ジャイアンツ愛をたっぷり注入され阪神の裏切り者となった?9300系・8000系はもうすっかり御馴染みになってしまったが、甲子園で阪神戦が開催される日にはフロントにタイガースの副標が付く、そうなると思考回路が混乱してしまう人は多いのではなかろうか。
それでも見るからに非常にチープで特にサイドがダサい 1000系 よりはマシかも知れない。


巨人だ! 巨人だ! お前は巨人になるのだ!
六甲摩耶のジャングルで 3社の嵐が吹き荒れる  米原始発の悪党に 民鉄パンチをブチかませ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク
神戸明石のジャングルで 特急ぶち抜く無法者  巨人のマントを翻し 奴らの牙を折ってやれ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク
高砂市内のジャングルに 血を呼ぶ踏切仰山ある  運に任せて切り抜けて 民鉄根性見せてやれ
行け 行け ジャイアンツ~ (ジャイアンツ) ジャイアンツマスク


今回は今年7月上旬にWhisky Festival Osaka 2013参加の為に遠征したその序に、山陽電鉄本線沿線で撮った画像から紹介する。
実は、Whisky Festival Osaka 2013というイベントが期待を大きく裏切り(前年が大好評だっただけに)、あまり冴えないイベントに成り下がったので、その時間も鉄活に切り替えた方が良かったのではと思ってしまうのである。


hs8536@mega01n

8536という数字が阪神大震災の記憶を呼び起こす。1995年1月17日に石屋川車庫で被災し、神戸側2両を失った。85XXというのは廃車を補うための代替新造を示す。
18年前のあの惨劇の爪痕まで巨人カラーで塗り隠せるものではない。
妻鹿のこのアングルなら、冬場は顔に陽が回り難く、夏場の一部の時期は順光時間に陽が高過ぎると考えられるが、これら以外の時期は良い光線状態でかなりの時間撮影出来るかも知れない。同時に、川面からの反射が少し気になる。
妻鹿駅を出てすぐ前の市川を渡るだけである。


hs8238@iho01

伊保駅付近の踏切脇から撮った絵だが、キッコーマンと法華山谷川を挟んで反対側からである。
太陽が北西方向に回り込む夏場の午後遅い時間でしか撮れない。7月上旬でも16時30分頃になって漸く正面にも陽が当たる。 こういうケースでもない限り、伊保付近を撮影地に選ぶ積極的理由は見当たらない。



阪神8000系のリニューアルは2002年から10年以上を掛けて行われているが、同世代の 小田急8000形 は殆どがリニューアルで界磁チョッパからVVVF に変えられた。リニューアルと共にVVVF 化というケースが多いこの時代、阪神8000系の方は界磁チョッパのままであるのは少々不思議と言えなくもない。
どうせ 赤胴色 もやめるというのなら、序にVVVF 化までやって良かったと思う。


sy3601@iho01

山陽3000系 のアルミ車3両編成。1964・65年に登場した同系列の1次車だが健在。
3両編成には結構な確率で出くわしたが、3両というのが昔を想起させるのと同時に、準大手にしては少々寂しいものを覚えるのは私だけだろうか。
30年前に 3000系4連 の特急に姫路まで乗った事がある、その時 3000系鋼製車 がカッコ良く感じられたものであった。勿論その時は旧塗装、 スカ色をパクったみたいなあのカラー

223w20@mes01
223 西日本の名無し ↑ さっきの「米原始発の悪党」って誰の事言うとんねん、コラァ!

321d8@mes01
321 西日本の名無し ↑ 「無法者」って誰の事言うとんねん、ボケ!
あんな崖みたいなとこチンタラチンタラ走ってんのが悪いんやろ!



エンディングは「直特のバラード」で (詠み人知らず)
スピードで勝てる電車も 山側のセレブな客も 知らないで走る僕は赤胴車
タイガースあればエエねん 甲子園あればエエねん ひねくれて高架を走る 僕なんや
嗚呼、だけどそんな僕でも鉄ヲタは撮ってくれる そやからな みんなの幸せ祈るんや
株主の厳しい批判も 利用者の厳しい視線も 受け入れて 阪急に命懸けたんや
嗚呼 だから きっといつかは鉄ヲタも解ってくれる
6両で姫路に向かう厳しさを 新快速向こうに回す厳しさを




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Nov. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つクリックを頂ければ幸いです。