言うまでもなく、モデルちゃんを撮るのはいつも楽しい。そんなモデルちゃんを撮れる撮影会を探せば彼方此方にある。だが、小生の考える条件を満たせる撮影会は意外と限られる。限られるからといって同じ所の撮影会ばっかりなってはネタ切れの心配が尽きない。

新たなネタを探してネットで偶然見つけた撮影会に参戦してみる事とした。
その名はPulchra(プルクラ)撮影会。
通常は屋外での撮影が多いが、時折室内(スタジオ・ホテル内)での撮影会もある。 屋外は何かとやり難い。抑々小生のスタイルには合わない部分が多く、人目も気になる。通行人がフレーム内に入り込んで来る可能性も高い。それのみならず、いきなり絡んで来て妨害する奴も結構多い。
小生は以前、都内某所の屋外撮影会の最中にホームレスから突然因縁を付けられて危険な目に遭った事がある。都内では規制の厳しい場所も多く、引っ掛からない様にやるもの本当は難しいという事にもなる。


よって、このPulchra に関しても通常の屋外はパスして、スタジオ撮影会を狙ってみたのであった。
時は去年末も末だったが、その日は埼玉で夕方から別の撮影会を組んでいたので、この日は東京と埼玉のダブルヘッダーという強行日程になってしまった。場所は江戸川橋近くのあるスタジオだったが、オンボロい集合住宅みたいな建物で、エレベータすら無く、機材を持って上がるのに苦労した。江戸川橋の辺りはコインパーキングの料金も高いのが余計に腹が立つ。


さて、今回ターゲットにしたのは柊きっか 嬢、身長175㎝というモデルらしいモデルちゃんである。


hrkk01  hrkk02

時間は1時間、スタジオシェア=数組でスタジオの彼方此方で並行して撮影する方式で、スタジオも予想以上に狭く、非常にやり難い。
時間にも余裕が無いので、料金だって安くは無いから、元は取らなければいけないから、ドンドン進めて行かないといけないが、時間というプレッシャーが襲いかかる。


hrkk03  hrkk04

いきなり「本題」から入って…、鉄グッズのヘッドマーク集からスタート。上段= 白鳥 雷鳥  下段= はくたか 場所にも時間にも余裕が無いので、構図やポージングのアイデアもなかなか浮ばない。
更に、スタジオシェア形式なので、非常に騒がしいから落ち着かないし集中し難い。 この撮影会が結局のところ、難儀とストレスの塊になって行ってしまったのだが、それについては次回以降に…、


てなわけで、Part 2 へと続く!

Dec. 23rd, 2014 Pulchra 撮影会@江戸川橋
PENTAX K-5Ⅱ + smc DA 35mm f2.4 / 40mm f2.8 + Metz Mecablitz 52AF-1 digital 使用



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Sep. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。