大阪駅至近のあるホテルの客室から、梅田・茶屋町界隈と阪急電車の発着を絡めた夜景撮影に成功した。
このホテルには何回も宿泊した事があるのだが、何時も大通りに面した部屋ばかりで、阪急の線路に面した部屋がある事すら気付かなかった。
去年、線路に面した部屋に初めて宿泊出来た。窓から線路も見下ろした瞬間に、こんな夜景が撮れると確信し、直ぐにカメラと三脚をセットした。部屋の窓越しに、遮光しながらの撮影である。

使用機材=PENTAX K-5+PENTAX DA 14mm 1:2.8 三脚・暗幕も使用
 
newhankyu01

日没直後、まだ明るさが残る状態。京都線・宝塚線の発着
 
newhankyu02

宝塚線&神戸線神戸線は画面右下隅に少し写る程度になってしまう。 この辺から薄暮の空になり、非常に具合は宜しい。
 
newhankyu06

京都線・宝塚線の発着・空色はこの辺がベスト。

newhankyu08

これも京都線・宝塚線の発着。どうしても2路線以上の同時発着が欲しい。この時は京都&宝塚線の発着のタイミングが合っていた様である。 神戸線は右下隅に行ってしまう上に、他の路線との発着のタイミングが合わない感じだった。
 
newhankyu10

それでも、我慢していれば、こんな絵が撮れるのである。阪急梅田名物=京都・宝塚・神戸 3路線同時発車を絡めた夜景!
薄暮は過ぎてしまったが、3路線同時発車夜景なんて撮れれば、幸せである。


newhankyu11

この辺の時間だと、空はほぼ漆黒に近くなる。 撮り始めて約40分だったであろうか、その間に空色はこれだけ変化したのである。夜景撮影のベストタイム=薄暮は短いものである。
阪急の線路に面した部屋に泊れた幸運に感謝しなければならない。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2013)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つクリックを頂ければ幸いです。