昔、「職業学生」というものが台湾にはあった。
職業が学生というのも変だと思うが、要は国民党のスパイ若しくは監視要員。留学生としてアメリカ等に潜り込み、同胞達が国民党政権に対して批判的・反抗的な言動をしていないかを監視し、党にチクるという役割。
密告するとその数に応じて金がもらえるという仕掛けでアメリカに住む元からの台湾人や留学していたりするエリートが主なターゲット。職業学生は金欲しさに誰彼となく密告する傾向があったという。こうして作られたブラックリストに載せられた人物が台湾に帰国すると、しつこい監視や各種嫌がらせ、場合によっては暗殺という事が待ち受けていた。
国民党独裁、殊に蒋介石の時代はそれこそ現在中凶が香港に対してやっている様なやり方=監視と恐怖で縛り付ける様な政治をやっていたのである。


2008年に国民党に政権を奪還した馬英九も実はその職業学生の一人だった。ハーバード大学留学中に職業学生として活動していた。
国民党の政権奪回の際、絶望した人が焼身自殺したなんていう話がある。国民党に戦後数々の酷い仕打ちをされ続けた人は国民党政権奪還に非常に暗澹とした気持ちになったのは間違いない。政府に対する抗議の自殺や自殺テロ未遂事件が頻発する。
国民党の馬英九政権は不透明な密室政治を使って台湾の中国化を推し進めようとしていた事は明らかで、台湾の人達に危機感を与えた。
物価高騰・不動産価格上昇や貧富の差の拡大が社会の閉塞を招き、大埔事件、洪仲丘事件、パスポート特別対応事件、林益世収賄事件という事件があって、馬英九政権は激しい批判と抗議の波に晒されていた。政権2期目になると、一部の特権階級が私腹を肥やし社会正義が犠牲にされるとして批判と抗議が加油されて行った。そして2014年3月ある事件が起きる。



mxblack01

台湾の国会に当るのが立法院なのだが、その建物に隣接している教会がある。それは「台湾基督長老教会・済南教会」というプロテスタントの教会である。
そこには李登輝自身も生前、信者として通っていた事もあって、8月14日には納棺・火葬の礼拝も行われた。又彼の娘の結婚式もここで行われていたらしい。因みにこの教会の建立は日本時代の1916年で設計者も井出薫であった。
立法院の隣にあるこの教会、2014年3月18日に政治事件で大きな役割を果たす。レンガ造りの教会屋上から若者達が続々と飛び乗って立法院に進入、そして議事堂を占拠した。これがひまわり学生運動=太陽花学運の勃発である。
済南教会はこの学生運動を支持していて、この教会の信徒である若者の中から多数が運動に参加したという。


抑々、ひまわり学生運動(太陽花学運)とは何かというと台湾の学生らが3月18日から4月10日まで立法院(国会)を占拠し、国民党による「海峡両岸服務貿易協議」(台湾と中国とのサービス貿易協定)への承認強行に反対した事件である。

プラカードで埋め尽くされた議場の様子もさることなが ら、23日晩から翌日早朝にかけての行政院一帯における流血の強制排除、30日の17ヵ国49都市に跨る世界一斉デモにあわせた総統府前ケタガラン通りでの、整然としてゴミ一つ残さない五十万人デモが世界の人々の心を動かし有名になった。背景としては媚中が過ぎる国民党・馬英九政権に対する若者達の危機感と反発と言える。馬英九政権の特に2期目に入ってからの腐敗と社会の閉塞が大きく作用したのも間違いない。
そして中国に追随する馬政権にも、中国と同じ特質があることが明らかになり、中国という人権無視の専制国家に台湾は呑み込まるという危機感が大きくなったと考えられる。


その時使われたスローガンをいくつか挙げてみたい。「独裁が事実となったとき、革命は義務である」、「自分の国は自分で救う」、「公民不服従」、「あとは君たちのことだ」、「同胞は団結すべし、団結こそ力なり」、「私は〇〇だ。私は台湾独立を主張する」
今となっては真偽の程は分らないが、これにも李登輝が絡んでいたという話はある。教会からの立法院進入作戦について何らかの示唆を与えたのではと考える向きはある。


1990年3月の三月学運の時、総統は李登輝だった。この学生運動を通じて民主化への渇望に手応えを感じた彼は、このムーヴメントとメンバーを取り込む事で、民主化への流れを着実に進めた。そして更には民主主義台湾のリーダーになる人物も育てていった。
ゾンビの様に国民党政治が復活したら、今度は太陽花学運でダメージを食らわせた形になったのである。斯くして、この年の地方選挙で国民党は大敗し2016年に李登輝の弟子、蔡英文を擁して民進党が政権を奪還するのである。


まだもう少し書きたい事もあるので、其の拾に続く!



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ