Part 2 はスポーツシリーズでお楽しみを、と言ってみた所でネタはこれだけだが…orz

kur005  kur006

第1回ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ決勝は、先月2日に行われた。 R.C. Toulonnais が24-18 でASM Clermont Auvergne (両方ともフランス)を下して、前身のHeineken Cup からの通しで欧州3連覇を果たす。ヨーロッパの試合では日本に比べてペナルティゴールでの得点比率がやたら高い気がするが、気のせいではない筈だ。

kur007  kur008

南半球の風物詩ともなった?スーパーラグビーも佳境に入っている様だが、来年から何と、日本からも参戦するスーパークラブが登場!北半球では初! こういう場合はロゴをしっかり見せるのも意外と大事である。ラグビーボールでは結構出来ていた、が…、

kur009  kur010

小道具の一番美味しい所を前に向けてくれ、といいたいが、撮っているその時はファインダーでは気付き難いのである。APSC 機のファインダーは小さくならざるを得ないので余計気付き難かったりする。パソコン上で気付いた時には勿論後の祭りorz ところで、所謂デフレート・ゲート問題(deflate gate)(註)は全米を揺るがし日本でも大きく取沙汰された。
先月N.E. ペイトリオッツ及びQB のT. ブレイディに対する処分が発表されたが、異議申し立てが出ている。 実を言うと、この問題がMLB にも波及して、今シーズンから試合球の管理を厳重にした。ボールの運搬等には必ず監視が付き、ボールの補充はMLB の担当者の仕事となった。


kur011  kur012

ラグビー選手、しかもオーストラリア代表経験者NFL に入団という事が起きた。その選手の名は、ジャリド・へインJarryd Hayne)、代表として12キャップを持っている27歳彼を獲ったのは、嘗ての常勝軍団S.F. 49ersだが、ヘッドコーチのジム・トムスラ(Jim Tomsula)がラグビーに造詣が深かったのが決め手になったらしい。 このサイトの後を追う様に現実が付いてきた…、んな訳はないかww

Aya はホワイトバランスが非常に作り難いスタジオであるのが困る。その上に、K-5(当時)側のセンサーの劣化という事もあったのは間違いないが、Silkypix Developer Studio(Pro 5)の性能も今一つとしか思えない。

これをFC2 でアップロードすると、色が更におかしくなる事があって、結局醜い画像が出来てしまう。 Phase One クラスの現像ソフトを買うしかないのであろうか?

愚痴を言いながらも、Part 3 に行く!


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



(註)AFC チャンピオンシップの試合=今年1月18日に際して、空気圧を規定より下げたボールを故意に使ったとされる問題で、チームにはドラフト指名権の一部剥奪と100万ドルの罰金、ブレイディには出場停止の処分がNFL から出されている。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ