pignan98b

PIGNAN
(ピニャン)というワインは、ヌフパプの最高峰の一つであるRayas のセカンドワイン。目白の有名な酒屋(某目〇田〇屋)が地上にあった時代に購入したボトルだが、その当時は酒専門ではなく、食品類もそれなりに扱っていた。当時その店は狭く、ウォークインのセラーもなく、冷蔵庫みたいなタイプのセラーが店の一角に並んでいた。その中から見つけて買ったのがこれである。買ってから開けるまで10年以上待った計算になろうか?


pignan98a色はクリアで美しいガーネット邪門紅茶、黒文字、楠、シナモン、クローブ、リコリス、Armagnac、30年位前のヴェルモットロッソラズベリー、苺カカオサワーチェリーブラックチェリー、更に続くはランシオ香、Earl Grey といった辺りのニュアンス。そして、冬場の快晴の青空みたいな透明感と深度を湛えながら迫って来る。

香味は縦横万遍なく丸く広がりながら、綺麗な旨味感を伴い確実に染み入って行く。一旦ドライに終わるかと思いきや、再び盛り上がり、かなり長いアフターを作りだす。
コイツをブラインドで飲んだら、ローヌとは思わないだろう。Bourgogne 的なフィネスを思いっきり湛えているのがRayas らしいとも言える。セカンドワインだという先入観を捨ててかからないとダメ。

これならCNDP としても充分トップレベルに達してお釣りも来るだろう。

1998はローヌ南部では最高のヴィンテージの一つ
で、Grenache 種の出来が特に良かったともいわれる。以前から、秀逸な年のPignan はRayas に迫ると云われいたが、それは強ちな話でもないという証明なのか?
Rayas は益々入手困難になり、価格も高騰しっ放しだが、この作り手の他の各銘柄も右に倣え。このボトルを買った時は6000円程度だったのに、Pignan の価格も高騰して諭吉二人分になりそうな勢いであるorz


Les Meilleurs Vins de France
的な感じで点を付けるとするなら…、18.5 / 20



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jan. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。