destours2000a


Domainne des Tours は、かの有名なChâteau Rayas のカジュアルライン
とも言える物で、 Vacqueyras (Côte du Rhône reserve) (註)、Vin de Pay de Vaucluse 数種類を生産する。ただ、全てEmmanuel Reynaud が手掛け、Rayas と作りは一緒であるから期待は高まる。 

destours2000b
色はやや明るめのガーネットで若干煉瓦色が入る。 なめし皮、シナモン、クローブ、ウイキョウ、スパイスティー、Drambuie から始まり、 アールグレー各種赤果実類ブラックチェリー、昔のキナリキュール、ヴェルモットロッソカカオ、焼きたてのパン
更には微かにFramboise のオードヴィ―、Kirsch 溶け込み感と一体感、出汁の効いた感と梅酒的喉越しはかなり出ているというのは流石で、綺麗な液体となっている、酸、ミドルの厚み、そしてアフターの長さについては少し足りない部分が有るが、これは仕方ない


それでも全然悪くないレベルで、透明感と均整美のある躯体は流石Grenache 種の魅力は充分に出せていて、誰の目にも美酒と判る様な処がRayas である。出来の良い年なら、10年以上熟成して行くのは難しくは無い。

今のご時世で、これがまだ2000円台で買えるというのはお値打ちである。ワインファンなら御存知とは思うが、この蔵のヌフパプの値段はこの約10倍である。

Les Meilleurs Vins de France
的な感じで点を付けるなら…、17.5/20




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Apr. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい



(註)Vacqueyras (Côte du Rhône reserve) はChâteau des Tours 名義で出される。この蔵のVacqueyras は通常のレベルを超えてしまう為、INAO の官能検査をパス出来ずに、Côte du Rhône reserve として出す事を強いられる年がある。この背景として他の生産者のやっかみと嫌がらせがあると言われている。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ