前回は第六方向のアングルで、夕焼けも映せたが、何といっても第三台場といえば、レインボーブリッジの絵が撮れる穴場である。 北西/北北西の方角になる。レインボーブリッジ越しに都心部の夜景も入れられる

3db106

見ての通り、超広角=21mm相当で撮ろうとすると、松の枝先が入って結構目立ってしまう。24mm相当位だと何とかなるか。

3db107

少しずつ角度を変えて撮ってゆく。レインボーブリッジの奥に東京タワーを入れるのが定番の撮り方。

3db108

第六台場とレインボーブリッジを両方しっかり入れる撮り方もできる。

3db109

第六台場・レインボーブリッジ・東京タワーをすべてしっかり入れるアングル。 大都会の光の海にぽっかり浮かぶ無人島というのもやや怪しげで不気味だが…。

3db110

レインボーブリッジから台場に降りるカーブを強調するアングル。道路の照明には水銀灯の類が多いので、緑色に写る。それをエメラルドの様に表現するのもRAW 現像時のやり方である。

撮影機材=PENTAX K-5+DA 14mm f2.8


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Nov. 2012)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つクリックを頂ければ幸いです。