今回は当サイト初登場となる京急グッズをフィーチャー!

srk18  srk19


関東の私鉄でも今や貴重なスターである2100形タオルを襷状に使い、Yellow Happy Train 1057編成をフィーチャーしたタオルを膝掛みたいに使うと両方それなりに入る。共にJ-TREC グッズ部門の通販=「電車市場 楽天市場店」で購入これを見て改めて思ったのだが、こういう配置にしてしまうと、彼女自身動けない。彼女としても結構きつかったか? このスタジオ、工夫がし難い所がある。

srk20  srk21

風船との複合技で、華やかさをプラス…したは良いが、あまり変化はない。
風船持ったら少しは嬉しそうな感じやウキウキした感じが出ると期待したのだが、身動きが取り難い状態では緊張が先走ってしまうか?
京急だからと言ってBlue Sky Train を足してしまうと…、何処かの大手宗教団体みたいだと言われかねないので、そこは注意が要る。


この撮影会全般としては、表情がもっと欲しい…、彼女自身撮影会モデルになって日が浅く、慣れていないのがモロに判る。ブログも殆ど更新せず放置状態に近いと彼女の人となりも殆ど想像すら出来ない。(予断は余り持たない方が良いかも知れないが)
そこで想定以上に大人しいとなると、骨が折れる。(押しが強くて姦しいのも困りものだが)時間が推し気味で、無駄話も出来ずで、内心頭を抱えながら進んで行ったのである。もう少しじっくり取り組めれば、結果は違っていた可能性はある。
こういう話をすると、「お前の腕が悪いだけやろ」という御仁もおられるであろうが、「ほんなら、こういう娘相手に一度やってみなはれ!」と反論したくもなる。親子ほど歳の違う娘を初対面で相手にするのが如何に大変かは理解して欲しい。 小生も必要以上に期待はしないが、それでも、納得のショットが撮れて楽しい時間が過ごせた時の喜びは筆舌に尽し難い。だからモデル撮影は止められん、

という事で、Part 4 へと進む!


Mar. 29th, 2015 @ Studio Smart A of Girls Photo Factory
PENTAX K-3 + smc DA 35mm f2.4 / 40mm f2.8

※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Nov. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ