ハシゲ氏は大阪都構想なんてブチ上げて、遂に府民投票が行われる事態となった。二重行政解消による行政のスリム化等々を根拠に挙げていたが、大阪府・大阪市を都に変えた位で大阪にどんだけ良い事があるというのだろうか?東京の人間からすると、ここの所が今一つ見えて来ない印象が拭えなかったが、投票率は66%台にまで達した。
御存知の通り、結果としては否決となって、ハシゲ氏の政治生命は一応終わったのであるが(取敢えず現時点でww)、今直ぐは辞任しないのが不思議である。これで維新の党もジ・エンドになる危険性も充分にある。
ただこの事が維新の党だけの問題として片付けられない可能性があり、少々ややこしい。
極私的な印象ではある事を先に述べておくが…、大阪都構想なんて中途半端な話はいっその事飛び越してここまでやってしまった方が良かった様に思われる。


281ha06@aig
(281系はるか・摂津富田~茨木間の安威川土手)

大大阪(だいおおさか)連邦共和国 feat. 関空島 として日本から独立した方がエエの違うか
という事をここで言いたいのである!
大阪都構想で、49%の支持があったというのは驚きだったが…、 もし独立国家になるといったら意外に60%位の支持を取り付けられたの違うか?、と思ってしまう。
東京で生まれ育ち、現在も在住している小生からすると、大阪に足を運ぶ度に、日本であって日本でない所がある様に感じてしまう。


287fc06@aig
(287系こうのとり送り込み回送・同所にて)
ワッ! コイツ、何にもあれへん顔や!ww 素うどんみたいな顔!www (by 内〇勝則?)

偏見だと思われるかも知れないが、大阪の人は日本人である事より大阪人である事を優先している様に見える。アイデンティティの根拠は日本ではなく大阪であるように思われる。
大阪人の持っているその精神性の強烈さは恐ろしいものがある。そして、これだけの大都市でありながら、土着性もかなりのモノで、これは稀有な事かも知れない
そういう背景もあって大阪の文化も強烈なものがある。日本人という以前に大阪人である事から逃れられない。大阪人としての精神性と文化的背景を押し通さざるを得ない。大阪を離れて久しい人間でも、大阪が直ぐに噴出してしまうケースが多い様に思う。よって郷に入って郷に従いたくても従えないのではないかと思ってしまう。
又、それ位に大阪に対するプライドと帰属意識が強い様に見えてしまう


223w23@aig
(223系新快速・同所にて)

東京の下に何時までも置かれる事自体に、潜在的には不満を抱いている筈であるし、不満を抱かなければ大阪人ではない様にも思われる。(かなりの独断偏見ww)

小生は実を言うと、強烈なキャラを発揮している大阪という所を羨ましく思う部分が有る。東京は中央政府の御膝元、東京都という自治体はあっても、永田町や霞が関の御歴々達に何から何まで握られるから独自性なんて発揮し様がないのである。都議会議員選挙、都知事選挙、市区町村長・議会選挙も投票率は非常に低い。
東京という精神性とアイデンティティは何処に見付けられるのかと云われると、見付らない。都民と云っても、その大部分が他所の出身者で、生活圏と居住圏が非常に離れているケースも多い。 東京都民の中でも東京への帰属意識なんて無いに等しいのであろうし、そんなものを持てというのが所詮無理と云わざるを得ない。


東京という所は基本的に、住む人を感化する力が無い!
 
此処が大きな問題だと思う。これでは世界に冠たる様な都市にはなれるわけがない!

そこで小生の提案としては、東京の中心及びその付近は、いっその事、中央政府直轄地=天領にすべきである。つまりアメリカに於けるWashington D.C. の方式である。そしてその周辺も再編すべきだ。政府直轄にした部分は政治行政に特化した街にして、商業的なセクションはその周辺でも、又は他の地域の都市に移してやればよい。


極論だとは思うが、大阪は独立し、東京(少なくとも都心部及びその周辺)は天領になるべきだと言いたい! ところで、N.Y. は「ラグジュアリーシティ」を目指した為に、街自体が贅沢品になったという事を聞く。中間層以下にとっては極めて住み難く、その人たちはN.Y. に異常な程のプライドや執着があるといっても、結局去らざるを得ない者が増えて、ホンマのニューヨーカーが消えるともいわれる。
東京もオリンピックを口実に、この「ラグジュアリーシティ」を真似する可能性は高い…、ただ東京人が消える事は無い。抑々、東京人なんて殆ど存在しないからであるwww



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(May. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ