前の2回ではSESTANTEを扱ったが、今回はその流れを汲むとされるSilver Seal を取り上げる。SESTANTEの商標権はこのSilver Sealが引き継いでいる様である
ここで取り上げるのはモルトウィスキーだけだが、ラムもかなりの数をリリースしている。このボトラーもSESTANTEの流れを汲むというブランド力?のせいか、価格はかなり強気である。


ただ、高評価のボトルが多いのも事実である。 先ずは、2010年11月のWhisky Festival で撮影したボトル達の画像を3点。

sseal2010a


sseal2010b


sseal2010c

超至近距離から広角レンズで撮っているので、歪曲や収差が目立つのはご勘弁願いたい。見ての通り、ラベルも数種類ある。中身もカスクストレンクスの場合と46度に加水されている物がある。以前は50度に調整された物も。
最上段=左からMacallan 21yo 1989Clynelish 28yo 1982
      Highland Park 14yo 1996(加水)Highland Park 18yo 1991
中段=左からMortlach 13yo 1997Longmorn 22yo 1988、上段のMacallan&Clynelish
下段=左からLittlemill 20yo 1990(加水)Mortlach 13yo 1997(加水)、中段のMortlach&Longmorn


 ltml90ss57n01  bwmr95ss54n1


adbg76ss50n01

左上=Littlemill 1990 20yo 57%・SESTANTE ラベル。 右上=Bowmore 1995 16yo 54%・Sheery cask
この2本は何れも高評価!

下=Ardbeg 1976 25yo 50%
見ての通りSilver Seal 最初の作品でファンの間では伝説となりつつある。ただ、某Whi---funのSer--氏はこのボトルをあまり評価していらっしゃらない様だが…。 空瓶とはいえ大変貴重な画像。1976年はArdbeg が休止する(1978~96)少し前の時代となる。


このシリーズはまだ続く!



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2012)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つクリックを頂ければ幸いです。