3ヶ月も入院していた小生、実は一寸した朗報もあった。30年振りに背がデカくなったのであった。小生の身長だが、21歳=大学の時に計った数字をもとに公称170㎝としていたが、それから30年、病院でメジャーを使って計った数字は172㎝だった。
170も172も大して変わらんと言えばそれまでだが、これで公称も172にして問題なくなった。

rmtirummmx01

COVID-19 ウィルスだって対策は素人が対策をやっている様なもので、そうい う場合は感情論に押されてしまう。人や物の移動を規制しろとかいきなり言い出すのは、「感染拡大=Go to travel のせい」だとか、「東京の人間が日本中にバラまいて感染爆発が起きる」、何かの特定の場所や業界やジャンルを感情論や精神論で叩くのは政治やマスゴミの常套手段である、自分達が叩かれない様にする為でもある。

イギリス生まれの新型株が非常に恐ろしいと騒ぎ出す奴等が増えているみたいだが、感染力(広がりやすさ)   と毒性・死亡率は本来反比例の様な関係にあるのが普通で、ウィルスは人間との共存を狙うものである。ウィルスのゲノムには人間等の生物と共通する部分があると言われる。
人を簡単に殺す様な毒性の強いものは流行らないで広がらないのである。勿論、例外はあってペストやエボラ出血熱、天然痘、SARSの様なものはあるが、SARSパンデミックは半年で終わってしまった。COVID-19にはそんな「例外的」な奴が出て来るとは一寸考え難い。



医療崩壊ばかり叫んでいるが、他の色々な業界が同時に崩壊しようとしている。仮に医療崩壊が起きるとしてもそれは厚生労働省の無能無策怠慢ではないか。人口当たりのICU や医師の数では劣っているわけではなく、その数で言ってもトップクラスの数字なのに、患者数も欧米諸国の何分の一というレベルなのに医療崩壊なんてパニックになるのチャンチャラおかしい筈なのである。
閑古鳥の泣いている医療機関も山ほどあって医師や看護師も暇を持て余し、開店休業状態の人達も沢山いるのに、その一方で医師不足だ看護師不足だとかワーワー騒いでいる。COVID-19の位置付けを2類感染症指定(=ペスト・エボラ出血熱レベル)から5類レベルに変えるのが、沢山の幅広い医療機関も対応できて現実的であるが、そうするとバカみたいに騒げなくなる上にD.S.の許しも得られないから指定変更は出来ない


経済の崩壊で自殺者が沢山出ても、余計な人口が減って御めでたいと片付けるつもりなのだろうが。医療崩壊は人類滅亡みたいに言う。こんなレベルの状況で医療崩壊するんなら医療の基本的システムに問題がありすぎるとしか思えない。医療業界の政治的な力と、そこへの忖度が絶対的正義とされる
経済は捨てて命を取るのが当たり前だと2者択一みたいに迫るのが左翼のやりでもある。しかし、経済と健康は対立するものではない。健康にも金は要るのだ

それでも政治は感情論に流される事が多いから、科学的に明らかに間違っている事が政治的には正しい事になってしまう。政治的に正しいとなると、絶対的に正しい事になってしまう

左翼マスゴミや野党はポリティカル・コレクトネスに感情論と精神論を交えて政権批判をする事が多いのであり、それが目的になってしまっている。

自粛なのに強要=従わないと公表して晒し。これはもう自粛要請ではない、完全な営業禁止である。それでも強制力のある自粛要請という日本語として全く成り立たないものが公権力によって振り回されている事をおかしいと思う人も少ない。日本も何だか北朝鮮みたいな国になり果てたとしか思えないが、

日本は手ぬるい・甘い」と言い、欧米の様にどうしても「厳しく」やりたい奴等も多いのであろう。必要もないのにどうしても極限のロックダウンを自己満足の為にやりたがる政治家や役人、更にマスゴミの奴等の顔が目に見える。

12月から遂に中獄完酷からの「ビジネス客」(ビジネス客を名乗るだけでイイ)にはPCR 検査をしないで良いとなったのである。日本政府は一貫して、空港検疫で引っ掛かった人間の国籍別シェアを公開していない。中獄完酷からは幾らでもウェルカムにしているのは、2nd floor 爺のケンエキが絡んでいるのは間違いない。
日本人の身体生命財産や基本的利益を先ず護るという当たり前にやるべき事を最初から無視して売国行為に勤しんでいる事が一にも二にも許せないし、許してはならないのである。

付ける薬の無いレベルのバカが多過ぎるのは間違いない。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ