京阪上層部もビックリ? 麻布十番に蒼い瞳 テレビカー
関西の鉄道史にその名を大きく記すスーパースターに新たな伝説か?


ロケーションを変えて、所謂パティオ十番に移動した。小生にとって麻布十番で真っ先に思い浮かぶのがこの地点。麻布十番らしく適度に都会的な絵が撮れる。

ANSTE019  ANSTE021

タオルとはいえ、さすが 京阪3000系(初代) 、存在感はバッチリ?!
このタオルは去年の鉄道フェスティバル(日比谷公園)で購入した物で、最近撮影会で活躍中である。この実車を京阪で撮りに行く事は叶わなかった小生であるから、富山まで撮りに行く事を心に誓っているのである。
画像内に映ってはいないが、このパティオの片隅に知る人ぞ知る「きみちゃん像」がある()。実はこの像が建ったのは1989年、 初代3000系 8000系 に主役の座を譲ったのと奇しくも同年である。
ANSTE020  ANSTE022

終了間際に慌しく撮ったこともあり、左画像は少し傾いている。水平という所まではなかなか気が回らん
もう少し時間があったら、肩から掛けた構図のショット等も撮りたかった…orz
バックに人や車が入り易いのには悩まされる。停まられたりするとどうしようもないし、遥か後方にいる相手はファインダーからでも見付けにくく、その点はスタジオ撮影の方が楽である。
本当なら、タオルではなく、実車を使って撮りたいと思ってしまう。
そうはいっても、いざ実車と絡めてとなると、富山( 富山地鉄 )まで御同行願わねばならんが、そういう訳にも行かんし…orz。

Part 5 に続く!


Mar. 15th, 2014 VOICE撮影会 at 麻布十番ストリート
使用機材=PENTAX K-5+SMC DA☆50-135mm f2.8+AF540FGZ


) 「赤い靴履いてた女の子」のモチーフとされる岩﨑きみが9歳で命を落とした地が麻布十番の孤女院である事からきみちゃん像が建てられた。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(May. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。