5連休の中日=21日は町田に向かった。町田駅ステーションプラザ2F にある広場では、MACHIDA Music Park(町田ミュージックパーク)なるフリーライブが頻繁に行われている。このイベントも結構長く行われている様で、町田名物の一つとなっているとかいないとか。更に地域的なものか、川崎で逢えるアーティスト達も頻繁に出演している。

この日はA For Real 主催のフリーライブだったが、小生がここのイベントに足を運ぶのは実は約5年振りだった。町田は川崎・横浜等に比べると行き難い感じがあり、遠く感じる事が多い。川崎は国道1号を走れば良いし、横浜も国道1号・第3京浜・首都高と選択肢があるが国道1号を走っても時間はそこそこ計算が立つ。町田に行く時は一般道ではかなり辛いから首都高と東名を走る事になる。

その町田を遠く感じさせる奴がこの日も悪さをしてくれたのであった。ソイツは東名高速道路!
渋滞さえ無ければ自宅から70分程度という計算は立つ。連休中日なので下りで昼頃なら19・20日の様な異常な混み方はしないだろうとは思ったが、この5連休の道路の混み方の異常さを鑑みて、100~110分程度掛る事も想定し出発を急いだ。
14:05開始予定の大希幸子 嬢のステージから見ようという事で、到着目標は14時ジャスト!
池尻から首都高→東名という算段で先ずは池尻ランプに向い、兎に角行ける所まで行くという事で高速に突っ込み、断続的に渋滞する中でも横浜青葉まで粘ったものの、高速を降りてそこから先は国道246号に懸けた。
でもこの世はそんなに甘くない! 246号も殆どマヒ状態! 
無情に時間だけが過ぎて行く、長津田に差し掛かった時点で、時刻は既に14時… 
もう全て絶望的!諦めて引き返す前提で国道から外れ、住宅街の道をヤケクソ同然で走ったら、町田市金森付近で町田街道に出られた!必死で町田駅の駅ビルに向い、駐車場から会場入り。会場入り口に差し掛かると、彼女の歌声が聞こえて来た!小生は死に物狂いで客席に駆け込んだのである。


okis23  okis24

 何とか最後の一曲は聴けた! でもこれは、2日前のいさご通りと同じ展開orz
50手前のオッサンが、40手前の女性を必死こいて追い掛ける。どこかアホらしい感もあるが、好きになったら追い掛けるしか仕方ないやん!
ステージの後、物販ブースで彼女と少し歓談!彼女は新宿から小田急ロマンスカーに乗って来たのだとか…、(小生にもそのプランはあったのだが)
小生が駆け込んで来る所を彼女もステージ上からしっかり見ていたというから、その部分、小生としては少々恥ずかしい


 


大希幸子 嬢だけで帰るわけもなく、他の人のステージも幾つか見たので、ここからはこれらについても触れて行く。

kanash01  kanash02

愛~kanashi~と書いて「かなし」と読む(愛の字は読まないという事)
彼女もいさご通りの常連パフォーマーだが、ステージをしっかり観るのは初めてだったかも知れない。名前の為か?、ミディアム~アップテンポの曲を殆ど歌わない

この後、榎ありさ 嬢が出演していたのだが、画像の出来が良くなかったので省略。(許してニャン)
その次は…

wkmk01  wkmk02

奈良から遠征して来ていたという若林美樹 嬢 
出生は橿原市。…という事は近鉄マニアには少々ググッと来る存在か?
2009年のデビュー以来、活動は大阪や名古屋がメインなので、関東では殆どお目に掛れない。関東以外から遠征して来るアーティストに逢えると得した気分になる?

彼女のステージの終盤に入ると、ステージ脇に何やらド派手な光景が見えた。しかもそれが小生からはモロに見える角度だったので小生の目も半分そちらに行ってしまっていた。

 

そして、出て来る前から思いっきり目立っていたその女性とは…

airly-m02  airly-m03

airly-m04  airly-m06

このド派手なお姐ちゃんの名は、Airly(エアリー、旧名はもも子)

ステージ脇に控えている時から目立つ目立つ(爆)
駅前広場のフリーライブでこんな衣装で出て来る人は普通いない! 
こういう場所でも手は抜かないという事だろうか?
彼女の今のスタイルは日本の1980s アイドルにインスパイアされて出来ているというのだから、彼女とこの衣装は何時でも不可分なのであろうか?
嘗て12代目ミニスカポリスの候補生だった彼女は、その後グラビアアイドルを経て歌手に転向、…という事は、活動歴は10年を超える。(近くで良く見ると歳も少々行っているのが分る)
彼女の主戦場はフランスを中心としたヨーロッパ。

mms211  mms212

その後登場したのは、この日第2のターゲット=当サイトにも数回登場している南紗椰 嬢! 
モデルとしての彼女に秋葉原で最初に逢ったのが2012年2月、そこから起算すると3年半以上に渡る関係となるのである。
 Airly 嬢のド派手な出で立ちの直後だったが、彼女も非常に華があるのでしっかり目立っていた。
このあと1組を挟んで、この日の主催者にして大トリ、A For Real 登場と相成ったのだが、小生はこの後の予定の為、ステージの冒頭だけを観て会場を後にせざるを得なかった。


 

町田駅を後にして、町田市野津田に向かった。野津田というと、鶴見川の上流部で殆ど街外れで畑も点在している様な場所。そんな中に結構有名な洋菓子店があって、その店のカステラは土産としても知られているらしい。
そのFormidable (フォルミダブル)という店ではある人の為に差し入れとしてカステラを、自分用にはケーキを購入した。
斯くして、この日の予定を終え芝溝街道・鶴川街道・世田谷通りルートで帰途に就いた、が…、 パティスリーを出て鶴見川を渡り先ずは芝溝街道に入っていきなり何時何処で終わるか知れない様な渋滞地獄! 
What the hell is going on ?
えげつない渋滞が延々と続く、やがて鶴川街道(津久井道)に入っても好転せず。渋滞は5㎞を超えていた。抜けるのに1時間は掛ってしまっただろうか?
渋滞を作り出したボトルネックは横浜上麻生道路との交点である上麻生交差点の右折渋滞と判ったが、あとの祭り。(どうやら、この近辺は渋滞の名所らしい)其処を過ぎたら都内までスイスイのホイサッサだっただけに余計に悔しい!


てなわけで、渋滞に連日ウンザリさせられまくる展開の中、Part 6 に続く!




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Oct. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい

当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。