その後、時は9月末に移る

~常に地味な脇役として45年~
1969年、大阪~新潟間の臨時列車として産声を挙げた。その後定期列車に昇格するも、 雷 鳥 白 鳥 というメジャーな列車と被っていて、その補完というポジションから抜け出せない感があった。JR 民営化後は旧・かがやきと被った挙句、一部列車が区間特急状態になる時代もあった。
その後1997年の北越急行開業に伴い旧・かがやきは廃止への道を辿ったが、681系で復活した はくたか と直江津以西で被り、脇役の地位に甘んじ続けた。1日5往復と本数も決して多い方とは言えず、それが 485系
の運用として残り続けた大きな原因と考えられるが、それ故に 485系最後の砦 という事で注目を俄かに集めたのは皮肉とも言えるであろう。



今回の 北 越 に捧ぐ一曲だが・・・、Vandenberg(ファンデンバーグ)が1983年に放った名曲 " Different Worlds " を選ぶ事にした。
この Vandenberg というバンドだが、本拠がオランダであり活動時期が5年程と短かった。商業的にも余り成功したとは言えず、ハードロックファンの間でもマニアックな名前だった。この曲は彼らの2nd アルバム " Heading for a Storm " に収録されたもので、80~90年代に多かった所謂パワーバラードの類に入る。
中心だった Adrien Vandenberg(エイドリアン・ファンデンバーグ)は Whitesnake (ホワイトスネイク)に加入する事となり1987年に自身のバンドを解散した。


これがどの様な曲かを御存知ない方が圧倒的多数なのは間違いないが、こちらのようつべでもご参照頂きたい。

Things weren’t so natural in the beginning We just let our hearts beat, this was love
We lived from one day to another, the difference didn’t bother us at all
Then the day came, you took me home to your place
I still can see them stare at my face, oh…


We should not be apart, just listen to your heart
Different worlds keep us apart


Then, from that day on, thing were changing I could feel love slipping through my hands
You started listening to their talking Suddenly one morning, you were gone
We shouldn’t have lost, though we’re from different worlds
But you should let love show you the way instead of them


We should not be apart, just listen to your heart
Different worlds keep us apart

We should not be apart, just listen to your heart
Different worlds keep us apart


関連記事=The Legendary Super Star 475系国鉄急行型車体 Part 1 Part 2 

今回はこんな所で、Part 3 に続く!




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

メモリーズ 特急・北越 Part 1 ~485系生誕 50年~

この話をアップ出来るタイミングを計っていて、そんなこんなで月日が経ってしまった。そんな中、今年は国民的特急車 485系 生誕50周年となり、しかも伝説の「ヨン・サン・トウ」改正(1968=昭和43年10月)からも今月で丁度50年。アップするにはある意味で絶好のチャンス到来ともなった。

北陸本線が特急街道として輝く最期の姿を撮るために富山に足を運んだのは 2回、2014年の 5月と 9月だったが、それからもう4年も経ってしまった。
メインターゲットはあくまでも はくたか であったが、 北 越 475系413系トワエク、更には富山のパーイチサブターゲット達も豪華だった。


夜行バスで富山に着いたのは朝5時半位だった。その後富山駅で475系等を撮りながら高岡へ向う列車を待ち、朝6時過ぎのサンダーバードで高岡に向った。
駅前のレンタカーは8時からなので、タクシーで24時間営業のレンタカー屋(カラオケ屋とセットで不便な所にあるアレ)に行って、36時間使用する内容で車を借りた。


選んだ場所は高岡~西高岡間、高岡市和田という所にあるスポット。線路の向きは凡そ 1 to 7 なので夏場の早朝は北東方向に向う列車を狙うことになる。午前7時頃の 北越1号 新潟行きから狙えればと思って段取りした筈なのだが・・・よくある事ではあるが、レンタカーの手続きに手間取った為に間に合わなかった。
(ネットで予約しておいたのに、その場で書かされる書類が多かったりして使い勝手が悪い。)

現在ならこの近くに高岡やぶなみ駅(あいの風とやま鉄道)が存在するが、その開業は2018年3月。これがあと4年だけ早く出来ていればと思うと悔しい。
(もしその時やぶなみ駅があればそこから徒歩で行く事も可能だったであろうが・・・)


そんな 1日目の朝はそれでもまぁ、こんな辺りは撮れたのである。


475a25@tak01

475系3連アイボリー+ブルーの北陸色がダブル、2014年でも朝方にはこんな運用が残っていたのである

475a24@tak01

475系3連ダブルには変わりないが、こちらは混色

twiex@tak01

栄光の神列車だった Twilight Express 大阪行き、光線状態の関係上後追いになってしまった。モデル撮影記シリーズでは何回も登場するが、実を言うと小生がこの列車を捕らえたのは残念ながら僅かな回数でしかない

51020@tak01

7時過ぎのパーイチは逃してしまったが、9時前のレッドサンダーは撮れた。「正調」のEF510 は初撮影でこれも感動だった。

ここからもう少し西高岡寄りに移動して9時台の撮影をして、午前の部はここで終了。北越は3時間おきにしか来ないので1本逃すと本当に痛い。
その後は風呂に入り必要な物資調達も行って、13時30分から午後の部開始と相成った


hkets001

開始1発目が金沢行・ 北越4号=R28 編成 だったが、光線状態に無理があった。5月の末でこの時間だと、如何せん陽が高すぎるのに加えて方位角的もサイドまでちゃんと回らない状態だった。
苦労するのがアングル作り、厭な所に中途半端に障害物があったりしてなかなか苦しい展開だった。


hkets002

14時過ぎ頃に今度は新潟行きの 5号=R22 がやってきた。14時を過ぎて光線状態の方も少しマシになったが、まだまだ陽が高いからイイ感じにはならない。

結局、15時半過ぎまでこのストレートで粘り、その後は急いで少しだけ西高岡寄りのカーブ(結構有名だった!)に移動。


hkets003

金沢行きの 6号 としてやってきたのは T12 編成 、顔面整形していない奴と言った方が良いか? 上沼垂色 なのが玉に傷かも知れない。それこそ 国鉄特急色 だったらもうウルトラ感涙モノなのだが、この世はそこまで甘くない。
2014年5月末の時点で、 T 編成 4本と首都圏対応 K 編成の2本が残存していたが、 T 編成 の廃車が進行していた時期であった。

この絵はフルサイズなら330mm相当(理論上)になってしまうので、APSC 得意の芸当炸裂である。APSC の何処が悪い?充分に使い様はあるのだ

北陸地域での本格的撮り鉄はこの日が初だったが、18時近くまで粘ってこの日は終了。
宿泊は勿論高岡市内だったが、夕方だというのに高岡市の中心部は歩く人間の数も少なくとても寂れた印象だった。中小の地方都市の現実というものを改めて思い知った気がした小生だった。



この 北 越 のみならず、日本海を駆け抜けた 485系 、大正義特急街道を築いた北陸本線に捧げる今回の一曲としてセレクトしたのは、西城秀樹氏が1976年の末に放った美曲である「ラストシーン
「ジャガー」・「若き獅子たちよ」という謂わば「猫二部作」に続いてのシングルだった。
この曲自体は凄い大ヒットという訳ではなく、同氏の数あるヒット曲の中でもどちらかというと地味な部類に入るが、美曲と呼ぶに相応しいものでファンからの評価も高いという。
当時の画像映像を振り返ると、西城氏が当時 21歳だったというのに今更ながら驚いてしまう。兎に角今時の21歳とは随分かけ離れた印象である。蛇足だが、彼と同い年の江川卓氏、掛布雅之氏、達川光男氏、内藤剛志氏、明石屋さんま氏、ビル・ゲイツ氏も当時は 21歳だった事になる。


これがどの様な曲だったかはこちらなんかがようつべに上がっているので、ご参照頂きたい

何年でも待つよと言ったら 貴女は寂しく微笑みながら
そんな事をしたら 不幸になるわ 忘れた方が良いと言う


有難う、幸せだったわ 一緒に歩けなくって御免なさい
暖かい春の日差しの中で 熱がある様に僕は震えていた


もう恋などしないと言ったら あなたは馬鹿ねと呟きながら
そんな事言って困らせないで 無邪気な方が良いと言う


有難う、幸せだったわ 出来ればもっと早く 逢いたかった
賑やかな街の通りの中で 夢を見た様に僕は泣いていた


賑やかな街の通りの中で 夢を見た様に僕は泣いていた


今更ながらに小生は後悔する。出来ればもっともっと早く逢っておくべきだった、北陸本線の栄光ある姿に・・・
そして Part 2 へと続く!





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

[ 悲報 ] リゾートエクスプレスゆう、ひっそりと終焉してしまう

485系改造車(紙の上ではだが)リゾートエクスプレスゆうが 5日、長野に廃車回送されてしまった。
ここ数年で廃車が相次いでいるJR 東日本のジョイフルトレイン、ゆうの場合は引退記念ツアーやラストランもやる事なく唐突な感のある廃車回送となり、実に寂しい終焉だった。


485k30@hghs01
2013年10月 ヒガハスにて撮影

この車両は 485系 の仲間とされているが、6両の内4両の種車は 189系 183系 と485系を種車とするものが1両ずつ。 183 / 189系 485系 の走行機器の混成部隊となったので 485系 に組み入れられた。ただし、上物は東急車輛での新造品であった。
2016年にJR 東日本が国鉄形車両の部品のメンテナンスを打ち切ってから、 485系 583系 183 / 189系 、更にはそれらの派生車両も次々と廃車になっている。ジョイフルトレインでも ニューなのはな 彩(いろどり)NO-DO-KAが既に廃車、この度ゆうが廃車される事で残りは やまどり きらきらうえつ ジパング となった。


このゆうが東京周辺まで来る事も必ずしも多いとはいえなかった、良好な光線状態が期待出来るという条件が付くと更に少なかったかも知れない。よって撮った回数も本当に限られたものだったのが惜しまれる。

国鉄民営化から30年が既に過ぎて、国鉄形車両の部品メンテナンスすら打ち切らざるを得なかったのかも知れないが、引退の噂が出ていたが生き残り、その中でゆうが終焉というのは裏を掻かれたというのが率直な感想で、その上ラストランも行われないという一種の異常事態に驚きを隠せない。ニューなのはなの結構盛大な引退興行と比べると対照的ではある。
登場時には「売り」の筈だったイベントカーの存在も今や使えない車になった可能性は高く、現在は団臨自体のニーズを掘り起こす事も困難で、嘗ては人気だった御座敷も時代遅れになった感もある。


485系勝田車の括りでいうと、K60・K40編成廃車の際も引退興行の類はなかった筈である。ひっそりと野辺の送りを粛々と行うのが水戸支社スタイルというポリシーなのであろうか?水戸支社も引退興行で最後の一稼ぎという事を考えるべきだったのではないか?
単に水戸支社の頭が悪いだけなのか、これが本質的に茨城クオリティというものなのかは判然としないが。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

悪評高き?神戸高速、気付いたら丁度50歳になっていた。

神戸高速鉄道 2路線=東西線・南北線が開業したのは1968年4月7日、この春に開業50年の節目をしれっと迎えていたのであった。知っての通り神戸高速自体が設備だけを保有する、今でいう第3種鉄道事業者の先駆けであったが、地下区間しかない事もあってそれが故に「トンネル会社」と揶揄された事もあった。

会社設立は1958年10月で、来月で丁度還暦となる。神戸市は市電(軌道)の鉄道への転換を望んでいて、阪急を始めとする各社は神戸市中心部への乗入を狙っていた。各方面からのこういった思惑が合致して所謂「第3セクター」として神戸高速は設立されたが、実際の営業開始まで10年の歳月を要してしまったのであった。

2006年10月に阪急阪神東宝グループ(以下HHTG と略)が結成されると、持分法規定により同グループ入りしたが、阪急阪神HD・阪急・阪神・山陽で株式保有比率の調整を行い、HHTG から一旦は外れた。しかし2009年4月1日に神戸市が保有していた株式を阪急阪神HD が取得したので、HHTG に戻ってしまった。

近年は運行管理・駅運営等の業務を阪神電鉄直営という形にしてしまった為、神戸高速鉄道の従業員は現在 5名のみである。
神戸高速といえば何時まで経っても絶えないのがその悪評。例えば、阪神梅田から直特に乗って姫路に向うとしても、阪神+山陽に加えて神戸高速の運賃までトリプルで合算されて非常に割高、その上神戸高速内は飛ばせないのでチンタラする。これではさしもの直特も新快速の補完にすらなれない。
如何考えても「高速とは名ばかりの役立たず」の汚名は返上出来る・・・、訳がない



hk7019@yodg01
阪急7000系 7019F 2017年11月・中津駅付近

hs8240@kasmg01
阪神8000系 8239F 2017年8月・霞ヶ丘駅付近


sy5633@iho01
山陽電鉄5030系5032F 2013年7月・伊保駅付近

kbd1108@nag01
神戸電鉄1000系 1108・1104F 2016年11月・長田駅付近

(以下、ざつだん的形式)

そういえばスタンプラリーみたいなもんやってた様な気するわ。

記念乗車券とか記念グッズも売ってたで

記念ウォークは2回もやったんやで

そもそもあまり話題になってなかったの違う?

元々期待感は無かったけど、トンネル会社にしては良くやった方でしょ

50年経っても黒字化していないのは草
こういう場合、乗り入れてくる会社から線路使用料を徴収して経営資金に充てるのに、2010年9月までそれをしなかったって、何考えてんねんこの会社。


3セクやったから国の補助金が降りて、それでやって行けていたからセーフ

それでも単年度での赤字解消は2021年には叶う見込みらしいで。
ちな、累積債務解消は2049年を見込んでおります。


2049年って・・・、呑気過ぎでも生えない

3年前に資本金を20億からいきなり1億に減資したけど、そんなの潰れる寸前の会社がやる事違うか?

神戸高速は高いというのは本当は嘘! 三宮から西代まで使っても150円、初乗りも130円。大阪メトロや都営地下鉄辺りより寧ろ安い!

その所でガンなのは山陽神鉄

姫路~三宮で比較すると、JR と山陽+神戸高速で運賃は殆ど一緒。ただ、所要時間で20分もの差がある。

何で山陽は高いってイメージ?

比較的短い距離の運賃が何しかゴッツ高い!

山陽も神鉄も準大手と思うから、高いといって腹立つ。所詮単なる地方私鉄と思えば、諦めも付くってもんやろ(白目)


「音楽のまち・かわさき」にこそ神戸高速が要る思う!
いさご、MUZA、銀座街、駅周辺のイベント主催者同士が仲悪い。そこで、神戸高速スタイルの「第 4 極」登場という訳や!
現場の運営をする所がそれぞれに枠の配分をして、あとは勝手に「乗り入れて」もらうという事や。3 者が片乗入をするという形で出演者の決定は乗り入れる各主催者が決める、これでどうや。

草加のミュージックレインボーあるから要らんやろ!

そこは結果的にはという話や

草加は関係ない! 丸っきり別や! 川崎にそういうのが無いとアカンいう事や!




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

[ 急募 ] 白い悪魔ちゃんの引き取り手

バブル終焉と共に登場し「 白い悪魔 」と呼ばれ親しまれてきた東京都交通局5300形電車、一気に終焉が迫ってきた。
今年夏以降5500形の増備がペースアップして第5編成までが既に就役、5300形は5301~5305F までが運用離脱し京急ファインテックで廃車解体中である。車齢は既に解体された1次車でも28年に過ぎず、最終増備の5327F では21年である。
この白い悪魔ちゃんの引き取り手が現れてもおかしくはないとも考えられるのだが・・・。


(これ以下はざつだん形式で)

bttm5326@nkgw01
(5326F 2011年1月 青砥~高砂間にて)

阪神にでもやったらエエやろか? オレンジ潰せと総会で騒ぐ一部の阪神ファンも取敢えずは納得するかも知れん。

残念やな、それは出来へん話なんやで! 阪神阪急京阪山陽全部アカン! 長さが足らん! 関西のこの 4社は18m違うねん、19m車体やねんで。

正確に言えや! 18m90cmやで!
京成・都営・京急は18mやから1両で約90cm、6両で540cm、8両なら720cmもずれてしまうから話にならん。



都営浅草線は標準軌、琴電なら下回り換えんでも使える。京急2000形引き取らない言うなら、せめてこの悪魔ちゃんは採ってほ C ンゴねぇ

京急2000形は関係ないやろ!

VFD で当然回生制動はデフォ、地方では使えないやろ。地方私鉄なんて変電所の容量小さいから、そこから上げて行かないと電流過多が起きる可能性大。
平成生れの電車は地方では使い辛かったりする。各所の部品がアッセンブリーになっている事も多いから。


京阪3000系(Ⅰ)なんて、 富山地鉄 で走っててしかも主力やで。京阪時代の年数より 富山地鉄10030形 としての年数が既に上回っている。
営団3000系の下回り+ 京阪初代3000系 の上物、上下とも上手い具合に3000で揃ったのでお後が宜しかった


富山とかに送るなら狭軌用の下回りは何処から持って来い言うねん?

その点は困りはしないやろ。
東京メトロ03系の廃車がドンドン進んでるし、115系とか103系、201系、205系だって適当に見付かるやろ。


車体が白い悪魔で下回りが103系なんていうたら・・・、新手の悪魔誕生するンゴねぇ

それはそれで魔界転生伝説の始まりになって期待値上がるで 鉄道ファン限定の国民的行事やで

一畑も7000系新製してるし、富士急も205系に御執心。ノーチャンスねぇ

北陸鉄道ならワンチャンあるかもと言いたいけど、塗装設備なんか持ってる訳無いだろうからアウト。

タイとかヴェトナムとかインドネシアでも一生懸命探せば買い手はあるやろ(適当)

東京都という厄所のモンやからそんな事までする訳がない(適当)

地方の私鉄は譲渡しようにも枠が残ってないの違うか? 地方は鉄道の需要自体減る一方だもん。

上信電鉄に行った107系の動向が判らんけど、まさか方針転換して107系は台車だけ使って他は5300形を貰い受けて使うとかいう事になりはしないか?


それ、まさかまさかの奇抜な発想で草どころか木も生えた

107系が金のない上信電鉄が有償譲渡=金出して買ったモンやからそれはない!




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ
プロフィール

大文字左京

FC2 より移転

本務機
PENTAX K-3 Ⅱ
SIGMA APO 70-200mm f2.8
SIGMA APO 120-400mm
SMC DA☆50-135mm f2.8
SMC DA☆16-50mm f2.8
SMC DA35mm f2.4
SMC DA14mm f2.8
その他

ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ