シェリーなんて酒のどこが美味いのか、あんなヒネた酒なんて飲めないという御仁も多かろう。これ自体は個人の好みという所が大きいから責める気は無い。
しかしながら、シェリーという酒に対する評価が低過ぎるのではないかというのが小生の率直な思いである。


この酒についてこの国の大多数の人は、パーティー等のウェルカムドリンク若しくはオードブルの前に少しだけ飲む様なイメージで、本格的に飲むという事は考えないであろう。
イギリスを中心に隆盛を誇ったシェリーだが、消費量も生産量もここ数十年で落ち込む一方である。この事態がシェリーカスクの確保を困難にしている。生産する蔵の数も全盛期と比して1/10程度になっている。

この背景として、世界的な嗜好の変遷の中で、結果としてこの酒自体が「時代遅れ」になってしまった。更には、ワインの輸送や保管に関する技術が大幅に向上し、スティルワインをほぼ世界中に良い状態で輸出入出来る様になったことは大きい。酒精強化という事自体、輸送中の劣化を防止する意味合いで始まった技法といえるからである。

この状況は歴史の必然といえなくもないが、そういう中でも、復権の兆しも見える様な事もちらほらとある。少し前にイギリスでManzanilla がブームになったらしいが、日本でもシェリーを大々的に取り扱うバーが増えつつある。ただ、バーというよりスペイン型バルという形態が殆どだが。

しぇりークラブ(東京・京都)は有名になったが、東京ならエチェガライ(Echegaray)、ベネンシア(Venencia)、バル・デ・オジャリア(Bar de Ollaria)
関西で挙げれば、キンタ(Quinta =大阪)、シェリーバーKAO、Venga(京都)、うさぎ(神戸)、Sherry Bar A&G (西宮)こういった辺りであろうか…
 

bbramon01
ここで、小生にとってのタイプ別萌え度を著すと…
Fino (Manzanilla 含む)      ☆☆☆☆
Amontillado             ★★★☆☆
Oroloso               ★★★★
Palo Cortado            ★★★★★


 
左画像を見るとラベルこそウィスキーファンには御馴染みで英国の有名な酒商であるBBR=Berry Bros. & Rudd だが、
中身はエミリオ・ルスタウ=Emilio Lustau のアモンティヤード
この蔵、先ず間違いは無い!飲む前から期待大! 非常に高いレベルで安定している上に、Almacenista シリーズというレアなアイテムでも名を馳せる
勿論、アルマセニスタシリーズでない通常のシェリーも素晴らしい! カッチリしていてブレも隙も無いというのが第一印象


アルマセニスタとは、シェリーの醸造と熟成までを手掛ける個人醸造家。この個人醸造家も資金繰り等の問題から激減し今は50人を割っている。
実はこのルスタウ、1950年まではこのアルマセニスタの一人だったが、そこからシェリー界ののスーパースターの一角に食い込んだのである。


フィノ系はそれこそ白ワインの代わりになる。¥5000程度の下手な白ワインより美味しい奴はいくらでもある。
アモンティヤードはそれこそ万能選手になり得る存在である。
オロロソ(ドライタイプ)やP. コルタドなら赤ワインの代わりに肉料理とコーディネイト出来る。
又、長熟品でアルコールが20度辺りに達している物であればウィスキーやブランデーの代わりに飲んでも良く、シガーと共に楽しむ事も可能である。
フィノでもアルコールは16度位あるので開栓後の寿命も長い、アモンティヤード等の酸化熟成系は18~20度の奴が多く、元々酸化しているので更に丈夫で重宝する。


tesoroalmr01  bertola01

左画像=Real Tesoro(レアル・テソロ)の上級品でオロロソはAlmirante(アルミランテ)
価格はリーズナブルだが、評価は結構高い。オロロソは本来辛口だが、このオロロソは完全な辛口ではない気がする、僅かにP.X. が混合されている様に思える。
右画像=Bertola (ベルトラ)のオロロソ・12年熟成 
この蔵は1911年創業このBertola は目〇田〇屋お勧めとして上のBBR と共に購入


pc20wh01  alxgdnpc01

左画像=William & Humbert(ウィリアム&ハンバート) Palo Cortado 20年
創業は1877年、シェリーでも最大手の一つとして、" Don Zoilo "、" Dry Sack " 等のシリーズで有名。その中でもプレミアムレンジに入る逸品がコレ!
右画像=Alexander Gordon (アレクサンダー・ゴードン) Palo Cortado
この作り手は際立つ部分は無いものの、綺麗に纏まっている優良な所で、価格も比較的リーズナブル。ただ、名古屋の大栄産業が取扱いを止めたため日本ではもう終売となり幻の銘柄に。




シェリーからはブランデーやヴィネガー等の副産物も出来る。この中にも逸品が存在する。


シェリーから派生するブランデーはシェリーブランデー又はへレスブランデーと呼ばれる。
本来シェリーの酒精強化に用いるワインスピリッツをブランデーとして樽熟させた物が多い。


vlpnfh01  osbrandy01

左画像=ヴァルテスピノ(Valdespino)のFamily Heritage 40%
右画像=オスボーン(Osborne)のConde de Osborne 40.5%
両者ともメジャーな生産者の品で、シェリーブランデー最上級規格のSolera Gran Reserva 。

因みにヴァルテスピノの方は100年を超える原酒も混じっているが、19世紀から組まれているソレラを使っているからこその芸当といえる。価格は¥17,000位。


jerezbrandy01

左側=ガーヴェイ(Garvey)が世に送り出す超高額ブランデー、Conde de Garvey
外販される事なくプライベートで200年以上脈々と受け継がれたブランデー、勿論ソレラでの熟成。ボヘミアガラスのボトルでキャップは銀製! その価格、現在約16万円


右側=Barbadillo の超高級シェリー、Reliquia Barbadillo(レリキア・バルバディージョ)
此処に写っているのはP.X. =極甘口のヤツだが、他にAmontillado、Oroloso、P. Cortado もある
これを育むソレラも150年以上というからビックリ! 因みに価格は最低でも¥45,000以上!


シェリーという酒、勿論ピンからキリまである。下は¥2000を切るものから上は数万円に達する物まである。
ただ、¥3000程度の奴でも優秀な生産者の物なら然して不満を覚える事はあるまい。¥4000~6000位のクラスになればかなりのハイレベルが期待出来る。


小生は学生時代から少しは嗜んでいたが、そこから約25年時折は楽しんでいたが、今シェリーカスクのウィスキーという所から廻り込んで新たな発見を重ねながら今迄以上に嗜もうとしている訳である。

最後にもう一度  そうだ! Sherry を飲むべし! 
このアクションでシェリーのみならずウィスキーをも救えるかも知れない!
そう願ってSherry を飲むべし!


シェリーの御供にはやはりコイツが最高か、スペイン産高級生ハムの代名詞ハモン・イベリコ(Jamón Ibérico)

jamon01

 

某サ〇トリーがValdespino (ヴァルテスピノ)を買収したのは記憶に新しい。
大々的にシェリーを売り出す事よりも、自社のウィスキーの為のシェリー樽を確保する事が主目的なのは明らかだった。
しかし、見事にその目論見は外れた!(抑々シェリーを馬鹿にした話だがww) 
まぁ、" It serves you right " とまでは云わないがwww


 

※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jan. 2016)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。