mu-ton02 川崎というと嘗て1970年代は公害訴訟が起きるなど、大気汚染や公害という負のイメージも強かった。
90年代には、ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)やヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)に「逃げられた」という過去もあるww。

そんな川崎の町興しとして、音楽のまち・かわさき というプロジェクトが「音楽のまち・かわさき推進協議会」 という民間団体のもとで2004年から進められ、去年10周年を迎えている。
その一環として、川崎駅周辺では毎週末・祝日を中心に「公認路上ライブ」という形のステージイベントが開催される。西口MUZA ゲート前、京急川崎駅側の銀座街アーケード内を主に、市役所通東横インエントランス、川崎信用金庫かわしん広場等の会場も不定期で設定される。
そこでパフォーマンスを行うアーティスト達はかなりの数になるが、その中から一部ではあるが当ブログで簡単に紹介して行きたい。逢える確率はアーティスト毎にかなりバラつきがある。各種音楽イベントの内容・日時・出演者等に関しては音楽のまち・かわさき公式HP
のイベント案内の項目を随時チェックされたい。


IRI006  IRI003

IRI010  IRI015
(上段=2015年4月、下段=2015年5月撮影)
I R I (あいり)
出身は逗子市
母親の持っていたM.Jackson のCD を学校に持ち込み、教壇の前で踊っていたというのが小学校1年生の時。
中学生になると、ジャズクラブに通う様になり、本格的にアーティストを目指す様になる。高校の3年間で120回のライブを体験。
慶応大学進学後もライブ活動を続け、作詞・作曲・編曲も行う様になり、21歳でN.Y. に渡る。その後L.A. でプロデューサー日向大介の目に留まりデビューに漕ぎ付ける。更には、去年N.Y.・L.A.・東京を回るライブツアーを敢行。 パフォーマンス形式はピアノ弾き語りだが、R&B に影響を強く受けて、そのテイストを感じさせる。
モットーは「自分の信じるものを歌う」



yukhr03n  yukhr04n

yukhr101  yukhr119
(上段は2014年、下段は2015年のもの)
ゆきこhr(ゆきこ・エイチアール)
Born Oct. 26th, 1990 in Miyazaki perf. 身長162cm、血液型はA
「Rock歌謡シンガー」という肩書きを持つソロシンガー。マネージメントはGirls専門レーベルPoNY TAiL
売り文句は「歌の世界の女優」「歌い狂う姿は一つのドラマ」ライブ活動以外にも、メジャーアーティストの仮歌入れや、イベントやCATV 番組のM.C.もこなす。
実は去年、ソロを休止しバンド活動へシフトする計画もあってファンをヤキモキさせたが、実現せず。従来通りソロシンガーとして活動を続けている。 普段はかなり訛っているらしくwww、これは本人も認めている。
合言葉は、「やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~」




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。