前回は成田線、武蔵野線での絵を載せたが、ここからは殆ど東北本線の絵ばかりになる。貨物列車の撮影は殆どが東北本線という事になっていたからである。寝台特急の後、居残って貨物も撮るというルーティンが定番化していたからである。
ヒガハスやワシクリは以前程ではないにしろ撮り易く、都内から車で行くにも然程苦労しない.。
しかも10・11時台に貨物が集中していた時期もあって EF646566 210 といった直流機にプラスしてEH500 という具合にヴァラエティに富んでいた。
これも黒磯での罐替えがあってこそだったが、既に御存知の通り罐替えはこの度のダイヤ改正で廃止され直流機は殆ど姿を消した。


pf2070@hgs01

2070号機のコンテナ列車 見ての通りヒガハスでの撮影 2014年の撮影だったと思うが、スジ名は忘れたw
2015年の改正以前は午前10時台にPF+コキの列車があった(臨貨だったかも知れない)


pf2088@hsg01

此方もヒガハスで撮った配給列車 この時は幸運にも荷があったこの列車はワシクリをほぼ10時に通過してヒガハスには10時25分位に到達していた。牽引は2088号機

pf2088@mizs01

上の配給と同じく2088号機牽引だが、こちらは石油返空・臨貨撮影はワシクリでも人気の水沢踏切 黒小屋派?の小生としては水沢での絵は珍しい。 緑タキばっかりなのでアオムシとも呼ばれている。根岸への返空であるのは間違いない。時刻表では土日ウヤとあるが、去年末~今年春の時期は土日運転のケースも多かった。

pf2065@hap01

2065号機の配給列車・荷も一応ある八甫で寝台特急を皮切りに10時のこの配給までをここで過ごしてから黒小屋へ北上するというパターンが多かった。 八甫跨線橋がある所で俯瞰でなく地上から撮る事が多いが、俯瞰アングルはあまり好きになれない。俯瞰すると妙に垂れているケーブルがパンタに被るのと、住宅地が悉く背景に入り込むからである。

pf2096@krky01

黒小屋踏切付近で捉えた2096号機・下り配給でこの時は荷が付いていた。ワシクリで待っていると、10時には上り、11時位に件の配給があった。この配給でロクヨンの運用もあったが、2015年の夏以降は両列車ともPF となった。

pf2138@krky01

同じスジでもこちらは単機だったので光線状態の良い後追いで2138号機、場所は勿論黒小屋全体検査明け間もなくだったと思われ、そのピカピカ感たるや…ww
Part 1 では1138号機として登場した罐

 

pf2085@age01

2013年末に上尾に リゾートやまどり の臨時列車を撮りに行った際にたまたま捕えた2085号機=単機
土休日だと単機になる列車が多いのが残念、致し方ない部分ではあるが、ウヤでないだけマシか?


折角なので、この企画、Part 3 までやる事としたい




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ