北海道新幹線函館以北・北陸新幹線金沢以東の建設前倒しが決められた。これこそまさに安倍政権の大盤振る舞い土建政治の十八番的な話である。高度成長的な論理に基づく施策のオンパレードになる危険性を孕んでいる。

調子に乗った連中は、新幹線を稚内や網走まで延ばせだの次は四国も山陰もやれとか敦賀からは米原ルートにしろとか小浜ルートにしろとか大きな声を挙げている様である。
新幹線だのオリンピックだのと云っては脳天気な甘言を撒き散らし、そこから「獲らぬ〇の〇算用」的な期待を煽るだけ煽る連中と、それに勝手に夢見て躍り出す大衆。こんなのは振込め詐欺より始末が悪い
この手の話で必ず一番に出て来るのが、「東京まで〇時間とか」「東京から1本」という謳い文句、結局悉く、東京基準の視点なのである。ここだけでこの国の病理が透けて見える


yonder@tak01

新幹線開通とセットになっているのが並行在来線の第三セクター化(経営分離)という名の切り捨てである。
並行在来線を用済みにして切り捨てるという事は、その地域が本来、ビジネス的地盤としては悪いという事の裏返しにしか思えない。
東海道や山陽でこんな事はやっていないのが一つの証拠である。 地域振興を謳いながらの地域切捨てという疑いが濃く、大きな矛盾が見え隠れする。


この度の北陸の3セクに関しては、普通列車を従来より多少増発して特急の穴埋めをする様ではあるが。広域高速輸送を増やす代わりにローカルな地域輸送を切り捨てても良いという論理であれば、地域振興は絵に描いた餅になるのではないか。
地方も中核都市に人を集中させた方が合理的だというかも知れないが、そこから結局メジャーな大都市に人もカネも物も収奪されるという最悪のシナリオが現実化する可能性は高いと思われる。
東京まで日帰り圏内になった事で、却って地元にカネが落ちなくなったという皮肉な事象も結構彼方此方で起きている。付け加えれば、新幹線もインフラである以上、将来必ず起きる老朽化に如何向き合う気なのだろうか?


これからは観光立国と馬鹿の一つ覚えの様に言う輩も多いが、観光に頼る様な国や地域は基本的に具合が宜しくない様に見える。その最たる例がギリシャや沖縄である。

オリンピックの事は機を改めて触れるが、世界から見たら日本は明らかに土建メタボのインフラメタボなのである。世界ではメタボリックシンドロームの存在に疑念を呈する議論が主体になっているのに、日本はこのザマ!
新幹線もオリンピックも、そのメタボに輪を掛ける話でクソワロタwwwww。


そしてそんな折、全国高校サッカーでは星稜高校が優勝!
「北陸新幹線開通で勢い付く北陸を象徴すべく大きな花を添える大偉業」という宣伝にしたい輩も多いのだろうが…、何せ時期が時期だけに、一寸出来過ぎな話でこれも序にクソワロタwww


新幹線・高速道路・スタバ・イオン…、地方は「便利」になって短期的には一応の豊かさを手に入れられた気になるのだろうが、その裏で、別の有形無形の貧困に蝕まれるケースが後を絶たない気がしてならない。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(2015年1月)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。